無政府共産主義 歴史

無政府共産主義

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/11/01 10:28 UTC 版)

歴史

形成

シルヴァン・マレシャル

無政府共産主義の潮流が現れたのは、18世紀イングランド内戦フランス革命の時期である。イギリスで急進的な土地均分運動を起こしたディガーズ(en:Diggers)を始めたゲラード・ウィンスタンリー(en:Gerrard Winstanley)はThe New Law of Righteousnessという名の論文において、"一切の売買、市場というものは存在してはいけない。地球全体が何人にも共有された財産でなければならない"と述べ、また"他人を支配する存在はいてはいけない。ただ自分だけが自分自身の支配者でなくてはならない"と述べた[11]。フランス革命では、シルヴァン・マレシャル(en:Sylvain Maréchal)がManifesto of the Equals(1796年)において、"地球からの恵みの共有"を要求し、"豊かな者と貧しい者の、貴族と賤民の、主人と使用人の、統治者と被統治者の反感を催させるような区別"の消滅を望んだ[11]

初めて自身を"リバタリアン"と自称したジョセフ・デジャキュ(en:Joseph Déjacque)が、初期の無政府共産主義者である[15]プルードン性差別などを批判し[16]、さらにプルードンの理論に反対して"彼らの労働の成果は、それがいくら彼らにとって当然であったとしても、彼らの権利なのではなく、彼らの欲求を満たすことである。"と主張した[11][17]。アナキストで歴史家のマックス・ネットラウ(en:Max Nettlau)によると、「リバタリアン共産主義」という語は、1880年11月、フランスのアナキストの大会が、思想をより明確に定義したときに初めて使用された[18]。後に4巻からなるAnarchist Encyclopediaを立ち上げ編集した、フランス人アナキストでありジャーナリストのセバスティアン・フォーレ(en:Sébastien Faure)はルイーズ・ミシェルとともに1895年にデジャキュの思想を受け継ぐ週刊誌Le Libertaire(英訳:The Libertarian)を始めた[19]

集産主義的アナキストは、「証書に従ってそれぞれに」という原則を遵守する労働の種類と量に対する報酬を主張したが、必要に応じて共産主義の分配システムへの革命後の移行の可能性を差し控えた。 バクーニンのアソシエイトであるジェームズ・ギヨームは、エッセイ「社会組織に関するアイデア」(1876年)に次のように述べています。 、枯渇を恐れることなく、そして自由で平等な労働者の間でより高度に発達する道徳的感情は、虐待と浪費を防ぐか、大幅に減らすでしょう。」

第一インターナショナル

首尾一貫した現代の経済政治哲学としてのアナキスト共産主義は、カルロ・カフィエロ、エミリオ・コヴェッリ、エリコ・マラテスタ、アンドレア・コスタ、その他の元マジニア共産主義者によって、第一インターナショナルのイタリアのセクションで最初に策定された。ミハイル・バクーニンへの敬意から、彼らは集産主義的アナキズムとの違いをバクーニンの死後まで明白にしなかった。集産主義的無政府共産主義者は、各個人の労働の量と種類に比例した支払いを維持しながら、生産手段の所有権を集団化しようとしましたが、無政府共産主義者は、集団所有権の概念を労働の産物にも拡張しようとしました。両方のグループが資本主義に反対している間、アナキスト共産主義者はプルードンとバクーニンから出発しました。彼らは個人が彼らの個々の労働の産物に対する権利を持ち、生産への彼らの特定の貢献に対して報酬を与えられると主張しました。しかし、 エリコ・マラテスタは次のように述べています。「...あなたと私がそれぞれ何をしているのかを区別しようとして混乱するリスクを冒す代わりに、私たち全員が働き、すべてを共有しましょう。このようにして、それぞれが社会にすべてを与えるでしょう。彼の力は、すべての人に十分な量が生み出されるまで許されます。そして、それぞれが彼が必要とするすべてを取り、すべての人にまだ十分ではないものにのみ彼の必要性を制限します。』

カフィエロは無政府共産主義(1880)で、労働の産物における私有財産は資本の不平等な蓄積につながり、したがって社会階級とその対立の再現、ひいては国家の復活につながると説明している。 労働の産物を個人的に流用すると、私たちはお金を節約することを余儀なくされ、個人の必要性ではなく、多かれ少なかれメリットに応じて多かれ少なかれ富の蓄積を残します。」イタリア国際連盟のフィレンツェ会議で 1876年、警察の活動のためにフィレンツェ郊外の森で開催された彼らは、無政府共産主義の原則を宣言しました。

エリコ・マラテスタ

「イタリア連邦は、労働生産物の集団的財産を集団主義プログラムの必要な補完と見なしており、連帯の原則に対応する生産と消費の唯一のルールは、それぞれのニーズを満たすためのすべての人々の援助です。 フィレンツェでの連邦議会は、この点に関するイタリア国際の意見を雄弁に示しました...」

上記の報告は、その年の後半の(スイス)ジュラ連合の会報のマラテスタとカフィエロによる記事で行われました。

ピョートル・クロポトキン

アナキスト共産主義の最も重要な理論家としてしばしば見られるピーター・クロポトキンは、パンと畑の征服、工場とワークショップで彼の経済思想を概説した。クロポトキンは、協力が競争よりも有益であると感じ、彼の主要な科学的研究である相互扶助:進化の要因で、これは本質的によく説明されていると主張しました。彼は、人々自身による「社会的富全体の収用」による私有財産の廃止と、商品が流通する任意団体の水平的ネットワークを通じて経済が調整されることを提唱した。労働ではなく、個人の身体的ニーズに応じて。彼はさらに、社会が進むにつれて、これらの「ニーズ」は単なる肉体的ニーズではなく、「彼の物質的欲求が満たされるとすぐに、芸術的性格の他のニーズがより熱心に前進するだろう」と主張した。人生は個人によって異なります。社会が文明化されればされるほど、個性が発達し、欲求も変化します。」

彼は、無政府共産主義において、それを維持した。

...家、畑、工場は私有財産ではなくなり、コミューンまたは国に属し、お金、賃金、貿易は廃止されます。 — ピョートル・クロポトキン、パンの略取

無政府共産主義の目的は「すべての人が自由に収穫または製造された製品を、自分の家で好きなように消費する自由を各自に委ねること」であったため、個人やグループは必要なあらゆる資源を使用および管理しました。 彼は財産の収用を支持し、それを得るために労働力を売ることを余儀なくされることなく、誰もが必要なものにアクセスできるようにした。

私たちは彼のコートを奪いたくはありませんが、労働者にそれらの欠如が搾取者の簡単な餌食になるすべてのものを与えたいと思います、そして私たちは誰もが不足しないように最善を尽くします、それ 一人の男が彼自身と彼の赤ん坊のために裸の生存を得るために彼の右腕の力を売ることを強制されてはならない。 これが私たちが収用について話すときの意味です... — ピョートル・クロポトキン、パンの略取

彼は、「耕作できる土地を十分に所有している農民」、「十分なスペースを提供する家に住む家族...その数の人々に必要と考えられる」と職人は「働いている」と述べた。 「家主は農民の貧困に富を負っており、資本家の富は同じ源泉から来ている」と主張している。

要約すると、クロポトキンはアナキスト共産主義経済を次のように機能していると説明した。

数百万人の住民で構成され、農業や多種多様な産業に従事している社会を想像してみてください。たとえば、パリではセーヌエオワーズ県があります。この社会では、すべての子供たちが自分の手と脳で働くことを学ぶと仮定します。すべての成人は、女性を除いて、子供たちの教育に従事し、22歳から22歳から45歳または50歳まで、1日5時間働くように拘束され、自分が選択した職業に従うことを認めます。人間の仕事の1つの部門が必要であると考えられました。そのような社会は、その見返りに、そのすべてのメンバーに幸福を保証することができます。つまり、中産階級が今日享受しているよりも実質的な幸福です。さらに、この社会に属する各労働者は、必需品の範疇に含まれない科学、芸術、および個々のニーズに専念できる1日5時間以上の自由を利用できますが、おそらく後でそうするでしょう。 、人間の生産性が向上し、それらのオブジェクトが豪華に見えなくなったり、アクセスできなくなったりしたとき。ピョートル・クロポトキン、パンの略取

多くの無政府共産主義者は貿易に反対していますが、一部のポスト左翼無政府共産主義者とポスト左翼無政府共産主義者、そしてサンディカリストの共感を持っている人々は貿易に反対していません。 非金銭的コモンズの形で非金銭的形態の貿易を支持するものもあります。 ティツィアナテラノバのような他のものは、無政府共産主義が非階層的、オープンアクセス、自由連想法、P2Pのような非金銭的形態の貿易と互換性があることを容易に理解します。

組織主義と反乱主義

「1876年、国際労働者協会のベルン会議で、イタリアのアナキスト、エリコ・マラテスタは、革命は「言葉よりも行為で構成されている」と主張し、その行動は最も効果的な宣伝形態であった。ジュラの会報で 連邦は、「イタリア連邦は、証書によって社会主義の原則を肯定する運命にあるアナキズムの事実が、宣伝の最も効果的な手段であると信じている」と宣言した。

無政府共産主義が19世紀半ばに出現したとき、それはバクニニスト集産主義と、そしてそれ自体、サンディカリズムと労働者運動への参加や他の問題についてのアナキスト運動の中で激しい議論をした。 したがって、ピョートル・クロポトキンらによって詳述された無政府共産主義の「革命の理論において」は、企業で組織された労働者階級(資本主義的生産様式の細胞)ではなく、真の代理人であるのは上昇した人々です。 そして、雇用者よりも「合理的な」産業団体または社会的頭脳(管理者)として、労働力として自らを主張しようとしている。」

ヨハン最も影響力のあるドイツ系アメリカ人の無政府共産主義者、反乱無政府主義の擁護者

したがって、「1880年から1890年の間」、「内在的革命の展望」は、「公式労働者運動に反対し、その後、形成(一般的な社会民主化)の過程にあった。 政治的(統計的)闘争だけでなく、賃金やその他の請求を提起するストライキ、または労働組合によって組織されたストライキにも反対した。」しかし、「彼らはストライキ自体に反対しなかったが、貿易に反対した。 労働組合と8時間労働の闘争この反改革主義的傾向は反組織的傾向を伴い、その党派は、収用ストライキのために、食料品やその他の物品の収用のために失業者の間で動揺することに賛成すると宣言した。 そして、場合によっては、「個人の回復」またはテロ行為のために。」

しかし、ピョートル・クロポトキンが最初の留保後に労働組合に加入することを決定した後、「フランスではセバスチャン・フォールのル・リベルテールを中心にグループ化された反サンディカリストの無政府共産主義者が残った。1905年以降、これらのロシアの対応者 反サンディカリストの無政府共産主義者は、経済テロと違法な「収用」の党派となる。」慣行としての違法性が出現し、その中で「アナキスト爆撃機と暗殺者の行為(「行為による宣伝」)とアナキスト強盗 (「個人の再流用」)は、彼らの絶望と耐え難い社会に対する彼らの個人的で暴力的な拒絶を表明した。さらに、彼らは明らかに模範的な反乱への誘いを意図していた。」

とりわけこれらの戦術の支持者と活動家には、ヨハン・モスト、ルイージ・ガレアーニ、ヴィクトル・セルジュ、ジュゼッペ・シアンカビラ、セベリーノ・ディ・ジョバンニが含まれていました。 イタリアのジュゼッペ・シアンカビラ(1872–1904)は、「組織に対して」と書いています。 彼の感覚、教育、気質、闘志が彼に最善を尽くすことを示唆する手段から自由に選択できます。私たちは固定プログラムを形成せず、小規模または大規模なパーティーを形成しません。しかし、私たちは自発的に集まり、 特定の目的に対する瞬間的な親和性に応じて、恒久的な基準ではなく、私たちが関連付けていた目的がなくなるとすぐにこれらのグループを絶えず変更し、他の目的やニーズが発生して発展し、新しいものを探すように促します 協力者、特定の状況で私たちと同じように考える人々。」

革命、プラットホーム主義、統合

ウクライナでは、無政府共産主義のゲリラ指導者であるネストル・マフノが、ロシア内戦中にウクライナで独立したアナキスト軍を率いた。 アナキスト黒軍としても知られるウクライナ革命反乱軍の司令官であるマクノは、ロシア内戦中にゲリラ作戦を主導した。 彼が参加した革命的自治運動は、さまざまな反動勢力と戦い、アナキスト社会であるウクライナ自由地域を組織し、資本家であろうとボルシェビキであろうと、国家権力に抵抗することを約束しながら、さまざまな戦術的軍事協定を結んだ。 オーストリア・ハンガリー、ホワイト、ウクライナのナショナリスト軍を撃退することに成功した後、ウクライナのマクノビスト民兵軍と無政府共産主義地域は、最終的にボルシェビキ軍によって押しつぶされました。

メキシコでは、リカルド・フロレス・マゴンは、メキシコ革命とパルティド・リベラル・メキシカーノにおけるメキシコ革命運動の主要な思想家の一人でした。 フローレス・マゴンがアナキストの聖書の一種と見なしたクロポトキンのパンの略取は、1911年の「マゴン主義」の反乱の間、バハカリフォルニアの短命の革命的コミューンの基礎となった。

ネスター・マクノ

追放されたロシアのアナキストのグループは、ロシア革命中のアナキスト運動の失敗に取り組み、説明しようとした。 彼らは、1926年にディエロ・トルーダ(「労働者の大義」)によって書かれたアナキストの一般連合の組織綱領を書いた。 パンフレットは、アナキストの基本的な信念、アナキスト社会のビジョン、およびアナキスト組織をどのように構築すべきかについての提言を分析したものです。 プラットフォームによれば、アナキスト組織が運営すべき4つの主要な原則は、イデオロギー的統一、戦術的統一、集団行動、および連邦主義である。 プラットフォームは、「アナキスト運動の参加者のほとんどを引き付け、アナキズムのための共通の戦術的および政治的線を確立し、それによって運動全体のガイドとして機能する組織が不可欠である」と主張している。

プラットフォームは、 ヴォライン 、 エリコ・マラテスタ 、 ルイージ・ファブリ、 カミーロベルネリ、 マックス・ネットラウ、 アレクサンダーバークマン、 エマゴールドマン、 グレゴリマキシモフなど、当時のアナキスト運動について多くのセクターから強い批判を集めました。 マラテスタは、最初にプラットフォームに反対した後、後にプラットフォームに同意し、当初の意見の違いは言語の混乱によるものであることを確認しました。「...私はアナキスト組織を構想する彼らの方法に多かれ少なかれ同意していると思います( 「プラットフォーム」が明らかにしたように思われる権威主義の精神からはかけ離れている)そして私は、言語の違いの背後には本当に同じ立場があるという私の信念を確認する。」

アナキスト共産主義者のセバスチャン・フォールとヴォリンがプラットフォームへの応答として2つのテキストを作成し、それぞれが異なるモデルを提案し、総合的無政府主義、または単に「総合的無政府主義」として知られるようになったものの基礎となった。1924年に出版されたVoline 「アナキスト統合」を要求する論文であり、同じトピックに関するセバスチャン・フォールの百科事典アナーキストの記事の著者でもあった。統合の背後にある主な目的は、ほとんどの国のアナキスト運動が、共産主義アナキズム、無政府共産主義、個人主義アナキズムの3つの主要な傾向に分けられたため、そのような組織はこの3つの傾向のアナキストを非常にうまく収容できることでした。彼のテキスト「アナキスト統合」のフォーレは、「これらの流れは矛盾していなかったが、補完的であり、それぞれがアナキズムの中で役割を果たしている:大衆組織の強さとしてのアナルコサンディカリズムとアナキズムの実践のための最良の方法;自由共産主義一人一人のニーズに応じた労働の成果の分配に基づく提案された未来社会として;抑圧の否定としてのアナキズム-個人主義と個人の発達に対する個人の権利を確認し、あらゆる方法で彼らを喜ばせようと努める。




  1. ^ From Politics Past to Politics Future: An Integrated Analysis of Current and Emergent Paradigms Alan James Mayne Published 1999 Greenwood Publishing Group 316 pages ISBN 0-275-96151-6. Books.google.com. (1999年). ISBN 9780275961510. http://books.google.com/?id=6MkTz6Rq7wUC&pg=PA131&dq=Communist+anarchism+belives+in+collective+ownership 2010年9月20日閲覧。 
  2. ^ Anarchism for Know-It-Alls By Know-It-Alls For Know-It-Alls, For Know-It-Alls Published by Filiquarian Publishing, LLC., 2008 ISBN 1-59986-218-2, 9781599862187 72 pages. Books.google.com. (2008-01). ISBN 9781599862187. http://books.google.com/?id=jeiudz5sBV4C&pg=PA14&dq=Communist+anarchism+believes+in+common+ownership#PPA13,M1 2010年9月20日閲覧。 
  3. ^ Fabbri, Luigi. "Anarchism and Communism." Northeastern Anarchist #4. 1922. 13 October 2002. http://dwardmac.pitzer.edu/anarchist_archives/worldwidemovements/fabbrianarandcom.html
  4. ^ Makhno, Mett, Arshinov, Valevski, Linski (Dielo Trouda). "The Organizational Platform of the Libertarian Communists". 1926. Constructive Section: [1]を参照
  5. ^ Christopher Gray, Leaving the Twentieth Century, p. 88.
  6. ^ "Towards the creative Nothing" by en:Renzo Novatore
  7. ^ Bob Black. Nightmares of Reason.
  8. ^ "Communism is the one which guarantees the greatest amount of individual liberty — provided that the idea that begets the community be Liberty, Anarchy...Communism guarantees economic freedom better than any other form of association, because it can guarantee wellbeing, even luxury, in return for a few hours of work instead of a day's work." (日本語訳:共産主義は個人の最大の自由を保障する。それは自由でアナーキーな共同体というアイデアがもたらされるからだ。1日中の労働の代わりに数時間の労働で健康や安らぎが保障されるため、共産主義は他のいかなる形態の社会よりも経済的自由を保障する。) "Communism and Anarchy" ピョートル・クロポトキン
  9. ^ This other society will be libertarian communism, in which social solidarity and free individuality find their full expression, and in which these two ideas develop in perfect harmony.(日本語訳:この新たな社会は、社会の団結と自由な個人が最大限実現し、その両者が完璧に調和する、リバタリアン共産主義である。)Organisational Platform of the Libertarian Communists by Dielo Truda (Workers' Cause)
  10. ^ "I see the dichotomies made between individualism and communism, individual revolt and class struggle, the struggle against human exploitation and the exploitation of nature as false dichotomies and feel that those who accept them are impoverishing their own critique and struggle."(日本語訳:個人主義と共産主義の間に生まれた2つの概念、個人の反乱と階級闘争、搾取に対する抵抗と誤った二分法への自然な抵抗を私は知り、それらを受け入れている者たちが彼らの判断と闘争を悪いものにしてしまっていると気づいた。)"MY PERSPECTIVES" by Willful Disobedience Vol. 2, No. 12
  11. ^ a b c d Robert Graham, Anarchism - A Documentary History of Libertarian Ideas - Volume One: From Anarchy to Anarchism (300CE to 1939), Black Rose Books, 2005
  12. ^ "Chapter 41: The “Anarchists”" in The Great French Revolution 1789-1793 by Peter Kropotkin
  13. ^ Nunzio Pernicone, "Italian Anarchism 1864 - 1892", pp. 111-113, AK Press 2009.
  14. ^ "This inability to break definitively with collectivism in all its forms also exhibited itself over the question of the workers' movement, which divided anarchist-communism into a number of tendencies.""Anarchist-Communism" by Alain Pengam
  15. ^ Joseph Déjacque, De l'être-humain mâle et femelle - Lettre à P.J. Proudhon par Joseph Déjacque (フランス語)
  16. ^ Déjacque, Joseph, Anarchism: A Documentary History of Libertarian Ideas - Volume One: From Anarchy to Anarchism (300CE-1939)], ed. Robert Graham; includes English translations from The Revolutionary Question and his 1857 letter to Proudhon.
  17. ^ "l'Echange", article in Le Libertaire no 6, September 21, 1858, New York. [2]
  18. ^ Nettlau, Max (1996). A Short History of Anarchism. Freedom Press. p. 145. ISBN 0900384891 
  19. ^ Nettlau, Max (1996). A Short History of Anarchism. Freedom Press. p. 162. ISBN 0900384891 
  20. ^ a b Barbrook, Richard. “The Hi-Tech Gift Economy”. First Monday. http://firstmonday.org/issues/issue3_12/barbrook/. 
  21. ^ Markus Giesler, Consumer Gift Systems (PDF)
  22. ^ {{Countless Exchanges in the Gift Economy Transaction.net 1999-05-24}}






英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「無政府共産主義」の関連用語

無政府共産主義のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



無政府共産主義のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの無政府共産主義 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 Weblio RSS