演劇 分類

演劇

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/04/23 05:26 UTC 版)

分類

物語内容による分類

主に戯曲の内容(展開)による分類である。ただし何をもって悲劇とするか、喜劇とするかの明確な基準はない。たとえば一般に、主人公の死など哀しい物語が展開される作品は悲劇とされる。古代ギリシャの『オイディプス王』やシェイクスピアの『マクベス』などがその一例である。シェイクスピアの作品には「四大悲劇」と呼ばれるものもある。一方で、祝祭的様相に満ちたシェイクスピア『お気に召すまま』は喜劇とされる。

一方で、物語にドラマがなく、登場人物が打開不可能な空間に置かれる物語を不条理劇と呼ぶ[5]。代表的な劇作家はサミュエル・ベケットハロルド・ピンターなどである。また、こうした西洋の演劇手法に反抗し、日本の平田オリザは「静かな演劇」を提唱した。これは日常の会話にドラマ性を求めるものであり[6]、現代演劇の一ジャンルとなっている会話劇の根源となっている。

演出手法(表現手法)による分類

文楽

時代による分類

演じ手による分類

現代の日本では、プロによる演劇を商業演劇、アマチュアによる演劇を小劇場演劇と呼ぶことが多い。

演劇の構成要素や用語

演劇祭


  1. ^ 『俳優と超人形』ゴードン・グレイグ、訳 武田清、而立書房、2012年。
  2. ^ 西洋演劇史』小林愛雄、アカギ叢書 第44編、1914年。
  3. ^ 「138億年の音楽史」p126-127 浦久俊彦 講談社現代新書 2016年7月20日第1刷
  4. ^ しばいのまち 「舞台の始まりから終わりまでの流れをつかもう~役者編~」
  5. ^ 『現代演劇の地層―フランス不条理劇生成の基盤を探る』小田中章浩、ぺりかん社、2010年。
  6. ^ "静かな演劇|現代美術用語辞典" DNP Museum Information Japan, 2018年2月15日閲覧。


「演劇」の続きの解説一覧



演劇と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「演劇」の関連用語

1
100% |||||

2
98% |||||

3
90% |||||

4
90% |||||

5
90% |||||

6
90% |||||

7
90% |||||

8
76% |||||



演劇のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



演劇のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの演劇 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS