牛の吉田君 牛の吉田君の概要

牛の吉田君

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/01/08 15:45 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動

吉田君の登場

ビートたけしが、吉田という姓が「牛だ」と似ていると発言した事から、フジテレビオレたちひょうきん族』のスタッフを通じて、千葉県東金市酪農家(ここの飼い主が、吉田君のお父さんとして『ひょうきん族』にも登場した)を介しテレビ出演させた。『ひょうきん族』では、お父さんがギャグとして谷啓の「ガチョーン」を披露した上で常に繰り返すというもので、番組スタッフの一人だった高田文夫によれば、小林信彦から叱責を受けて高田がお父さんに尋ねた所、お父さんが「棒を繰り返し」と誤解していたと判明。

吉田君は2頭いて、最初の吉田君はわずかな出演にとどまったが、2代目吉田君は『ひょうきん族』をはじめ『日刊アルバイトニュース』のCM斎藤慶子蟹江敬三らと共演)や、『ドリフ大爆笑』にも出演した。その後吉田君は、吉田君のお父さんの下から湘南動物プロダクション(現:市原ぞうの国2代目法人とは別会社)に移籍した。

吉田君は、湘南動物プロダクション(初代法人)に所属しながら3頭の子牛を産んでいるが、いずれも雄牛だったため、食肉肥育用に出荷され子孫はできなかった(乳生産を目的で飼うため、乳牛の牡牛は、ほとんどが食肉用に用いられる)。

その後、1990年に23歳で老衰で息を引き取る。この最期を看取った獣医師は「寿命を全うして亡くなる牛を、初めて見た」とコメントしている。さらに死後になって、吉田君の本名はナナだった事が判明している。

また、飼い主の「吉田君のお父さん」こと安川勝司も、2002年4月28日に他界している。

市原ぞうの国の経営者である坂本小百合(映画『星になった少年』のモデルとなった坂本哲夢の母)の話によると、吉田君は1980年代当時自社での稼ぎ頭の動物タレントだったとの事。

関連楽曲

  • 真梨邑ケイ「Definitely Yours(吉田君のお父さんに捧げる歌)」
    • 1983年発売の真梨邑のアルバム『THE MAN I LOVE』収録。

関連項目

外部リンク






「牛の吉田君」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「牛の吉田君」の関連用語

牛の吉田君のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



牛の吉田君のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの牛の吉田君 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS