機動戦士ガンダムF91の登場人物 クロスボーン・バンガード

機動戦士ガンダムF91の登場人物

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/23 23:18 UTC 版)

クロスボーン・バンガード

本項ではロナ家を除くクロスボーン・バンガードの隊員、および関係者を挙げる。

以下の人物の詳細はリンク先を参照。


アンナマリー・ブルージュ

Annamarie Brougia[1]

声 - 神代知衣

褐色の肌をもつ女性パイロット。16歳[1]。見習い士官ながらダギ・イルスに搭乗し、偵察小隊を率いる。ザビーネ・シャルに好意を抱いている(小説版によれば、何度かベッドをともにしている)が、彼がベラ・ロナのMS教官となり行動をともにしているのを見て嫉妬し、ロナ家の女には敵わないことと、ザビーネがロナ家に取り入ろうとしているとの思いから失望する。

フロンティアI侵攻の先発隊として出撃後、そのまま離反して連邦軍に投降し、C・Vの情報を渡すことで連邦軍の一員となる(連邦軍の制服を着ている)。スペース・アークに配属され、艦内の子供たちにも懐かれている。乗機のダギ・イルスも識別のため塗り替えられる。C・Vとの戦闘では敵軍の認識コードを使って敵を混乱させるという戦法を使い「黒の戦隊」のデナン・ゾンを1機撃破。直後にザビーネのベルガ・ギロスとの一騎討ちでは左腕を斬り落とすが、「ともに死ねばお前の口惜しさは消えるのか」というザビーネの言葉に動揺した隙にコックピットをゼロ距離から撃ち抜かれて戦死。

小説版では、コスモ・バビロニア宣言の翌日、フロンティアIから脱出したシーブックの乗るスペース・ボート(F91は使用していない)を攻撃するC・VのMSを排除し、ボートを誤爆を防ぐ盾にして連邦軍の小型艦に投降する。艦長には投降の理由を「男の問題だな」と見抜かれている。スペース・アークには配属されないが、その後はアニメ版と同様に、ザビーネのベルガ・ギロスとの一騎討ちの末に撃破される。

漫画『機動戦士ガンダムF91 プリクエル』では、フロンティアIV侵攻以前にビギナ・ギナのテスト・パイロットを務めている。ドレルに「ビギナ・ギナを任せたぞ」と言われ喜ぶが、同機がベラに与えられる予定であることを知らないようである。

目次へ移動する


エメティ・ヘイズ

アニメ版の設定では「女武官」であり[16]、名前は小説版による。

帰還したベラに付き従う、金髪でショートカットの女性士官。フロンティアIV政庁前でおこなわれた式典の際にシーブックを発見し、ベラの命による確保を実行するが逃げられる。

目次へ移動する


サウザンズ・ジュピター艦長

民間用木星宇宙輸送船[11]「サウザンズ・ジュピター」の艦長[17]。宇宙世紀0123年3月24日に[9]6年ぶりに地球圏に到着するが[18]、その際にC・V軍が2年間戦える量のヘリウムを求めて[17]拉致するも、艦長は協力を確約[9]。ロナ家の要請によりフロンティアIVに立ち寄り[17]、政庁前でおこなわれた式典に妻とともに出席している。

なお、サウザンズ・ジュピター自体は登場が予定され設定画も描かれたが[18]、細かいディテールが仇となり、5カットしかなかったこともありスケジュールの都合で削られた[11]

目次へ移動する


ジレ・クリューガー

Gilais Kreuger[1]

声 - 小林清志

カロッゾの腹心。39歳[1]。カロッゾが密かに進めていたラフレシア・プロジェクトを知る数少ない人物である。カロッゾとともにバグ運用母艦であるザムス・ガルに座乗し、フロンティアIで無差別殺戮を実行する。ラフレシア出撃後にザビーネ・シャルに問い詰められるが、自分は関知していないとしらを切り通して怒りを買い、ノーマルスーツのバイザーを銃で撃ち抜かれ、呼吸困難に苦しみながら宇宙をただよう。

機動戦士ガンダム シルエットフォーミュラ91』においては、フロンティアIV侵攻の約1ヶ月前に起こったゼブラゾーン事件で、連邦軍やアナハイムと裏取引をおこなっており、連邦軍のバズ・ガレムソン大佐や、自軍のエース・パイロットであるシェルフ・シェフィールドの部隊を利用する。

目次へ移動する


ボブルス

声 - 稲葉実

「黒の戦隊」所属のパイロット。デナン・ゲーに搭乗。フロンティアIでドレルの命を受け、突出するセシリーのビギナ・ギナを援護する。F91と交戦するビギナ・ギナとの間に割って入るが、右前腕部を破壊され墜落。劇中では生死不明だが、戦死したとする資料もある。

目次へ移動する




注釈

  1. ^ 小説版では、店名がナディアの兄嫁と同名なのは偶然で、シオが修行した店の商品のブランド名に因むとされる。実際には、シオの初期設定での名前が「テス・フェアチャイルド」であった名残であり、「テス」が女性名であったために変更された[11]
  2. ^ 小説版によれば、イヤリングから発振するレーザー・パルスを、障害物がない場合に受信できる機械を所持している。
  3. ^ 宇宙世紀年表ではハウゼリーの暗殺を0118年としているが、小説版ではナディア(およびベラ)のロナ家出奔直後になっている。アニメ本編(0123年)でカロッゾがベラとの再会を「10年ぶり」と言っていることから、計算上0113年となる。

出典

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af ag ah ai aj ak al am an ao ap aq ar as at au av aw ax ay az ba bb bc bd be bf bg bh bi bj 公式サイト 2011.
  2. ^ a b c d e f オフィシャルエディション 1991, p. 87-91.
  3. ^ NT100% 1991, p. 65.
  4. ^ NT100% 1991, p. 64.
  5. ^ a b c d e パーフェクトファイル 1991, p. 96-105.
  6. ^ NT100% 1991, p. 57.
  7. ^ 『機動戦士ガンダム デイアフタートゥモロー カイ・シデンのメモリーより』2巻148ページより
  8. ^ パーフェクトファイル 1991, p. 70-81.
  9. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s EB CV建国戦争編 1991, p. 57.
  10. ^ ボンボン増刊Vガンダム 1993, p. 129.
  11. ^ a b c F91オフィシャルエディション 1991, p. 48-58.
  12. ^ a b NT100%F91 1991, p. 90.
  13. ^ a b EB CV建国戦争編 1991, p. 53.
  14. ^ a b EB CV建国戦争編 1991, p. 55.
  15. ^ オタクの遺伝子 2005, p. 125.
  16. ^ a b NT100%F91 1991, p. 63.
  17. ^ a b c NT100%F91 1991, p. 71.
  18. ^ a b NT100%F91 1991, p. 51.


「機動戦士ガンダムF91の登場人物」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「機動戦士ガンダムF91の登場人物」の関連用語

機動戦士ガンダムF91の登場人物のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



機動戦士ガンダムF91の登場人物のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの機動戦士ガンダムF91の登場人物 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS