滝川クリステル 滝川クリステルの概要

滝川クリステル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/10/01 23:00 UTC 版)

たきがわ クリステル
滝川 クリステル
Christel Takigawa
2013年9月7日
プロフィール
本名 (結婚前)滝川 ラルドゥ クリステル 雅美
(Takigawa Lardux Christel Masami)[1]
日本名 滝川 雅美
(結婚後の姓は非公表)
愛称 滝クリ
クリステル
出生地 フランスパリ
国籍 日本
生年月日 (1977-10-01) 1977年10月1日(45歳)
血液型 AB型
最終学歴 青山学院大学文学部フランス文学科
所属事務所 フォニックス
職歴共同テレビアナウンサー(フジテレビへ出向の後、専属契約)
活動期間 2000年 -
ジャンル 報道番組
配偶者 小泉進次郎(2019年 - )
著名な家族 小泉純一郎(義父)
小泉孝太郎(義兄)
美優(義妹)
滝川ロラン(実弟)[2]
出演番組・活動
出演経歴FNNスーパーニュース
ニュースJAPAN
新報道プレミアA
備考
入社後3年間はフジテレビに研修出向。
2009年9月までフジテレビと専属契約を結んでいた。

来歴

1977年10月1日、フランスパリにてフランス人の父と日本人の母のもとに生まれる[1][4]。3歳の時に家族で来日し、母親の出身地である兵庫県神戸市へ移住。小学校6年生の時、父親の転勤で再び渡仏。約1年間滞在し、再び来日。神戸市立北野小学校(現・神戸市立こうべ小学校[5]出身。世田谷区立砧中学校東京都立青山高等学校青山学院大学文学部フランス文学科を卒業する。

2000年フジテレビを受験するも、不採用だった[6]。その後、共同テレビジョンに初の新卒アナウンサーとして、相川梨絵安藤幸代と共に入社[注 1][7]

入社直後に相川・安藤と3人でフジテレビに研修出向となり、フジテレビ局アナ扱いとして『少年タイヤ』『FNNスーパーニュース』などに出演。当初は和名の滝川 雅美で活動していたが、すぐに滝川クリステル名義での出演に切り替わった。

2002年10月から『ニュースJAPAN』のキャスターを担当。2003年3月でフジテレビへの出向は満了となるが、共同テレビに戻ってからも、フジテレビとの専属契約を結んでいた。2007年4月から報道番組新報道プレミアA』を安藤優子とともに担当した。

2008年10月30日にフジテレビ、共同テレビ、セント・フォースが共同設立したアナウンサープロダクションのフォニックスと所属契約を結ぶ。

2009年9月25日を以って7年間キャスターを務めた『ニュースJAPAN』を降板。『毎日.jp』によると、フジテレビは「秋の番組改編による交代」(フジテレビ側)であると報じている。また、本人は「明日の自分と出会うために新しい一歩を踏み出すことを決意しました」というコメントを同紙に寄せた[8]。2009年9月30日には共同テレビ在籍時代から結んでいたフジテレビとの専属契約を、契約期間満了により解除した。これに伴い企業CMへの出演を解禁し[注 2]、フジテレビを基本としつつもNHKWOWOWなど他局への出演も始めている。

2010年4月から2013年3月まで3年間、『Mr.サンデー』に出演。

2008年に日仏交流150年フランス広報大使を假屋崎省吾と共に務めた[9][10][11]。2009年2月、環境省地球いきもの応援団、一般社団法人日本動物虐待防止協会の名誉会員、2011年4月、世界自然保護基金ジャパン顧問、2012年6月、世界の医療団親善大使などを務めている。

2013年ブエノスアイレスで開かれたIOCの夏季東京五輪誘致にてフランス語と英語でプレゼンするという重責を担い、日本の「お・も・て・な・し」の心を印象的にアピール。東京への招致に一役買い、この言葉が2013年の「新語・流行語大賞」の年間大賞を受賞した。

2014年『ニュースJAPAN』のキャスターを2003年までともに担当した安倍宏行とインターネット・メディア『Japan In-Depth』の動画配信番組にて10年ぶりの共演を果たした[12]

2014年5月29日に動物保護・生物多様性保全を目的に一般財団法人クリステル・ヴィ・アンサンブルを設立。代表理事に就任し、殺処分所から犬や猫を保護する団体を支援している。「2020年を目標に、アニマル・ウェルフェアにのっとった犬猫の殺処分ゼロを目指して」とするネット募金も行っている[13]

2019年(令和元年)8月7日に衆議院議員小泉進次郎と結婚することと、妊娠していることを発表[14]首相官邸安倍晋三首相菅義偉官房長官に結婚を報告した後、報道陣の取材に応じた[14]。翌8日、婚姻届を提出[15]。同月21日、長野県軽井沢町教会で内密に挙式[16]2020年1月17日、第1子男児を出産[17]

人物


注釈

  1. ^ 「社員でもなくて特殊」という不安定な状況だったという[6]
  2. ^ ただし、幼少時代にCM出演経験がある。詳細は「#エピソード」「#出演」参照。
  3. ^ 2020年1月 - 3月は産休のため、小野リサが代理

出典

  1. ^ a b c 『滝川クリステルのフィレンツェ紀行 もう一枚のモナリザ 天才ダ・ヴィンチの謎を追う』(2014年4月13日、BS朝日
  2. ^ a b 滝川クリステルの弟ロラン「支え合って」美優と結婚”. 日刊スポーツ (2021年1月24日). 2021年1月25日閲覧。
  3. ^ 滝川クリステル”. 日本タレント名鑑. VIPタイムズ社. 2017年1月5日閲覧。
  4. ^ a b c 滝川クリステル、福島で単身ボランティア、2011年4月25日、映画.com ニュース
  5. ^ 滝川クリステル公式Instagram” (2018年3月26日). 2019年8月8日閲覧。
  6. ^ a b 滝川クリステル、フジ入社試験不合格の過去を明かす”. モデルプレス (2014年5月2日). 2019年8月5日閲覧。
  7. ^ a b c 滝川クリステルプロフィール(フォニックス)
  8. ^ “滝川クリステル:“卒業”の理由「明日の自分と出会うため」”. 毎日.jp (毎日新聞社). (2009年9月22日). オリジナルの2009年9月23日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20090923184356/http://mainichi.jp/enta/geinou/news/20090922spn00m200004000c.html 2019年8月8日閲覧。 
  9. ^ 在フランス日本国大使館公式ホームページ 日仏交流150周年
  10. ^ 在日フランス大使館公式ホームページ 過去の記事:日仏交流150周年記念”. 2009年4月27日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2009年3月20日閲覧。
  11. ^ フランス政府観光局オフィシャルサイト 2008年度フランスキャンペーン広報大使・滝川クリステルさん[リンク切れ]
  12. ^ 【Japan In-Depth動画番組】滝川クリステル×安倍宏行・対談2014『今、何を考え、どう動くべきか。』第一回”. NEXT MEDIA "Japan In-Depth"[ジャパン・インデプス]. 2014年1月3日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2014年1月3日閲覧。
  13. ^ 2020年を目標に、アニマル・ウェルフェアにのっとった犬猫の殺処分ゼロを目指して Yahoo!ネット募金
  14. ^ a b “小泉進次郎衆院議員と滝川クリステルが結婚 滝クリは妊娠、年明け出産予定”. デイリースポーツ online (株式会社デイリースポーツ). (2019年8月7日). https://www.daily.co.jp/gossip/2019/08/07/0012586559.shtml 2019年8月7日閲覧。 
  15. ^ “小泉進次郎氏と滝川クリステル婚姻届を提出”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2019年8月8日). https://www.nikkansports.com/general/nikkan/news/201908080000369.html 2019年8月8日閲覧。 
  16. ^ “小泉進次郎氏と滝川クリステル軽井沢で挙式していた”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2019年8月29日). https://www.nikkansports.com/m/general/nikkan/news/amp/201908290000091.html 2022年3月2日閲覧。 
  17. ^ “小泉環境相と滝川クリステルさん、第1子の男児が誕生…育児休暇取得へ”. 読売新聞オンライン (読売新聞). (2020年1月17日). https://www.yomiuri.co.jp/politics/20200117-OYT1T50127/ 2020年1月17日閲覧。 
  18. ^ a b 滝川クリステルさんに仏国家功労勲章 日仏友好に貢献 - 産経フォト、2020年12月6日閲覧。
  19. ^ 滝川クリステル氏が国家功労勲章を受章 - 在日フランス大使館、2020年12月6日閲覧。
  20. ^ 週刊新潮 2019年9月5日号 pp.20~23
  21. ^ 滝川クリステルのオランダ美術紀行〜もう一人のフェルメール 20世紀最大の贋作事件を追う!〜(BS朝日)、2014年12月23日閲覧
  22. ^ TVQ九州放送開局25周年特別番組 世界遺産スペシャル 滝川クリステルがせまる長崎教会群秘められた真実(TVQ九州放送) アーカイブ 2015年12月24日 - ウェイバックマシン、2015年12月23日閲覧
  23. ^ 滝川クリステルの美術ミステリー紀行〜ピカソと岡本太郎 巨大壁画に隠された謎!〜(BS朝日)、2016年3月3日閲覧
  24. ^ 有吉司会で7年半ぶり『なるほど!ザ・ワールド』復活 滝クリと初タッグ”. オリコン (2015年9月26日). 2015年9月26日閲覧。
  25. ^ テレメンタリー”. 北海道テレビ放送. 2022年1月21日閲覧。
  26. ^ “滝クリ、4年半ぶりレギュラーMC!“知のビフォーアフター”体感”. SANSPO.COM (産経デジタル). (2017年8月30日). https://www.sanspo.com/article/20170830-M35BOGZW65JU3CXQUVHTYCMU4E/ 2017年8月30日閲覧。 
  27. ^ TV CM 放映スタート︕『中⼩企業からニッポンを元気にプロジェクト』〜中⼩企業 全国 350 社と共に、⽇本経済活性化へ〜”. プレスリリース・ニュースリリース配信シェアNo.1|PR TIMES. 2022年1月13日閲覧。


「滝川クリステル」の続きの解説一覧




固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「滝川クリステル」の関連用語

滝川クリステルのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



滝川クリステルのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの滝川クリステル (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS