清明 七十二候

清明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/26 06:54 UTC 版)

七十二候

清明上河図(12世紀)

清明の期間の七十二候は以下の通り。

初候
玄鳥至(つばめ いたる) : が南からやって来る(日本)[11]
桐始華(きり はじめて はなさく) : の花が咲き始める(中国)[12]
次候
鴻雁北(こうがん きたす) : が北へ渡って行く(日本)[11]
田鼠化為鴽(でんそ けして うずらと なる) : 田鼠になる(中国)[12]
末候
虹始見(にじ はじめて あらわる) : の後にが出始める(日本・中国)[11][12]

前後の節気

春分清明穀雨

脚注

[脚注の使い方]

関連項目


  1. ^ 太玄斎. “こよみ便覧”. 国会図書館デジタルコレクション. 国立国会図書館. 2016年3月21日閲覧。
  2. ^ 二十四節気とは”. 生活気象情報. 株式会社テレビ金沢. 2016年3月21日閲覧。
  3. ^ 二十四節気「清明(せいめい)」…花言葉になっている花は?”. 日本気象協会 (2015年4月5日). 2016年3月21日閲覧。
  4. ^ 国立天文台 暦要項 各年版より世界時換算(1984年 - 2016年)
  5. ^ 2009年版より理論が更新されているが、「分」の精度でほとんど違いはない。
  6. ^ 現代の天体力学による位置推算のため、過去の暦の記述とは必ずしも一致しない(代わりに分単位の精度がある)。 将来の見積もりについては(主に閏秒の不確かさから)日付が前後する恐れがある(10分の誤差を見込んだが、表の末尾では恐らく不足)。
  7. ^ JPL HORIZONS Web-Interface (2015年8月22日 Ver 3.9.8) 取得後 TT→UT 変換
  8. ^ NASA による ΔT の解説計算式
  9. ^ a b 西角井正慶, ed (1958). 年中行事事典. (昭和33). 東京堂出版. p. 421  初版は昭和33年5月23日発行。
  10. ^ 沖縄コンパクト事典(琉球新報社・2003年)
  11. ^ a b c 藤澤衛彦 (1961). 年中行事編. 7. あかね書房. p. 103 
  12. ^ a b c 近藤瓶城, ed (1901). 新加纂録類. 19. (明治34年). 東京: 近藤活版所. p. 110 


「清明」の続きの解説一覧




品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「清明」の関連用語

清明のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



清明のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの清明 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS