池田泉州銀行 池田泉州銀行の概要

池田泉州銀行

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/15 22:57 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
画像提供依頼:泉州営業部(岸和田市)の画像提供をお願いします。2013年11月
株式会社池田泉州銀行
The Senshu Ikeda Bank, Ltd.
本店営業部
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本
大阪府大阪市北区茶屋町18番14号
(大阪梅田池銀ビル)
設立 1951年(昭和26年)9月1日
池田銀行
業種 銀行業
法人番号 8120001144082
金融機関コード 0161
SWIFTコード BIKEJPJS
事業内容 預金業務、貸出業務、有価証券売買業務・投資業務、為替業務など
代表者 代表取締役頭取 藤田博久
資本金 507億10百万円
(2015年3月31日現在)
発行済株式総数 4,783万7千株
(2015年3月31日現在)
純利益 連結:175億37百万円
単体:150億34百万円
(2015年3月31日現在)
純資産 連結:2,276億7百万円
単体:2,042億12百万円
(2015年3月31日現在)
総資産 連結:5兆5,154億54百万円
単体:5兆5,010億72百万円
(2015年3月31日現在)
従業員数 連結:2,737人
単体:2,498人
(2015年3月31日現在)
決算期 3月31日
主要株主 池田泉州ホールディングス 100%
(2015年3月31日現在)
外部リンク 池田泉州銀行 公式サイト
テンプレートを表示
池田泉州銀行のデータ
法人番号 8120001144082
店舗数 139店
(本支店・出張所)
貸出金残高 3兆6,560億51百万円
預金残高 4兆7,725億36百万円
特記事項:
(2015年3月31日現在)
テンプレートを表示

概要

いわゆる戦後地銀池田銀行泉州銀行2010年(平成22年)5月1日に合併して発足。

合併に伴い、旧・池田銀行が5店舗、旧・泉州銀行が4店舗改称・再編された。旧・池田銀行の大阪梅田営業部が本店[注 1]となり、両行の本店は旧行名を冠した営業部(それぞれ、池田営業部・泉州営業部)に、旧・池田銀行堂島営業部は支店に降格された。また名称が重複する店舗の一方が改称されている。支店コードは全店舗で変更は無い。

旧・池田銀行の地盤である大阪府・兵庫県の阪急能勢電鉄線沿線。および、旧・泉州銀行の地盤である大阪府の泉州地方において、指定金融機関を受託している地方自治体が複数存在する(複数行による輪番制含む)。

沿革

  • 2010年(平成22年)5月1日 - 池田銀行泉州銀行と合併し、株式会社池田泉州銀行に改称[1]
  • 2011年(平成23年)12月30日 - 三菱東京UFJ銀行とのATM利用手数料相互無料開放を終了。同時に、三菱東京UFJ銀行ATMでの預け入れサービスも終了。
  • 2012年(平成24年)10月9日 - 大阪支店(旧泉銀店)が、ブランチインブランチとなっている本町支店(旧池銀店)に統合され、廃止[2]
  • 2012年(平成24年)10月13日 - 大阪梅田営業部の窓口・口座店名称を「本店営業部」に改称[3]
  • 2014年(平成26年)3月4日 - 阿倍野区阿倍野筋のあべのハルカス18階に「あべのハルカス支店」を、地下1階に「外貨両替ショップあべのハルカス店」を開設。
  • 2015年(平成27年)11月9日 - 南海難波駅構内の有人外貨両替ショップを廃止した上で新たに外貨両替機を設置[4]
  • 2017年(平成29年)12月4日 - 滋賀銀行とATMを無料相互開放を開始[5]

情報処理システム

勘定系システム

システム統合は2012年(平成24年)1月、旧池田銀が2005年1月のリプレースによって利用していたNTTデータ地銀共同センターへの片寄せで実施された[6]




  1. ^ 合併の時点では、混乱を避けるため、店舗名称は「大阪梅田営業部」のまま変更されないが、合併前の両行本店であった池田営業部・泉州営業部にかわり、本店窓口の扱いとなった。店舗名称の変更は、システム統合後の2012年10月9日に行われた。

出典

  1. ^ 当社の子会社(池田銀行と泉州銀行)の合併ならびに経営戦略について (PDF) 池田泉州ホールディングス 平成22年5月6日
  2. ^ 大阪支店の本町支店への統合について (PDF) 池田泉州銀行 平成24年7月30日
  3. ^ 大阪梅田営業部の「本店営業部」への店名変更について (PDF) 池田泉州銀行 平成24年7月30日
  4. ^ ““爆買い”訪日客に対応 池田泉州銀行、南海難波駅に外貨両替機設置”. 産経ニュース. (2015年11月5日). http://www.sankei.com/west/news/151105/wst1511050065-n1.html 2016年1月31日閲覧。 
  5. ^ “滋賀銀、池田泉州銀と提携 ATMを相互開放”. 京都新聞. (2017年11月3日). http://www.kyoto-np.co.jp/economy/article/20171103000023 2018年5月10日閲覧。 
  6. ^ “年末年始利用し地銀2行が勘定系を移行、順調に稼働”. 日経コンピュータ. (2012年1月5日). http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20120105/377816/ 2014年6月4日閲覧。 
  7. ^ 視覚障がい等をお持ちのお客さまへの対応について (PDF) - 池田泉州銀行(平成24年(2012年)8月21日閲覧)
  8. ^ “タカラジェンヌには池乃めだか…大阪地銀戦争のコテコテPR 定期の景品に泉州水ナスいかが”. 産経ニュース. (2015年8月13日). http://www.sankei.com/west/news/150813/wst1508130003-n1.html 2016年1月31日閲覧。 
  9. ^ 池田泉州銀の元行員逮捕 顧客預金500万円詐取容疑―大阪府警”. 時事通信 2020年09月15日21時31分. 2020年9月16日閲覧。
  10. ^ 池田泉州銀元課長を逮捕 顧客預金の500万円詐取容疑”. 日本経済新聞 2020/9/15 22:54. 2020年9月16日閲覧。


「池田泉州銀行」の続きの解説一覧




固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「池田泉州銀行」の関連用語

池田泉州銀行のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



池田泉州銀行のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの池田泉州銀行 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS