板谷祐 板谷祐の概要

板谷祐

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/06/20 21:01 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
板谷 祐
別名 TUSK
生誕 (1969-10-12) 1969年10月12日(50歳)
出身地 日本 神奈川県[1]
ジャンル ロック
職業 ヴォーカリスト
作詞家
担当楽器 ヴォーカル
ギター
活動期間 1987年 - 2005年
2007年 -
共同作業者 ZI:KILLTHE SLUT BANKSCRAZE

来歴

  • 1987年、ロックバンド"G-KILL"(後のZI:KILL)加入。
  • 1991年、ZI:KILLのヴォーカリストとしてTUSK名義でメジャーデビュー。ほぼ全楽曲の作詞を手掛ける。
  • 1993年、初のソロ写真集「自滅回路」発売。同年、HIDEとの共演による映像作品「Seth et Holth」(セス・エ・ホルス)発売。
  • 1994年、ZI:KILL解散。
  • 1996年、TUSK名義で、初のソロアルバム「3 SONGS」発売。山本恭司戸城憲夫菊地哲が演奏を手掛ける。
    同年、「AMNESIA」(アムネジア)として6曲入りのミニアルバム「AMNESIA」を発売。演奏はそうる透GEORGE人時、SHOJI、ホッピー神山が担当。
  • 1996年、戸城憲夫率いるロックバンドTHE SLUT BANKSに加入。
  • 2000年、6月 THE SLUT BANKS脱退、ほぼ同時にCRAZEに加入、自らリーダーの座を志願[2]
  • 2005年、8月 CRAZE脱退、翌年1月にCRAZEは解散。当時は引退宣言をしていた。
  • 2007年、3月 新宿心音会板谷祐としてアコースティックギターの弾き語りスタイルでのライヴ活動を開始する。
  • 2007年、12月 THE SLUT BANKS再結成。
    現在に至るまで、新宿心音会板谷祐とTHE SLUT BANKSの活動を並行して行っている。
  • 2018年、4月18日 テレビ番組「ソノサキ」にヴィジュアル系の伝説として出演。

人物

  • ヴィジュアル系出身であり、ZI:KILL在籍時は派手な髪型・メイクをしていたが、解散後~THE SLUT BANKSの頃には短髪にタオルと、CRAZEではさらに坊主、無精髭、Tシャツといったラフなスタイルとなった。

ディスコグラフィ

TUSKソロ作品

アルバム
映像作品
  • 自滅回路 TUSK in New York Winter 1992 「ぼくだけの物語」(1992年 FC限定 ZOOM REPUBLIC NETWORK ZV-0001)
写真集

その他の作品

ZI:KILL
HIDE+TUSK
  • Seth et Holth (1993年9月29日 KING RECORDS VHS:KIVM-48 LaserDisc:KILM-23)
    ZI:KILL時代のTUSKがX JAPAN時代のHIDEと共演した映像作品。企画、原案、主演は共同で担当し、TUSKが歌と作詞を担当、HIDEが作曲と演奏を担当。カラー45分。
AMNESIA
THE SLUT BANKS
CRAZE
新宿心音会板谷祐
  • CD「LC-TRACKS and LC-GIG-TAKES」
  • DVD「LC-GIG-39 FILM 20070817 at 新宿RuidoK4」
  • DVD「Sketch Show」
  • DVD「2009.10.23 柏Thumb Up」
  • DVD「2010.10.10 岐阜飛騨岡 「船津座」」
  • DVD「2010.05.21 目黒ライブステーション」
  • DVD「2013.01.17 Kichijoji MANDALA」
  • DVD「2014.01.09 EXPLOSION KAGURAZAKA」
  • DVD「20150202 池袋手刀」
  • DVD「KICHIJOJI ROCK JOINT GB 20160925」
    ライブ会場で会場限定DVDなど販売。

  1. ^ master+mind2008年6月号”. ロフトプロジェクト (2016年11月18日). 2017年2月23日閲覧。
  2. ^ ロッキンf 2000年10月号


「板谷祐」の続きの解説一覧



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「板谷祐」の関連用語

板谷祐のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



板谷祐のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの板谷祐 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS