浜松市 文化

浜松市

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/11/08 09:22 UTC 版)

浜松市(はままつし)は、静岡県の西部、遠州地方にある静岡県最大の人口を有する都市。政令指定都市国際会議観光都市に指定されている。


注釈

  1. ^ 以下の数値は資料不足値の為未記載「1945(13.8)」
  2. ^ 以下の数値は資料不足値の為未記載「1945(18.4)」
  3. ^ 以下の数値は資料不足値の為未記載「1945(33.4)」
  4. ^ 以下の数値は資料不足値の為未記載「1945(2.5)」
  5. ^ 以下の数値は資料不足値の為未記載「1945(10.2)」
  6. ^ 以下の数値は資料不足値の為未記載「1945(-4.7)」
  7. ^ 以下の数値は資料不足値の為未記載「1945(25.1)」
  8. ^ 以下の数値は資料不足値の為未記載「1945(<0℃48,≧25℃3,<0℃0, ≧25℃99,≧30℃28,≧35℃0)」
  9. ^ 以下の数値は資料不足値の為未記載「1945(72%)」
  10. ^ 残りの18.02km2湖西市、および新居町(当時。新居町は2010年3月23日に湖西市と合併)に編入[38]

出典

  1. ^ 合併・政令市の検証”. 浜松市. 2021年2月7日閲覧。
  2. ^ 旧浜松市と旧浜北市の合算 人口 約70万人 面積 323.52㎢ 人口密度 2152人/㎢ [1]
  3. ^ 『日本の特別地域 特別編集49 これでいいのか 静岡県 浜松市』マイクロマガジン社、2013年8月13日、1-2頁。 
  4. ^ 全国都道府県市区町村別面積調 | 国土地理院”. www.gsi.go.jp. 2020年11月21日閲覧。
  5. ^ 都市雇用圏#主な都市雇用圏
  6. ^ おんな城主直虎で注目、浜松の“県民性”は静岡よりなの? 愛知よりなの?(THE PAGE)” (日本語). Yahoo!ニュース. 2021年6月26日閲覧。
  7. ^ 交流・連携事業|三遠南信地域連携ビジョン推進会議 SENA”. www.sena-vision.jp. 2021年8月28日閲覧。
  8. ^ 【報告】浜松まつりに昨年越える人出|新着情報/浜松商工会議所”. www.hamamatsu-cci.or.jp. 2020年12月4日閲覧。
  9. ^ 日本の超高層建築物・構築物の一覧
  10. ^ 2020年 静岡県の商業施設|超大型・大型ショッピングモール人気おすすめランキング”. tcg-jpn.com. 2021年2月7日閲覧。
  11. ^ テクノポリス都田地区 | 浜松情報BOOK”. www.hamamatsu-books.jp. 2021年2月7日閲覧。
  12. ^ a b 浜松市公式ホームページ 音楽の都へ”. 浜松市. 2020年4月30日閲覧。
  13. ^ 日本版シリコンバレーへ 政府が東京・横浜など4都市圏を選定” (日本語). 産経新聞. 2021年12月12日閲覧。
  14. ^ 浜松市:外国人向け生活情報 | 浜松市:ビジネス情報 - 地域への投資 - 外国企業誘致” (日本語). ジェトロ. 2020年12月4日閲覧。
  15. ^ 浜松市多文化共生都市ビジョン”. 浜松市. 2020年12月4日閲覧。
  16. ^ SDGs未来都市選定都市一覧”. 首相官邸. 2020年12月4日閲覧。
  17. ^ 静岡)LGBTカップル証明制度創設へ、浜松市:朝日新聞デジタル” (日本語). 朝日新聞デジタル. 2020年12月4日閲覧。
  18. ^ 浜松市. “自動運転による超小型モビリティの公道走行実証” (日本語). 浜松市. 2021年2月7日閲覧。
  19. ^ 日本地名の会 2014, pp. 302–305.
  20. ^ 鈴木 2018, pp. 49–51.
  21. ^ 日本地名の会 2014, pp. 303.
  22. ^ 【速報】静岡県浜松市で日本歴代最高に並ぶ41.1℃を観測” (日本語). ウェザーニュース. 2020年8月17日閲覧。
  23. ^ 饒村曜. “最高気温41.1度の浜松は最初の天気図記入地点”. ヤフー. https://news.yahoo.co.jp/byline/nyomurayo/20200818-00193797/ 2020年9月10日閲覧。 
  24. ^ 平年値ダウンロード”. 気象庁. 2021年6月閲覧。
  25. ^ 観測史上1〜10位の値(年間を通じての値)”. 気象庁. 2021年6月閲覧。
  26. ^ 平年値(年・月ごとの値)”. 気象庁. 2012年8月10日閲覧。
  27. ^ 観測史上1~10位の値(年間を通じての値)”. 気象庁. 2012年8月10日閲覧。
  28. ^ 平年値(年・月ごとの値)”. 気象庁. 2018年4月29日閲覧。
  29. ^ 観測史上1位から10位の値(年間を通じての値)”. 気象庁. 2018年4月29日閲覧。
  30. ^ 過去の気象データ”. 気象庁. 2021年4月23日閲覧。
  31. ^ 浜松市 (2015年10月27日). “町字別・年齢別人口表 > 浜松市 (PDF)”. 2015年10月29日閲覧。
  32. ^ 続日本紀
  33. ^ 弘仁新羅の乱
  34. ^ 日本三代実録
  35. ^ 平成17年(2005年)6月28日浜松市告示第322号(浜松市市章の制定)
  36. ^ これ以降、当該地域の住所表記は「浜松市○○町(例・舞阪町、雄踏町等)○○」(現在は、「浜松市○○区(例・西区、北区等)○○町○○」)となっており、「○○町○○」の部分は、ただ単にそれぞれの編入前の自治体名とその字名が付くのでは無く、一つの字名として扱われる
  37. ^ 平成19年(2007年)7月1日浜松市告示第370号(浜松市の市歌の制定)
  38. ^ 国土地理院. “全国都道府県市区町村別面積調 : 平成22年 (PDF)”. pp. 67-69. 2012年4月11日閲覧。
  39. ^ 浜松市. “浜松市民憲章について”. 2014年12月2日閲覧。
  40. ^ 浜松市. “浜松市平和都市宣言”. 2014年12月2日閲覧。
  41. ^ 浜松市. “地域自治区制度について”. 2014年12月2日閲覧。
  42. ^ UNESCO (2014年12月1日). “28 cities join the UNESCO Creative Cities Network” (英語). 2014年12月2日閲覧。
  43. ^ 浜松市. “浜松市総合計画”. 2015年5月1日閲覧。
  44. ^ 浜松市. “浜松市マスコットキャラクター はままつ福市長「出世大名家康くん」”. 2014年12月2日閲覧。
  45. ^ a b 浜松市. “姉妹都市・友好都市”. 2014年12月2日閲覧。
  46. ^ 浜松市における小売商業の動向 キ 商店街の分布状況”. 浜松市. 2020年4月30日閲覧。
  47. ^ 浜松市商業の課題”. 浜松市. 2020年4月30日閲覧。
  48. ^ 静岡県統計(平成19年)シート3(小売)
  49. ^ 会社概要”. ウィンディ - 浜松ケーブルテレビ株式会社. 2016年4月28日閲覧。 “局名: ウィンディ”
  50. ^ 名古屋局(愛知波)の放送について (PDF)”. ウィンディ - 浜松ケーブルテレビ株式会社. 2016年4月28日閲覧。
  51. ^ 会社概要”. エフエム豊橋「843ラジオ」. 2016年4月28日閲覧。 “聴取可能エリア市町村名: 豊橋市・豊川市・蒲郡市・新城市・田原市・湖西市・浜松市
  52. ^ 静岡県 【参考】アナログ・デジタル 併用の受信システム (PDF)”. テレビ受信向上委員会. p. 12. 2014年8月20日閲覧。[リンク切れ]
  53. ^ 保育士が一斉に退職届 子どもが転園の事態も 静岡 浜松[リンク切れ]
  54. ^ 「浜名湖潮干狩り 待ってた本格再開」 『中日新聞』(中日新聞東海本社) 2015年5月2日朝刊 第12版 p. 1
  55. ^ 遠鉄バス. “遠鉄バスのご案内 : 中部国際空港線”. 2012年4月11日閲覧。
  56. ^ 富士山静岡空港. “交通アクセス”. 2012年4月11日閲覧。
  57. ^ ゆかりの地”. 「おんな城主 直虎」推進協議会. 2020年8月2日閲覧。
  58. ^ 柴咲コウ:大河主演で「負けず嫌い発揮したい」 井伊直虎の命日にお参り”. 毎日キレイ MANTAN Inc. (2016年8月26日). 2020年8月2日閲覧。






固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「浜松市」の関連用語

浜松市のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



浜松市のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの浜松市 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS