松平容保 孝明天皇下賜の宸翰・御製

松平容保

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/11/20 21:57 UTC 版)

孝明天皇下賜の宸翰・御製

上述の通り、八月十八日の政変の際に孝明天皇より賜った宸翰(孝明天皇宸翰)には、京都守護職である容保の職務精励を嘉する文章があり、いかに孝明天皇が容保を信頼していたかを物語っている。宸翰・御製の内容は以下の通り。

宸翰
堂上以下陳暴論不正之所置増長付痛心難堪

下内命之処速ニ領掌憂患掃攘朕存念貫徹之段

仝其方忠誠深感悦之餘右壱箱遣之者也

文久三年十月九日

御製
たやすからさる世に武士(もののふ)の忠誠のこゝろをよろこひてよめる
  • 和(やわ)らくも たけき心も相生(あいおい)の まつの落葉のあらす栄へむ
  • 武士と こゝろあはしていはほをも つらぬきてまし世々のおもひて

登場する作品

小説

テレビドラマ

ドラマCD

  • 歴史ロマン朗読CD 城物語 松平容保と会津若松城(コズミックレイ、2013年)[73]
  • 彼岸獅子の入城(花春酒造、2014年)[74]

脚注

[ヘルプ]



注釈

  1. ^ 容保の隠居後に、養嗣子の松平喜徳が家督を継ぎ会津藩主になったとみなすかどうかについては、見方が分かれる。
  2. ^ 日露戦争において乃木希典の副官を務め、出師営の会見に同行している。なお息子の貞夫は陸軍中尉としてインパール作戦に従軍し戦死。高木俊朗によると、その死は花谷正に自決を強要されたものであった[61]
  3. ^ 当時の慣習としては、婚約、幕府の認可、結納を経ていれば、婚儀の一部は成立しているとみなされるため、系図上は継室と記される。
  4. ^ 会津戦争によって藩内を戦火に巻き込んだことも災いした。

出典

  1. ^ 『京都守護職始末』山川浩著/東洋文庫49/p7
  2. ^ 『松平容保』新人物文庫269/p24~p28
  3. ^ a b c 『松平容保』新人物文庫269/p264
  4. ^ a b c d 『京都守護職始末』山川浩著/東洋文庫49/略年譜p7
  5. ^ 『京都守護職始末』山川浩著/東洋文庫49/p5~p6
  6. ^ 『京都守護職始末』山川浩著/東洋文庫49/p6
  7. ^ 『京都守護職始末』山川浩著/東洋文庫49/p21~p23
  8. ^ 『京都守護職始末』山川浩著/東洋文庫49/p26~p27
  9. ^ 『京都守護職始末』山川浩著/東洋文庫49/p28~p33
  10. ^ 『京都守護職始末』山川浩著/東洋文庫49/p34~p35
  11. ^ 『京都守護職始末』山川浩著/東洋文庫49/p38~p39
  12. ^ 『京都守護職始末』山川浩著/東洋文庫49/p43
  13. ^ 『京都守護職始末』山川浩著/東洋文庫49/p44~p50
  14. ^ 『京都守護職始末』山川浩著/東洋文庫49/p52~p53
  15. ^ 『京都守護職始末』山川浩著/東洋文庫49/p72~p76
  16. ^ 『会津藩庁記録』
  17. ^ 『京都守護職始末』山川浩著/東洋文庫49/p89~p90
  18. ^ 『京都守護職始末』山川浩著/東洋文庫49/p91~p94
  19. ^ 『京都守護職始末』山川浩著/東洋文庫49/p96~p99
  20. ^ 『京都守護職始末』山川浩著/東洋文庫49/p104~p105
  21. ^ 『京都守護職始末』山川浩著/東洋文庫49/p160~p166
  22. ^ 『京都守護職始末』山川浩著/東洋文庫49/p181~p183
  23. ^ 『京都守護職始末』山川浩著/東洋文庫49/p184~p209
  24. ^ 『京都守護職始末』山川浩著/東洋文庫49/p212~p214
  25. ^ 『京都守護職始末』山川浩著/東洋文庫49/p219
  26. ^ 『京都守護職始末』山川浩著/東洋文庫49/p219~p221
  27. ^ 『京都守護職始末』山川浩著/東洋文庫49/p221~p227
  28. ^ 『京都守護職始末』山川浩著/東洋文庫60/p6~p10
  29. ^ 『京都守護職始末』山川浩著/東洋文庫60/p13~p17
  30. ^ 『京都守護職始末』山川浩著/東洋文庫60/p17
  31. ^ 『京都守護職始末』山川浩著/東洋文庫60/p18~p29
  32. ^ 『京都守護職始末』山川浩著/東洋文庫60/p31~p33
  33. ^ 『京都守護職始末』山川浩著/東洋文庫60/p34~p39
  34. ^ 『京都守護職始末』山川浩著/東洋文庫60/p40~p49
  35. ^ 『京都守護職始末』山川浩著/東洋文庫60/p50~p55
  36. ^ 『京都守護職始末』山川浩著/東洋文庫60/p70~p71
  37. ^ 『京都守護職始末』山川浩著/東洋文庫60/p68~p98
  38. ^ 『京都守護職始末』山川浩著/東洋文庫60/p100~p106
  39. ^ 『京都守護職始末』山川浩著/東洋文庫60/p110
  40. ^ 『京都守護職始末』山川浩著/東洋文庫60/p112~p118
  41. ^ 『京都守護職始末』山川浩著/東洋文庫60/p120~p121
  42. ^ 『京都守護職始末』山川浩著/東洋文庫60/p120~p134
  43. ^ 『京都守護職始末』山川浩著/東洋文庫60/p136~160p
  44. ^ 『京都守護職始末』山川浩著/東洋文庫60/p166~p168
  45. ^ 『京都守護職始末』山川浩著/東洋文庫60/p170~p182
  46. ^ 『京都守護職始末』山川浩著/東洋文庫60/p183
  47. ^ 『京都守護職始末』山川浩著/東洋文庫60/p184~p194
  48. ^ 『京都守護職始末』山川浩著/東洋文庫60/p194~p202
  49. ^ 『京都守護職始末』山川浩著/東洋文庫60/p204~p205
  50. ^ 『京都守護職始末』山川浩著/東洋文庫60/p205~p206
  51. ^ 『京都守護職始末』山川浩著/東洋文庫60/p208~p219
  52. ^ 『京都守護職始末』山川浩著/東洋文庫60/p225~p226
  53. ^ 山川 1930, pp. 236-238, 下巻.
  54. ^ 山川 1930, pp. 243-244, 下巻.
  55. ^ 山川 1930, pp. 245-246, 下巻.
  56. ^ 守護職所司代ヲ廃シ松平容保松平定敬ニ命シ禁門ノ警衛ヲ罷メ速ニ帰国セシム』 アジア歴史資料センター Ref.A15071466500 
  57. ^ 山川 1930, pp. 255-274, 下巻.
  58. ^ 『昔夢会筆記』
  59. ^ a b c 中西達治 2010, p. 221.
  60. ^ 『官報』第1351号、「叙任及辞令」1887年12月28日。
  61. ^ 『戦死 インパール牽制作戦
  62. ^ 『七年史』北原雅長著
  63. ^ 『会津こぼれ草』益田晴夫編『美男におわす松平容保』1952年
  64. ^ a b 『京都守護職始末』山川浩著
  65. ^ 『同志社談業』第20号『新島八重子刀自懐古談』
  66. ^ 『会津史談会誌』第21号『〇藩公の御帰城に関する領内民衆の請願書』
  67. ^ 『福島の進路』第392号:2015.4「戊辰戦争後の松平容保ー御小姓が記録した後半生ー」p45~p48
  68. ^ 磯田道史 『龍馬史』 文藝春秋2010年ISBN 4163730605
  69. ^ 中須賀哲朗・訳「英国公使館員の維新戦争見聞記」より
  70. ^ 『男爵山川先生遺稿』「14 忠誠神君の御逸事」
  71. ^ 『男爵山川先生遺稿』「15 英照皇太后陛下より忠誠神君へ牛乳を賜りしこと」
  72. ^ 『西忠義翁徳行録』
  73. ^ 歴史ロマン朗読CD「城物語 松平容保と会津若松城」 - COSMICRAY”. 2016年5月24日閲覧。
  74. ^ ドラマCD「彼岸獅子の入城」(追加情報あり)”. 萌えの桜. 2014年10月8日閲覧。


「松平容保」の続きの解説一覧



松平容保と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「松平容保」の関連用語

松平容保のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



松平容保のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの松平容保 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS