獣耳 獣耳の概要

獣耳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/10/14 09:51 UTC 版)

ウィキぺたん
様々な獣耳

日本の文化で最初に登場する獣耳は1827年初演の歌舞伎『獨道中五十三驛』(四代目 鶴屋南北作)において猫耳の化け猫が描かれたものとされる[2]

漫画・アニメ等における獣耳の文化の発祥については、1963年なかよし版「リボンの騎士[2]手塚治虫が生み出したとされている[3]

特にの耳のキャラクターは猫耳と称される。

Re:ゼロから始める異世界生活」レムコスプレイヤー

関連項目


  1. ^ 実際の描写では、ヒト以外の動物が生えているキャラクターであっても、ヒトが本来付けている耳も付けて描かれる場合が多い。
  2. ^ a b なぜ獣耳(けもみみ)娘はかわいいのか?を検証してみた。【画像あり】”. ダ・ヴィンチニュース. カドカワ (2013年11月2日). 2019年8月20日閲覧。
  3. ^ 電撃PlayStation (2019年4月26日). “【電撃PS】『絵師神の絆』最新情報!ネコ耳やウサ耳など、かわいいケモノミミの伽羅少女を大特集!”. 電撃オンライン. カドカワ. 2019年8月20日閲覧。


「獣耳」の続きの解説一覧



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「獣耳」の関連用語

獣耳のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



獣耳のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの獣耳 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2023 GRAS Group, Inc.RSS