獣電戦隊キョウリュウジャー キャスト

獣電戦隊キョウリュウジャー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/30 01:32 UTC 版)

キャスト

キャスティングには、サブキャラクターやゲストキャラクターを中心に坂本浩一の意見が多く取り入れられており[注釈 147]、過去の坂本の担当作品からの参加も多い[11][注釈 148]

レギュラー・準レギュラー

  • 桐生ダイゴ / キョウリュウレッド(声) - 竜星涼
  • イアン・ヨークランド / キョウリュウブラック(声) - 斉藤秀翼
  • 有働ノブハル / キョウリュウブルー(声) - 金城大和
  • 立風館ソウジ / キョウリュウグリーン(声) - 塩野瑛久
  • アミィ結月 / キョウリュウピンク(声) - 今野鮎莉
  • 空蝉丸 / キョウリュウゴールド(声) - 丸山敦史(9 - 48)
  • ラミレス / キョウリュウシアン(声) - ロバート・ボールドウィン(5、6、10、17、18、20、29、34 - 36、39 - 42、47、48)
  • 福井優子 / キョウリュウシアン(声) - 木下あゆ美(2、3、8、15、31、35、40、47、48)
  • 鉄砕 / キョウリュウグレー(声)、津古内真也 / キョウリュウグレー(声) - 出合正幸(2役)(17、18、29、34 - 36、38、39、41、42、47、48)
  • ドクター・ウルシェード / キョウリュウバイオレット(声)、ナレーション、各種アイテム音声 - 千葉繁
  • 弥生ウルシェード / キョウリュウバイオレット(声) - 飯豊まりえ(21 - 24、26、27、29、32、33、35、36、39、41、42、44、47、48)
  • 桐生ダンテツ / キョウリュウシルバー(声) - 山下真司(1、3、18、20、28、34、41、42、45 - 48)
  • 福井理香 - 綱本菜々美[225](2、3、8、20、31、35、36、47、48)
  • 立風館源流 - 春田純一(3、10、43)
  • ジェントル - 島津健太郎(2、14、35、47、48)

声の出演

主なゲスト

  • 子供のダイゴ - 渋谷樹生(1、3)
  • 御船士郎 - 海老澤健次(4)
  • 宝石店店主 - 斉藤和彦(4)
  • 美女 - 北川舞、佐野三和子(4)、太田希望、青野未来(33)
  • 漫才師 - マンTENブラザーズ(6)
  • カップル - 稲垣秀夫、宮下純(7)、杉山峻介、吉崎愛優香、石黒貴大、船越理恵(13)
  • 福井賢一 - 川岡大次郎(8)
  • 職員 - 群馬茂平(8)
  • 中学生 - 本田悠真(8)
  • 主婦 - 吉川恭代(8)
  • 老婆 - 木村八重子(8)
  • 男性 - あべかつのり(8)
  • 女性 - 白石さえ(8)
  • 岩泉猛志ノ介 - 竜星涼(11、12)[230][注釈 154]
  • 剛 - 阿久津秀寿(12、35)
  • 子供 - 西田光貴、佐野代吉(12)、松本春姫(40,41)、栞那(41,42)
  • 勝山りん - 藤沢玲花(13、25)
  • マネージャー - 田代りさ(13)
  • 中里博史 - 渋江譲二(15)
  • 上司 - 今村均(15)
  • 研究員 - 阿部博明(15)
  • 患者 - 加藤賢(15)
  • 店長 - 山上直志(16)
  • 男 - 須賀勇亮(16)、中村公隆(20)、諸田敏(40)
  • 勇治 - 澤田陸(19、35)
  • パパ - 小島智(19)
  • ママ - 清水美里(19)
  • 息子 - 佐藤瑠生亮(20)
  • 教師 - 本田麻衣(20)
  • 父 - 川島拓(20)
  • 少女時代の弥生 - 中山凛香(24)
  • 社長 - 水島裕(28)
  • 歌手 - 北川舞(28)
  • 神流光彦 - 石井智也(30)
  • 司会者 - 三宮健(30)
  • 重役 - 山下鰈(31)
  • 町会長 - 菊池隆志(31)
  • 委員長 - ふたむら幸則(32)
  • エリカ・ストーンズフィールド - 岩﨑名美(33)
  • 天野美琴(Meeko) - 中村静香(28、39)
  • 丹波麗子 - 萩原佐代子(43)
  • 少年時代のソウジ - 山田あゆむ(43)
  • 指揮者 - 井田國彦(44)
  • 街の人々 - 森川智之、菅生隆之、鶴岡聡、水島裕、折笠愛、松風雅也、押川善文、竹内康博、高田将司、浅井宏輔、野川瑞穂、大藤直樹、岡元次郎、清家利一、神尾直子、三条陸、パパイヤ鈴木(ファイナル)
  • 迷子の女の子 - 小山心優(ファイナル)

スーツアクター

キョウリュウブルー役の高田将司とキョウリュウグリーン役の浅井宏輔は、本作品が初の戦隊メンバー役である[46]

前作まで女性メンバーを担当していた蜂須賀祐一は、本作品から再び女性敵幹部を担当している[231]




注釈

  1. ^ 東映チーフプロデューサーの大森敬仁は、黄色がいることで見た目は派手になるが、「キョウリュウジャーは恐竜に打ち勝つ必要がある」ことで男性メンバーの比率を高めており、また当時は女性が黄色を演じる作品が続いたため、男性を黄色にすると現代の男児層に「黄色=女っぽい」と受け取られる、という可能性を危惧して敢えて外したとコメントしている[7]。一方でデザインを担当したプレックスの田中宗二郎は、大森から「6人目はゴールドにしたい」との意向を受け、似た色同士となるイエローは外したとコメントしている[5]
  2. ^ 一時期はアイキャッチ中のタイトルコールも追加された。
  3. ^ 監督の坂本は名乗りと変身シーンを特に重視しており、アクションの流れに組み込むなど毎回工夫を凝らすことで変身・名乗りを省略しないことを意図している[11]
  4. ^ Vシネマ『帰ってきた獣電戦隊キョウリュウジャー 100 YEARS AFTER』の撮影は『トッキュウジャー』の撮影開始後に行われており、アクション監督は福沢博文ではなく清家利一が務めた[16]
  5. ^ 初登場の『ゴーバスターズvsゴーカイジャー』では、戦隊を名乗ったにも関わらず、キョウリュウレッド1人で現れたためにゴーカイレッドには「大丈夫か?」と心配され、「集まりの悪い戦隊」とボヤいていた。
  6. ^ 雑誌『宇宙船 YEARBOOK2014』では、各二代目の総称を二代目キョウリュウジャーと記述している[20]
  7. ^ ただし、トリンと父であるダンテツ、VSで共演したヒロムやライトからは「ダイゴ」(ただし、ヒロムは終盤に「キング」と呼ぶようになる)、ドクターは「ダイゴっち」、弥生は「ダイゴさん」、美琴は「ダイくん」と彼を呼ぶ。また、アミィからは当初、「ダイゴ君」と呼ばれている。
  8. ^ アロメラスの牙の入った秘石。
  9. ^ ブレイブ1にてアミィの強さを見破ったり、ブレイブ4にてキョウリュウブラックの正体がイアンであることを見抜くなど[ep 4]
  10. ^ ブレイブ3でのソウジとの決闘で銃を使い、ノブハルとアミィからは「この流れからして剣での決闘になる」と突っ込まれている[ep 5]。ただし、ソウジは「銃を使うなというルールはない」と述べて敗北を受け入れた。
  11. ^ 仲間からは「褒めてない!」というツッコミを受けている。
  12. ^ 仲間たちを失うということ。
  13. ^ ブレイブ13の失恋作戦やブレイブ42の子供たちにプレゼントを渡す考えなど。
  14. ^ 内1本は必ずガブティラ。
  15. ^ ○○には装備に応じてサンバウエスタンマッチョカンフーのいずれかが入る。
  16. ^ この形態の際には右腕にステゴッチシールドが装備され、右手にスピノブーメランを、左手にスピノディフェンサーを持っている[31][27]
  17. ^ a b 他のメンバーの子孫もキョウリュウジャーのメンバーとして登場しているが、姉弟なのは、彼とアミィの曾孫だけである。
  18. ^ 他のメンバーが用いることもある。
  19. ^ a b c 当時のアイガロンは無敵マントを着用していたため、イアンはアイガロンの顔を見ることができていない。無敵マントはブレイブ4の時点でアイガロンの配下であるデーボ・ドロンボスに譲渡されており、イアンはブレイブ16にて真実を知るまでドロンボスが士郎を殺した犯人だと思っている。
  20. ^ 当初は違う方法が予定されていたが、ブレイブ46を監督した加藤弘之の提案によりブレイブ16でも用いられたディノスグランダーに変更された[37]
  21. ^ 脚本を担当した三条は、偽りの自分を出して本心を隠すイアンと本心を表に出さないソウジは本質的な部分で似ていると述べている[12]
  22. ^ 本人は発音が「オッサン」に聞こえると否定的だが、その呼び名が真面目な性格であるソウジやトリンにも定着し、さらに空蝉丸も「殿」付けで呼ぶようになり、それ以降は特に咎めていない。
  23. ^ 優子はブレイブ31で正体を悟り、そのことを最終決戦直前に明かす[ep 11]
  24. ^ 生前の賢一はギャグがツボにはまっていた数少ない存在で、ブレイブ8ではデーボ・ココドーコの能力につけこまれた優子を救うため、この方法で解放させている[ep 12]
  25. ^ 演じた金城大和は、パーマが地毛で、高校生時代やサラリーマン時代は強引にストレートパーマヘアワックスを用いていたと想定している[43]
  26. ^ 本人は生涯独身を貫いたとされている[47]
  27. ^ 本人曰く立風館家は戦国時代からマヨネーズを作り続けているらしい。
  28. ^ ただし、ブレイブ39にて、弥生がアミィとともに、美琴を「ダイゴと二人きりにすることの阻止」と「戦力分析」目的でショッピングに誘った際、弥生のことを「策士」と言ったり[ep 15]、ブレイブファイナルにてダイゴがアミィを氷結城から逃がした際、そのことを嘆くアミィに対して「ダイゴは世界よりも少しだけ先にアミィのことを守りたかった」と語っているなど[ep 6]、他人の恋愛に関しては気付いていることがある。
  29. ^ ただし、必殺技を使用する際などで順手持ちになることもある。
  30. ^ 二刀流は演じる塩野瑛久の提案によるもの[53]
  31. ^ 学校名ならびに学部は明かされておらず、必修科目としてドイツ語を専攻していることのみがブレイブ14で判明している[ep 18]
  32. ^ 演じる今野鮎莉は、ますだおかだ岡田圭右のギャグをイメージしている[58]
  33. ^ この時、ナレーションが登場人物にツッコミを入れた上で「よいこはまねしちゃダメ!!」という注意書きが流れた。ブレイブ40でもスピリットベースに持ち込んだDVDプレイヤーを同じように操作している回想シーンがある[ep 14]
  34. ^ しかし、本人は恥ずかしがっており、ソウジ以外の仲間には秘密にしている。
  35. ^ アミィ役の今野の特技でもある[58]
  36. ^ その後、美琴が操られている姿をみて、最初は本当に美琴がデーボス軍になったと勘違いしていた。
  37. ^ ダイゴやノブハルはニックネームから「キング殿」「ノッさん殿」。また、トリンやデーボス軍は呼び捨て
  38. ^ 陣羽織の下の衣装は、演じる丸山敦史が衣裳合わせの際に着ていた服装が元になっている[63]
  39. ^ 後年、『宇宙戦隊キュウレンジャー』では「コグマスカイブルー」が追加戦士の1人として登場している。
  40. ^ キャスティング時点でシアンのスーツは完成していたことによる[16]
  41. ^ その際、ノブハルは咄嗟に友人同士と言い張ったが、優子は既にノブハルたちがキョウリュウジャーである事実を知っていた上に、ラミレスの服に縫い付けられているキョウリュウジャーのシンボルマークを見て、内心あきれていた。
  42. ^ ブレイブ31ではバーカンスの手にかかり、だらけていたレッドにそばにあった樽をぶつけて檄を飛ばして目覚めさせ[ep 26]、ブレイブ40ではゾーリ魔に襲われた際にその場にいた巨漢のラミレスを闇雲に振り回し、すかさず素手で「エマージェンシーよ!」と叫びながらゾーリ魔を倒している[ep 14]。また、後者の際にはサイレンの音が挿入されていた。ブレイブ15でも怪力を見せる場面があったが尺の都合でカットされた[37]
  43. ^ a b その際、胸のマークはスピリットレンジャーの銅色ではなく、他のメンバーと同様の黄色となっている。
  44. ^ a b 女性戦士なので、スーツは前任者のものとは異なり、スカートが付いている。
  45. ^ ブンパッキーにあわせてスキンヘッドと設定された[74]。実際に出合が頭を剃る案もあったが、他の仕事の都合により特殊メイクとなった[74]。額の上にあるパキケファロサウルスのマークは映画『少林寺』をイメージしている[12]
  46. ^ 獣電竜などとも音声が変わらないのは、ドクターが偶然にも獣電池から聞こえるスピリットの音声とそっくりな声の持ち主であるため[72]。トリンも「出会った彼に運命的なものを感じた」と述べている。
  47. ^ ブレイブ21にてダイゴたちと初対面の際にハイテンションにしゃべりすぎて顎を外したり、対ゼツメイツ戦でダイゴたちのピンチに変身してポーズを決めた際に持病であるぎっくり腰を発症してしばらく入院する羽目になっている。トリンには「調子に乗るからこういうことになるのだ」と叱られていた。
  48. ^ 建前は「一番バランスがよくデータが取りやすいため」である。
  49. ^ ブレイブ39にて獰猛の戦騎『D』との決戦後は、美琴をダイゴと二人きりにさせないように戦力分析も兼ねてアミィと共にショッピングに誘っている[ep 15]
  50. ^ その後も、イアンに迫られることはあるが、あまり相手にしていない。
  51. ^ 変身後のポーズはドクターと比較してやや控えめのもの。
  52. ^ 脚本を担当した三条は、ラボで武器の開発に携わっていたから扱いに長けていると想定している[12]
  53. ^ 同じく仲間から愛称で呼ばれるダイゴと空蝉丸は名前で呼んでいる。
  54. ^ 後に空蝉丸の投げたシュクシュクボールで等身大に戻る。
  55. ^ この時、身に纏っていた白いスーツは『ジャッカー電撃隊』のビッグワン/番場壮吉を意識したものである[85][86]。配色はトリンの体色も踏襲している[87]。帽子は森川にサイズが合わなかったため被るポーズのみとなっている[88]
  56. ^ 後に秘石であることが判明。
  57. ^ 演じる山下はレギュラーキャラクターではないが、変身の史上最年長記録を更新した。それまでは本作品で1度だけ変身した千葉の59歳が最年長記録であった。なお、この記録は2年後の手裏剣戦隊ニンニンジャーの忍びの45(第45話)で変身した笹野高史(放送当時65歳)が塗り替えている[91]
  58. ^ 他のメンバーと違い変身時にステップを踏まず、片足でテンポを取るようにリズムを刻む。また戦い方も空烈パンチをメインとした徒手格闘が主体になっている。
  59. ^ 秘石はその後、ブレイブ16にてグリーンによって取り戻されている[ep 37]
  60. ^ 凄まじい見た目と味であり、キョウリュウジャー6人から「ものすごくまずかった」と言われている。
  61. ^ 撮影では海藻と酢をベースにバナナとキウイを混ぜたものを使用している[16]。監督の竹本昇は飲んでも大丈夫であったと述べている[16]
  62. ^ 本人は登場しておらず、空蝉丸がこれを説明している。
  63. ^ 自分に自信がなかったり、やる気がないとブレイブを込められないため、変身出来ない。
  64. ^ 玩具ではこの状態を「エンプテイVer.(バージョン)」と呼称している。また、デーボス軍が使用していた本体が黒くデーボス軍のマークが入ったものは「デーボスインVer.(バージョン)」、空蝉丸をドゴルドから分離させるためにトリンとラミレスのスピリットを込めた本体が金色(玩具ではオレンジ)のものは「スピリットインVer.(バージョン)」と呼称している。
  65. ^ その後、歴代戦隊の獣電池の中でも『獣電戦隊キョウリュウジャーVSゴーバスターズ 恐竜大決戦! さらば永遠の友よ』でキョウリュウジャーと共演した『特命戦隊ゴーバスターズ』、『爆竜戦隊アバレンジャー』、『恐竜戦隊ジュウレンジャー』の3大戦隊の獣電池は同作品の劇中に登場した。
  66. ^ ダイゴたちに譲渡された1本と弥生に譲渡された3本に分かれている。
  67. ^ ブレイブ9まではトリンの所持する1本とデーボス軍の所持する本体の黒いもの1本の2本が確認されている。
  68. ^ 『超全集』では、名称をガーディアンズ獣電池と記載している[95]
  69. ^ 通常はキョウリュウレッドがカーニバルに変身している状態でブレイブインをしているが、ブレイブ47、および『トッキュウジャーVSキョウリュウジャー』では、通常形態でブレイブインした。
  70. ^ 括弧内のアルファベットは獣電池の裏面に記載されている名称。
  71. ^ 以下、リストでは使用者が変身した姿のみ記述。
  72. ^ 帰ってきた獣電戦隊キョウリュウジャー 100 YEARS AFTER』で変身に使用。
  73. ^ ティラノサウルスのミニティラバージョン。チャージ状態は通常のティラノサウルスのシルエット。
  74. ^ ガブリボルバーで使用するとパワーが暴走し、ガブティラ人間と化してしまう[12]
  75. ^ a b ガブリボルバーで使用すると暴発してしまう。
  76. ^ 装備していた獣電アームズは他の誰かが使用する状態になり、ブレイブ16ではグリーンがパラサショットを使用していた。
  77. ^ 獣電竜に使うとその首を伸ばすことができる[100][107][101]
  78. ^ ガブリボルバーに装填すると握りの下部から催涙ガスを煙幕のように発射する。キョウリュウジンに装填すると左肩(ガブティラのお尻)から催涙ガス(オナラ)を発射する[106][107]
  79. ^ ほとんどがブルーに対して使用されるケースが多い。
  80. ^ 裏面のアルファベットは「V」だけが少し大きく書かれている。
  81. ^ 裏面のアルファベットは「X」だけが少し大きく書かれている。
  82. ^ ただし、ブラキオサウルスがモチーフのシルバーのマスクも牙状になっている。
  83. ^ ただし、弥生、優子、真也は本来の色彩のガブリボルバーを渡されており、獣電竜に打ち勝つ描写もない
  84. ^ これは、スピリットベースがブラギガスの体内に戻ったことで、出入りの際にはトリンにもガブリボルバーが必要となったため。
  85. ^ ただし、ダイゴ以外の4人は正体を隠している時期はホルダーをつけていなかった。
  86. ^ 上部の装填口に装填した際、11番はディノチェイサーを呼び出すために使用され、12番と13番は暴発してしまう。
  87. ^ テレビ朝日公式サイトや『超全集』では獣電アームズをキョウリュウジャーの装備の総称としている[24][109]
  88. ^ 初期メンバーでなくてもよい。
  89. ^ 書籍『獣電戦隊キョウリュウジャー』では、名称をケントロスパイカー+獣電ブレイブフィニッシュ・雷電残光と記述している[97]
  90. ^ この際の変身音はサンバ調の他の5人と異なり三味線とエレキギターが混じったような音になっており、変身時の動きもサンバのステップではなく歌舞伎のような動きになっている。
  91. ^ この必殺技を放つ条件は、トリン、ラミレス、鉄砕が大地の闇を破壊し終えていること。
  92. ^ この際の変身時の動きはトリンの場合、ギターをかき鳴らすような動きになっている[16]。ブレイブ45でのダンテツの変身ではスピリットを射出する前の一回転の動作以外はその場でギターを弾くような動作を行う。
  93. ^ 初披露のブレイブ36のみ捕縛している。
  94. ^ アミィが命名。
  95. ^ 各スロットに入る獣電池は決まっており『獣電戦隊キョウリュウジャー超全集』によると、それぞれ前から右側が13番・14番・15番・16番・19番、中央が11番・17番・18番、左側が12番・20番・21番・22番・23番の獣電池が装填される[81]
  96. ^ 獣電池をガブリボルバーにセットした時、苦しそうな声で「ガブリンチョ」と言う。シリンダーを回した時に流れるBGMの音程が狂い、うまく踊れない。またキョウリュウチェンジしても胸のレリーフが現れず、獣電巨人内の逆三角のレリーフも表示されない。
  97. ^ ただし、ブレイブ26での弥生や、ブレイブ29での空蝉丸のように5人以外のメンバーでも使用可能。
  98. ^ ダイゴは、ディノチェイサーとソウジは相性が良いと思っている。
  99. ^ ただし、ブレイブ35ではブラックとグリーンが不在でも使用した。
  100. ^ 地球を描いて放つ円月殺法式と滑走斬りの2通りの斬り方がある。
  101. ^ ブレイブ32・41ではブルーとピンクの2人で操縦している。
  102. ^ ブレイブ22ではブルーとピンクも転送された。
  103. ^ ブレイブ9ではドゴルドに操られていたために召喚したドゴルドがコクピットに自動転送される[ep 23]
  104. ^ 資料によっては、エネルギー波と記述している[181][169]
  105. ^ 三条は翼を変形させてマント状にすることも希望していた[12]
  106. ^ ブレイブ41後半とブレイブ42ではブラックとグリーンの2人で操縦している。
  107. ^ レッドが不在のブレイブ26ではバイオレットを除く5人で操縦し、ブレイブ41ではバイオレットが単独で操縦仕掛けていたが、操縦に不安を訴えたためにスピリットレンジャー2人が加わり、3人で操縦している。
  108. ^ 稀にバイオレット(弥生)を加えた7人で操縦することもある。
  109. ^ ブレイブ35では、キョウリュウジャーを応援する人々が合わせてコールしている。
  110. ^ クローンデーボスおよび蝶絶神デーボス、アースレバン戦ではシルバー単独で操縦している。
  111. ^ 頭部・グルモナイト、右肩・ケントロスパイカー、左肩・スティメロ、胸・アロメラス、右腕・アーケノロン、左腕・イゲラノドン、右腰・プクプトル、左腰・オビラップー、腹部・トペランダ、右すね・フタバイン、左すね・ビヨンスモ、右脚・ディノスグランダー、左脚・ディノチェイサーとなっている[192]
  112. ^ ただし、ブレイブ42では合体に参加した6名、『トッキュウジャーVSキョウリュウジャー』では初期メンバーのみで操縦していた。
  113. ^ 書籍『スーパー戦隊OfficialMook21世紀 vol.13 獣電戦隊キョウリュウジャー』では、名称をギガントクラッシャーと記述している[193]
  114. ^ その際、レッドはカーニバルのままとなっている。またブレイブ41ではレッドが単独で操縦している。
  115. ^ 恐竜たちや地球より以前に滅ぼした惑星の昆虫に似た生命体など。
  116. ^ 本の中には、ブレイブ17にてデーボ・ウイルスンとデーボ・ヒョーガッキの遺影が載っており、ブレイブ27ではトリンが懸賞首風に描かれているページがある。
  117. ^ ブレイブ47ではドゴルドとキルボレロ、多くのゾーリ魔たちがキョウリュウジャーと交戦する中、彼らを「捨て石」としてキョウリュウジャーもろとも攻撃するようエンドルフに指示する。
  118. ^ ブレイブ21より、この小惑星は現代にてドクター・ウルシェードがプレズオンに搭乗して訪れており、ドクターはここで調査をしている。
  119. ^ 「喜びの白マント」であるキルボレロが奏でるトランペットに反応して強い喜びや悲しみをあらわにした者、源流や麗子のような元から強い喜びや悲しみを抱く者だけを集め、レコード盤に彼らの感情を刻み込むという方法をとった。ただし、源流と麗子はソウジによって共に救出されている。
  120. ^ しかし、エンドルフからは彼がドゴルドを処刑しようとしたのを庇った際に「案外、この中で一番強いかもしれない」と評価される。
  121. ^ ブレイブ25では、彼女の立ち回りや作戦は実害が少ないことから、戦わずに済ませられないかとキョウリュウジャーに思われたこともある。
  122. ^ 技を出すときも人間態の顔がイメージとして浮かぶ演出になっている。
  123. ^ 「腹立たしい」はもともと空蝉丸の口癖だったものがうつってしまったという設定があり、ブレイブ10でそれを説明するセリフがあったがカットされている[12]
  124. ^ 「ガブリンチェックポイント」にて、「怒ったゴールド(空蝉丸)= 怒ゴールド」がドゴルドの名前の由来と記載[208]
  125. ^ ブレイブ44ではラッキューロへの解雇を通告したカオスとエンドルフに「まだ使い道があるのでは?」と問い掛けたり、ブレイブ46では裏切ったアイガロンに皮肉ではない同情を見せている。
  126. ^ ドゴルドのことは当初は呼び捨てにしていたが、後に「ドゴちゃん」と呼んでいる。
  127. ^ 自爆をしてから、時々様子がおかしくなるという自覚はある。
  128. ^ ただし、ブレイブ4ではアミィと戦い圧倒し、ブレイブ20では、キャンデリラ、タナバンタと連携してレッドを圧倒していた。
  129. ^ 結果的には敗れたものの、「キョウリュウジャー打倒の糸口が見えた」として、この時に初めてカオスから褒められている。
  130. ^ キャンデリラの戸松と同様、担当声優である折笠愛が演じている。
  131. ^ カオスやドゴルド、エンドルフやモンスター自身などがラッキューロから拝借または強奪して使用することもあるほか、ブレイブ38ではラッキューロが任務を放棄しスクスクジョイロを放置したため、それにあきれたアイガロンが使用した。また、デーボス細胞を持つものにしか効果がないため、ブレイブ28にてトリンが元デーボス軍の一員であることの証明としても用いられた。
  132. ^ 三条陸によると、「好きな所に行くがいい」と言うカオスなりの愛情であり、上司キャラかつ中間管理職なテイストで表現したと言う[12]
  133. ^ ドゴルドの暗躍によりパズルなどの娯楽を与えられ、出撃せずに遊んでいた。
  134. ^ カオスが作製あるいは発案したモンスターには喜怒哀の3つの白面全てが付く。
  135. ^ その際には特に感情の指定はないらしくイメージさえすればデーボス軍の幹部なら誰でも生み出せる。
  136. ^ ブレイブ30にてラッキューロがドロンボスを生み出そうとしていた際に誕生したデーボ・ザイホドローンがその例。ザイホドローンはザイホーンの石版は使えないが、ドロンボスのビッグバンクは使用できる。
  137. ^ デーボ・バティシエ、デーボ・キャワイーン、デーボ・アックムーン、アイスロンドなど。スタッフからは「服怪人」や「衣装怪人」と呼ばれている[213]
  138. ^ ただし、ブレイブ32に登場したデーボ・スポコーン配下のゾーリ魔や、ブレイブ38のビューティフルゾリー魔ービューティフルゾリーまーなど強化されたゾーリ魔はスクスクジョイロで巨大化可能で、さらに後者は言葉も話せる。
  139. ^ 生み出される際には「喜び」が選ばれると無数のハートが、「怒り」が選ばれると雷が、「哀しみ」が選ばれると濁流のような水が柱から放たれる。また、ラッキューロが喜びの柱に触れると星が放たれる。
  140. ^ なお、デーボ・キビシーデスはラッキューロ作製のモンスターであるが、カオス考案のモンスターであるため3本全てに触れて作製する必要がある。
  141. ^ 脚本を担当した三条は以前から思い描いていた構想だと述べており、プリキュアシリーズのように1人ずつ仲間になる形が理想だとしている[12]
  142. ^ ブレイブ1の時点でダイゴたちが「TIGER BOY」の客として別々に訪れており、それぞれがキョウリュウジャーの正体であることを知らないままメンバー5人が対面していた。
  143. ^ ブレイブ39において10人全員で変身した際は他のメンバー同様ステップを踏んだ後、獣電池を掲げている。
  144. ^ バイオレット本人は存命にもかかわらず勢いで一緒に名乗ってしまい困惑していたが、そのことを鉄砕に一蹴されている。また、ブレイブ41で鉄砕に「スピリットトリオ再結成だ!」と言われ、困惑していた。
  145. ^ プレズオンラボで新しく製作された獣電池のうち、カーニバル獣電池は1番(ガブティラ)の枠でチャージされているが、ビクトリーとマキシマムの2本がチャージボックスでチャージされている描写はない。
  146. ^ トリンはガブリボルバー無しで出入りしていたが、ブレイブ35でスピリットベースがブラギガスに融合してからはトリンも出入りには銀色のガブリボルバー(のちのギガガブリボルバー)を必要としている。
  147. ^ 坂本は今野鮎莉や飯豊まりえと別作品のオーディションで出会っており、キャスティング時に両名とも推薦していた[11]。玩具音声での千葉繁の起用も坂本の提案による[5]
  148. ^ 戸松遥(『パワーレンジャー・ミスティックフォース』)[11]、春田純一(『仮面ライダーW RETURNS』)[11]、劇場版の宮野真守(『大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 THE MOVIE』)や佃井皆美(『REBELLIONS』『009ノ1』など[224]
  149. ^ ブレイブ43は鳥居役としても出演。
  150. ^ ブレイブ10・28では「アイドル」、ブレイブ40では桃園喜美子役としても出演。
  151. ^ ブレイブ40では喜美子の母役としても出演。
  152. ^ ブレイブ43・44では「黒マントの男」とクレジットされている。
  153. ^ ブレイブ44では「白マントの男」とクレジットされている。
  154. ^ 岩泉猛志ノ介としてはノンクレジット。
  155. ^ ノブハルにノブハルグルグルを決められるゾーリ魔を担当[236]。キョウリュウブルーと同じポーズも見せている[43]
  156. ^ 橋口は2013年にJAEを退団し、キャワイーン役が最終作となった[16]
  157. ^ 大森は、坂本を起用した理由について坂本の演出リズムが子供にあっていると考えたからであることを語っている[21]
  158. ^ 三条は坂本が起用された後に大森が塚田英明からの紹介を受け起用された[257]
  159. ^ 佐橋は前年にもオファーを受けていたが多忙のため断っており、本作品で再び依頼を受けた際は絶対に引き受けなければならないという思いであったことを述べている[258]
  160. ^ 村田が採用されたのはデーボ・アキダモンネだけであったが、デザインは他にもう1体分提出されている[261]
  161. ^ ただし歌詞テロップに漢字は使用されない。
  162. ^ ただし準レギュラー戦士3名はアップでの単独紹介のクレジットはない。
  163. ^ 2人がパーソナリティを務める番組内でのリスナーからのメールが元になっている。なおこのメールが読まれる前にすでに動画は投稿済みであった。
  164. ^ 2013年3月18日の放送回にはオープニングの主題歌を歌う鎌田章吾、5月17日の放送回にはメイン監督の坂本浩一、6月28日の放送回にはオープニングおよび劇中歌の作詞を手がける藤林聖子、8月30日の放送回にはレッドのスーツアクターの押川博文、10月11日の放送回にはレッド役の竜星涼とピンク役の今野鮎莉がそれぞれゲスト出演をした。
  165. ^ 劇中ではエンドルフによってアレンジされたことになっている(ラッキューロ曰く「ダークなアレンジ」)。
  166. ^ ブレイブ8のみ「○○?○○」となっている。
  167. ^ 物語の展開に合わせ、クレジットでは「謎のモンスター」と表記。
  168. ^ 6月16日は「第113回全米オープンゴルフ 大会第3日目 〜メリオンゴルフクラブ〜」中継のため休止。
  169. ^ 8月25日は『スーパーヒーロー&ヒロイン夏休みスペシャル』(『仮面ライダー×スーパー戦隊 スーパーヒーロー大戦』と『映画 プリキュアオールスターズNewStage みらいのともだち』の地上波放送)放送のため休止。また同番組の進行役(ナレーション)として、本番組よりダイゴ役の竜星涼が出演している。
  170. ^ 11月3日は「第45回全日本大学駅伝」中継のため休止。
  171. ^ 資料によっては、幽霊デーボモンスターと記述している[270]
  172. ^ 声はデーボ・ペシャンゴのみ新録され、他は過去の音声を流用している[16]
  173. ^ 2013年12月29日は『路線バスで寄り道の旅』年末スペシャル(一部地域では別番組)放送のため休止。

参照話数

  1. ^ ブレイブ1
  2. ^ a b c d e f ブレイブ42
  3. ^ a b c d e f g ブレイブ45
  4. ^ a b c d ブレイブ4
  5. ^ a b c d ブレイブ3
  6. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u ブレイブファイナル
  7. ^ ブレイブ33
  8. ^ a b c d e f g h i j ブレイブ46
  9. ^ a b ブレイブ5
  10. ^ a b c d e f g ブレイブ43
  11. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p ブレイブ47
  12. ^ a b c d e ブレイブ8
  13. ^ ブレイブ15
  14. ^ a b c d e f g ブレイブ40
  15. ^ a b c ブレイブ39
  16. ^ ブレイブ38、ブレイブ46など
  17. ^ a b ブレイブ36
  18. ^ a b ブレイブ14
  19. ^ a b c d e ブレイブ2
  20. ^ a b c d e f g h ブレイブ10
  21. ^ a b ブレイブ11
  22. ^ a b ブレイブ22
  23. ^ a b c d ブレイブ9
  24. ^ ブレイブ12
  25. ^ a b ブレイブ6
  26. ^ a b ブレイブ31
  27. ^ a b c ブレイブ18
  28. ^ a b c ブレイブ38
  29. ^ a b ブレイブ17
  30. ^ a b ブレイブ21
  31. ^ a b c d e f ブレイブ24
  32. ^ a b c d ブレイブ23
  33. ^ a b c d e f ブレイブ28
  34. ^ a b c d ブレイブ29
  35. ^ ブレイブ20
  36. ^ a b ブレイブ34
  37. ^ a b ブレイブ16
  38. ^ a b c d ブレイブ25
  39. ^ a b c ブレイブ32
  40. ^ ブレイブ35
  41. ^ a b ブレイブ44

出典

  1. ^ テレビ朝日公式サイト, トップ2013年4月1日閲覧
  2. ^ 東映ヒーローMAX Vol.44 2013, p. 71.
  3. ^ テレビ・リリース一覧・スーパー戦隊シリーズ第37作「獣電戦隊キョウリュウジャー」制作発表会見リポート”. 東映. 2013年4月1日閲覧。
  4. ^ 公式完全読本 2014, pp. 12、62.
  5. ^ a b c d e f g h i j 公式完全読本 2014, pp. 101-108, 「character/toy design TALK 植田真弘[バンダイ]×田中宗二郎[PLEX]」
  6. ^ a b c d e 『ハイパーホビー』2013年2月号、3月号、徳間書店。[要ページ番号]
  7. ^ a b 『キョウリュウジャー』の見どころ”. web R25 (2013年2月15日). 2013年3月31日閲覧。
  8. ^ a b c 公式完全読本 2014, p. 102
  9. ^ a b 21st 1 2017, pp. 28-30, 「特集企画 スーパー戦隊その極意 Volume1 極彩色ヒーローのデザイン術」
  10. ^ 公式完全読本 2014, pp. 14-15、56、60.
  11. ^ a b c d e f 公式完全読本 2014, pp. 62-65, 「director INTERVIEW01 坂本浩一
  12. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad 公式完全読本 2014, pp. 50-61, 「三条陸、怒涛の全話解説」
  13. ^ a b c 公式完全読本 2014, pp. 82-83, 「action director INTERVIEW 福沢博文
  14. ^ 仮面俳優列伝 2014, pp. 23-35, 「第1章 Mr.平成ライダー&Mr.レッドの軌跡 02 福沢博文」(東映ヒーローMAX vol.44掲載)
  15. ^ a b c d e f g h 公式完全読本 2014, pp. 93-95, 「SFX director INTERVIEW 佛田洋
  16. ^ a b c d e f g h i j k l 公式完全読本 2014, pp. 66-69, 「director INTERVIEW02 竹本昇
  17. ^ http://www.bandainamco.co.jp/files/3QE8A39CE8B6B3E8B387E69699EFBC88E5928CEFBC89.pdf (PDF)
  18. ^ http://www.bandainamco.co.jp/files/E8A39CE8B6B3E8B387E69699EFBC88E5928CEFBC89_2.pdf (PDF)
  19. ^ a b 佐藤央明他「2013年ヒット商品ベスト30」『日経トレンディ』第358号、日経BP、2013年12月、 91頁、 NCID AN10212115
  20. ^ a b c d e f g h i j k l m n o 宇宙船YB 2014, p. 13
  21. ^ a b c 21st 13 2017, p. 5, 「INTERVIEW キョウリュウジャーの真実 大森敬仁
  22. ^ a b c d e f g 21st 13 2017, p. 32, 「スーパー戦隊制作の裏舞台 三条陸
  23. ^ a b ひみつ超百科 2013, p. 9.
  24. ^ a b c d e f g h i テレビ朝日公式サイト, キョウリュウレッド 桐生ダイゴ 2013年4月1日閲覧
  25. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v 宇宙船YB 2014, p. 12, 「獣電戦隊キョウリュウジャー」
  26. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x 超全集 2014, pp. 8-9, 「桐生ダイゴ/キョウリュウレッド」
  27. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z 21st 13 2017, pp. 8-9, 「キョウリュウレッド」
  28. ^ あれるぜ! ブレイブパワー! 2013, pp. 8-9.
  29. ^ a b c d 『ゴーバスターズVSゴーカイジャー』公式パンフレット、「ゴーバスターズVSゴーカイジャー」製作委員会。
  30. ^ 公式完全読本 2014, pp. 19、31.
  31. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p 超全集 2014, pp. 32-33, 「キョウリュウレッド・カーニバル」
  32. ^ a b c 東映ビデオ:帰ってきた獣電戦隊キョウリュウジャー 100YEARS AFTER
  33. ^ a b c d e f g h i j k 21st 13 2017, p. 10, 「キョウリュウブラック」
  34. ^ a b テレビ朝日公式サイト, キョウリュウブラック イアン・ヨークランド 2013年4月1日閲覧
  35. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r 超全集 2014, pp. 10-11, 「イアン・ヨークランド/キョウリュウブラック」
  36. ^ あれるぜ! ブレイブパワー! 2013, pp. 10-11.
  37. ^ a b c 公式完全読本 2014, pp. 74-75, 「director INTERVIEW05 加藤弘之
  38. ^ 『『獣電戦隊キョウリュウジャー』キャラクターブック KYOURYUU e AMADO!!!』東京ニュース通信社、2013年、64頁。ISBN 978-4863363342
  39. ^ a b c d e f g h 21st 13 2017, p. 11, 「キョウリュウブルー」
  40. ^ a b テレビ朝日公式サイト, キョウリュウブルー 有働ノブハル 2013年4月1日閲覧
  41. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w 超全集 2014, pp. 12-13, 「有働ノブハル/キョウリュウブルー」
  42. ^ あれるぜ! ブレイブパワー! 2013, pp. 12-13.
  43. ^ a b 公式完全読本 2014, pp. 26-29, 「main cast INTERVIEW03 金城大和
  44. ^ 用田邦憲(構成・文)『烈車戦隊トッキュウジャーVSキョウリュウジャー THE MOVIE』パンフレット 2015年1月17日発行 発行所:東映事業推進部「Interview 金城大和
  45. ^ 公式完全読本 2014, pp. 84-87, 「suits actor CROSS TALK01 押川善文×竹内康博×高田将司×浅井宏輔×野川瑞穂×大藤直樹
  46. ^ a b 取材・構成 山田幸彦「東映ヒーロー仮面俳優列伝 VOL.17 高田将司」『東映ヒーローMAX』VOLUME 55(2017 WINTER)、辰巳出版、2017年3月10日、 74-79頁、 ISBN 978-4-7778-1831-0、 雑誌コード:66118-18。
  47. ^ 公式完全読本 2014, p. 69.
  48. ^ a b c d e f g h i j k l m n 21st 13 2017, p. 12, 「キョウリュウグリーン」
  49. ^ a b テレビ朝日公式サイト, キョウリュウグリーン 立風館ソウジ 2013年4月1日閲覧
  50. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w 超全集 2014, pp. 14-15, 「立風館ソウジ/キョウリュウグリーン」
  51. ^ あれるぜ! ブレイブパワー! 2013, pp. 14-15.
  52. ^ ひみつ超百科 2013, p. 27.
  53. ^ 公式完全読本 2014, p. 32, 「main cast INTERVIEW04 塩野瑛久」.
  54. ^ a b c d e f g h i 21st 13 2017, p. 13, 「キョウリュウピンク」
  55. ^ a b テレビ朝日公式サイト, キョウリュウピンク アミィ結月 2013年4月1日閲覧
  56. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s 超全集 2014, pp. 16-17, 「アミィ結月/キョウリュウピンク」
  57. ^ あれるぜ! ブレイブパワー! 2013, pp. 16-17.
  58. ^ a b c 公式完全読本 2014, p. 35, 「main cast INTERVIEW05 今野鮎莉」
  59. ^ 公式完全読本 2014, pp. 51、107.
  60. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x 超全集 2014, pp. 20-21, 「空蝉丸/キョウリュウゴールド」
  61. ^ a b c d e f g h i j k l m 21st 13 2017, p. 14, 「キョウリュウゴールド」
  62. ^ テレビマガジン5月号 2013, p. 31.
  63. ^ 公式完全読本 2014, p. 39, 「main cast INTERVIEW06 丸山敦史」.
  64. ^ a b 公式読本 2014, p. 69.
  65. ^ a b ハイパーホビー5月号 2013, p. 7.
  66. ^ a b c d e f g h i j k l m n o 超全集 2014, p. 22, 「ラミレス/キョウリュウシアン」
  67. ^ a b c d e f g h 21st 13 2017, p. 15, 「キョウリュウシアン、キョウリュウグレー」
  68. ^ 東映公式サイト, ブレイブ72013年4月1日閲覧
  69. ^ ひみつ超百科 2013, p. 38.
  70. ^ あれるぜ! ブレイブパワー! 2013, p. 25.
  71. ^ a b c 公式完全読本 2014, pp. 51、66.
  72. ^ a b c d 超全集 2014, pp. 26-27, 「キョウリュウシアン/キョウリュウグレー/キョウリュウバイオレット」
  73. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q 超全集 2014, p. 23, 「鉄砕/キョウリュウグレー」
  74. ^ a b 公式完全読本 2014, pp. 76-77, 「director INTERVIEW06 貴行
  75. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s 超全集 2014, pp. 24-25, 「弥生ウルシェード/キョウリュウバイオレット」
  76. ^ a b c d e 21st 13 2017, p. 16, 「キョウリュウバイオレット」
  77. ^ a b 公式完全読本 2014, p. 104
  78. ^ a b c 公式完全読本 2014, p. 48, 「voice actor Q&A 千葉繁
  79. ^ 公式完全読本 2014, p. 97.
  80. ^ a b c d 公式完全読本 2014, pp. 72-73, 「director INTERVIEW04 渡辺勝也
  81. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t 超全集 2014, pp. 28-29, 「賢神トリン/キョウリュウシルバー」
  82. ^ a b c d e f 21st 13 2017, p. 17, 「キョウリュウシルバー」
  83. ^ a b c d e f g h i j テレビ朝日公式サイト, キャラクター 2013年4月1日閲覧
  84. ^ あれるぜ! ブレイブパワー! 2013, p. 24
  85. ^ 東映公式サイト, ブレイブ44 わらうカオス! はめつのカウントダウン|東映[テレビ]2014年1月12日閲覧
  86. ^ 公式完全読本 2014, pp. 43、59、73.
  87. ^ 公式完全読本 2014, pp. 43、73.
  88. ^ 公式完全読本 2014, p. 43, 「voice actor TALK01 森川智之」.
  89. ^ ひみつ超百科 2013, p. 40.
  90. ^ a b c d e f g h i j k l m n 超全集 2014, pp. 30-31
  91. ^ “62歳・山下真司、史上最年長の戦隊ヒーロー!キョウリュウシルバーに変身”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2014年1月6日). http://hochi.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20140105-OHT1T00168.htm 2014年1月20日閲覧。 
  92. ^ 公式完全読本 2014, pp. 55、68.
  93. ^ a b c d テレビ朝日公式サイト, 獣電池 2013年4月1日閲覧
  94. ^ a b c d e f g h i 超全集 2014, pp. 4-5, 「獣電戦隊キョウリュウジャー」
  95. ^ 超全集 2014, p. 34.
  96. ^ スーパー戦隊トイパーク”. 2013年2月15日閲覧。
  97. ^ a b c d e f g h i 超全集 2014, pp. 26-27, 「獣電戦隊の合体技」
  98. ^ a b c d e f g h i j 超全集 2014, p. 27, 「特殊な獣電ブレイブフィニッシュ&複合技」
  99. ^ a b あれるぜ! ブレイブパワー! 2013, p. 26
  100. ^ a b c d e f g h てれびくん5月号 2013, p. 43
  101. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r 超全集 2014, pp. 34-35, 「ガーディアンズ獣電池」
  102. ^ あれるぜ! ブレイブパワー! 2013, p. 21.
  103. ^ あれるぜ! ブレイブパワー! 2013, p. 16
  104. ^ ひみつ超百科 2013, p. 21.
  105. ^ a b あれるぜ! ブレイブパワー! 2013, p. 8
  106. ^ a b あれるぜ! ブレイブパワー! 2013, p. 33
  107. ^ a b テレビマガジン5月号 2013, p. 37
  108. ^ あれるぜ! ブレイブパワー! 2013, p. 13.
  109. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x 超全集 2014, pp. 6-7, 「獣電アームズ」
  110. ^ a b c d e f g h i j 21st 13 2017, pp. 6-7, 「『獣電戦隊キョウリュウジャー』」
  111. ^ a b ひみつ超百科 2013, p. 19.
  112. ^ ひみつ超百科 2013, p. 6.
  113. ^ a b あれるぜ! ブレイブパワー! 2013, p. 7
  114. ^ a b c d テレビ朝日公式サイト, キャラクター・キョウリュウゴールド 空蝉丸 2013年4月21日閲覧
  115. ^ ひみつ超百科 2013, p. 20.
  116. ^ a b あれるぜ! ブレイブパワー! 2013, p. 6
  117. ^ a b c 公式完全読本 2014, p. 103
  118. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v 超全集 2014, pp. 18-19, 「アームド・オン」
  119. ^ ひみつ超百科 2013, p. 5.
  120. ^ a b コンプリート超百科 2018, p. 92.
  121. ^ あれるぜ! ブレイブパワー! 2013, p. 6.
  122. ^ あれるぜ! ブレイブパワー! 2013, p. 19.
  123. ^ ひみつ超百科 2013, p. 17.
  124. ^ あれるぜ! ブレイブパワー! 2013, pp. 20-21.
  125. ^ ひみつ超百科 2013, p. 31.
  126. ^ 超戦力超百科 2013, p. 36.
  127. ^ 超戦力超百科 2013, p. 24.
  128. ^ a b c d e f g h 超全集 2014, p. 19, 「強化合体」
  129. ^ a b ひみつ超百科 2013, p. 30.
  130. ^ コンプリート超百科 2018, p. 93.
  131. ^ a b テレビマガジン5月号 2013, pp. 38 - 39
  132. ^ ひみつ超百科 2013, p. 34.
  133. ^ てれびくん5月号 2013, p. 34.
  134. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t 超全集 2014, p. 19, 「ザンダーサンダー」
  135. ^ a b ひみつ超百科 2013, p. 36.
  136. ^ テレビマガジン5月号 2013, p. 32.
  137. ^ てれびくん5月号 2013, p. 37.
  138. ^ 超戦力超百科 2013, p. 20.
  139. ^ テレビマガジン5月号 2013, p. 33.
  140. ^ a b c d e f g 超全集 2014, p. 36
  141. ^ 公式完全読本 2014, p. 105.
  142. ^ テレビ朝日公式サイト, 獣電竜・ガブティラ2013年4月1日閲覧
  143. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af ag ah ai aj 宇宙船YB 2014, p. 13, 「獣電竜」
  144. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af ag ah ai aj ak al am an ao ap aq ar as at au av aw ax ay az ba bb bc bd be bf bg bh bi bj bk bl bm bn bo bp bq br bs bt bu bv bw bx by bz ca cb cc cd ce cf cg ch ci cj ck cl cm cn co 21st 13 2017, p. 21, 「十大獣電竜&ガーディアンズ」
  145. ^ ひみつ超百科 2013, p. 44.
  146. ^ あれるぜ! ブレイブパワー! 2013, pp. 28-29.
  147. ^ 東映公式サイト, あらすじ一覧・ブレイブ12013年4月1日閲覧
  148. ^ テレビ朝日公式サイト, 獣電竜・パラサガン2013年4月1日閲覧
  149. ^ a b あれるぜ! ブレイブパワー! 2013, p. 30
  150. ^ a b c d ひみつ超百科 2013, p. 46.
  151. ^ テレビ朝日公式サイト, 獣電竜・ステゴッチ2013年4月1日閲覧
  152. ^ a b あれるぜ! ブレイブパワー! 2013, pp. 30-31
  153. ^ テレビ朝日公式サイト, 獣電竜・ザクトル2013年4月1日閲覧
  154. ^ ひみつ超百科 2013, p. 47.
  155. ^ テレビ朝日公式サイト, 獣電竜・ドリケラ2013年4月1日閲覧
  156. ^ テレビ朝日公式サイト, 獣電竜・プテラゴードン2013年4月1日閲覧
  157. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af ag ah ai aj ak al am an ao ap aq ar as at au 宇宙船YB 2014, p. 14, 「獣電巨人」
  158. ^ テレビ朝日公式サイト, 獣電竜・アンキドン2013年4月1日閲覧
  159. ^ あれるぜ! ブレイブパワー! 2013, p. 31.
  160. ^ a b コンプリート超百科 2018, p. 95.
  161. ^ 公式完全読本 2014, pp. 52、94.
  162. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x 超全集 2014, p. 37, 「カミツキ合体&変形」
  163. ^ a b コンプリート超百科 2018, p. 94.
  164. ^ あれるぜ! ブレイブパワー! 2013, pp. 26-27.
  165. ^ 獣電戦隊キョウリュウジャー キャラクターショー&マシン特別展示”. Honda ウェルカムプラザ青山 (2014年2月15日). 2015年1月6日閲覧。
  166. ^ 公式完全読本 2014, p. 108.
  167. ^ テレビ朝日公式サイト, 獣電竜・キョウリュウジン2013年4月1日閲覧
  168. ^ あれるぜ! ブレイブパワー! 2013, pp. 32-33.
  169. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af ag ah ai aj ak al am an ao ap aq ar as at au av aw ax ay az ba bb bc bd be bf bg 21st 13 2017, p. 22, 「カミツキ合体&変形巨人」
  170. ^ ひみつ超百科 2013, p. 51.
  171. ^ あれるぜ! ブレイブパワー! 2013, p. 33.
  172. ^ あれるぜ! ブレイブパワー! 2013, p. 35.
  173. ^ 公式完全読本 2014, p. 107.
  174. ^ a b あれるぜ! ブレイブパワー! 2013, p. 36
  175. ^ テレビ朝日公式サイト, キョウリュウジン ウエスタン2013年4月1日閲覧
  176. ^ あれるぜ! ブレイブパワー! 2013, pp. 36-37.
  177. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa 超全集 2014, p. 38, 「カミツキ合体&変形」
  178. ^ テレビ朝日公式サイト, キョウリュウジン マッチョ2013年4月1日閲覧
  179. ^ a b あれるぜ! ブレイブパワー! 2013, p. 37
  180. ^ a b c テレビ朝日公式サイト, プテライデンオー 2013年4月21日閲覧
  181. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac 超全集 2014, p. 39, 「カミツキ合体&変形」
  182. ^ テレビマガジン5月号 2013, pp. 34 - 35.
  183. ^ てれびくん5月号 2013, pp. 40 - 41.
  184. ^ ひみつ超百科 2013, p. 57.
  185. ^ 超戦力超百科 2013, p. 48.
  186. ^ てれびくん5月号 2013, p. 41
  187. ^ 公式完全読本 2014, p. 109.
  188. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af ag ah ai aj ak al am an ao ap aq ar as at au av aw ax ay az ba bb 宇宙船YB 2014, p. 15, 「獣電巨人」
  189. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af ag ah ai aj ak al am an ao ap aq ar as at au 超全集 2014, pp. 40-41, 「カミツキ合体&変形」
  190. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af ag ah ai aj 21st 13 2017, p. 23, 「カミツキ合体&変形巨人」
  191. ^ 公式完全読本 2014, p. 110.
  192. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af ag ah ai aj ak 超全集 2014, pp. 42-43, 「カミツキ合体&変形」
  193. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x 21st 13 2017, p. 24, 「カミツキ合体&変形巨人」
  194. ^ 東映ヒーローMAX Vol.44 2013, p. 72.
  195. ^ 公式完全読本 2014, pp. 112、115.
  196. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af ag ah ai aj ak al am an ao ap aq ar as at au av aw ax 宇宙船YB 2014, p. 17, 「デーボス軍」
  197. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af ag ah ai aj ak al am an ao ap aq ar as at au av aw ax ay 超全集 2014, pp. 86-87, 「デーボス軍」
  198. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af 21st 13 2017, p. 25, 「デーボス軍」
  199. ^ 公式完全読本 2014, p. 120.
  200. ^ a b c 公式完全読本 2014, p. 125
  201. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af ag ah ai aj ak al am an ao 宇宙船YB 2014, p. 16, 「デーボス軍」
  202. ^ a b c d 公式完全読本 2014, pp. 112-113, 「K-SuKe × 松井大」
  203. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af ag ah ai aj ak al am an ao 21st 13 2017, p. 26, 「デーボス軍」
  204. ^ a b c 公式完全読本 2014, p. 123
  205. ^ a b c d e 公式完全読本 2014, p. 115
  206. ^ (日本語) 【予告】帰ってきた獣電戦隊キョウリュウジャー 100 YEARS AFTER(60秒ver.). 東映.. (2014年2月28日). 該当時間: 0:08 - 0:15. http://www.youtube.com/watch?v=NuD2R23unuE 2014年3月7日閲覧。 
  207. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af ag ah ai aj ak al 超全集 2014, pp. 88-89, 「デーボス軍」
  208. ^ 東映公式サイト, あらすじ一覧・ブレイブ102013年4月15日閲覧
  209. ^ a b 公式完全読本 2014, p. 121
  210. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y 超全集 2014, p. 90, 「デーボス軍」
  211. ^ a b c d e f g h i 宇宙船YB 2014, p. 19, 「デーボス軍」
  212. ^ 公式完全読本 2014, pp. 120、123.
  213. ^ 公式完全読本 2014, pp. 15、117、123、125.
  214. ^ a b c 公式完全読本 2014, p. 116
  215. ^ ひみつ超百科 2013, p. 43.
  216. ^ テレビ朝日公式サイト, カンブリ魔2013年4月21日閲覧
  217. ^ a b テレビ朝日公式サイト, デーボス軍・カンブリ魔 2013年4月21日閲覧
  218. ^ 公式完全読本 2014, p. 118.
  219. ^ フィギュア王、三条陸インタビュー[要文献特定詳細情報]
  220. ^ テレビ朝日公式サイト, 獣電竜2013年4月1日閲覧
  221. ^ a b c d 21st 13 2017, p. 20, 「獣電池」
  222. ^ ひみつ超百科 2013, p. 41.
  223. ^ 21st 3 2017, p. 30, 「特集企画 スーパー戦隊その極意 Volume3 ドラマに必須、パーマネントセット」.
  224. ^ 用田邦憲(構成・文)「獣電戦隊キョウリュウジャーインタビュー 勇者たちのメロディー 坂本浩一」『劇場版 仮面ライダーウィザード in Magic Land/劇場版 獣電戦隊キョウリュウジャー ガブリンチョ・オブ・ミュージック』パンフレット 2013年8月3日発行 発行所:東映事業推進部
  225. ^ Courage Kids”. 2013年2月8日閲覧。
  226. ^ a b c d e f g 東映公式サイト, あらすじ一覧・ブレイブ2 2013年5月1日閲覧
  227. ^ a b c 『ハイパーホビー』2014年2月号、徳間書店、2013年12月28日。
  228. ^ a b 戦隊ものいろいろ出演”. オフィスT→PRO声優営業の道(オフィスT-PROスタッフブログ) (2013年5月25日). 2013年7月9日閲覧。
  229. ^ http://www.power-rise.jp/miyaoi_jun.html
  230. ^ 東映公式サイト, 獣電戦隊キョウリュウジャー ブレイブ12 ブットバッソ!せっしゃとキングどの|東映[テレビ]2014年2月16日閲覧
  231. ^ a b 仮面俳優列伝 2014, pp. 37-46, 「第2章 昭和から平成へ仮面の下のイノベーション 03 蜂須賀祐一」(東映ヒーローMAX vol.33掲載)
  232. ^ 仮面俳優列伝 2014, pp. 101-111, 「第3章 平成世代が立つ仮面闘争の最前線 09 押川善文」(東映ヒーローMAX vol.38掲載)
  233. ^ 東映公式サイト, あらすじ一覧・ブレイブ6 2013年4月1日閲覧
  234. ^ 仮面俳優列伝 2014, pp. 71-80, 「第2章 昭和から平成へ仮面の下のイノベーション 06 竹内康博
  235. ^ a b 「キョウリュウジャー座談会」、『宇宙船 vol.140』、ホビージャパン[要ページ番号]
  236. ^ 公式完全読本 2014, pp. 29、87.
  237. ^ 特命戦隊ゴーバスターズVS海賊戦隊ゴーカイジャー THE MOVIE」 劇場パンフレット 立風館ソウジ役・塩野瑛久インタビュー記事内より。
  238. ^ 東映公式サイト, あらすじ一覧・ブレイブ11 2013年4月21日閲覧「メイキング」記事内より。
  239. ^ 仮面俳優列伝 2014, pp. 163-171, 「第4章 東映ヒーロー史に刻み込まれた匠の技と業 15 大藤直樹」(東映ヒーローMAX vol.41掲載)
  240. ^ a b c 東映ヒーローMAX Vol.44 2013, p. 73
  241. ^ a b 仮面俳優列伝 2014, pp. 47-60, 「第2章 昭和から平成へ仮面の下のイノベーション 04 岡元次郎」(東映ヒーローMAX vol.31掲載)
  242. ^ ガブリンチョ。”. 面白ければオールOK! (2013年2月17日). 2013年3月25日閲覧。
  243. ^ 最近の事。”. 面白ければオールOK! (2013年8月19日). 2015年5月3日閲覧。
  244. ^ o(^-^)o”. 面白ければオールOK! (2013年11月11日). 2020年4月21日閲覧。
  245. ^ 最近どお?。”. 面白ければオールOK! (2013年8月19日). 2015年5月3日閲覧。
  246. ^ 丸山です。”. 丸山敦史 official ブログ by ダイヤモンドブログ (2013年9月28日). 2015年1月29日閲覧。
  247. ^ 「飯豊まりえインタビュー」、『HYPEYHOBBY 2013年9月号』、徳間書店[要ページ番号]
  248. ^ 仮面俳優列伝 2014, pp. 133-142, 「第4章 東映ヒーロー史に刻み込まれた匠の技と業 12 日下秀昭
  249. ^ 公式完全読本 2014, pp. 88-91, 「suits actor CROSS TALK02 日下秀昭×清家利一×村岡弘之×蜂須賀祐一×神尾直子feat.岡元次郎」.
  250. ^ 東映公式サイト, あらすじ一覧・ブレイブ10 2013年4月14日閲覧「メイキング」記事内より。
  251. ^ 中川素州”. office 魁【オフィスカイ】 (2013年2月21日). 2013年3月2日閲覧。
  252. ^ a b c 「蜂須賀祐一X神尾直子 CROSS TALK」、『東映ヒーローMAX』Vol.46、辰巳出版
  253. ^ ドゴルド”. りーちのブログ(清家利一オフィシャルブログ) (2013年3月3日). 2013年3月25日閲覧。
  254. ^ 仮面俳優列伝 2014, pp. 61-70, 「第2章 昭和から平成へ仮面の下のイノベーション 05 清家利一」(東映ヒーローMAX vol.32掲載)
  255. ^ 藤田慧 公式プロフィール (PDF)
  256. ^ 今井靖彦 公式プロフィール (PDF)
  257. ^ a b c d 公式完全読本 2014, pp. 12-15, 「producer INTERVIEW 大森敬仁」
  258. ^ a b 21st 13 2017, p. 33, 「スーパー戦隊制作の裏舞台 佐橋俊彦
  259. ^ a b c d 公式完全読本 2014, pp. 78-80, 「musician INTERVIEW 佐橋俊彦
  260. ^ 公式完全読本 2014, pp. 113、122.
  261. ^ 公式完全読本 2014, p. 122, 「designer's COMMENT 村田桃香」.
  262. ^ 獣電戦隊キョウリュウジャー 最終回を終えて|東映[テレビ] 2014年2月9日。
  263. ^ キョウリュウジャー! 長澤奈央 オフィシャルブログ 2013年8月4日
  264. ^ キョウリュウジャー・エンディングにクリスタルスカイを取り上げて頂きました!! 特撮バー・クリスタルスカイのブログ 2013年9月9日
  265. ^ スタッフよりお知らせです 高杉真宙オフィシャルブログ「高杉真宙の日記」 2013年9月28日
  266. ^ http://totatarumi.blog.fc2.com/blog-entry-2810.html
  267. ^ カパル (2013年7月28日). “@Shiki_kapal ( 。'Θ') <カパル今日はキョウリュウジャーED採…”. Twitter. 2013年10月13日閲覧。
  268. ^ 宇宙船vol.140より[要ページ番号]
  269. ^ 超全集 2014, p. 97.
  270. ^ 感動 2014, p. 199.
  271. ^ 『獣電戦隊キョウリュウジャー』auスマートパスサービスをリリース!!〜AndroidとiPnoneで遊べる知育ゲームが盛りだくさん〜 | 東映[モバイル]
  272. ^ 東映特撮YouTubeオフィシャル 告知映像より。[リンク切れ]
  273. ^ 獣電戦隊キョウリュウジャー、キャスト再集結!新作「33.5話」公開”. シネマトゥデイ (2018年2月13日11時0分). 2018年2月16日閲覧。
  274. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af ag 動画【期間限定公開】幻の33.5話「これぞブレイブ!たたかいのフロンティア」 ブレイブフロンティアチャンネル(Youtube) 2018年2月12日
  275. ^ 史上最強!『キョウリュウジャー』と『ブレイブフロンティア2』のコラボ動画公開 - 財経新聞
  276. ^ 【発表会】エイリム、『ブレイブ フロンティア2』リリース発表会を開催 8つのキーワードから『ブレフロ2』の魅力を解説 ステージではキョウリュウジャーが大活躍 - Social Game Info
  277. ^ 動画【期間限定公開】勇敢戦隊ブレイブフロンティア ブレイブフロンティアチャンネル(Youtube) 2018年2月12日
  278. ^ a b c d e f g h i j k l 【発表会】エイリム、『ブレイブ フロンティア2』リリース発表会を開催 8つのキーワードから『ブレフロ2』の魅力を解説 ステージではキョウリュウジャーが大活躍 Social Game Info 2018年2月12日




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット