松本穂香 ディスコグラフィ

松本穂香

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/28 21:32 UTC 版)

ディスコグラフィ

配信シングル

書籍

フォトブック

受賞

脚注

[脚注の使い方]

外部リンク


注釈

  1. ^ a b 渋川清彦とのダブル主演。
  2. ^ 2020年4月14日から放送される予定であったが、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、撮影を中止し放送開始を延期することが4月9日に発表された[97]。その後6月に撮影を再開し、7月28日から初回2時間SPで放送されることとなった[98]
  3. ^ 第6話の回想では「お姉ちゃん」として登場。
  4. ^ 葉山奨之とのW主演。映画『恋は雨上がりのように』のスピンオフ。
  5. ^ 役名の表記は「松本ほの香」[133]
  6. ^ TBS日曜劇場この世界の片隅に』劇中歌。

出典

  1. ^ a b c 松本穂香 (2018年10月14日). <家族のこと話そう>志支える母の気遣い 女優・松本穂香さん. インタビュアー:五十住和樹. 東京新聞.. オリジナルの2019年5月14日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20190514062102/https://www.tokyo-np.co.jp/article/living/life/201810/CK2018101402000189.html 2019年11月11日閲覧。 
  2. ^ 松本穂香 (2017年6月6日). 『ひよっこ』女優・松本穂香に聞く「新幹線」と「集団就職列車」(3ページ目). インタビュアー:鼠入昌史. 文春オンライン. https://bunshun.jp/articles/-/2739?page=3 2020年2月3日閲覧。 
  3. ^ a b FLaMme official website”. フラーム. 2021年11月19日閲覧。
  4. ^ vol.342 松本 穂香 -HONOKA MATSUMOTO-”. インターネットTVガイド. 今週のいちばん星. 東京ニュース通信社 (2017年5月14日). 2020年2月3日閲覧。
  5. ^ “松本穂香「“あまちゃんの中の人になりたい”って思った」”. 週刊女性PRIME. (2015年12月29日). http://www.jprime.jp/articles/-/7055 2018年6月1日閲覧。 
  6. ^ a b c d e f “有村架純の“妹分”松本穂香、月9デビュー!初舞台で座長の大役も”. SANSPO.COM (株式会社 産経デジタル). (2016年3月28日). https://www.sanspo.com/article/20151229-TPWUG6EI6FKJTCYANDYGDA5GJE/ 2018年6月1日閲覧。 
  7. ^ a b c d 有村架純の妹分・松本穂香「このままじゃ終わってしまう」自ら掴んだチャンス…デビュー2年目、飛躍の年へ モデルプレスインタビュー. (インタビュー). ネットネイティブ. (2018年6月1日). モデルプレス.. https://mdpr.jp/interview/detail/1569172 2017年8月16日閲覧。 
  8. ^ a b “ロッテの人気お菓子 × 新人女優 × 新人監督 ショートムービー『LOTTE SWEET FILMS』 を公開 ロッテ公式チャンネル「Choco-motion TV」” (プレスリリース), 株式会社ロッテ, (2014年12月2日), http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000452.000002360.html 2016年2月24日閲覧。 
  9. ^ “有村架純の妹分の新人女優3人が、ロッテのお菓子とコラボした短編映画に主演”. ORICON NEWS (oricon ME). (2014年12月3日). https://www.oricon.co.jp/news/2045425/full/ 2019年11月18日閲覧。 
  10. ^ a b 松本穂香 (2017年6月6日). 『ひよっこ』女優・松本穂香に聞く「新幹線」と「集団就職列車」. インタビュアー:鼠入昌史. 文春オンライン. https://bunshun.jp/articles/-/2739 2020年2月3日閲覧。 
  11. ^ 松本穂香 (2019年11月10日). 松本穂香の上京物語 「東京で頑張るしかない」必死にもがき続けた日々. インタビュアー:望月ふみ. ハリウッドチャンネル. クラインクイン!.. https://www.crank-in.net/interview/70513/1 2019年11月18日閲覧。 
  12. ^ a b いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう|登場人物相関図”. フジテレビ. 2017年5月1日閲覧。
  13. ^ “【はばたけ ’17NEWヒロイン】 有村架純先輩に続け!松本穂香、夢は朝ドラ出演”. SANSPO.COM (産経デジタル). (2017年1月10日). https://www.sanspo.com/article/20170110-RCWAU3CYCZIWPLFVKLY4OZ547M/ 2017年8月16日閲覧。 
  14. ^ “朝ドラ「ひよっこ」“乙女寮”に注目美女集結 有村架純の妹分・松本穂香、「ソロモンの偽証」藤野涼子ら”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2017年1月30日). https://mdpr.jp/news/detail/1659527 2019年11月18日閲覧。 
  15. ^ a b 松本穂香 (2017年10月23日). 『ひよっこ』澄子役で注目の松本穂香「私はヒロインタイプではない」. インタビュアー:斉藤貴志. oricon ME. ORICON NEWS.. https://www.oricon.co.jp/confidence/special/50364/ 2019年11月18日閲覧。 
  16. ^ “「ひよっこ」“おかっぱ頭のメガネっ娘”松本穂香が異彩を放つ 反響の大きさに「正直戸惑いました」”. モデルプレス. (2017年5月17日). https://mdpr.jp/interview/detail/1687146 2017年8月16日閲覧。 
  17. ^ 松本穂香 (2017年5月18日). 「あの子は誰?」と熱視線!「ひよっこ」“メガネっ娘”松本穂香の素顔とは…「あの頃より自分が好きになった」<モデルプレスインタビュー>. (インタビュー). ネットネイティブ. モデルプレス.. https://mdpr.jp/interview/detail/1687463 2019年11月18日閲覧。 
  18. ^ “松本穂香、本日発売『ヤングキング』に登場!“ひよっこ”ではない一人前の魅力満載の超豪華グラビア!”. 【es】エンタメステーション. (2017年10月23日). https://entertainmentstation.jp/news/132215 2017年11月3日閲覧。 
  19. ^ “松本穂香:「ひよっこ」の“メガネっ娘”がauの新CMシリーズに からあげ好きも明かす”. MANTANWEB (MANTAN). (2018年1月29日). https://mantan-web.jp/article/20180129dog00m200017000c.html 2019年11月18日閲覧。 
  20. ^ a b “「この世界の片隅に」TBSで連続ドラマ化 CMで注目の松本穂香がヒロイン”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2018年5月5日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/05/05/kiji/20180504s00041000436000c.html 2019年11月18日閲覧。 
  21. ^ “「この世界の片隅に」松本穂香が主演!ひよっこ女優がオーディション勝ち抜く”. シネマトゥデイ (株式会社シネマトゥデイ). (2018年5月5日). https://www.cinematoday.jp/news/N0100531 2018年5月5日閲覧。 
  22. ^ 石井百合子 (2018年7月15日). “「この世界の片隅に」松本穂香ヒロイン抜擢の理由”. シネマトゥデイ. https://www.cinematoday.jp/news/N0102247 2019年11月18日閲覧。 
  23. ^ “松本穂香、“ひよっこ”から主演女優へ!7月スタート「この世界の片隅に」”. SANSPO.COM (産経デジタル). (2018年5月5日). https://www.sanspo.com/article/20180505-LBOSLPGBZFJPVLYDDSZCFP3T5I/ 2019年11月18日閲覧。 
  24. ^ “松本穂香が初のフォトブック「私の1年が見えるような作品に」”. マイナビニュース (マイナビ). (2019年9月17日). https://news.mynavi.jp/article/20180917-693996/ 2019年11月18日閲覧。 
  25. ^ “松本穂香:“今年輝いた女性”に選出 「VOGUE JAPAN Women of the Year」受賞に「キラキラした場所に立っていいのかな」”. MANTANWEB (MANTAN). (2018年11月26日). https://mantan-web.jp/article/20181126dog00m200028000c.html 2019年11月18日閲覧。 
  26. ^ “松本穂香 冬のヒロインに決定 今日俺!伊藤健太郎とW主演 JR SKISKI”. デイリースポーツ. (2018年12月20日). https://www.daily.co.jp/gossip/2018/12/20/0011920109.shtml 2019年1月26日閲覧。 
  27. ^ “松本穂香の魅力は?「おいしい家族」など主演作の監督3人が力説”. 映画ナタリー. (2019年9月23日). https://natalie.mu/eiga/news/348610 2019年11月18日閲覧。 
  28. ^ a b 名鹿祥史 (2019年7月31日). “松本穂香、主演映画の監督から「今の女優にいないタイプ」”. シネマトゥデイ. https://www.cinematoday.jp/news/N0110258 2019年11月18日閲覧。 
  29. ^ “松本穂香の長編初主演映画『おいしい家族』 浜野謙太&板尾創路と家族に”. CINRA.NET. (2019年1月23日). https://www.cinra.net/news/20190123-oishiikazoku 2019年1月26日閲覧。 
  30. ^ “松本穂香、中川龍太郎監督の最新作で主演! モスクワ国際映画祭に正式出品”. 映画.com. (2019年4月3日). https://eiga.com/news/20190403/6/ 2019年11月18日閲覧。 
  31. ^ “家族崩壊エッセイ「酔うと化け物になる父がつらい」松本穂香&渋川清彦で映画化”. 映画.com. (2019年3月3日). https://eiga.com/news/20190303/3/ 2019年11月18日閲覧。 
  32. ^ 石井健 (2019年11月15日). “松本穂香、相次ぐ主演 きょう公開「わたしは光をにぎっている」”. 産経ニュース (産経デジタル). https://www.sankei.com/entertainments/news/191115/ent1911150005-n1.html 2019年11月18日閲覧。 
  33. ^ “松本穂香主演で「みをつくし料理帖」映画化! 角川春樹氏、最後の監督作に”. 映画.com. (2019年8月6日). https://eiga.com/news/20190806/13/ 2019年11月18日閲覧。 
  34. ^ a b “松本穂香がパーソナリティーに挑戦、TBSラジオ『新米記者・松本穂香です。』”. CINRA.NET (株式会社 CINRA). (2020年3月25日). https://www.cinra.net/news/20200325-matsumotohonoka 2020年4月5日閲覧。 
  35. ^ a b 松本穂香 (2016年3月10日). 松本穂香インタビュー『“有村架純の妹分はラッキー? でも私はおもしろ系―違う分野を進みたい』. インタビュアー:吉田可奈. ORICON STYLE.. http://www.oricon.co.jp/special/48718/ 2016年3月10日閲覧。 
  36. ^ “松本穂香、前のめりの“ジャルジャル”トーク”. Narinari.com. (2019年3月5日). https://www.narinari.com/Nd/20190353515.html 2020年2月3日閲覧。 
  37. ^ 松本穂香 [@matsuhonon] (2019年10月5日). "サツマカワRPGさんの単独ライブに行かせて頂きました☺️🌸 めちゃめちゃ笑った。。。 めちゃめちゃ面白い。。。 ずっとみてられる。。。 プレイヤーチェンジ!!" (ツイート). Twitterより2020年2月3日閲覧
  38. ^ “二宮監督本気出しすぎ! 虚実入り交じる映画「MATSUMOTO TRIBE」公開で映画業界ざわつく”. ねとらぼ (アイティメディア). (2017年4月13日). http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1704/13/news154.html 2017年5月1日閲覧。 
  39. ^ japanlove”. 2018年4月18日閲覧。
  40. ^ 岐阜新聞映画部 [@gifunpmovieclub] (2017年3月9日). "【映画部 春の特別興行】 映画『JAPAN LOVE』の上映&トークショーの開催決定! なんと、劇場初公開という貴重な作品です。 出演者の #ボビー・オロゴン さん、 #山田邦子 さん、#松本穂香 さんのご登壇も決まりましたので、ぜひお越しください!" (ツイート). Twitterより2020年4月1日閲覧
  41. ^ “きりゅうシネマ「リクエスト・コンフュージョン」監督・脚本をマキタカズオミ”. ステージナタリー (株式会社ナターシャ). (2017年5月10日). https://natalie.mu/stage/news/231747 2018年4月18日閲覧。 
  42. ^ “堀田真由×松本穂香×阿部進之介、オムニバスサスペンスホラー「狂い華」公開決定”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2017年9月8日). http://natalie.mu/eiga/news/247945 2017年9月8日閲覧。 
  43. ^ “実写『恋は雨上がりのように』清野菜名、磯村勇斗、戸次重幸ら出演”. ORICON NEWS (oricon ME). (2018年1月24日). https://www.oricon.co.jp/news/2104556/full/ 2018年1月24日閲覧。 
  44. ^ “小松菜奈&大泉洋「恋は雨上がりのように」に戸次重幸&吉田羊ら出演!特報も完成”. 映画.com (株式会社エイガ・ドット・コム). (2018年1月24日). http://eiga.com/news/20180124/9/ 2018年3月20日閲覧。 
  45. ^ “「ひよっこ」松本穂香&ボイメン水野勝、高杉真宙主演「世界でいちばん長い写真」に出演!”. 映画.com (株式会社エイガ・ドット・コム). (2017年8月7日). http://eiga.com/news/20170807/16/ 2018年4月18日閲覧。 
  46. ^ “道尾秀介原案、津田寛治&駒井蓮主演「名前」18年初夏公開決定 追加キャストに筒井真理子ら”. 映画.com (株式会社エイガ・ドット・コム). (2017年11月6日). http://eiga.com/news/20171106/3/ 2018年4月18日閲覧。 
  47. ^ 松本穂香 [@matsuhonon] (2018年9月1日). "昨日から公開の映画「SUNNY強い気持ち・強い愛」に出演させて頂いております!初めての大根監督作品!ドキドキ嬉しかったです。ぜひ劇場で見つけてみてください〜! #SUNNY強い気持ち・強い愛" (ツイート). Twitterより2020年4月1日閲覧
  48. ^ “山田裕貴×乃木坂46齋藤飛鳥、台湾映画「あの頃、君を追いかけた」日本版の製作決定”. 映画ナタリー (株式会社ナターシャ). (2017年10月3日). https://natalie.mu/eiga/news/251246 2017年10月18日閲覧。 
  49. ^ 映画『あの頃、君を追いかけた』公式サイト
  50. ^ a b “YouTuber松本穂香が暴走、映画『アストラル・アブノーマル鈴木さん』特報”. CINRA.NET (株式会社 CINRA). (2018年12月18日). https://www.cinra.net/news/20181122-asabszk 2018年12月18日閲覧。 
  51. ^ “映画「チワワちゃん」で松本穂香演じる“クマ”のビジュアルが公開”. NEWSポストセブン (小学館). (2019年1月11日). https://www.news-postseven.com/archives/20190111_845896.html 2020年4月1日閲覧。 
  52. ^ “永野芽郁、朝ドラ後初の映画主演 北村匠海と初共演で『君は月夜に光り輝く』実写化”. ORICON NEWS (oricon ME). (2018年10月15日). https://www.oricon.co.jp/news/2121477/full/ 2018年12月18日閲覧。 
  53. ^ DISH//北村匠海「君は月夜に光り輝く」で永野芽郁とW主演、「キミスイ」監督と再タッグ”. 音楽ナタリー (2018年10月15日). 2018年10月22日閲覧。
  54. ^ “松本穂香主演作「おいしい家族」が秋に公開、板尾創路や浜野謙太と家族に”. 映画ナタリー (株式会社ナターシャ). (2019年1月23日). https://natalie.mu/eiga/news/316994 2019年3月3日閲覧。 
  55. ^ “松本穂香、中川龍太郎監督の最新作で主演! モスクワ国際映画祭に正式出品”. 映画.com (株式会社エイガ・ドット・コム). (2019年4月3日). https://eiga.com/news/20190403/6/ 2020年4月1日閲覧。 
  56. ^ “宮沢氷魚映画初主演『his』2020年1月公開決定 今泉力哉監督が男性同士の恋愛を描く”. Real Sound (blueprint). (2019年7月30日). https://realsound.jp/movie/2019/07/post-395446.html 2019年7月30日閲覧。 
  57. ^ “宮沢氷魚が藤原季節と恋人に、今泉力哉の監督作「his」で映画初主演飾る”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2019年7月30日). https://natalie.mu/eiga/news/341637 2019年7月30日閲覧。 
  58. ^ “「酔うと化け物になる父がつらい」実写映画化、松本穂香&渋川清彦がW主演”. コミックナタリー (株式会社ナターシャ). (2019年3月3日). https://natalie.mu/comic/news/322266 2019年3月3日閲覧。 
  59. ^ “松本穂香&渋川清彦が父娘に コミックエッセイ『酔うと化け物になる父がつらい』映画化”. ORICON NEWS (oricon ME). (2019年3月3日). https://www.oricon.co.jp/news/2130734/full/ 2019年4月9日閲覧。 
  60. ^ “松本穂香が青春特有の危うさと儚さを体現『君が世界のはじまり』今夏公開”. クランクイン! (ハリウッドチャンネル). (2020年3月31日). https://www.crank-in.net/news/75303/1 2020年4月1日閲覧。 
  61. ^ “松本穂香&ふくだももこ監督が再タッグ! 「君が世界のはじまり」今夏公開決定”. 映画.com (株式会社エイガ・ドット・コム). (2020年3月31日). https://eiga.com/news/20200331/6/ 2020年4月1日閲覧。 
  62. ^ “松本穂香主演「君が世界のはじまり」公開は7月31日、大島智子によるイラスト到着”. 映画ナタリー (株式会社ナターシャ). (2020年6月10日). https://natalie.mu/eiga/news/382626 2020年6月11日閲覧。 
  63. ^ “吉沢亮&杉咲花W主演映画『青くて痛くて脆い』、岡山天音、松本穂香、森七菜ら出演”. ORICON NEWS (oricon ME). (2020年4月15日). https://www.oricon.co.jp/news/2159972/full/ 2020年8月16日閲覧。 
  64. ^ “角川春樹氏、ラスト映画『みをつくし料理帖』が来秋公開「この映画に身を尽くす」”. SANSPO.COM (産経デジタル). (2019年8月6日). https://www.sanspo.com/article/20190806-OXPOTTIAUVMYBMLMVVNEKMNO3Q/ 2019年8月6日閲覧。 
  65. ^ “松本穂香が「みをつくし料理帖」劇場版で主演に「幸せな気持ちでいっぱい」”. ザテレビジョン (KADOKAWA). (2019年8月6日). https://thetv.jp/news/detail/200316/ 2019年8月6日閲覧。 
  66. ^ ““料理人”松本穂香と“花魁”奈緒の交わらない視線が切ない…「みをつくし料理帖」10月公開&ポスター完成”. 映画.com (株式会社エイガ・ドット・コム). (2020年3月23日). https://eiga.com/news/20200323/7/ 2020年3月23日閲覧。 
  67. ^ “映画製作プロジェクト『DIVOC-12』松本穂香、小関裕太、清野菜名、高橋文哉ら出演”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2021年6月8日). https://www.oricon.co.jp/news/2196021/full/ 2021年6月8日閲覧。 
  68. ^ “井之脇海初主演、『ミュジコフィリア』映画化 山崎育三郎・松本穂香が共演”. ORICON NEWS. (2021年3月23日). https://www.oricon.co.jp/news/2188107/full/ 2021年3月23日閲覧。 
  69. ^ “井之脇海、今秋公開「ミュジコフィリア」で映画初主演…同名コミックが原作”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2021年3月21日). https://hochi.news/articles/20210320-OHT1T50323.html 2021年3月21日閲覧。 
  70. ^ “中島健人、Netflix映画『桜のような僕の恋人』主演「26年の人生の最高傑作に」 ヒロインは松本穂香”. ORICON NEWS. (2021年3月8日). https://www.oricon.co.jp/news/2186451/full/ 2021年3月8日閲覧。 
  71. ^ "中島健人「僕の26年の人生の最高傑作にしたい」 松本穂香と共演のNetflix映画で主演に". Real Sound. blueprint. 8 March 2021. 2021年3月8日閲覧
  72. ^ "中島健人、Netflix映画「桜のような僕の恋人」に主演「26年の人生の最高傑作にしたい". 映画.com. エイガ・ドット・コム. 8 March 2021. 2021年3月8日閲覧
  73. ^ 中島健人と松本穂香の“恋”描く「桜のような僕の恋人」ティザー予告、配信日も決定”. 映画ナタリー. 株式会社ナターシャ (2021年10月25日). 2021年10月25日閲覧。
  74. ^ "古川琴音、松本穂香『セカコイ』出演 道枝駿佑は「王子様みたい」「真っすぐでピュア」". ORICON NEWS. oricon ME. 8 April 2022. 2022年4月8日閲覧
  75. ^ “相葉雅紀、何かを発見し恐怖の表情…息子役にはジャニーズJr.・上原剣心が抜擢”. マイナビニュース (マイナビ). (2022年4月29日). https://news.mynavi.jp/article/20220429-2333241/ 2022年4月29日閲覧。 
  76. ^ “有村架純、緊張する後輩・松本穂香を愛くるしい笑顔で勇気づける”. SANSPO.COM (産経デジタル). (2017年1月30日). https://www.sanspo.com/article/20170130-XMO2N3EX6BOO3MHFFNMQVLZZKY/ 2017年1月31日閲覧。 
  77. ^ “松本穂香、メガネっ娘からオシャレ女子に変身!朝ドラ出演後初の民放ドラマ”. SANSPO.COM (産経デジタル). (2017年7月13日). https://www.sanspo.com/article/20170713-MZD4KCHAIBLSJEYDPAHUNQM7NE/ 2017年7月13日閲覧。 
  78. ^ 登場人物紹介 NHK for School 昔話法廷
  79. ^ 番組紹介”. 昔話法廷. NHK for School. 2021年3月22日閲覧。
  80. ^ 夏菜「想像していた5倍ぐらい大変でした!」馬場ふみか、臼田あさ美...豪華追加出演者を一挙発表!”. テレ東プラス. ドラマ24 下北沢ダイハード. テレビ東京 (2017年7月20日). 2020年6月29日閲覧。
  81. ^ “青柳翔主演ドラマ「食い逃げキラー」に松本穂香や浅香航大が出演、特報も公開”. 映画ナタリー (株式会社ナターシャ). (2018年2月15日). https://natalie.mu/eiga/news/269527 2018年4月18日閲覧。 
  82. ^ 平成物語”. フジテレビ. 2018年4月5日閲覧。
  83. ^ “岡山天音が民放ドラマ初主演、主要キャスト・スタッフ全員平成生まれ”. マイナビニュース. (2018年3月15日). オリジナルの2019年2月16日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20190216062343/https://news.mynavi.jp/article/20180315-600832/ 
  84. ^ “ドラマ「この世界の片隅に」すず役は松本穂香、周作役は松坂桃李!伊藤沙莉らも出演”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2018年5月5日). https://natalie.mu/eiga/news/280578 2018年5月5日閲覧。 
  85. ^ “ドラマ「この世界の片隅に」すず役は松本穂香、周作役は松坂桃李!脚本は岡田惠和”. コミックナタリー (ナターシャ). (2018年5月5日). https://natalie.mu/comic/news/280880 2018年5月5日閲覧。 
  86. ^ “松本穂香、松坂桃李、岡田惠和…連ドラ『この世界の片隅に』は“日曜劇場版朝ドラ””. ORICON NEWS (オリコン). (2018年5月5日). https://www.oricon.co.jp/news/2110865/full/ 2018年6月27日閲覧。 
  87. ^ “松本穂香と松尾諭がW主演、ネットの過激動画巡るドラマ「JOKER×FACE」放送”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2018年12月23日). https://natalie.mu/eiga/news/313447 2018年12月27日閲覧。 
  88. ^ “松本穂香:ネット動画で荒稼ぎする謎の美女役に 松尾諭とダブル主演”. まんたんウェブ (株式会社 MANTAN). (2018年12月24日). https://mantan-web.jp/article/20181224dog00m200027000c.html 2018年12月27日閲覧。 
  89. ^ 高良健吾さん主演!『夢食堂の料理人〜1964東京オリンピック選手村物語〜』7月23日放送!”. NHKドラマ. ドラマトピックス. 日本放送協会 (2019年5月28日). 2019年7月23日閲覧。
  90. ^ 文化部 三宅令 (2019年7月16日). “昭和39年東京五輪の選手村食堂の奮闘描くドラマ”. 産経ニュース (産経デジタル). https://www.sankei.com/premium/news/190716/prm1907160006-n1.html 2019年7月23日閲覧。 
  91. ^ NHK担当 A・M (2019年7月22日). “「夢食堂の料理人〜1964東京オリンピック選手村物語〜」で高良健吾らがおもてなしの原点を‟ほっこり”描く!”. インターネットTVガイド (東京ニュース通信社). https://www.tvguide.or.jp/column/cyokusoubin/20190722/02_cyokusoubin.html 2019年7月23日閲覧。 
  92. ^ “松本穂香「ほん怖」初出演に「周りの人に自慢」足立梨花と初共演”. シネマカフェ. (2019年10月9日). https://s.cinemacafe.net/article/2019/10/09/63882.amp.html 2019年10月12日閲覧。 
  93. ^ “松本穂香:「ほん怖」初出演&本格ホラー初挑戦 「人生で初めて叫んだ」”. まんたんウェブ. (2019年10月9日). https://mantan-web.jp/amp/article/20191009dog00m200060000c.html 2019年10月12日閲覧。 
  94. ^ “松本穂香、深夜3時に九十九里浜で机を燃やそうとする女役で「ほん怖」初出演”. 映画ナタリー. (2019年10月9日). https://natalie.mu/eiga/news/350897?_gl=1*p6l65b*_ga*OHFaQU1USlVBVlRIOFotdUlISUVPUmtZTnZUM0ZkOUJYUHQyaHN5LTJWN2htaW02cldmV2xlYk40WW80MldQWg.. 2019年10月12日閲覧。 
  95. ^ “伊藤英明:12年ぶりTBSドラマ主演で“僧医”に 中谷美紀、ムロツヨシ、松本穂香も出演 「病室で念仏を唱えないでください」”. MANTANWEB (MANTAN). (2019年10月31日). https://mantan-web.jp/article/20191030dog00m200071000c.html 2019年11月27日閲覧。 
  96. ^ “伊藤英明、12年ぶりにTBS連続ドラマ主演 中谷美紀、ムロツヨシ、松本穂香らと共演”. Real Sound (株式会社blueprint). (2019年10月31日). https://realsound.jp/movie/2019/10/post-438290.html 2019年10月31日閲覧。 
  97. ^ “関西テレビ ドラマ「竜の道 二つの顔の復讐者」撮影中止、放送開始を延期を発表”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2020年4月9日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2020/04/09/kiji/20200409s00041000148000c.html 2020年4月9日閲覧。 
  98. ^ "玉木宏&高橋一生『竜の道』7.28スタート 『由利麟太郎』終了後に". マイナビニュース. マイナビ. 11 June 2020. 2020年8月5日閲覧
  99. ^ “松本穂香、玉木宏&高橋一生の妹役 復讐劇『竜の道』ヒロイン”. ORICON NEWS (oricon ME). (2020年3月6日). https://www.oricon.co.jp/news/2156796/full/ 2020年3月6日閲覧。 
  100. ^ “ドラマ「そのご縁、お届けします」に塚地武雅、浅香航大、板垣瑞生ら出演”. 映画ナタリー (株式会社ナターシャ). (2020年10月9日). https://natalie.mu/eiga/news/399752 2021年4月20日閲覧。 
  101. ^ 飯豊まりえ主演「そのご縁、お届けします」の追加キャストに浅香航大・板垣瑞生・鈴木仁・松本穂香ら (1/2)”. ザテレビジョン (2020年10月9日). 2020年10月9日閲覧。
  102. ^ “『竹内涼真の撮休』全8話のあらすじと共演者を発表 主題歌は平井大”. ORICON NEWS. (2020年9月26日). https://www.oricon.co.jp/news/2172931/full/ 2020年9月26日閲覧。 
  103. ^ “「竹内涼真の撮休」フルキャストが公開! 小池栄子、佐野勇斗、松本まりからが、竹内の休日に波乱を呼ぶ?”. Webザテレビジョン (KADOKAWA). (2020年9月26日). https://thetv.jp/news/detail/244444/ 2020年9月28日閲覧。 
  104. ^ 松本穂香、「おじさまと猫」でふくまる(神木隆之介)そっくりなメス猫・マリン役に”. ザテレビジョン (2021年2月3日). 2021年2月3日閲覧。
  105. ^ “3/26放送! NHK Eテレ『怖い絵本season2』 桜田ひよりさん、中島セナさん、松本穂香さんインタビュー!”. 絵本ナビスタイル. (2021年3月24日). https://style.ehonnavi.net/ehon/2021/03/24_467.html 2021年12月27日閲覧。 
  106. ^ “中井貴一主演『華麗なる一族』吉岡里帆、松本穂香ら万俵家キャスト全員集合”. ORICON NEWS. (2020年12月21日). https://www.oricon.co.jp/news/2179811/full/ 2020年12月21日閲覧。 
  107. ^ “中井貴一主演『華麗なる一族』追加キャストに美村里江、松本穂香、福本莉子、吉岡里帆ら6名”. Real Sound (blueprint). (2020年12月21日). https://realsound.jp/movie/2020/12/post-677328.html 2020年12月21日閲覧。 
  108. ^ 松本穂香がドラマ「ボク恋」出演、中川大志演じる殺し屋の婚約者名乗る女性に”. 映画ナタリー (2021年8月7日). 2021年8月7日閲覧。
  109. ^ “松本穂香主演、“刃牙×BL”に取り憑かれた腐女子の記録をドラマ化”. ORICON NEWS. (2020年5月21日). https://www.oricon.co.jp/news/2194098/full/ 2020年5月21日閲覧。 
  110. ^ "松本穂香、WOWOWドラマ初主演決定 『グラップラー刃牙』をBLとして読み解く腐女子役に". Real Sound. blueprint. 21 May 2021. 2021年6月17日閲覧
  111. ^ "松本穂香主演「グラップラー刃牙はBLではないかと考え続けた乙女の記録ッッ」放送&配信決定". シネマカフェ. イード. 21 May 2021. 2021年6月17日閲覧
  112. ^ 山本耕史が若き徳川光圀役のBS時代劇、11・5から放送 共演に加藤シゲアキ、舘ひろしら”. ORICON NEWS. oricon NEWS (2021年9月9日). 2021年9月9日閲覧。
  113. ^ "「松尾スズキと30分の女優」第2弾に生田絵梨花・松本穂香・松雪泰子・天海祐希". ステージナタリー. ナターシャ. 27 October 2021. 2021年10月28日閲覧
  114. ^ Pop'n'Roll 編集部 (7 February 2022). "生田絵梨花、松本穂香ら、出演WOWOW開局30周年記念ドラマ『松尾スズキと30分の女優2』ビジュアル&場面写真公開!". Pop'n'Roll. JAPAN MUSIC NETWORK. 2022年2月7日閲覧
  115. ^ “松本穂香、NHKの本格ドラマ初主演決定 “ペット依存”テーマに描く<ペットにドはまりして、会社辞めました>”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2021年12月20日). https://mdpr.jp/news/detail/2921954 2021年12月20日閲覧。 
  116. ^ "BSプレミアムドラマ「拾われた男 Lost Man Found」追加出演者一挙発表!". ドラマ情報. 日本放送協会. 19 May 2022. 2022年5月19日閲覧
  117. ^ SPECサーガ完結篇『SICK'S 恕乃抄』、TBSテレビ、2017年12月26日閲覧。
  118. ^ “『恋は雨上がりのように』スピンオフ!葉山奨之×松本穂香ドラマ配信”. シネマトゥデイ (株式会社シネマトゥデイ). (2018年5月7日). https://www.cinematoday.jp/news/N0100589 2018年5月7日閲覧。 
  119. ^ NHKドキュメンタリー - コズミック フロント☆NEXT▽宇宙が真空崩壊?宇宙の未来をパパに習ってみた”. NHK. 2018年4月15日閲覧。
  120. ^ NHK歳末たすけあい・NHK海外たすけあい”. NHK放送センター. 2018年4月15日閲覧。
  121. ^ “松本穂香、氷点下50度ブルルン滞在記 24日放送「ウルルン」で永久凍土のロシア・サハ共和国へ”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2019年3月9日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2019/03/09/kiji/20190308s00041000343000c.html 2019年3月9日閲覧。 
  122. ^ “異例のひらがな1文字番組 8・12NHK「ん」松本穂香がコメディー挑戦 日常の違和感テーマ”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2020年7月29日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2020/07/29/kiji/20200729s00041000240000c.html 2020年7月29日閲覧。 
  123. ^ 日本放送協会 (日本語), (3)「東京スカイツリーに見守られて@京島」 - 魂のタキ火, https://www.nhk.jp/p/ts/NW6N3XYKJ9/episode/te/56NK958Z8W/ 2021年10月6日閲覧。 
  124. ^ “松本穂香、伊藤健太郎が湯浅政明の新作アニメ「きみと、波にのれたら」に出演”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2019年2月18日). http://natalie.mu/eiga/news/320288 2019年2月18日閲覧。 
  125. ^ “松本穂香と瀬戸利樹が幼なじみに、長編アニメ「君は彼方」2020年秋公開”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2020年3月3日). http://natalie.mu/eiga/news/369472 2020年3月3日閲覧。 
  126. ^ “江崎グリコ ビーフカレーLEE(リー)新CM「辛い(うまい)」篇に松本穂香さんが出演しています”. CM Watch. (2016年6月1日). http://cm-watch.net/glico-lee/ 2017年5月13日閲覧。 
  127. ^ “西日本鉄道 アイランドシティセンターマークスタワー新CMに松本穂香さんが出演しています”. CM Watch. (2017年5月13日). http://cm-watch.net/centermarkstower/ 2017年5月13日閲覧。 
  128. ^ “「ひよっこ」眼鏡の澄子、松本穂香が伊藤園CM登場”. 日刊スポーツ. (2017年8月24日). オリジナルの2017年8月31日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20170831232218/https://www.nikkansports.com/entertainment/news/1876643.html 2017年8月24日閲覧。 
  129. ^ “ほうじ茶の魅力をほっこりとした世界観でお届け ほうじ茶女子として松本穂香さんとニッチェの江上敬子さん・近藤くみこさんが登場 「お~いお茶 ほうじ茶」新作TV-CM『や~るじゃん、ほうじ茶』篇 8月30日(水)より放映開始” (プレスリリース), 伊藤園, (2017年8月24日), https://www.itoen.co.jp/news/detail/id=24974 2018年11月28日閲覧。 
  130. ^ “ほうじ茶の魅力をほっこりとした世界観でお届け ほうじ茶女子として松本穂香さんとMIO YAE(ミオヤエ)が登場 「お~いお茶 ほうじ茶」新作TV-CM『ほうじ茶女子会』篇 9月24日(月)より放映開始” (プレスリリース), 伊藤園, (2018年9月21日), https://www.itoen.co.jp/news/detail/id=25218 2018年11月28日閲覧。 
  131. ^ “有村架純&松本穂香、TVCM初共演! 松本「私のキャラが結構すごいものに」”. マイナビニュース (マイナビ). (2022年3月14日). https://news.mynavi.jp/article/20220314-2292401/ 2022年3月14日閲覧。 
  132. ^ “神木隆之介、“意識高すぎ”高校生に!au新シリーズCMに松本穂香と参戦”. シネマカフェ (イード). (2018年1月29日). http://www.cinemacafe.net/article/2018/01/29/55124.html 2018年1月29日閲覧。 
  133. ^ “意識の高い神木隆之介、学力判明 auのCM「意識高すぎ!高杉くん」新作”. CINRA.NET (株式会社 CINRA). (2018年4月13日). https://www.cinra.net/news/gallery/142847/4 2018年5月15日閲覧。 
  134. ^ “『選べる学割』 新CM 「購買部」篇 2018年3月1日(木)よりOA開始” (プレスリリース), KDDI株式会社, (2018年3月1日), https://www.sankeibiz.jp/smp/business/news/180301/prl1803010010003-s1.htm 2018年3月24日閲覧。 
  135. ^ “意識の高い神木隆之介、学力判明 auのCM「意識高すぎ!高杉くん」新作”. CINRA.NET (株式会社 CINRA). (2018年4月13日). https://www.cinra.net/news/20180413-takasugikun 2018年4月15日閲覧。 
  136. ^ “『au STAR』 新CM 「転校生」篇 2018年6月5日(火)よりOA開始” (プレスリリース), KDDI, (2018年6月5日), https://kyodonewsprwire.jp/release/201806044608 2019年8月31日閲覧。 
  137. ^ 中川大志の怪演が話題! au新CMで高杉&細杉くんの運動神経が明らかに” (日本語). マイナビニュース (2018年7月2日). 2019年1月1日閲覧。
  138. ^ “細杉くんの家族が次々登場!!『家族で選べるプラン』新CM「お見舞い」篇 2018年10月1日(月)よりOA開始” (プレスリリース), KDDI, (2018年10月1日), https://kyodonewsprwire.jp/release/201809288548 2019年8月31日閲覧。 
  139. ^ “高杉くんと松本さんが駅のホームで急接近!? 新CM 「一緒に」篇 2018年12月14日(金)よりOA開始” (プレスリリース), KDDI, (2018年12月14日), https://kyodonewsprwire.jp/release/201812131416 2019年8月31日閲覧。 
  140. ^ “新年は三太郎・高杉くんシリーズと“一緒に”スタート! 新CM「一緒にいこう」篇” (プレスリリース), KDDI, (2019年1月4日), https://kyodonewsprwire.jp/release/201812281855 2019年8月31日閲覧。 
  141. ^ “細杉くんが見事なドラム演奏を披露!意識高すぎ!高杉くん新CM 「ドラム」篇 1月29日(火)よりOA開始” (プレスリリース), KDDI, (2019年1月29日), https://kyodonewsprwire.jp/release/201901282599 2019年8月31日閲覧。 
  142. ^ “意識高すぎな高杉くんのおばあちゃんが初登場!新CM「おばあちゃん」篇 2月1日(金)よりOA開始” (プレスリリース), KDDI, (2019年2月1日), https://kyodonewsprwire.jp/release/201901312733 2019年8月31日閲覧。 
  143. ^ “流行のタイムスリップ写真に挑戦!!意識高すぎ!高杉くん「タイムスリップ写真」篇 3月18日(月)よりOA開始” (プレスリリース), KDDI, (2019年3月18日), https://kyodonewsprwire.jp/release/201903154292 2019年8月31日閲覧。 
  144. ^ “高杉くんと細杉くんがあっち向いてホイで真剣勝負!意識高すぎ!高杉くん「真剣勝負」篇5月7日(火)OA開始” (プレスリリース), KDDI, (2019年5月7日), https://kyodonewsprwire.jp/release/201904265897 2019年8月31日閲覧。 
  145. ^ “高杉くんと細杉くんがカラオケバトル!『au WALLET ポイント』新CM「カラオケ」篇8月29日(木)よりOA” (プレスリリース), KDDI, (2019年8月28日), https://kyodonewsprwire.jp/release/201908270065 2019年8月31日閲覧。 
  146. ^ “松本さん(松本穂香)、貯杉先生(西野七瀬)とダンスバトル「一応ダンス部です!」”. マイナビニュース (マイナビ). (2022年5月2日). https://news.mynavi.jp/article/20220502-2335508/ 2022年5月2日閲覧。 
  147. ^ “筋肉痛必至!な松本穂香さんの新CM 超急勾配の坂道を自転車で全力疾走! 大王製紙「エリス コンパクトガード」新CM『いけいけコンパクトガード』篇、2018年11月3日(土・祝)よりオンエア開始” (プレスリリース), 大王製紙, (2018年10月31日), https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000273.000001310.html 2018年11月11日閲覧。 
  148. ^ “松本穂香:「JR SKISKI」の新ヒロインに スノボ初挑戦で伊藤健太郎から指南”. まんたんウェブ (株式会社MANTAN). (2018年12月21日). https://mantan-web.jp/article/20181220dog00m200005000c.html 2018年12月21日閲覧。 
  149. ^ “松本穂香さんを起用し、Re就活プロモーションを展開。” (プレスリリース), 学情, (2019年5月1日), https://company.gakujo.ne.jp/re_pr/ 2019年5月6日閲覧。 
  150. ^ Indeed(インディード)CM:「全然知らなかった」篇 30秒 - YouTube
  151. ^ “寺田心さん&松本穂香さんがCM初共演 GW中のおうち時間に、新しい本との出会いを ブックオフ新TVCMシリーズ 4月28日公開” (プレスリリース), ブックオフホールディングス, (2021年4月28日), https://digitalpr.jp/r/47211 2021年4月29日閲覧。 
  152. ^ “ブックオフ怒涛の年末年始! 【第2弾】 12/23(木)の大買取祭を盛り上げる「大買取前夜祭」として“ラランドvsエイトブリッジ”による私物買取バトル PR映像が公開!” (プレスリリース), ブックオフコーポレーション, (2021年12月22日), https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000006.000084620.html 2022年1月16日閲覧。 
  153. ^ “ブックオフ怒涛の年末年始! 【第3弾】 1年の初めに読む“初読み本”選びは「ウルトラセール」へ!~寺田心さん松本穂香さんによる新TVCMが12/30(木)より公開~” (プレスリリース), ブックオフコーポレーション, (2021年12月23日), https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000007.000084620.html 2022年1月16日閲覧。 
  154. ^ “永山瑛太さん・松本穂香さん登壇 洋服の青山 新CMシリーズ「AOYAMANIA」 公開記者発表会 開催” (プレスリリース), 青山商事, (2021年9月28日), https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000002.000087296.html 2022年1月16日閲覧。 
  155. ^ a b c “永山瑛太さん、松本穂香さん出演「 AOYAMANIA 」CMシリーズ第二弾 フレッシャーズ役、莉子さん・藤原大祐さん初登場 「AOYAMANIA」永山さんが松本さんにもたらす新たな衝撃とは!?” (プレスリリース), 青山商事, (2022年1月12日), https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000002.000092593.html 2022年1月16日閲覧。 
  156. ^ a b “木梨憲武さん&伊藤淳史さんが上司部下を熱演! 新たに松本穂香さんも出演するSmartHRの新CMが公開” (プレスリリース), SmartHR, (2022年2月10日), https://smarthr.jp/release/32921 2022年2月23日閲覧。 
  157. ^ LOTTE SWEET FILMS|お口の恋人 ロッテ
  158. ^ ブラ・リサイクルキャンペーン ワコール
  159. ^ “Saku、注目の新人女優“松本穂香”が出演する新曲「春色ラブソング」MV公開”. OKMusic (株式会社オーケーライフ). (2016年1月26日). https://okmusic.jp/news/109588 2016年2月24日閲覧。 
  160. ^ a b “JUON、ソロアルバム収録曲MVを2作同時公開 松本穂香が主役の連動した作品に”. Real Sound (株式会社blueprint). (2016年5月18日). http://realsound.jp/2016/05/post-7556.html 2018年4月18日閲覧。 
  161. ^ “中孝介「花」新MVに松本穂香&奥野瑛太”. 音楽ナタリー. (2016年10月19日). http://natalie.mu/music/news/206104 2016年10月20日閲覧。 
  162. ^ “ラスボス・般若、6/3野音ワンマン前に新作「生きる」をリリース”. ライブドアニュース (LINE株式会社). (2017年6月8日). http://news.livedoor.com/article/detail/13147494/ 2018年4月18日閲覧。 
  163. ^ “milet新曲MVで松本穂香が路上で寝転んだり、車の上で踊ったり”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2019年2月14日). https://natalie.mu/music/news/319861 2019年2月14日閲覧。 
  164. ^ “JAPAN MADE PROJECT TOKYO “URBAN SENTO” コンセプトの「余白のあるくらし」をテーマにしたイメージソング「新しい光」を発表!! 同時に映画監督・中川龍太郎によるミュージックビデオを公開出演は女優の松本穂香、小野莉奈” (プレスリリース), アーバンリサーチ, (2020年3月12日), https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000584.000003710.html 2020年4月18日閲覧。 
  165. ^ 舞台「ヨミガエラセ屋」オフィシャルサイト- Pay It Forward Project
  166. ^ “松本穂香,劇団た組「ぽに」で5年ぶり舞台 「今からドキドキ」加藤拓也氏が演出”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2021年8月6日). https://hochi.news/articles/20210805-OHT1T51226.html?page=1 2021年10月6日閲覧。 
  167. ^ SHINPA vol.5 ENDLESS SUMMER - LOFT PROJECT SCHEDULE”. LOFT9 Shibuya. 2018年4月18日閲覧。
  168. ^ “上映企画「SHINPA vol.8」開催、今泉力哉や渡辺大知の短編を再び”. 映画ナタリー (株式会社ナターシャ). (2018年1月16日). https://natalie.mu/eiga/news/265301 2018年4月18日閲覧。 
  169. ^ “「この世界の片隅に」松本穂香が歌う「山の向こうへ」の先行配信が決定!”. ザテレビジョン (KADOKAWA). (2018年8月12日). https://thetv.jp/news/detail/158141/ 2019年11月11日閲覧。 
  170. ^ “松本穂香が“知らない私を解放”した1stフォトブック「Negative Pop」発売”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2018年7月11日). https://natalie.mu/eiga/news/290594 2018年9月4日閲覧。 
  171. ^ “邦画1位は「宮本から君へ」 おおさかシネマフェス”. 大阪日日新聞. (2020年1月31日). https://www.nnn.co.jp/dainichi/news/200131/20200131032.html 2020年3月11日閲覧。 


「松本穂香」の続きの解説一覧



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

松本穂香のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



松本穂香のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの松本穂香 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS