溶岩流 極めて大規模な溶岩流

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 状態 > 流れ > 溶岩流の解説 > 極めて大規模な溶岩流 

溶岩流

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/04 06:54 UTC 版)

極めて大規模な溶岩流

大陸地域で非常に膨大な量の玄武岩質溶岩が噴出しできたと考えられている玄武岩の巨大な岩体のこと。

デカン高原シベリア・トラップコロンビア川台地などがある。

溶岩流と人

溶岩流に襲われる住宅地
(キラウエア)
溶岩流を突く観光客
(キラウエア)

人が溶岩を踏み抜いて、真っ赤な溶岩の中に落ちたことがあるが、すぐに救い上げられて、両足に大やけどだけで済んでいる[3]。このようにすぐには炭化や融けることがないのは人体に水が多く含まれているからである[3]

防災面では、溶岩流の流下速度は緩やかであり人の避難は容易である。しかし、溶岩が流れていく先に人の財産がある場合はしばしば人との間で攻防が起こる。例えば、1973年に起こったアイスランドエルトフェットルの噴火では、の入口に迫る溶岩流にポンプ車海水を大量にかけ、溶岩を冷やして固め、港の閉鎖を防ぎ、島の重要な産業であった漁業を守ることに成功している。

アメリカハワイ島マウナロアキラウエアイタリアエトナ火山でもしばしば溶岩流との攻防が起きている[4]。日本では、三宅島の1983年の噴火、伊豆大島の1986年噴火で、溶岩流の進行を抑えるために散水が試みられている[4]

一方、人と溶岩流の相性は悪いものだけでなく、先述のハワイ島では、溶岩流が観光の資源の一つとなっており、溶岩流を観察したり、溶岩をすくったりするツアーが行われるなど、人と溶岩流が共存している場所もある。また、溶岩流が冷え固まった後でも、その地形は希少であるため観光資源となる。

脚注

[脚注の使い方]

  1. ^ 文部省編『学術用語集 地学編』日本学術振興会、1984年、174頁。ISBN 4-8181-8401-2
  2. ^ a b c d 溶岩流 (PDF, 3.3 MiB) - 群馬大学 早川由紀夫、2016年10月閲覧。
  3. ^ a b 群馬大学 早川由紀夫 2016年10月4日のツイート、2016年10月閲覧。
  4. ^ a b 溶岩流の制御と防災 (PDF, 5.8 MiB) - 山梨県富士山科学研究所、2016年10月閲覧。


「溶岩流」の続きの解説一覧




溶岩流と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

溶岩流のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



溶岩流のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの溶岩流 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS