水酸化カルシウム 水酸化カルシウムの概要

水酸化カルシウム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/21 17:21 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
水酸化カルシウム
識別情報
CAS登録番号 1305-62-0
E番号 E526 (pH調整剤、固化防止剤)
特性
化学式 Ca(OH)2
モル質量 74.0927 g mol−1
外観 無色結晶または白色粉末
密度 2.211 g cm−3, 固体
融点

580 °C, 853 K, 1076 °F (分解)

への溶解度 0.17 g / 100cm3(25℃)
熱化学
標準生成熱 ΔfHo -986.09 kJ mol−1
標準モルエントロピー So 83.39 J mol−1K−1
標準定圧モル比熱, Cpo 87.49 J mol−1K−1
危険性
安全データシート(外部リンク) ICSC 0408
引火点 不燃性
関連する物質
関連物質 水酸化マグネシウム
水酸化ストロンチウム
水酸化バリウム
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

生産

酸化カルシウムに加水すると生成する。その水和熱は大きく、乾燥剤としてよく用いられる酸化カルシウム(生石灰)に水を加えることは危険である。

消石灰の2016年度日本国内生産量は 1,342,058 t、消費量は 517,767 t である[1]

ほたての貝殻を焼成・粉砕した焼成カルシウム、またはそれに加水したものを「ほたてカルシウム(貝殻焼成カルシウム)」の名称で販売している商品もある。

用途

強塩基であるが、劇物指定を受けていないため、酸性化した河川や土壌の中和剤、凝集剤として幅広く使われる。ほかに、試薬・農業・食品や化粧品のpH調整剤、カルシウム補充剤、化学合成原料、体質顔料殺菌剤、歯科治療における感染根管処置時の貼薬剤などとしても用いられる。コンニャクの凝固剤としても使用されている。また、火力発電所の排ガス中の硫黄酸化物の除去にも用いられる。漆喰は水酸化カルシウムを主成分とする建築材料である[2]

水酸化カルシウムは強塩基であり、微生物の繁殖を抑制したり不活性化する性質がある[2]。中世ヨーロッパでは、ペストの流行時に、家に消石灰を撒く対策が行われた[2]。現代でも、高病原性鳥インフルエンザ豚熱などの防疫のため、消石灰が利用されている[2]

小中学校などでは校庭に白線を引くラインパウダーとして用いられていた。他方、強塩基であるため、目に入ると失明する危険性がある。そのため、2007年11月に文部科学省スポーツ・青少年局学校健康教育課長名で通達[3]が出されたこともあり、白線用としては、より安全な炭酸カルシウムに変更されている[4]






「水酸化カルシウム」の続きの解説一覧




水酸化カルシウムと同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「水酸化カルシウム」の関連用語

水酸化カルシウムのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



水酸化カルシウムのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの水酸化カルシウム (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS