牡牛座 レーニンの肖像 牡牛座 レーニンの肖像の概要

牡牛座 レーニンの肖像

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/08/18 14:22 UTC 版)

Jump to navigation Jump to search
牡牛座 レーニンの肖像
Телец
監督 アレクサンドル・ソクーロフ
脚本 ユーリー・アラボフ
製作 ヴィクトール・セルゲーエフ
製作総指揮 ウラジミール・ペルソフ
音楽 アンドレイ・シグレ
撮影 アレクサンドル・ソクーロフ
編集 レーダ・セミョーノワ
配給 パンドラ
公開 2001年2月26日
2001年5月16日カンヌ
2008年2月2日
上映時間 94分
製作国 ロシア
言語 ロシア語
テンプレートを表示

第54回カンヌ国際映画祭ではコンペティション部門で上映された[1]

ストーリー

ウラジーミル・レーニン暗殺未遂事件から4年後の1922年。52歳となり、モスクワ郊外のゴールキ村で療養していたレーニンのある1日を描く。

キャスト

  • レオニード・モズゴヴォイ - レーニン
  • マリヤ・クズネツォーワ - クルプスカヤ
  • ナターリヤ・ニクレンコ - マリーヤ
  • レフ・エリセーエフ - 医師
  • セルゲイ・ラジューク - スターリン

外部リンク


  1. ^ Festival de Cannes: Taurus”. festival-cannes.com. 2011年9月27日閲覧。


「牡牛座 レーニンの肖像」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「牡牛座 レーニンの肖像」の関連用語

牡牛座 レーニンの肖像のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



牡牛座 レーニンの肖像のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの牡牛座 レーニンの肖像 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS