東芝 主な製品

東芝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/12 13:17 UTC 版)

主な製品

管球・照明設備

現在は子会社の東芝ライテックに移された事業だが、1890年に日本で初めて一般白熱電球の生産を開始、電球の6大発明と言われる世界初の2重コイル技術と内面つや消し製法をそれぞれ1921年1925年に開発[135][136]

また1953年には、国産初の蛍光灯生産も開始。とりわけ蛍光灯に関しては1954年の丸形蛍光灯「サークライン」、

1980年電球形蛍光灯「ネオボール」に代表される新しいタイプの商品を多く生み出している。また、NHKと共同で蛍光灯の電波妨害を防止する技術「ノイズレス」も開発している。

東芝は2008年4月、東芝ライテックと共に、2010年、目処に一般白熱電球の製造・販売を終了すると発表。2010年3月17日付で一般白熱電球の製造を終了[137]。ただし、ミニクリプトンランプ、ハロゲンランプ、反射型ランプなど、現在の電球形蛍光灯LED照明などに置き換えられないものは除くとしている。また、調光用途等に一般白熱電球を使用する顧客向けに、当面少量の販売を継続するとも発表した。

なお、この電球製造終了予告を取り上げた企業広告シリーズ「電球への思い」編が、第38回フジサンケイグループ広告大賞のメディアミックス広告大賞を受賞した。

2015年3月には業界で初めて電球形蛍光灯生産より完全撤退し、以後はLED電球のみの生産へ完全移行している(電子点灯管と蛍光灯「メロウZプライド&メロウZロングライフ」・「ネオスリムプライド」シリーズは交換用途に絞って継続生産)。

電子部品

HDD

東芝MK4313MAT(4.3GB

2003年12月、世界最小となる0.85インチハードディスクドライブを開発し、2006年au向けのCDMA 1X WIN対応携帯電話「MUSIC-HDD W41T」に搭載した。このHDDは「世界最小のハードディスクドライブ」として2005年版のギネス世界記録に掲載されていた。

2012年ウェスタン・デジタルHGST(旧・日立グローバルストレージテクノロジーズ、日立GST)買収(同年3月8日完了)に伴う寡占化対策としてウェスタン・デジタルからコンシューマ向け製品の一部の製造設備及び知的財産とニアライン向け製品の一部の製造設備(HGSTの1 TBプラッタの3.5インチドライブの製造設備及びウェスタン・デジタルの試験設備や知的財産の一部、東芝が取得するまでHGSTではその設備を用いた生産を継続[138]。)を取得し、それまで製造していた2.5インチ以下及びエンタープライズ向け3.5インチのハードディスクに加えクライアント向け3.5インチのハードディスクの製造も開始した[139]。なお、ウェスタン・デジタルには東芝ストレージデバイス株式会社の子会社で2011年のタイにおける洪水で被災し休止している生産子会社の東芝ストレージデバイス・タイ社を譲渡(2009年に富士通より取得した製造拠点、ウェスタン・デジタルが取得した後の処遇は未定だが、人員はウェスタン・デジタルのタイにおける生産拠点に統合する予定[138]。)した。前者の案件は「ハードディスク全分野の製品の提供」と「ストレージ事業のさらなる強化」のため、後者は「生産拠点の集約による効率化」のため、との発表を行った[18][19]

電子管

電子部品関係では、戦前の1930年頃〜1960年頃まで「マツダ」ブランドが付けられた真空管への需要が高かった。

2016年12月、マイクロ波管や送信管などの電子管を生産していた子会社の東芝電子管デバイスはキヤノンに買収された(現・キヤノン電子管デバイス)[140]

半導体

現在はパワー半導体などのディスクリート半導体、アナログIC、そしてマイコンについてはモーター制御用製品の開発・生産を行っている。

DRAM

メモリーでは、1985年に世界初となる1メガビットCMOSDRAMを開発。メモリー開発分野で世界トップとなった。だが、1990年代に入ってから韓国など海外に技術者が流出し、DRAMではサムスン電子にシェアを奪われた。当初は半導体技術者が、サムスン電子に技術情報をリークしていたが、後に東芝が公式に技術提供を行うようになった。この結果、東芝はマーケットシェアを失い、2002年にはDRAM事業から撤退することとなった[141]

フラッシュメモリ

フラッシュメモリに関しては、当時東芝の舛岡富士雄1980年(昭和55年)に発明し、続いて1984年にNOR型、更に1986年には大容量化が容易なNAND型も開発している。しかし東芝はDRAMの高度化に集中していたため、ライセンスを受けて全社的に投資した米インテルに市場シェアを失うこととなった。以降東芝も本格的に参入したが技術ライセンシングを止めなかった結果、米韓メーカーを筆頭に競合が増えて利潤を得るのは難しく、2000年よりは米サンデイスク社(現・ウェスタンデジタル傘下)と提携して共同で設備投資を行ってきた。

2015年に発覚した粉飾決算事件以降、事業部門を東芝メモリ(現・キオクシア)として分社化し、過半数の株式を売却している。

プロセッサ

CPUでは、古くは1973年フォード社からエンジン制御用マイコンの開発依頼を受けてTLCS-12という世界初のワンチップ12ビットマイコンを自社開発した。フォードの環境テストに合格し、市販車にはじめて搭載されたCPUであった。90年代末には、ソニー・コンピュータエンタテインメントと共同でPlayStation 2用のCPU「Emotion Engine」を開発した。その協力関係は、PlayStation 3用のCPU「Cell」開発で続いていた。画像認識プロセッサでは『Viscontti』を開発していた。これらの製品からは2020年を最後にすでに撤退が発表されており、継続開発は行われていない[142]

イメージセンサー

競合他社と比べてCMOSセンサーへ早く移行し、小型の先端製品で上位の市場シェアを持っていたが、2015年に一部の産業向け製品を外してソニーに事業譲渡することにより、撤退した[143]

量子デバイス

量子力学の性質を活用する次世代デバイス全般の基礎研究・開発を傘下の研究開発センターで継続しており、2010年代後半からは事業化されている。

量子計算機では、量子焼きなまし法最適化問題を解く新たなアルゴリズムを元に開発した「シミュレーテッド(模擬)分岐マシン」の事業化を2020年に始めた[144]量子暗号通信に関しては、世界最多の特許を擁する。2020年に欧米と日本で事業化に着手し、2021年には子会社の東芝デジタルソリューションズに同事業を移管した[145]

光量子の発生などに使われる量子ドットの研究も早くから着手し、新しい発光ダイオードや記録媒体を開発している。

放送機器

放送用音響機器等 1937年 - NHK放送技術研究所の依頼で、RCA社の特許を使用して国産ベロシティーマイクロホン(VI-345A型・通称Aベロ)を生産。その後、国産ベロシティーマイクロホンを数々手がけて、民放の誕生時には放送機器の製造を始じめ昭和40年代まで放送用音響機器を生産。日本のテレビ放送黎明期にはテレビカメラや送出装置、送信機を始めとする東芝製の放送機材が全国の民放放送局に納入された。

東芝社内で「APC装置」と呼ばれているテレビマスターを作っており、主にフジテレビ(地上波・BS・CSの3波統合型マスターを導入[注 8])やFNNFNS系列局(NNN・NNSクロスネット局のテレビ大分を含む[注 9])、BSデジタル各局を中心に民放局に多数納入している他、放送大学[注 10]にも納入している。

その他、ラジオマスター、テレビ・ラジオの送信機やサテライト装置(中継装置)なども製造していて、一部の機器(GFシリーズ)については、グループ会社の池上通信機と共同で商品展開を行っている。かつてはテレビカメラやハイビジョンVTR(D6-VTR)も製造していたほか、NHKにもAPC装置を納入していたが、現在は地方局のラジオ運行装置のみである。

重電機

重電部門では、発電用のタービン発電機復水器原子炉などの大型機器を製造する他、ゼネラル・エレクトリック(GE)社からライセンスを受け、日立製作所と共に日本における沸騰水型原子炉(BWR)のサプライヤーとして東京電力をはじめとする日本の発電事業者にBWRを販売しているほか、小型モジュール炉4S (原子炉)など)の開発も進めている。GE社とは核燃料の製造販売や将来型原子炉の共同研究などを通じて深い繋がりがある。

また2005年に発表されたBNFLによるウェスティングハウス(WH)の原子力部門売却に応札し、落札に成功した。世界中の商用原子炉の約半分の制作に関わったWH社は加圧水型原子炉(PWR)の世界的メーカーとして知られており、発電炉の主流としてPWRを据える欧州などに販路が広がる可能性が期待された。これにより世界一の原子炉メーカーとしての地位を得たが、結果的に東芝全体の経営危機に繋がる多大な負債を作り出した。2017年にWHは連邦破産法を申請し、2018年には東芝よりカナダの投資ファンド・ブルックフィールドへの売却が決定された。

2016年には独自の産業用モノのインターネット(IIoT)基盤である「SPINEX」を開始した[146]

計測機器

精密級複合計器(東京電力)向け
電力量計、無効電力量計、需要電力計を内蔵した電子式。大口需要家に設置されている。

電力会社向け電力量計スマートメーターを開発・製造している。2011年のスイス同業・ランティス・ギアの買収により世界最大の電力量計メーカーとなったが、2017年に同社を売却している[147]

軍事機器

防衛省関連の製品として、地対空ミサイルレーダーなどを開発・製造している。

鉄道車両

鉄道車両(ただし、電気機関車と、電車VVVFインバータ制御装置空調補助電源電動機主制御器マスター・コントローラー列車選別装置などの電装のみ)も手掛けており、日本では総合車両製作所日本車輛製造近畿車輛川崎重工業アルナ車両の各車両メーカー阪急電鉄/阪神電気鉄道神戸電鉄北神急行電鉄を除く阪急阪神東宝グループ、特に神宝線)などの各鉄道事業者や、東海旅客鉄道(JR東海)、西日本旅客鉄道(JR西日本)などのJRグループ各社をメインユーザーとする。また、小田急電鉄では小田急ロマンスカー(特急車)のみ制御装置を東芝製としている事例もある。

日本では、とりわけ、静止形インバータにおいて納入実績が非常に多い。

電装品では日本では初めてIGBT素子を用いたVVVFインバータ制御装置を製造(営団06系電車を参照)した。また国鉄103系(試験用改造車)やJR東日本E331系などで見られるDDMや、東京メトロ16000系阪急新1000系阪神5700系ほかが採用している同期電動機などの新技術の開発も行っている。

府中工場内には元国鉄103系電車2両が試験用として存在している

機関車については、過去に電気機関車のEF58形EH10形EF60形EF63形EF65形ED61形(のちにED62形に改造された)、ED72形ED73形ED75形などを製造したほか、電気式ディーゼル機関車DF50にも東芝製が存在した。2000年代以降は、JR貨物向けの機関車を製造しているのは東芝と川崎重工業[注 11] のみである。

また、東芝標準型といわれる凸型車体の電気機関車を製造しており、数多くの機関車が各地の私鉄に納入されている。また、中には国鉄に買収された機関車もある。代表的なものでは、ED35形ED37形などがある。1990年代以降は日本ではEH10形以来の8軸電気機関車・EH500形EH200形、ハイブリッド機関車であるHD300形、電気式ディーゼル機関車であるDF200形のインバータ制御装置部、中国アイルランドなどの日本国外向け電気機関車などを製造している。

かつてはJRからED76形電気機関車を譲り受け、1048(とうしば)号と改番し、VVVFインバータ制御の試作車として試験を実施したことがあった。この他中国では大連機車車輛(旧・南満州鉄道沙河口工場)と合弁会社を設立する等、積極的に日本国外へ進出している。

また鉄道車両以外では自動券売機自動改札機などの駅務機器から、電力設備や電子連動装置なども手がけている。


注釈

  1. ^ ただし、『東芝日曜劇場』のオープニングタイトルにおいては、1979年3月頃まで傘マーク(方形背景無し)が継続して使用されていた。
  2. ^ サムスンは巨額投資を重ね続けてたことで世界のフラッシュメモリのシェアで首位に立っている。東芝のNAND型フラッシュメモリも利益の大部分を稼ぎ出す主力事業に育ったが、2017年にも東芝首脳部の判断への批判がありフラッシュメモリーを世界初の発明者だった舛岡富士雄も東芝社内だけではなく日本国内にも自身の開発した技術を正しく評価してくれる者がいなかったこと嘆いている。
  3. ^ 2014年6月から2015年9月までは取締役会長、2015年7月から9月までは取締役会長兼代表執行役社長。以降は社長退任まで、取締役兼代表執行役社長。
  4. ^ 2018年4月から2020年3月まで、代表執行役会長兼CEO。社長に転身後もCEO兼務は継続。
  5. ^ 2020年4月より取締役会長、2021年4月より取締役会長兼代表執行役社長。
  6. ^ 現在でも同社の名古屋ビルが残っており、それ以外はUR都市機構により再開発済み[131]
  7. ^ 同地の町名が「太田東芝町」で、跡地はJR総持寺駅にも近いことを活かして追手門学院大学の総持寺キャンパス及び同学院の中学校・高等学校になった。
  8. ^ 統合型マスターへの切り替えは3段階に分けて行なわれ、2008年12月1日に地上波で先行運用を開始。その後2009年4月1日にCS放送、2009年10月にBS放送も統合型マスターに切り替えた。なお、フジテレビONEで放送された「ばら・す」の東京タワーの回ではフジテレビ社屋内にある1世代前のマスター(1997年の現社屋移転から2008年11月末まで運用していたもの)が紹介された。同一階のフロアにあるため1台に見えるように思えるが、実際は別々になっており、正面左側から地上アナログ、地上デジタル、BSフジの順に送出マスターが並んでいる。天井の看板にも地上アナログ(黄緑の背景色)、地上デジタル(ピンクの背景色)、BS(スカイブルーの背景色)とそれぞれ放送局名と共に書かれていて区分けされている。
  9. ^ ただし、東海テレビテレビ熊本など一部の系列局を除く。
  10. ^ 2006年11月下旬から現在の地上アナログ・デジタル統合マスターが運用されているが、2011年10月のBSデジタル放送開始に先立ち、地上デジタル・BSデジタル統合型に改修された。既に終了した地上アナログ放送とスカパー!・ケーブルテレビ局向けCS放送マスターも、地上デジタル・BSデジタル統合型マスターに組み込まれていた。
  11. ^ 基本的に三菱電機と共同で製作しているが、DF200形電気式ディーゼル機関車は東芝と共同で製作した。
  12. ^ なお、同社製の携帯電話として最後に国内で製造されたのはau向けのPLYiidaブランド)である。
  13. ^ かつては据え置き型ピュアオーディオ(アンプ、チューナー、ステレオカセットデッキなど)のブランドだったが1980年代末期にはCDラジカセやAVアンプなども存在していた。
  14. ^ REGZA Phoneの商標は現在でも東芝が保有しており、開発・製造・発売は富士通(当初は富士通東芝(現・富士通モバイル)も)がおこなっている。
  15. ^ 実質には1987年10月から複数社提供となったが、提供クレジット上は東芝単独だった。

出典

  1. ^ コーポレート・ガバナンス - 株式会社東芝
  2. ^ a b c d e f 東芝:会社概要(拠点情報)本社事務所”. 株式会社東芝. 2020年9月13日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g h i “第181期 有価証券報告書” (PDF) (プレスリリース), 株式会社東芝, (2020年7月30日), https://www.toshiba.co.jp/about/ir/jp/library/sr/sr2019/tsr2019.pdf 2021年4月14日閲覧。 
  4. ^ 東芝、テレビ事業を129億円で中国企業に売却
  5. ^ a b c (開示事項の経過)東芝映像ソリューション株式会社の株式譲渡完了に関するお知らせ 東芝 2018年2月28日
  6. ^ 東芝幹部の過半が車谷社長に「不信任」、社内調査で判明-関係者”. ブルームバーグ (2021年4月12日). 2021年4月13日閲覧。
  7. ^ 東芝社長が辞任、後任に綱川氏 取締役会開く”. 共同通信 (2021年4月14日). 2021年4月14日閲覧。
  8. ^ ついに白熱電球の生産が終了、パナソニックの白熱電球76年の歴史を振り返る
  9. ^ 東芝未来科学館 - 東芝一号機ものがたり:日本初の水車発電機
  10. ^ a b 東芝:会社概要(沿革:歴史)
  11. ^ 東芝ロゴの変遷”. 株式会社東芝. 2019年12月28日閲覧。
  12. ^ 『フラッシュメモリー生みの親の元東芝社員 「半導体、正確に評価されなかった」』
  13. ^ シックスシグマアカデミー 参照。
  14. ^ 朝日新聞2006年5月12日8面
  15. ^ 東芝不動産を買収する野村不動産HDの深謀遠慮
  16. ^ “東芝、携帯から撤退へ 富士通に出資会社株を売却”. 共同通信. (2011年8月3日). https://www.47news.jp/CN/201108/CN2011080301000264.html 
  17. ^ 東芝、来年9月までに半導体3工場閉鎖 製造拠点再編 Sankei Biz 2011年12月1日閲覧
  18. ^ a b ウェスタンデジタル社のHDD製造設備等の取得と当社タイ製造拠点の売却 東芝(2012年2月29日)
  19. ^ a b 東芝、HDD設備を米社から取得と発表 タイ製造拠点は売却 日経ニュース (2012年2月29日)
  20. ^ a b 富士通による富士通東芝モバイルコミュニケーションズの完全子会社化に関するお知らせ - 富士通・東芝
  21. ^ 東芝社長 田中久雄 利益を犠牲にせず成長実現 “田中色”を鮮明に打ち出す ダイアモンドオンライン 2013年7月9日
  22. ^ “東芝、田中社長の辞任発表 室町会長が社長兼務”. 日本経済新聞. (2015年7月21日). https://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ21HG4_R20C15A7000000/ 2015年12月12日閲覧。 
  23. ^ 鳥羽賢 (2015年9月14日). “東証が東芝を「特設注意市場銘柄」に指定へ”. iFOREX. https://www.iforex.jpn.com/news/%E6%9D%B1%E8%A8%BC%E3%81%8C%E6%9D%B1%E8%8A%9D%E3%82%92%E3%80%8C%E7%89%B9%E8%A8%AD%E6%B3%A8%E6%84%8F%E5%B8%82%E5%A0%B4%E9%8A%98%E6%9F%84%E3%80%8D%E3%81%AB%E6%8C%87%E5%AE%9A%E3%81%B8-2863 2016年3月25日閲覧。 
  24. ^ 東芝問題取材班 (2015年11月12日). “ニュースを斬る スクープ 東芝、米原発赤字も隠蔽 内部資料で判明した米ウエスチングハウスの巨額減損”. 日経ビジネス (日経BP). https://business.nikkeibp.co.jp/atcl/report/15/110879/111100135/ 2016年7月31日閲覧。 
  25. ^ “当社原子力事業に関する一部報道について” (日本語) (PDF) (プレスリリース), (2015年11月13日), https://www.toshiba.co.jp/about/ir/jp/news/20151113_1.pdf 2017年3月28日閲覧。 
  26. ^ “当社子会社であるウェスティングハウス社に係るのれんの減損について 関する一部報道について” (日本語) (PDF) (プレスリリース), (2015年11月17日), https://www.toshiba.co.jp/about/ir/jp/news/20151117_1.pdf 2017年3月29日閲覧。 
  27. ^ “東芝、画像用半導体の設備譲渡でソニーと契約”. 日本経済新聞. (2015年12月4日). https://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ04HQM_U5A201C1TI1000/ 2015年12月12日閲覧。 
  28. ^ “東芝大分従業員の転籍 ソニーセミコン中心、半導体新会社配属も”. 大分合同新聞. (2015年12月10日). https://www.oita-press.co.jp/1010000000/2015/12/10/223625835 2015年12月12日閲覧。 
  29. ^ “ソニー及び東芝による半導体製造設備等の譲渡に関する正式契約の締結について” (プレスリリース), ソニー株式会社 株式会社東芝, (2015年12月4日), http://www.toshiba.co.jp/about/press/2015_12/pr_j0401.htm#PRESS 2015年12月12日閲覧。 
  30. ^ a b “医療子会社、6655億円で売却=東芝、キヤノンと契約-白物家電は中国・美的に”. 時事通信. (2016年3月17日). https://www.jiji.com/jc/c?g=eco_30&k=2016031700593 2016年3月17日閲覧。 
  31. ^ 東芝メディカルシステムズ株式会社の売却について 株式会社東芝、2016年3月17日
  32. ^ パソコン事業の再編に係る吸収分割契約の締結について 株式会社東芝、2016年2月19日
  33. ^ システムLSI事業の構造改革に係る吸収分割(簡易吸収分割)契約の締結について 株式会社東芝、2016年2月2日
  34. ^ (開示事項の経過)システムLSI事業の構造改革に係る吸収分割(簡易吸収分割)契約の締結について 株式会社東芝、2016年4月1日
  35. ^ a b 東芝:営業赤字7191億円 家電不振など、事業会社過去最大 16年3月期 - 毎日新聞” (日本語). 毎日新聞社 (2016年5月13日). 2016年6月7日閲覧。
  36. ^ 公認会計士等の異動に関するお知らせ (株式会社東芝、2016年5月23日)。
  37. ^ 家庭電器事業の譲渡に関する基本合意書の締結について 株式会社東芝、2016年3月17日
  38. ^ 東芝ライフスタイル株式会社の株式譲渡に関する株式譲渡契約の締結について 株式会社東芝、2016年3月30日
  39. ^ 東芝ライフスタイル株式会社の株式譲渡完了に関するお知らせ 株式会社東芝、2016年6月30日
  40. ^ “東芝、米原発部品会社の買収断念 巨額損失で軌道修正”. 産経新聞. (2017年1月20日). https://www.sankei.com/economy/news/170120/ecn1701200040-n1.html 2017年3月4日閲覧。 
  41. ^ “東芝、決算発表を最長1カ月延期 監査法人と調整難航か”. 日本経済新聞 (日本経済新聞社). (2017年2月14日). https://www.nikkei.com/article/DGXLASGD14H14_U7A210C1000000/ 2017年3月4日閲覧。 
  42. ^ “東芝の決算発表、4月11日までの再延期が承認 米原発事業の原則撤退など経営方針示す”. 産経新聞 (産経新聞社). (2017年3月14日). https://www.sankei.com/economy/news/170314/ecn1703140016-n1.html 2017年3月16日閲覧。 
  43. ^ “監理銘柄(審査中)の指定:(株)東芝” (プレスリリース), 東京証券取引所, (2017年3月14日), https://www.jpx.co.jp/news/1021/20170314-12.html 2017年3月16日閲覧。 
  44. ^ 志田義寧、浜田健太郎、編集:内田慎一 (2017年3月29日). “東芝赤字1兆円超、米WH破産法申請 社長「リスクなくなった」”. ロイター. https://jp.reuters.com/article/us-wh-toshiba-idJPKBN1700PM?sp=true 2017年3月31日閲覧。 
  45. ^ 谷口崇子 (2017年3月30日). “東芝株主がメモリ事業分社化を承認、1兆円赤字に「大丈夫か」の声”. ブルームバーグ. https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2017-03-30/ONIPWF6JTSE901 2017年3月31日閲覧。 
  46. ^ “当社メモリ事業の会社分割に係る吸収分割契約の締結について” (プレスリリース), 東芝, (2017年2月24日), http://www.toshiba.co.jp/about/ir/jp/news/20170224_1.pdf 2017年3月16日閲覧。 
  47. ^ 田村賢司 (2017年4月13日). “東芝決算、なぜ監査意見を出せないのか 判断しない監査法人、焦点は17年3月期決算”. 日経ビジネス (日経BP). https://business.nikkeibp.co.jp/atcl/report/15/110879/041200662/ 2017年4月15日閲覧。 
  48. ^ 佐伯真也 (2017年4月12日). “「内部統制は有効」、開き直った東芝決算 「適正意見」得られず、上場維持は崖っぷち”. 日経ビジネス (日経BP). https://business.nikkeibp.co.jp/atcl/report/15/110879/041100661/ 2017年4月15日閲覧。 
  49. ^ “2016 年度通期業績見通しに関するお知らせ” (プレスリリース), 東芝, (2017年5月15日), http://www.toshiba.co.jp/about/ir/jp/news/20170515_1.pdf 2017年5月29日閲覧。 
  50. ^ 町田徹 (2017年5月23日). “ソンビ企業化した東芝で「あり得ない珍事」が多発中!潔く「破たん処理」をしたらどうか”. 現代ビジネス (講談社). https://gendai.ismedia.jp/articles/-/51821 2017年5月29日閲覧。 
  51. ^ “当社社内カンパニーの会社分割に係る吸収分割契約の締結について” (プレスリリース), 東芝, (2017年5月30日), http://www.toshiba.co.jp/about/ir/jp/news/20170530_1.pdf 2017年7月1日閲覧。 
  52. ^ “日経平均、東芝を除外しエプソン採用 銘柄入れ替え”. 日本経済新聞 (日本経済新聞社). (2017年7月10日). https://www.nikkei.com/article/DGXLASGD10H28_Q7A710C1EN2000/ 2017年7月10日閲覧。 
  53. ^ “ランディス・ギア社のスイス証券取引所への上場による当社連結子会社の異動を伴う株式売却のお知らせ” (プレスリリース), 東芝, (2017年7月21日), http://www.toshiba.co.jp/about/ir/jp/news/20170721_1.pdf 2017年10月21日閲覧。 
  54. ^ “東芝株、午後1時に7%高263円 東証2部に降格”. 日本経済新聞 (日本経済新聞社). (2017年8月1日). https://www.nikkei.com/article/DGXLASGD01H0I_R00C17A8000000/ 2017年9月5日閲覧。 
  55. ^ “東芝がようやく決算発表 赤字9656億円” (日本語). BBCニュース (英国放送協会). (2017年8月10日). https://www.bbc.com/japanese/40886648 2017年9月5日閲覧。 
  56. ^ a b 野村不動産、NREG東芝不動産、東日本旅客鉄道 (2017年8月15日). “浜松町ビルディング(東芝ビルディング)建替事業「(仮称)芝浦一丁目計画」 整備方針について”. 野村不動産. 2020年9月14日閲覧。
  57. ^ a b 浜松町・東芝ビルディング、再開発で2020年代に「超高層ツインタワー」に-桟橋併設、世界貿易センタービルも建替えへ” (日本語). 都市商業研究所 (2017年8月19日). 2020年9月14日閲覧。
  58. ^ “当社エネルギーシステムソリューション社及び原子力事業統括部の会社分割に係る吸収分割契約の締結について” (プレスリリース), 東芝, (2017年5月31日), http://www.toshiba.co.jp/about/ir/jp/news/20170531_2.pdf 2017年10月21日閲覧。 
  59. ^ “特設注意市場銘柄の指定解除及び監理銘柄(審査中)の指定解除:(株)東芝” (プレスリリース), 東京証券取引所, (2017年10月11日), https://www.jpx.co.jp/news/1021/20171011-11.html 2017年10月20日閲覧。 
  60. ^ “特設注意市場銘柄の指定解除及び監理銘柄(審査中)の指定解除について <(株)東芝>” (プレスリリース), 名古屋証券取引所, (2017年10月11日), http://www.nse.or.jp/listing/files/20171011_6502tk.pdf 2017年10月20日閲覧。 
  61. ^ “第三者割当による新株式の発行に関するお知らせ” (プレスリリース), 東芝, (2017年11月19日), http://www.toshiba.co.jp/about/ir/jp/news/20171119_2.pdf 2017年12月9日閲覧。 
  62. ^ “第三者割当による新株式の払込完了に関するお知らせ” (プレスリリース), 東芝, (2017年12月5日), http://www.toshiba.co.jp/about/ir/jp/news/20171205_1.pdf 2017年12月9日閲覧。 
  63. ^ “ウエスタンデジタル社とのメモリ事業に関する和解について” (プレスリリース), 東芝, (2017年12月13日), http://www.toshiba.co.jp/about/ir/jp/news/20171213_1.pdf 2017年12月13日閲覧。 
  64. ^ “当社の保有する株式の売却に関するお知らせ” (プレスリリース), 東芝, (2017年12月4日), http://www.toshiba.co.jp/about/ir/jp/news/20171204_1.pdf 2018年2月2日閲覧。 
  65. ^ “(開示事項の経過)当社の保有する株式の売却に関するお知らせ” (プレスリリース), 東芝, (2018年1月15日), http://www.toshiba.co.jp/about/ir/jp/news/20180115_1.pdf 2018年2月2日閲覧。 
  66. ^ “株式の売出し及びその他の関係会社の異動の見込みに関するお知らせ” (プレスリリース), 芝浦メカトロニクス, (2017年12月4日), http://v4.eir-parts.net/v4Contents/View.aspx?cat=tdnet&sid=1537714 2018年2月2日閲覧。 
  67. ^ “(開示事項の経過)米国原子力発電所建設プロジェクトに係る当社親会社保証に関する米国電力会社(米国サウスカロライナ電力&ガス社他)への早期弁済について” (プレスリリース), 東芝, (2018年1月12日), http://www.toshiba.co.jp/about/ir/jp/news/20180112_1.pdf 2018年2月2日閲覧。 
  68. ^ “東芝映像ソリューション株式会社の株式譲渡について” (プレスリリース), 東芝映像ソリューション株式会社, (2017年11月14日), https://www.regza.com/tvs/news/20171114.htm 2017年11月15日閲覧。 
  69. ^ “(開示事項の経過)東芝病院事業の譲渡完了に関するお知らせ” (プレスリリース), 東芝, (2018年4月2日), http://www.toshiba.co.jp/about/ir/jp/news/20180402_2.pdf 2018年4月2日閲覧。 
  70. ^ NYの「TOSHIBA」看板、撤去始まる” (日本語). 日本経済新聞 電子版. 2019年5月24日閲覧。
  71. ^ “東芝メモリ株式会社の株式譲渡完了及び特定子会社の異動に関するお知らせ” (プレスリリース), 東芝, (2018年6月1日), http://www.toshiba.co.jp/about/ir/jp/news/20180601_1.pdf 2018年6月3日閲覧。 
  72. ^ “東芝セキュリティ株式会社の株式の取得(子会社化)に関するお知らせ” (プレスリリース), セコム, (2018年4月16日), https://www.secom.co.jp/corporate/ir/lib/osirase20180416.pdf 2018年8月28日閲覧。 
  73. ^ “東芝セキュリティ株式会社の株式譲渡について” (プレスリリース), 東芝, (2018年4月16日), http://www.toshiba.co.jp/about/ir/jp/news/20180416_1.pdf 2018年8月28日閲覧。 
  74. ^ “東芝セキュリティ株式会社がセコムグループ入り セコムトセック株式会社が発足~大型施設を対象とする付加価値の高いサービスの開発・提供を強化~ publisher = セコム” (プレスリリース), (2018年8月31日), https://www.secom.co.jp/corporate/release/2018/nr_20180831.html 2018年9月1日閲覧。 
  75. ^ “(開示事項の経過)東芝セキュリティ株式会社の株式譲渡について” (プレスリリース), 東芝, (2018年8月31日), https://www.toshiba.co.jp/about/ir/jp/news/20180831_1.pdf 2018年9月1日閲覧。 
  76. ^ シャープ、東芝のPC事業買収を発表
  77. ^ 新生「東芝クライアントソリューション」が事業開始 東芝クライアントソリューション 2018年10月1日
  78. ^ “当社完全子会社における電池事業及びビルソリューション事業を営む孫会社株式の会社分割(簡易吸収分割)による当社への承継の方針決定に関するお知らせ” (プレスリリース), 東芝, (2018年12月26日), https://www.toshiba.co.jp/about/ir/jp/news/20181226_1.pdf 2020年2月22日閲覧。 
  79. ^ “当社グループにおける部品材料事業の組織再編に伴う同事業の会社分割(簡易吸収分割)による当社完全子会社への分割承継に関するお知らせ” (プレスリリース), 東芝, (2019年2月25日), https://www.toshiba.co.jp/about/ir/jp/news/20190225_1.pdf 2020年2月22日閲覧。 
  80. ^ 東証一部昇格の基準を緩和へ 東芝も早期に復帰か”. テレ朝news (2019年11月30日). 2022年4月17日閲覧。
  81. ^ 東芝、東証一部復帰に影 不適切会計発覚”. 日本経済新聞 (2020年1月19日). 2022年4月17日閲覧。
  82. ^ 東芝、傘下の循環取引「組織的な関与認められず」調査結果公表”. 日本経済新聞 (2020年2月14日). 2022年4月17日閲覧。
  83. ^ “東芝プラントシステム株式会社株式(証券コード1983)に対する公開買付けの結果に関するお知らせ” (プレスリリース), 東芝, (2019年12月26日), https://www.toshiba.co.jp/about/ir/jp/news/20191226_1.pdf 2020年2月22日閲覧。 
  84. ^ “株式会社東芝による当社普通株式に係る株式売渡請求を行うことの決定、当該株式売渡請求に係る承認及び当社普通株式の上場廃止に関するお知らせ” (プレスリリース), 東芝プラントシステム, (2020年1月8日), https://www.toshiba-tpsc.co.jp/pdf/topics/20200108.pdf 2020年2月22日閲覧。 
  85. ^ a b c 東芝、ダイナブック株式をシャープに完全売却”. 日経新聞. 2020年8月4日閲覧。
  86. ^ “東芝ロジスティクス株式会社株式の一部取得に関するお知らせ” (プレスリリース), SBSホールディングス, (2020年5月26日), https://www.sbs-group.co.jp/sbsh/pdf/sbsh_pdf20200526_01.pdf 2020年5月26日閲覧。 
  87. ^ “物流事業を担う当社子会社の異動に関するお知らせ” (プレスリリース), 東芝, (2020年5月26日), http://www.toshiba.co.jp/about/ir/jp/news/20200526_1.pdf 2020年5月26日閲覧。 
  88. ^ “東芝ロジスティクス株式会社株式の一部取得完了及び商号変更に関するお知らせ” (プレスリリース), SBSホールディングス, (2020年11月2日), https://www.sbs-group.co.jp/sbsh/pdf/sbsh_pdf20201102_01.pdf 2020年11月8日閲覧。 
  89. ^ “東京証券取引所及び名古屋証券取引所市場第一部指定承認に関するお知らせ” (プレスリリース), 東芝, (2021年1月22日), http://www.toshiba.co.jp/about/ir/jp/news/20210122_1.pdf 2021年1月22日閲覧。 
  90. ^ 東芝、システムLSI事業撤退で452人が早期退職 人員再配置372人”. ロイター (2021年2月12日). 2021年2月13日閲覧。
  91. ^ 各位 - 株式会社 東芝、2021年6月28日、同日閲覧
  92. ^ 東芝株主総会、永山氏への反対56.06% 議決権行使は初の8割超え”. REUTERS (2021年6月28日). 2021年6月28日閲覧。
  93. ^ 東芝、株主価値向上を目指し3つの独立会社に戦略的再編へ - 株式会社 東芝、2021年11月12日、同日閲覧
  94. ^ (開示事項の経過)東芝グループの戦略的再編について - 株式会社 東芝、2022年2月7日、同年4月10日閲覧
  95. ^ 空調事業を担う当社子会社の異動に関するお知らせ - 株式会社 東芝、2022年2月7日、同年4月10日閲覧
  96. ^ 臨時株主総会招集ご通知 - 株式会社 東芝、2022年3月8日、同年4月10日閲覧
  97. ^ 臨時株主総会招集ご通知の訂正について - 株式会社 東芝、2022年3月8日、同年4月10日閲覧
  98. ^ 臨時株主総会の議決権行使結果に関するお知らせ - 株式会社 東芝、2022年3月29日、同年4月10日閲覧
  99. ^ 特別委員会設置のお知らせ - 株式会社 東芝、2022年4月7日、同年4月10日閲覧
  100. ^ https://boss-online.net/issue-2015-10/article-829 東芝の軌跡
  101. ^ https://www.toshiba.co.jp/about/press/2016_01/tp_j2201.htm 特別企画展「山口喜三郎ものがたり」開催について
  102. ^ a b https://shashi.shibusawa.or.jp/details_nenpyo.php?sid=5760&query=%25E6%25B4%25A5%25E5%25AE%2588%25E8%25B1%258A%25E6%25B2%25BB 渋沢社史データベース
  103. ^ a b http://riim.ws.hosei.ac.jp/wp-content/uploads/2014/10/WPno.32_ota.pdf 財界人の企業家活動 -石坂泰三と土光敏夫-
  104. ^ https://president.jp/articles/-/16856?page=2 石坂泰三vs岩下文雄の確執
  105. ^ https://kotobank.jp/word/%E5%B2%A9%E7%94%B0%E5%BC%90%E5%A4%AB-1056822 岩田弐夫
  106. ^ https://books.google.co.jp/books?id=MnGzU5wz69QC&pg=PA91&lpg=PA91&dq=%E6%B8%A1%E9%87%8C%E6%9D%89%E4%B8%80%E9%83%8E&source=bl&ots=X7-L2hGqTK&sig=O7fzJ_bGTFaKmEbRt9oqr3tA8bw&hl=ja&sa=X&ved=0ahUKEwiq07eauJPQAhWLTrwKHRSLA6g4ChDoAQgvMAQ#v=onepage&q=%E6%B8%A1%E9%87%8C%E6%9D%89%E4%B8%80%E9%83%8E&f=false リーディング・カンパニーシリーズ東芝
  107. ^ https://www.huffingtonpost.jp/foresight/toshiba_b_7549234.html 「不適切会計」に揺れる「東芝」を蝕む歴代トップの「財界総理病」
  108. ^ 東芝:三井住友銀出身の車谷氏を会長兼CEOに、綱川社長はCOO,Bloomberg
  109. ^ a b 東芝が川崎に本社機能を移転、2013年に堀川町工場跡/神奈川”. カナロコ 神奈川新聞. 神奈川新聞社 (2010年4月21日). 2020年9月13日閲覧。
  110. ^ 川崎市に「スマートコミュニティセンター」を開所
  111. ^ 東芝未来科学館:アクセス”. 株式会社東芝. 2020年9月13日閲覧。
  112. ^ a b c 東芝:会社概要(拠点情報:研究所など)”. 株式会社東芝. 2020年9月13日閲覧。
  113. ^ a b c d e f 東芝:会社概要(拠点情報:工場など)”. 株式会社東芝. 2020年9月13日閲覧。
  114. ^ 『川崎の町名』日本地名研究所 編、川崎市、1995年、99頁。
  115. ^ 東芝 研究開発センター”. 株式会社東芝. 2020年9月13日閲覧。
  116. ^ 株式会社東芝 ソフトウェア技術センター”. 株式会社東芝. 2020年9月13日閲覧。
  117. ^ 東芝 生産技術センター”. 株式会社東芝. 2020年9月13日閲覧。
  118. ^ [1] 東芝デバイス&ストレージ[リンク切れ]
  119. ^ 旧堀川町工場、かわさき産業ミュージアム[リンク切れ]
  120. ^ 「LAZONA(ラゾーナ)川崎」プロジェクト起工式の挙行について 株式会社東芝
  121. ^ a b 東芝:プレスリリース (2003.7.2) 柳町事業所の事業移転について”. 株式会社東芝 (2003年7月2日). 2020年9月13日閲覧。
  122. ^ 事業所一覧” (日本語). キヤノングローバル Canon Global. 2020年9月13日閲覧。
  123. ^ 三井不動産「先進的な物流施設」の開発加速 2017年度までに約2,000億円を投資 首都圏、大阪で新たに6物件の開発決定
  124. ^ MFLP日野” (日本語). MFLP | Mitsui Fudousan Logistics Park. 三井不動産. 2020年9月13日閲覧。
  125. ^ 青梅事業所土地の売却について
  126. ^ 東芝青梅工場跡地にて大規模高機能型物流施設を開発 「(仮称)Landport青梅Ⅰ」着工 日野自動車の部品センターとして2018年11月末竣工予定 野村不動産ホールディングス株式会社 - PRTIMES 2017年10月24日 13時30分
  127. ^ 日野自動車、日野グローバルパーツセンターの稼働を開始 | ニュース” (日本語). 日野自動車株式会社 (2019年5月7日). 2020年9月13日閲覧。
  128. ^ 東芝北九州工場跡地 市街地開発用地として利用方法再検討へ The Ube Journal[リンク切れ]
  129. ^ a b “深谷事業所の閉鎖に関するお知らせ” (プレスリリース), 東芝, (2020年9月30日), http://www.toshiba.co.jp/about/press/2020_09/pr_j3001.htm?from=RSS_PRESS&uid=20200930-6881#PRESS 2020年10月1日閲覧。 
  130. ^ 東京ドーム6個分の広大さ…東芝・深谷事業所の跡地、約半分を大和ハウスに売却へ 残り半分の売却急ぐ『埼玉新聞』2021年12月9日
  131. ^ 名西二丁目地区”. UR都市機構|中部支社|都市再生の取組み. 都市再生機構 中部支社 (2015年4月). 2016年6月24日閲覧。 “【従前】株式会社東芝愛知工場名古屋分工場が立地されていましたが、移転により閉鎖され、大規模工場跡地が残されていた状態でした。”
  132. ^ 東芝メモリ株式会社を「キオクシア株式会社」に社名変更 | 東芝メモリ”. business.toshiba-memory.com. 2019年7月19日閲覧。
  133. ^ 東芝、医療機器リース子会社をキヤノンに売却 日本経済新聞 2017年2月21日
  134. ^ 東芝不動産株式会社の株式取得(子会社化)完了に関するお知らせ (PDF) 野村不動産ホールディングス
  135. ^ 世界初の二重コイル電球と内面つや消し電球の発明”. 東芝. 2011年2月1日閲覧。
  136. ^ ランプの6大発明”. ファイン・ライトサービス. 2011年2月1日閲覧。
  137. ^ “さよなら白熱電球 東芝が製造停止 120年の歴史に幕”. 朝日新聞. (2010年3月17日) 
  138. ^ a b Supplemental Information about WD's Acquisition of HGST (PDF)
  139. ^ 米国・ウェスタンデジタル社とのHDD関連資産取引完了について - 東芝 2012年5月15日
  140. ^ さらば「東芝」、キヤノンメディカル社長の思い
  141. ^ "トップを奪い返せ ~技術者たちの20年戦争~". NHKスペシャル 日本の群像 再起への20年 第8回. 25 December 2005. NHK総合テレビジョン
  142. ^ 東芝がシステムLSI事業から撤退、アナログICとマイコンに注力
  143. ^ 東芝、CMOSセンサー事業から撤退 - ソニーへ譲渡” (日本語). マイナビニュース (2015年10月28日). 2022年4月1日閲覧。
  144. ^ 「量子理論の副産物に過ぎなかった」──東芝の「量子コンピュータより速いアルゴリズム」誕生秘話”. ITmedia NEWS. 2021年4月12日閲覧。
  145. ^ 東芝、量子暗号通信を子会社に 営業強化へ”. 日本経済新聞 (2021年2月25日). 2021年4月12日閲覧。
  146. ^ 東芝、産業向けIoTサービスの全社横断型マーケティングプレースを開設”. MONOist. 2021年4月12日閲覧。
  147. ^ 東芝、売却益400億円 電力計子会社上場、再建なお遠く”. 日本経済新聞 (2017年7月22日). 2021年4月12日閲覧。
  148. ^ アンドレイ・V・ポルトフ『世界の艦船増刊 ソ連・ロシア原子力潜水艦史』海人社 2005年
  149. ^ 東芝の欠陥大画面液晶テレビ、訴訟の動き広がる―中国
  150. ^ 東芝・藤井氏が次世代DVDへの急速な事業シフトを宣言 - 質疑応答全掲載
  151. ^ https://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ03HSY_T01C15A2MM8000/
  152. ^ https://mainichi.jp/articles/20160420/k00/00m/020/046000c
  153. ^ “「docomo PRO series T-01A」の一時販売停止のお知らせ” (プレスリリース), NTTドコモ, (2009年6月22日), https://www.nttdocomo.co.jp/info/notice/page/090622_00_m.html 
  154. ^ 関口聖 (2008年10月23日). “MM総研調査、上期の国内携帯出荷数は2000万台を割る”. 2021年4月15日閲覧。
  155. ^ 東芝が携帯電話の国内生産を停止、海外企業に製造委託” (日本語). Reuters (2009年5月20日). 2021年4月15日閲覧。
  156. ^ “富士通と東芝、携帯電話事業の統合で基本合意” (プレスリリース), 東芝, (2010年6月17日), http://www.toshiba.co.jp/about/press/2010_06/pr_j1702.htm#PRESS 
  157. ^ “富士通・東芝の携帯電話事業の統合会社発足について” (プレスリリース), 富士通, (2010年10月1日), https://pr.fujitsu.com/jp/news/2010/10/1.html 
  158. ^ “富士通・東芝の携帯電話事業の統合会社発足について” (プレスリリース), 東芝, (2010年10月1日), http://www.toshiba.co.jp/about/press/2010_10/pr_j0101.htm#PRESS 
  159. ^ a b 東芝、サザエさんのCM降板を決定 TBS日曜劇場も - 朝日新聞デジタル 2017年11月22日発信、11月26日閲覧。
  160. ^ “東芝子会社が11億円所得隠し 国税指摘、在庫廃棄装う”. 共同通信. (2009年7月2日). https://www.47news.jp/CN/200907/CN2009070201000700.html 
  161. ^ “東芝子会社が9億所得隠し リベート巡り国税指摘”. 共同通信. (2012年12月29日). https://www.47news.jp/CN/201112/CN2011122901001112.html 
  162. ^ 東芝、組織的に利益操作 歴代3社長辞任へ 不適切会計 - 日本経済新聞(2015/7/21 1:50更新 / 2015年7月21日閲覧)
  163. ^ 第三者委員会調査報告書の受領及び判明した過年度決済の修正における今後の当社の対応についてのお知らせ(PDF) - 株式会社東芝 第三者委員会(日本経済新聞Web 2015年7月20日掲載 / 2015年7月21日閲覧)
  164. ^ 東芝、田中社長の辞任発表 室町会長が社長兼務 日本経済新聞 2015年7月21日
  165. ^ “東芝と元役員5人全員が争う姿勢 株主訴訟、東京地裁”. 日経新聞. (2016年3月4日). https://www.nikkei.com/article/DGXLASDG03H7Z_U6A300C1CC0000/ 2016年3月10日閲覧。 
  166. ^ “スクープ 東芝、米原発赤字も隠蔽ー内部資料で判明した米ウエスチングハウスの巨額減損”. 日経ビジネス. (2015年11月12日). https://business.nikkei.com/atcl/report/15/110879/111100135/?rt=nocnt 2016年3月10日閲覧。 
  167. ^ “東芝が過去最悪の赤字、終われない「綱渡り」”. J-Castニュース. (2016年3月10日). https://toyokeizai.net/articles/-/117797 2016年5月13日閲覧。 
  168. ^ 東芝は債務超過転落を回避できるのか 医療事業売却スキームには異論も
  169. ^ 富士フイルムが「怒り」のコメント 東芝子会社「買収OK」は「アンフェア」
  170. ^ 公取委、キヤノンの東芝メディカル買収を承認 手法を注意
  171. ^ “東芝、営業赤字7191億円 前期、事業会社で最大 改革費用かさむ”. J-Castニュース. (2016年3月10日). https://www.nikkei.com/article/DGKKASGD12H7Y_S6A510C1EA2000/ 2016年5月13日閲覧。 
  172. ^ https://news.yahoo.co.jp/articles/6b15e330881c030cb8b9dd31b4b8c16260ade6fd
  173. ^ 増田 覚「東芝テック、業務委託先からスーパー2社の会員カード情報3万件流出」『INTERNET Watch』、2007年6月25日。2022年3月23日閲覧。
  174. ^ 東芝:原発検査に18歳未満の作業員が従事-3カ所で労基法違反”. ブルームバーグ (2008年6月4日). 2015年5月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年5月5日閲覧。
  175. ^ 平成23(受)1259 解雇無効確認等請求事件
  176. ^ もう泣き寝入りはしない!理不尽な会社への逆襲が始まった!「FLASH」(光文社)2009年6月30日号96頁
  177. ^ 東芝・過労うつ病労災・解雇裁判 労災申請するまで2






固有名詞の分類

港区 (東京都)の企業 オフィス・ダァグ  小田急交通  東芝  京急不動産  ジュネス企画
日本の電気機器メーカー 九州住電装  長野テクトロン  東芝  中央製作所  シバソク
半導体企業 東京エレクトロン九州  日東電工  東芝  サンケン電気  アナログ・デバイセズ
三井グループ 三井デザインテック  SMBCフレンド証券  東芝  カネカ  三井化学東セロ
コンピュータ企業 ARMホールディングス  マウスコンピューター  東芝  Micro-Star International  メイテック
日本の軍需産業 昭和通商  東京マルイ  東芝  三菱重工業  IHI
日本の鉄道車両メーカー 酒井重工業  近畿車輛  東芝  日立製作所笠戸事業所  三菱重工業
日本の原子力関連企業 関西電力  国際原子力開発  東芝  北海道電力  三菱重工業
日本のスポーツチーム ヤマハ発動機ジュビロ  ヴィッセル神戸  東芝  レラカムイ北海道  大原学園JaSRA女子サッカークラブ
社会人野球チーム 嘉麻市バーニングヒーローズ  新潟コンマーシャル倶楽部  東芝  函館太洋倶楽部  横浜中央クラブ

英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「東芝」に関係したコラム

  • 株式の大型株とは

    東京証券取引所(東証)では、規模別株価指数の算出のために一部上場銘柄を大型株、中型株、小型株の3つに分類しています。その基準は、時価総額や株式の流動性などによって順位づけしたものになっています。大型株...

  • 株365の株価指数に採用されている銘柄

    株365の銘柄の価格は、株価指数に採用されている銘柄の価格をもとにして算出されます。株価指数に採用されている銘柄はその国を代表するような優良企業であることが多く、また、取引高も多く市場から注目されてい...

  • CFDで取り扱う株式の一覧

    CFDで取り扱う株式には、日経平均株価(日経225)採用銘柄をはじめ、アメリカ合衆国、欧州圏、中国などの証券市場に上場している銘柄があります。CFDで取り扱われている株式はCFD業者によりさまざまで、...

  • 株式の株価水準による分類

    株式市場に上場している銘柄を分類する方法の1つに、株価水準が挙げられます。株価水準では、株価の高い、安いによって銘柄を分類します。一般的に株価水準では、次のように分類します。値がさ株(値嵩株)中位株低...

  • 株式の投資基準とされるPERとは

    株式の投資基準とされるPERとは、株価収益率のことです。PERは、次の計算式で求めることができます。PER=株価÷EPSEPSは、1株当たりの利益額のことで、「当期純利益÷発行済み株式数」で計算されま...

  • 株式の投資基準とされるEPSとは

    株式の投資基準とされるEPSとは、1株あたりの利益額のことです。EPSは、次の計算式で求めることができます。EPS=当期純利益÷発行済み株式数例えば、当期純利益が100億円で発行済み株式数が1億株の企...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「東芝」の関連用語

東芝のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



東芝のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの東芝 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS