洋泉社 概要

洋泉社

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2023/09/11 00:02 UTC 版)

概要

1985年に藤森建二(元未来社の編集者)[2]により設立。洋泉社の名は埴谷雄高が付けた[3]

当初は純文学や社会派系の書籍を刊行していた。1987年からシリーズが開始したキーワード事典シリーズ(初刊本は「ロックの冒険―いまどきのロックに油をそそぐためのアドベンチャー」)や、同シリーズのサブレーベル「朝までビデオ」シリーズ(1989年から刊行開始)ををさきがけとして、サブカルチャー系の書籍を主に刊行するようになる。

のちに映画秘宝シリーズを創刊する編集者田野辺尚人は、1993年に入社している(田野辺の前職は思潮社の編集者だった)[4]

宝島社との人的交流があったこともあり、1998年に宝島社の子会社となる。

田野辺と、宝島社から出向してきた町山智浩を中心として『映画秘宝』などのムック(『映画秘宝』は1995年から刊行開始し、のちに雑誌化した)、映画宝島シリーズの書籍の刊行開始。その他にも独自のムック、新書yなどの発行を手がけていた。

2020年2月1日付で宝島社に吸収合併され解散し、従業員や権利義務等は宝島社が承継した。『映画秘宝』は休刊、それ以外の出版物も合併後の新規発行は行わない方針とされたが[5][6]、『映画秘宝』に関しては双葉社に発行元を移して4月21日発売の6月号より復刊されるも[7]、2022年3月19日発売の5月号をもって再度休刊となる[8][9]

出版物

  • 新書y(複数のレーベルがあった)
  • ムックy
  • ライブラリー
    • キーワード事典シリーズ
    • 映画秘宝シリーズ
    • 映画秘宝コレクション
    • トンデモ本
    • ヤングアダルト
    • アウトロー
    • 文芸・エッセイ
    • 人文・社会
    • スポーツ
    • 実用・学参
    • 科学・理工
    • 音楽・芸術
    • 就職

脚注


  1. ^ a b 株式会社洋泉社 第50期決算公告
  2. ^ 回想記『洋泉社私記―27年の軌跡』がある(大槌の風、2011年12月)
  3. ^ N Tanobe 田野辺尚人 [@tacopettei] (2020年1月31日). "1月31日、本日をもって洋泉社は事実上、消滅します。35年間のご愛顧、読者の皆様、ありがとうございました。洋泉社は1985年に藤森建二により設立されました。私は92年に故・石井慎二の誘いで参加、以後最後まで古参編集として業務にあたりました。洋泉社の名付け親は「死霊」の埴谷雄高です。" (短文投稿). Xの短文投稿(旧Twitter)より2020年8月8日閲覧
  4. ^ 藤森建二「洋泉社私記」(大槌の風)P.71,P.75
  5. ^ 「映画秘宝」休刊へ 発行の洋泉社、宝島社と合併で解散,朝日新聞,2019年12月18日
  6. ^ 洋泉社、「映画秘宝」休刊へ…宝島社に2月吸収合併,読売新聞,2019年12月19日 - ウェイバックマシン(2019年12月19日アーカイブ分)
  7. ^ “「映画秘宝」が復活! 休刊からわずか3カ月、のん出演の動画も公開”. 映画.com (株式会社エイガ・ドット・コム). (2020年3月25日). https://eiga.com/news/20200325/9/ 2020年12月17日閲覧。 
  8. ^ 『映画秘宝』再び休刊へ 2020年1月に休刊&3ヶ月で復刊も、編集長が“恫喝DM”で辞任│Drama&Movie by ORICON NEWS”. オリコン株式会社 (2022年2月21日). 2022年2月21日閲覧。
  9. ^ 「映画秘宝」再び休刊理由は「営業上の経営判断」. デイリースポーツ (2022年2月21日) - ウェイバックマシン(2022年2月21日アーカイブ分)


「洋泉社」の続きの解説一覧




固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「洋泉社」の関連用語

洋泉社のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



洋泉社のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの洋泉社 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2024 GRAS Group, Inc.RSS