毛利衛 賞歴

毛利衛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/05 01:41 UTC 版)

賞歴

社会的活動

著書

出演

TV番組

教養番組

  • 東日本放送開局25周年記念特別番組『私たちの地球スペシャル・オーロ ラからの手紙~北極と赤道は今』(2000年11月3日)テレビ朝日系列全国ネット。
  • 4Kアドベンチャー 日本列島 奇跡の海を行く(BS朝日) - スペシャルナビゲーター[18]
    • 第一夜 富士山と立山が育む 豊かな深海 (2018年12月8日)
    • 第二夜 黒潮と親潮が運ぶ海の宝 (2018年12月9日)
  • 毛利衛&中川翔子 地球最後の日鏡へ!ニッポンの深海大冒険 (2019年2月8日、BS-TBS)[19]
  • ブルー・アース 生命の海 (2021年5月2日、BS-TBS)

テレビドラマ

2001年3月21日放送の最終回に、宇宙開発事業団の面接官役で出演。
2002年。本人役。

CM


  1. ^ 京都大学野生動物研究センター http://www.wrc.kyoto-u.ac.jp/members.html
  2. ^ a b “毛利衛さん宇宙特別授業「宇宙からの贈りもの」”. バンクーバー新報. (2011年10月14日). http://www.v-shinpo.com/special/402-2011-10-14-20-42-36 2019年9月1日閲覧。 
  3. ^ 毛利, 衛; 雨宮, 進; 前田, 滋; 福田, 伸; 加藤, 茂樹; 佐竹, 徹; 橋場, 正男; 山科, 俊郎 (1983-05-31). “スパイクタイヤ車粉塵の精密分析(第二報)”. 北海道大學工學部研究報告 114: 47–56. ISSN 0385-602X. https://hdl.handle.net/2115/41790. 
  4. ^ 山科, 俊郎 (2007). 車粉をなくす市民の会/『車粉物語』発刊委員会. ed. 車粉物語. 須田製版. ISBN 9784915746390 
  5. ^ 「宇宙飛行士志願200人超す」朝日新聞1984年1月28日朝刊3頁
  6. ^ 「スペースシャトルの日本人宇宙飛行士候補 NASAの現地入り」朝日新聞1985年6月22日夕刊13頁
  7. ^ 「初の日本人宇宙飛行士3人決まる」朝日新聞1985年8月7日夕刊11頁
  8. ^ 朝日新聞1984年4月3日夕刊10頁
  9. ^ 朝日新聞1986年1月29日夕刊11頁
  10. ^ 毛利衛:JAXAの宇宙飛行士 - 宇宙ステーション・きぼう広報・情報センター - JAXA”. iss.jaxa.jp. 2019年3月31日閲覧。
  11. ^ NHKラジオ深夜便「わたしの“がむしゃら”時代」、2013年4月9日放送より
  12. ^ 読売新聞1990年4月24日夕刊15頁
  13. ^ a b 「『中年』の快挙に弾む歓声 秋山豊寛さん、ソ連のソユーズで軌道へ」朝日新聞1990年12月3日朝刊31頁
  14. ^ 教育改革タウンミーティング イン 愛媛 議事要旨
  15. ^ 毛利衛さん 20年間務めてきた日本科学未来館の館長を退任へ”. NHK (2021年3月26日). 2021年3月27日閲覧。
  16. ^ 毛利衛氏がレジオン・ドヌール勲章を受章在日フランス大使館
  17. ^ 旭硝子財団について役員・評議員旭硝子財団
  18. ^ 4Kアドベンチャー 日本列島 奇跡の海を行く”. BS朝日. 2019年2月26日閲覧。
  19. ^ “毛利衛&中川翔子が宇宙より謎だらけの深海を大冒険!”. ザテレビジョン (KADOKAWA). (2019年2月3日). https://thetv.jp/news/detail/177875/ 2019年10月17日閲覧。 


「毛利衛」の続きの解説一覧




固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「毛利衛」の関連用語

毛利衛のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



毛利衛のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの毛利衛 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS