生態学 生態学的な危機

生態学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/22 13:16 UTC 版)

生態学的な危機

生態系は環境の変化によって大きな損害を受けることがあるが、ある程度の摂動や攪乱であれば回復力によって徐々に原状に近い状態へと回復する。こうした様子は二次遷移と呼ばれ、遷移が頂点に達すると極相と呼ばれる安定した状態となる[31]。しかしながらある一定の限度(閾値)を超えると生態系が大きく損なわれ、原状回復が困難となる。過去においては地球規模の環境変化によって大規模な生態学的危機が起こり、幾度か生物の大量絶滅が発生している。これまでの大量絶滅は大陸移動による気候の寒冷化[32]や温室効果の消失、巨大隕石の衝突[33]といった自然現象によるものだったが、人類がその活動を活発化させるに伴い生態系の破壊が進み、人類活動によって大量絶滅期が引き起こされている。こうした影響を最小限にとどめるため、持続可能性に基づく持続可能な開発の概念が提唱されている。

1986年チェルノブイリ原子力発電所で発生したメルトダウン事故では、放射線への大量被曝の影響を受け、多くの人々と動物がによって死亡し、多数の奇形が発生したと報告されている。現場周辺の土地は、事故により生じた多量の放射性物質のため、現在では放棄されている。

2012年6月6日、地球の生態系は気候変動人口増加環境破壊の要因により、今後数世代で崩壊し、その転換点が今世紀中に訪れるという報告が『ネイチャー』に発表された。しかし、持続不可能な成長パターン、資源の消耗などを止めることで回避することは可能としている[34]

政治的生態学

政治的生態学(英語:political ecology)とは、政治的・経済的・社会的要因がどのように環境に影響を与えているかを研究する領域である。近年の環境悪化の結果として、エコロジー運動の機運が高まっているが、政治・イデオロギーと科学としての生態学の基本的な違いを理解することは重要である。

生態学の関係分野




  1. ^ Allee, W. C.; Emerson, Alfred E.; Park, Orlando; Park, Thomas; Schmidt, Karl P., ed (1949). “Ecological Background and Growth Before 1900”. Principles of animal ecology.. W. B. Saunders 
  2. ^ 「エコロジーの歴史」p97 パトリック・マターニュ著 門脇仁訳 緑風出版 2006年8月1日初版第1刷
  3. ^ 「エコロジーの歴史」p67-70 パトリック・マターニュ著 門脇仁訳 緑風出版 2006年8月1日初版第1刷
  4. ^ 「エコロジーの歴史」p71 パトリック・マターニュ著 門脇仁訳 緑風出版 2006年8月1日初版第1刷
  5. ^ 「エコロジーの歴史」p115 パトリック・マターニュ著 門脇仁訳 緑風出版 2006年8月1日初版第1刷
  6. ^ 「エコロジーの歴史」p99 パトリック・マターニュ著 門脇仁訳 緑風出版 2006年8月1日初版第1刷
  7. ^ 「エコロジーの歴史」p132 パトリック・マターニュ著 門脇仁訳 緑風出版 2006年8月1日初版第1刷
  8. ^ 「エコロジーの歴史」p134-136 パトリック・マターニュ著 門脇仁訳 緑風出版 2006年8月1日初版第1刷
  9. ^ 「エコロジーの歴史」p98 パトリック・マターニュ著 門脇仁訳 緑風出版 2006年8月1日初版第1刷
  10. ^ Encyclopedia of Earth: Biosphere(生物圏)
  11. ^ 「エコロジーの歴史」p161 パトリック・マターニュ著 門脇仁訳 緑風出版 2006年8月1日初版第1刷
  12. ^ 「エコロジーの歴史」p28-29 パトリック・マターニュ著 門脇仁訳 緑風出版 2006年8月1日初版第1刷
  13. ^ 「エコロジーの歴史」p44-45 パトリック・マターニュ著 門脇仁訳 緑風出版 2006年8月1日初版第1刷
  14. ^ 「エコロジーの歴史」p39-41 パトリック・マターニュ著 門脇仁訳 緑風出版 2006年8月1日初版第1刷
  15. ^ 「エコロジーの歴史」p52-53 パトリック・マターニュ著 門脇仁訳 緑風出版 2006年8月1日初版第1刷
  16. ^ 「エコロジーの歴史」p186 パトリック・マターニュ著 門脇仁訳 緑風出版 2006年8月1日初版第1刷
  17. ^ 「エコロジーの歴史」p202 パトリック・マターニュ著 門脇仁訳 緑風出版 2006年8月1日初版第1刷
  18. ^ 池内昌彦・伊藤元己・箸本春樹 他 『キャンベル生物学 原書9版』 丸善出版株式会社、2013年。 
  19. ^ 「基礎地球科学 第2版」p17 西村祐二郞編著 朝倉書店 2010年11月30日第2版第1刷
  20. ^ 「基礎地球科学 第2版」p17 西村祐二郞編著 朝倉書店 2010年11月30日第2版第1刷
  21. ^ 「生命の起源はどこまでわかったか 深海と宇宙から迫る」p46-47 高井研編 岩波書店 2018年3月15日第1刷発行
  22. ^ 「基礎地球科学 第2版」p145 西村祐二郞編著 朝倉書店 2010年11月30日第2版第1刷
  23. ^ 「人間のための一般生物学」p26 武村政春 裳華房 2010年3月10日第3版第1刷
  24. ^ 「人間のための一般生物学」p70-71 武村政春 裳華房 2010年3月10日第3版第1刷
  25. ^ 「人間のための一般生物学」p90-91 武村政春 裳華房 2010年3月10日第3版第1刷
  26. ^ 「生命の意味 進化生態から見た教養の生物学」p14 桑村哲生 裳華房 2008年3月20日第8版発行
  27. ^ 「生命の意味 進化生態から見た教養の生物学」p30 桑村哲生 裳華房 2008年3月20日第8版発行
  28. ^ 長島美織, 「環境リスクと健康リスク : バイオスフィア2の教えること」『国際広報メディア・観光学ジャーナル』 19巻 p.31-43, 北海道大学大学院国際広報メディア, 2014-09-26 2020年5月22日閲覧
  29. ^ https://courrier.jp/news/archives/160902/ 「火星移住を夢見た「世界で最も奇妙な科学実験」は本当に失敗だったのか」COURRiER Japon 2019.5.14 2020年5月3日閲覧
  30. ^ 「人間のための一般生物学」p68 武村政春 裳華房 2010年3月10日第3版第1刷
  31. ^ 「人間のための一般生物学」p69 武村政春 裳華房 2010年3月10日第3版第1刷
  32. ^ 「生命の意味 進化生態から見た教養の生物学」p30 桑村哲生 裳華房 2008年3月20日第8版発行
  33. ^ https://news.yahoo.co.jp/byline/tatsumiyoshiyuki/20200129-00160738/ 「恐竜絶滅を引き起こした「隕石の冬」と「火山の冬」」巽好幸 ヤフーニュース 2020年1月29日 2020年5月3日閲覧
  34. ^ AFPBB News2012年6月26日閲覧


「生態学」の続きの解説一覧



生態学と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「生態学」の関連用語

生態学のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



生態学のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの生態学 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS