渡辺謙 出演

渡辺謙

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/09 01:59 UTC 版)

出演

映画

テレビドラマ

舞台

  • 悲劇・ブリタニキュス(1980年、演劇集団 円)
  • 下谷万年町物語(1981年、演出:蜷川幸雄
  • 冬のライオン(1981年、演劇集団 円)
  • バジャゼ(1981年、演劇集団 円)
  • プラトーノフ(1982年、演劇集団 円)
  • 花粉熱(1984年、演劇集団 円)
  • ピサロ(1985年、パルコ山崎努プロデュース公演) - アタワルパ 役
  • ハムレット(1988年、演出:蜷川幸雄) - ハムレット役 (主演)
  • 永遠 Part2(2001年、演劇集団 円)
  • ホロヴィッツとの対話(2013年、演出:三谷幸喜) - 調律師フランツ=モア 役 (主演)
  • 朗読劇「LOVE LETTERS」(2013年・2016年) - アンディ 役[47]
  • 王様と私(2015年、ヴィヴィアン・バーモント劇場/2016年、リンカーンセンター・シアター) - 王様(シャム王) 役 (主演) [14][48]
  • ピサロ(2020年、PARCO劇場) - ピサロ 役 (主演)[49] ※一部公演中止[50]

吹き替え

ドキュメンタリー

  • 超大型ロマンアドベンチャースペシャル イシグアラスト タランパジャ(2008年1月4日、テレビ東京)- ナレーション
  • 渡辺謙 アメリカを行く(NHK)
    • 〜星条旗の下に生きたヒバクシャたち〜(2009年)
    • 〜9.11テロに立ち向かった日系人〜(2011年)
  • Beyond The Tsunami 津波を乗り越えて(2012年、ディスカバリーチャンネル)
  • NHKスペシャル “同日同時刻”生中継 被災地の夜(2012年、NHK)
  • 渡辺謙 “僕に、できること”(明日へ -支えあおう-)(NHK)
    • 〜第1回 世界に震災を伝える〜(2012年)
    • 〜第2回 ただひたすら被災地へ〜(2012年)
    • 〜第3回 “復興”を見つめた2年〜(2013年)
    • 〜第4回 再会 6年目の希望と苦悩〜(2016年)
    • ~第5回 見つめ続けた震災10年~(2021年)[51]
  • 震災3年・復興と未来〜“これから”のために〜(2014年3月11日、TBS)
  • プロフェッショナル 仕事の流儀「渡辺謙55歳、人生最大の挑戦」(2015年5月25日、NHK総合)
  • NHKスペシャル「私が愛する日本人へ〜ドナルド・キーン 文豪との70年〜」(2015年10月10日、NHK総合) - 番組ナビゲーター
  • ETV特集「戦後70年企画 ドナルド・キーンの日本 前後編」(2015年11月 NHK)

広告


  1. ^ a b PROFILE / プロフィール” (日本語). 渡辺謙. ケイダッシュ. 2011年10月28日閲覧。
  2. ^ 「たそがれ清兵衛」と渡辺謙さんがアカデミー賞にノミネート”. News. CINEMA TOPICS (2004年1月28日). 2015年5月10日閲覧。
  3. ^ 渡辺謙初主演作「明日の記憶」初日に感激”. シネマ ニュース. 日刊スポーツ (2006年5月14日). 2015年5月10日閲覧。
  4. ^ 明日の記憶”. 作品. Walkerplus. 2015年5月10日閲覧。
  5. ^ 渡辺謙「ゴジラに国境も国籍もない」『GODZILLA』ハリウッドで初お披露目”. レポート. cinemacafe (2014年5月10日). 2015年5月10日閲覧。
  6. ^ 渡辺謙「GODZILLA」に確かな手応え「ゴジラに国境ない、世界中に愛されている」”. 映画ニュース. 映画.com (2014年5月10日). 2015年5月10日閲覧。
  7. ^ 渡辺謙 こだわりの発音!「GODZILLA」ではなく「ゴジラ」”. スポーツニッポン (2014年5月10日). 2015年5月10日閲覧。
  8. ^ ハリウッドが「ゴジラ」に熱狂! 映画の聖地 “ドルビー・シアター”で、「ゴジラ」を初上映!!”. 映画トピックス. 東宝 (2014年5月8日). 2015年5月10日閲覧。
  9. ^ “渡辺謙、浅野忠信、三浦春馬らがそろい踏み!第19回釜山映画祭開幕”. シネマトゥデイ. (2014年10月3日). http://www.cinematoday.jp/page/N0066925 2014年10月6日閲覧。 
  10. ^ 日本人初の快挙!渡辺謙、トニー賞主演男優賞にノミネート”. シネマトゥデイ (2015年4月28日). 2015年4月29日閲覧。
  11. ^ Kelli O'Hara and Ken Watanabe in THE KING AND I”. YouTube (2015年4月28日). 2015年4月29日閲覧。
  12. ^ 「王様と私」渡辺謙さん、トニー賞にノミネート”. YOMIURI ONLINE (2015年4月28日). 2015年4月28日閲覧。
  13. ^ “渡辺謙、早期の胃がんを公表 内視鏡手術受け療養中”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2016年2月9日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/02/09/kiji/K20160209012011560.html 2016年2月9日閲覧。 
  14. ^ a b 胃がん手術の渡辺謙 「王様と私」に予定前倒し出演、ツイッターで発表”. スポニチアネックス (2016年3月9日). 2016年3月9日閲覧。
  15. ^ 渡辺謙 氏 魚沼市名誉市民へ!”. 魚沼市. 2014年11月2日閲覧。
  16. ^ 渡辺謙 新潟県民栄誉賞授与「故郷に少しずつお返しをしていければ」”. 『スポニチ』 (2015年9月3日). 2015年9月4日閲覧。
  17. ^ 渡辺謙の不倫はなぜ大々的に報道されたのか? 裏側にバーニング系所属事務所との関係悪化が exciteニュース 2017年4月2日
  18. ^ 世界の渡辺謙さんに「不倫」報道 お相手は元ホステスの36歳清楚系美人…「週刊文春」報じる産経新聞』2017年4月2日
  19. ^ “渡辺謙、南果歩との離婚を発表 結婚13年目の破局 昨年3月に不倫発覚”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2018年5月17日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/05/17/kiji/20180517s00041000288000c.html 2018年5月17日閲覧。 
  20. ^ https://mdpr.jp/interview/detail/1505760
  21. ^ http://www.excite.co.jp/News/entertainment_g/20170404/Cyzowoman_201704_post_134636.html
  22. ^ 渡辺謙、新国立計画をチクリ「不思議なニュース」『スポーツ報知』2015年7月8日
  23. ^ <上海万博>「遣唐使船」が到着、12日のジャパン・デーにお披露目―上海市”. Record China (2010年6月11日). 2018年3月3日閲覧。
  24. ^ 渡辺謙 遣唐使船に乗って上海万博を訪問”. 『スポニチ』 (2010年6月13日). 2018年3月3日閲覧。
  25. ^ 男の履歴書 渡辺謙編|インライフ
  26. ^ 渡辺謙、気仙沼に毎日ファクス「五輪、東北そっちのけ」朝日新聞デジタル(2019年2月11日)2019年2月17日閲覧。
  27. ^ “渡辺謙が“山小屋で暮らす”ワケ…ハリウッド進出の知られざる挫折と被災地での活動”. FNN PRIME 「直撃!シンソウ坂上」6月6日放送. (2019年6月6日). https://www.fnn.jp/posts/00046607HDK/201906062155 
  28. ^ 『週刊文春』2011年八月十一日・十八日号
  29. ^ 『蟹江敬三お別れ会』おどろいちゃったと渡辺謙「ウソだよって、ひょっこり顔出してよ」,J-CASTニュース,2014年5月14日
  30. ^ [1],goo
  31. ^ [2],goo
  32. ^ [3],goo
  33. ^ 阪神の快進撃に各界の虎党も大興奮 乾貴士「むっちゃ応援」SNSで近本にエール”. デイリースポーツ (2019年10月8日). 2021年6月11日閲覧。
  34. ^ ABCラジオドッキリ!ハッキリ!三代澤康司です』より
  35. ^ ラストサムライ”. 日曜洋画劇場. 2016年7月17日閲覧。
  36. ^ インセプション”. 日曜洋画劇場. 2016年7月21日閲覧。
  37. ^ GODZILLA ゴジラ”. 金曜ロードSHOW!. 2016年6月21日閲覧。
  38. ^ 渡辺謙主演映画「怒り」に妻夫木聡ら主役級ズラリ”. 日刊スポーツ (2015年8月20日). 2015年8月20日閲覧。
  39. ^ “福島第一原発事故描く「Fukushima 50」会見、佐藤浩市「事実をどう刻むか考えた」”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2019年4月18日). https://natalie.mu/eiga/news/328260 2019年4月18日閲覧。 
  40. ^ “渡辺謙、来年大河『西郷どん』で島津斉彬役 市原悦子も語りで出演”. ORICON NEWS (oricon ME). (2017年6月27日). http://www.oricon.co.jp/news/2093152/full/ 2017年6月27日閲覧。 
  41. ^ のちの妻となる南果歩と共演した作品。
  42. ^ “渡辺謙、山田太一脚本の震災ドラマに主演「ある種の責務感じる」”. ORICON STYLE. (2016年6月24日). http://www.oricon.co.jp/news/2073934/full/ 2016年6月24日閲覧。 
  43. ^ “関西ジャニーズJr.の西畑大吾、渡辺謙主演ドラマに出演”. ORICON STYLE. (2016年10月19日). http://www.oricon.co.jp/news/2079765/full/ 2016年10月19日閲覧。 
  44. ^ “北川景子&二階堂ふみ、姉妹役で初共演 渡辺謙主演のホームドラマ”. ORICON STYLE. (2016年11月24日). http://www.oricon.co.jp/news/2081930/full/ 2016年11月24日閲覧。 
  45. ^ カズオ・イシグロ原作『浮世の画家』を渡辺謙主演で8Kドラマ化!—”. NHKドラマ. 日本放送協会 (2018年9月19日). 2018年9月19日閲覧。
  46. ^ “ハリソン・フォードの名作「逃亡者」渡辺謙でリメーク!初の医師役”. SANSPO.COM (産経デジタル). (2019年4月24日). https://www.sanspo.com/geino/news/20190424/geo19042405030015-n1.html 2019年4月24日閲覧。 
  47. ^ “渡辺謙&南果歩夫妻、朗読劇で立て替えパルコ劇場の大トリ飾る”. スポーツ報知. (2016年6月30日). http://www.hochi.co.jp/entertainment/20160629-OHT1T50233.html 2016年6月30日閲覧。 
  48. ^ 「王様と私」ブロードウェイ公演 渡辺謙出演”. シアターリーグ (2014年7月2日). 2016年3月9日閲覧。
  49. ^ ピサロ”. PARCO STAGE -パルコステージ. 2020年9月16日閲覧。
  50. ^ パルコ・プロデュース「ピサロ」「佐渡島他吉の生涯」が公演中止に”. ステージナタリー (2020年4月8日). 2020年9月16日閲覧。
  51. ^ 渡辺謙 僕に、できること 「見つめ続けた震災10年」”. 2021年3月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年3月9日閲覧。
  52. ^ 第37回日本アカデミー賞優秀作品発表!”. 日本アカデミー賞公式サイト. 2014年1月18日閲覧。
  53. ^ “第44回日本アカデミー賞は大激戦 「Fukushima50」「罪の声」が最多12受賞”. 映画.com (エイガ・ドット・コム). (2021年1月27日). https://eiga.com/news/20210127/1/ 2021年1月27日閲覧。 
  54. ^ “渡辺謙に新潟県民栄誉賞「雪国で粘り強さが鍛えられた」”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2015年10月26日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2015/10/26/kiji/K20151026011393410.html 2015年10月26日閲覧。 
  55. ^ “渡辺謙、孫の誕生に安堵「無事に生まれたことが何より!」”. ORICON STYLE. (2016年6月13日). http://www.oricon.co.jp/news/2073283/full/ 2016年6月14日閲覧。 
  56. ^ “菅田将暉、“お父さん”吉川晃司との授賞式に「運動会みたい」と声弾ませる”. 映画ナタリー. (2016年11月21日). http://natalie.mu/eiga/news/210194 2016年11月22日閲覧。 






固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「渡辺謙」の関連用語

渡辺謙のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



渡辺謙のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの渡辺謙 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS