生放送 韓国における生放送

生放送

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2023/01/29 06:40 UTC 版)

生放送(なまほうそう)とは、放送のうち、放送番組素材を事前に録音録画(=収録)することなく、その放送時刻においてスタジオ中継現場等から同時間的に番組を送ること[1]

狭義の放送ではないインターネット配信インターネットラジオなど)での番組コンテンツ配信においても用いられることがある(ニコニコ生放送など)が、これは「生配信」「ライブストリーミング[1]」などと区別して呼ぶ場合がある。

概要

生放送は、テレビラジオいずれにおいても行われる。

生放送主体で行われる番組の種別には主に、情報の速報性・正確性が求められるニュース天気予報スポーツ中継などがある。バラエティ番組でも、重大発表や視聴者投票が行われる際、当該回や一部パートで生放送を行うことがある。

スタジオ以外の場所からの中継放送による生放送の場合、「生中継」(なまちゅうけい)と呼ばれる場合もある。

遅延送出システムの使用によって数秒ないし数分遅れで番組を送る、擬似的な生放送形式がある。

ほぼ無編集で事前に収録したものを放送する形態は「撮って出し」と呼ばれ、生放送とは区別される。また、以下の場合において、生放送番組の同録をあらかじめ行い、それを別の時刻に放送する場合があり、「録画放送」・「録画中継」と区別されて呼ばれる。

上のような撮って出し形式の場合、番組内で生放送である旨の告知がない限り、一般の視聴者・聴取者が生放送と録画放送とを見分けることは極めて困難であるが、災害等の突発的なアクシデント(視聴者の自宅が地震で揺れているのに、画面中の地元局のスタジオは揺れていない、など)や、速報の字幕スーパーに対するリアクションの有無によってそれと分かる場合がある。

自動放送システム(コンピュータへの入力や、パケット通信などでの蓄積・交換データに基づいて画像・アナウンスなどを送出する)による天気予報番組など、情報表示のみの出演者のいない番組も、システムの稼働が同時間的である場合は、生放送番組の範疇である。

生放送に伴うデメリット・リスク

生放送には少なからぬデメリットが付きまとう。代表的なこととしては、その特性上、不測の事態によるアクシデントやトラブル(放送事故)が起きるリスクが常時つきまとう一面がまず挙げられる。また、想定されない突発的な事態や機器の操作ミスから放送してはならないような映像・音声が流れてしまったり、あるいは出演者・スタッフの言動がそのまま流れることから、本来は放送で流すことは相応しくない不用意・不謹慎・不穏当・破廉恥な内容が膨大な数の視聴者・聴取者に伝わることで、時に番組や出演者のイメージに瑕疵がついてしまう危険もある。2004年には、NFLの決勝戦スーパーボウルハーフタイムショーにおいて、ジャネット・ジャクソンが共演者に胸を露出させられるアクシデントが起こされた[注釈 1]。日本では松本明子の件がある。詳細は彼女のリンク先を参照。

芸能界においても、所属タレントの不用意・軽はずみな発言・行動によるタレントイメージの瑕疵の発生も、生放送ならば止め様がないが、対して収録番組には放送前に事前にチェックし編集で防止できるというリスクマネジメント上のメリットがあり、現在では生放送番組へのタレント出演に消極的な芸能事務所は多い。また、タレントの性格や言動、販売戦略などの要素も絡んで生放送NGというスタンスを取る、あるいは特定のタレントとの共演は事前収録の番組のみOKという条件を付ける芸能事務所やタレントも見られる。

生放送には不特定多数に向けて事実上編集されることなく即時発信されている性質がある。そのため、何らかの政治的目的を持つ者環境保護文化財保護・歴史的建造物保存運動などの各種活動家が、自己宣伝や自身・所属組織の主張を無理矢理に世間に向けて発信しようとしたり、あるいは自分たちに都合の悪い内容の放送を妨害する意図を持ち、故意に生放送の現場への乱入を試みることがあり、放送が妨害されたりさらには生中継が中断に追い込まれるなどといった業務妨害行為も、洋の東西を問わず引き起こされている。

同様に部外者である野次馬も生中継にとっては時に脅威となる。特にテレビの場合、社会的な注目度の高い事件や事故の現場、所轄警察署などの付近からの生中継では、そこに集まった多数の野次馬が面白半分に中継映像への「映り込み」を狙った行動を繰り広げたり、さらにはそもそも「映り込み」による自己顕示を目的に遠方から事件現場や中継現場に赴く者までもが現れ、それらの人数自体が迷惑となる形で中継現場が混乱状態となり、生中継が不可能という事態に陥ったケースは少なくない。かつて、報道番組ワイドショーなどの中継で一般市民への街頭インタビューが生放送で数多く行われていた時代には、地元住民や通りすがりを装って街頭インタビューを受けてテレビ画面に映されることを目的とした者や、街頭インタビューに応じた謝礼としてスタッフから貰えることがある放送局のノベルティグッズの収集を目的としてマスコミを追い掛ける者が現れ、事件の現場周辺や、いわゆる“定点ポイント”の中継地点[注釈 2] などに赴いては、マスコミ取材陣の周りをうろつき回るなどということも起きていた。

一方、ラジオ(特に中波ラジオ)では、帯番組として放送される情報・報道番組やスポーツ中継などが多いことから、必然的に生放送が多くなる。NHKラジオ第1放送では、92%が生放送と発表している[2]トーク番組や音楽番組等の生放送が必須でない内容でも生放送で制作されることが多く、その様な番組でもEメールなどを介した視聴者とのリアルタイムなやり取りが積極的に行われることがラジオ番組の特徴とも言える。

アメリカ合衆国バージニア州では、生放送中にインタビューを行っていたリポーターカメラマンが射殺されたことがある(バージニア・テレビクルー射殺事件[3]

番組放送のライブ感を保ちつつも中継の映像・音声の送出を数秒から5分程度遅らせる「遅延送出システム」という技術が実用化されている。これは本来は生放送の番組制作用における効果用機器としての使用が意図されたものであるが、その機能上、生放送での突発的事態への発生を前提とした対策の1つとしても有効であり、米国・英国・日本などの放送技術先進国はもとより宗教戒律上の都合や政治的事情を抱える国の放送業界などでも幅広く導入されている[注釈 3]

日本における生放送

歴史

放送の創成期には、VTR機材/録画用メディアが非常に高価で収録用機材の運用コストも高かったため、音楽番組はもとよりドラマや演劇などでさえ生放送がごく当然であり、出演者は突発的な事象に対応できるよう、絶えず緊張を強いられていた[4]。その後、録音・録画技術が進歩し編集が可能となると、送り手にとってリスクの高い生放送は、生放送でなければ得られない効果(いわゆるライブ感)を求めたり生放送特有の緊張感が敢えて必要な場合に限定されるようになった。実際、英語ではLIVEと言う。

生放送は1980年代以降、減少傾向にある。背景には録音・録画に必要な機材や技術の進歩、テープの低価格化の他に、1回で2-3本を収録した方が効率が良いというのが有力である。放送局にとって、出演者をキャスティングする場合にはスケジュール調整がしやすいことや、出演者が急に出演できなくなるなどの突然のトラブルに対応しやすい、などの事情がある。一方、キャスティングされる芸能事務所側にとっても、生放送より収録を多くした方がより多くの仕事を得られ、利益を上げやすい上、スケジュール面での余裕にも繋がる。そのため、放送局・芸能事務所双方にとってプラスになるという利点が大きい。また収録に参加する番組スタッフにとっても、突発的なアクシデントが画面を通じて世間に流れる事態を想定して常に緊張を強いられる生放送は精神的な負担が大きく、編集が可能な収録番組の方がリスクが少ないということがある。

また、生放送を主体としながらも、生放送開始前もしくは生放送終了後に次回放送分を収録する(これも事実上の2本撮りとなる)ケースもある(『スーパーJOCKEY』など)。これについては、出演者やスタッフのスケジュールの都合や、制作費の節約(2本撮りすることで生放送1回分の経費を軽減できる)という観点から行われるケースがほとんどである。

1990年代以降、各種編集機器の電子制御の高機能化が進むに連れて、毎週生放送という触れ込みでスタートした筈の番組がわずか数回で収録放送に変更されてしまうケースが増えた。例としては、日本テレビ系列『ミンナのテレビ』、フジテレビ系列『とくダネ!発 GO-ガイ!』などがある。低視聴率や多忙な出演者のスケジュールの調整がままならない番組で多く見られる。

NHKでは、祝日は極力生番組を減らすことが多い(重大ニュース発生時はこの限りではない)。鈴木祐司は「『働き方改革』が喧しい昨今、(NHKが)通常の生番組をこれから祝日に敢行するのは難しいでしょう。民放は下請けが大半を担っているからこそ・・・。でも、『働き方改革』の波は民放にも押し寄せています。見直すかも知れません」と述べている[5]

同じくNHKでは、CMが存在しない性質上、番組切り替えの際に後座番組が生放送の場合、その冒頭で出演者が前座番組に対する表情を浮かべたり、感想を述べるなどの演出を行うケースがある。民放でもステブレ(CMなし)で番組切り替えを行う場合、同様の演出を行うことがある。また、生放送番組が連続する場合、両番組の出演者同士でクロストークを行うなどの演出をするケースも見られる。

一方、民放ではインターネット配信の普及に対抗するため、リスクを背負いながらもあえて生放送をする例が増加している[6]

報道番組(ニュース・天気予報)

NHK

NHK BS1

日本テレビ系列

BS日テレほか

テレビ朝日系列

BS朝日
  • News Access(お昼のNews Access、News Access 730・一部時間帯は「テレ朝チャンネル」とのサイマル放送。)
  • BS朝日 日曜スクープ

TBS系列

BS-TBSほか

テレビ東京系列

フジテレビ系列

BSフジ

BS・CSほか

ワイドショー・情報番組

NHK

日本テレビ系列

読売テレビ
中京テレビ

テレビ朝日系列

朝日放送
メ〜テレ
BS朝日

TBS系列

毎日放送
CBCテレビ

テレビ東京系列

BSジャパン

フジテレビ系列

関西テレビ
東海テレビ

独立UHF局

BS・CSほか

スポーツ番組

NHK

日本テレビ系列

テレビ朝日系列

TBS系列

テレビ東京系列

フジテレビ系列

BS・CSほか

  • プロ野球ニュース(フジテレビONE・試合開催日の23時放送分とオフシーズンの月曜23時放送分およびスペシャル版のみ放送)

スポーツ中継

芸能・娯楽番組

バラエティ・音楽番組

半期に一度放送される特別番組

年に一度放送される特別番組

その他

通常収録番組の特別生放送されたものも含む。

  • NHK杯テレビ囲碁トーナメント(NHK教育)
  • とくダネ!発 GO-ガイ!(フジテレビ系列)
  • 駅前物語(青森放送、1992年5月8日、「金曜ワイドあおもり」内。通常は事前収録だが、この日で「駅前物語」が100回を迎えた為、これを記念してこの日のみコーナー全編生中継を行った。)
  • ムハハnoたかじん(関西テレビ) - 2005年1月より一時期のみ生放送されていた(現在は録画放送)。
  • 世界の絶景100選(フジテレビ系列)
    • 第6弾 生でNO.1絶景を大決定!豪華芸能人大集合SP(2006年3月30日)
    • 第12弾 ついに決定!死ぬまでに見たい100の絶景と地球一絶景大発表SP(2009年2月20日)
  • 太田光の私が総理大臣になったら…秘書田中。(日本テレビ系列) - 番組終盤で、マニフェストの視聴者投票結果とFAXの紹介のコーナー。
  • 田舎に泊まろう!(テレビ東京系、2009年1月4日3時間スペシャルほか)
  • ためしてガッテン(NHK総合、2009年2月4日) - インフルエンザ特集。
  • 学べる!!ニュースショー!(テレビ朝日系、2009年2月17日) - 劇団ひとり入籍による緊急生放送。
  • しゃべくり007(日本テレビ、2009年1月26日) - 生放送スペシャル。また、2009年から「24時間テレビ」で深夜に放送されるスペシャル版も生放送。
  • ひみつのアラシちゃん(TBS系列、2009年3月17日)予定を変更して、緊急WBCSPを放送。
  • ダウンタウンDX(読売テレビ制作・日本テレビ系列) - 2009年から毎年沖縄国際映画祭開催時期に沖縄のスタジオから生放送する。
    • 2009年3月18日 超DXスター根こそぎ大暴露衝撃の沖縄生放送SP
    • 2010年3月25日 超DXスター(秘)私生活&恥部根こそぎ大放出!!沖縄生放送めんそ〜れSP
    • 2011年3月24日 超DX沖縄から笑いと元気を贈る2時間生放送SP
    • 2012年3月29日 超DX in OKINAWA 今年もナマ放送で本音丸出しSP
  • ぐるぐるナインティナイン(日本テレビ、2009年3月19日)オープニングと1分間の告知キンレースのコーナーを沖縄から生中継。
  • 真夏のJNN祭り 「壁を壊そう!炎の240時間マラソン」(TBS系列、2009年8月22日)山本高広のマラソンゴールの様子を完全生中継。
  • クイズ!ドリーム学園(日本テレビ、2009年9月2日)宝くじの日に、宝くじに関するクイズを出題する番組。
  • ふれあい夢列島☆宝くじ☆シアワセ発見ジャーニー(日本テレビ、2010年9月2日)宝くじの日の特別番組。
  • 魔女たちの22時(日本テレビ)
    • 後半部分で、緊急生放送はるな愛世界一に密着を放送(2009年11月3日)
    • 後半部分で、緊急生放送!24時間テレビマラソンランナーを発表(2010年6月8日)
  • うたばん(とくばん)(TBS系)
    • 2009年10月20日 大日本名曲歌謡史昭和と平成のベスト50 大発表とくばんSP!
    • 2010年3月23日 無期限活動休止3時間SP
  • お茶の水ハカセ(TBS系、2010年6月29日)予定を変更して、ワールドカップパラグアイ戦直前緊急生放送を実施。
  • 真相報道 バンキシャ!(日本テレビ系、2010年10月3日)羽田空港国際化スペシャル(羽田空港新国際線ターミナルから中継、一部施設は事前録画の映像を放送)
  • 行列のできる法律相談所(日本テレビ系)
  • 爆生レッドカーペット(フジテレビ系、2012年2月18日・4月14日・5月26日・7月28日・10月13日)
  • ゲームセンターCX 生挑戦スペシャル(フジテレビONE、2007年12月24日〜12月25日・2009年4月12日・8月29日〜8月30日・2012年2月24日〜2月25日・2013年7月18日・7月19日・2015年12月12日)。また、2020年6月21日は、番組300回記念として、「ゲームセンターCX300」として、18時から300分(5時間)の生放送を行った。
  • 池上彰のニュースそうだったのか!!2時間スペシャル(テレビ朝日系、2018年4月14日) - 当初は全編収録したものを放送する予定だったが、日本時間同日10時に、アメリカがシリアへの武力攻撃を決定したことから、番組後半を『緊急生放送』に切り替えた。また、これ以外でも、生放送を行う場合がある(2018年6月9日放送分や2020年4月18日放送分など)。
  • 帰れマンデー見っけ隊!!中居正広の号外スクープ狙います!合体3時間スペシャル(テレビ朝日系、2018年9月10日) - 当初は全編収録したものを放送する予定だったが、同月9日(日本時間)に行われた「全米オープンテニス」(テニスの世界4大大会の1つ)で、大坂なおみ選手が日本人としては史上初の優勝を飾ったことから、後半の中居正広の号外スクープ狙います!部分を緊急生放送に切り替えた。
  • ワイドナショー(フジテレビ系、2019年7月21日) - 通常は事前収録だが、吉本芸人による闇営業問題で、前日に行われた宮迫博之田村亮の緊急記者会見を受け、緊急生放送に切り替えた[8]
  • 世界の果てまでイッテQ!(日本テレビ系、2019年11月24日) - 当初は事前収録したのを放送する予定だった[9]が、番組出演者であるイモトアヤコと同番組ディレクターとの結婚発表を行うため、緊急生放送に切り替えた[10]。  
  • VS嵐 (フジテレビ系、2020年12月24日)- VS嵐のコーナーの「BABA嵐」と特別企画「台場で相葉が泣いちゃったSP」のロケ部分のみ事前収録で、台場で相葉が泣いちゃったSPを見届けるところと、最終対決を生放送で行った。
  • 嵐にしやがれ (日本テレビ系、2020年12月26日)- 嵐にしやがれのコーナーの「デスマッチ」、「隠れ家ARASHI」、特別企画「嵐5人旅」のロケ部分のみ事前収録で、「This is MJ」と、「嵐Live」を生放送で行った。
  • VS魂 (フジテレビ系、2021年1月3日)-レギュラー発表とゲーム対決を生放送で行い、特別企画「DAMASHI魂」のみ事前収録で行った。
  • 日曜美術館NHK Eテレ2021年4月11日) - この日放送分は、『生中継! "鳥獣戯画展"スペシャル内覧会』として、上野東京国立博物館から生中継を行った。

その他の分野

テレビショッピング

番組によっては一部、生放送のものもある。

ドラマ

1950年代 - 1960年代初頭までは、大抵のテレビドラマは生放送されていた。それ以降、即ちVTR導入以後はロケーションなど、大半が事前収録されるようになったが、ドラマ中にあえて生放送を行ったケースがいくつかある。なお、生放送のドラマでも再放送が行えるように、VTRによる同時録画も行われる。

韓国における生放送

韓国では米国RCAと韓国資本の共同出資により民営の大韓放送が設立され、1956年5月12日に韓国初となるテレビジョン放送を行ったが録画設備を持たず生放送体制であった[13]。大韓放送は1959年2月1日に火災が発生して焼失した後に解散となり国営に移管された[13]。国営放送移管後も録画設備は購入できず、スタジオもニュース専用スタジオとそれ以外のスタジオが1つしかなかったため、生放送番組 - ニュース - 映画フィルム - 生放送番組という編成パターンで1日4時間30分の放送スケジュールを消化した[13]。このテレビ放送は韓国放送公社に引き継がれたが、1966年3月に録画設備が購入されるまで生放送体制は続いた[13]

脚注

[脚注の使い方]

注釈

  1. ^ ただし、後にジャネットが意図的な演出だったことを告白したことから、つまりこれは事前から仕組まれていた故意による「やらせ」のアクシデントであったことが発覚し、放送局のCBSに対して罰金が課せられた。Super Bowl XXXVIII halftime show controversyを参照。
  2. ^ たとえば東京では、年末繁忙期の上野アメ横築地場外市場など。
  3. ^ 前述のジャネット・ジャクソンのアクシデントが起こされた放送でも、遅延送出システムが採用されていた。
  4. ^ ただし、前身番組の『ミセス&ミセス』と『ルックルックこんにちは』は、遅れ時差ネットを行っていた放送局があった。
  5. ^ ただし、延岡西日本マラソン(UMK製作のFNS九州ネット)は、BSフジでは開催日深夜のダイジェスト放送。
  6. ^ ただし、箱根駅伝(日本テレビ系列)は、BS日テレでは、同日夜にダイジェスト放送、日テレG+では、完全版の形で後日の録画放送。さらに、出雲駅伝富士山女子駅伝(共にフジテレビ系列)も、フジテレビONEで、後日完全版を放送。
  7. ^ ただし、2014年度の放送は、後半部に『深夜しゃべくりの裏側SP』放送の為、前半部のマラソンを取り上げた部分のみ生放送だった。
  8. ^ ただし、2015年は日曜日と重なったことから、長崎放送については、日曜朝の情報番組を拡大する形で放送し、TBS系CS放送「TBSニュースバード」でのサイマル放送は行わなかった。
  9. ^ なお、式典中継が延びた場合は、総合テレビでは、途中で飛び降りる
  10. ^ 2016年は「チャリティーマラソンランナー発表」を笑点(この回は生放送に切り替え)内で行い、2017年は「チャリティーマラソンランナー発表」を「24時間テレビ」本編で行った為。

出典

  1. ^ a b 生放送』 - コトバンク
  2. ^ ラジオセンターとは?|R1 NHKラジオ第1 at the Wayback Machine (archived 2017年5月3日)
  3. ^ “After Shooting, Alleged Gunman Details Grievances in ‘Suicide Notes’”. ABCニュース. (2015年8月26日). http://abcnews.go.com/beta/US/shooting-alleged-gunman-details-grievances-suicide-notes/story?id=33336339 
  4. ^ それは「イ」の字から始まった ~テレビのはじまり~ - マンガで読むNHKヒストリー
  5. ^ 鈴木 祐司 - ★ラウドマイノリティとサイレントマジョリティー★...” (日本語). www.facebook.com. 2023年1月7日閲覧。
  6. ^ “テレビが遂に気づいた「視聴率より大切なこと」「テレビ離れ」にお笑いと生放送で逆襲かける”. 東洋経済ONLINE. (2020年10月4日). https://toyokeizai.net/articles/-/379330?page=4 2022年1月3日閲覧。 
  7. ^ ゴリパラ見聞録番組情報 - テレビ西日本
  8. ^ 松本人志 衝撃の告白「吉本興業にはいたくないかもって…」会社側の「静観」態度に不信感 - スポニチアネックス・2019年7月21日11時01分配信。
  9. ^ イッテQ(11月24日放送の)次回予告 - 日テレ・2019年11月17日配信。
  10. ^ イモトアヤコ、緊急生放送『イッテQ』で結婚発表「33歳、結婚します」 - オリコンニュース・2019年11月24日20時05分配信
  11. ^ 鳥山拡 『日本テレビドラマ史』映人社、1986年9月25日、407頁。ISBN 978-4-87100-213-4 
  12. ^ 『ラストコップ』最終回ほぼ全編生放送 - ストーリー決める視聴者投票も - マイナビニュース・2016年12月3日22時00分配信
  13. ^ a b c d 三澤真美恵、佐藤卓己、川島真 『電波・電影・電視―現代東アジアの連鎖するメディア』青弓社、2012年。 




品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「生放送」の関連用語

生放送のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



生放送のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの生放送 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2023 GRAS Group, Inc.RSS