法律ラテン語 法律ラテン語の概要

法律ラテン語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/21 19:58 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動

ジョージ2世の治世まで、イングランドの裁判所で、法律上の意見が法律ラテン語で記録されていた。ジョージ2世の治世中、en:Proceedings in Courts of Justice Act 1730(1733年施行)により、イングランドにおける全ての訴訟の記録をラテン語ではなく英語で作成するように義務付けられた。令状(英語版)、勅許状(英語版)特許状法的文書英語版の言葉としても使われた。1867年になっても、イングランドやスコットランドで、一部の法的文書で、依然として法律ラテン語が使われた[1]

関連項目

注釈


  1. ^ a b c Burrill, Alexander M. (1867). A Law Dictionary and Glossary. 2 (2d ed.). New York: Baker, Voorhis & Co.. pp. 135–136. http://www.heinonline.org/HOL/Page?handle=hein.ldic/ldicglob0002&id=137 
  2. ^ Garner, Bryan A. (1990). A Dictionary of Modern Legal Usage. ISBN 978-0-1950-7769-8. https://archive.org/details/dictionaryofmode00garn_0 
  3. ^ Garner, Bryan A., ed (2009). Black's Law Dictionary (9th ed.). ISBN 0-314-19949-7 


「法律ラテン語」の続きの解説一覧



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「法律ラテン語」の関連用語

法律ラテン語のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



法律ラテン語のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの法律ラテン語 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS