東国 分類

東国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/21 14:12 UTC 版)

分類

鈴鹿関・不破関東側

これは古代(恐らくは律令制成立以前)に畿内を防御するために設置されたとされている東海道鈴鹿関東山道不破関北陸道愛発関三関のうち古くから大和朝廷と関係が深かった北陸道を除いた鈴鹿不破両関よりも東側の国々を指すものである。

事実上、畿内の東部に位置する地域である[10]

壬申の乱では、大海人皇子(後の天武天皇)が、「東国」に赴いて尾張国伊勢国美濃国を中心とした兵に更に東側の国々の援軍を受けて勝利した。

大山(日本アルプス)東側

これは律令制に導入された防人を出すべき「東国」として定められたのが遠江国信濃国以東(陸奥国出羽国除く)13ヶ国に限定されており(『万葉集』の「防人歌」にもこれ以外の国々の兵士の歌は存在していない)、これは現在の日本アルプスと呼ばれる山々の東側の地域と規定する事が可能である。

倭の五王の1人とされる「武」が中国南朝に出した上表文には「東の毛人(蝦夷)55ヶ国を征す」と記され、また『旧唐書』日本伝によれば、日本の東界・北界には大山横切りその外側に毛人が住む」とある。この大山こそが現在の日本アルプスでその外側の毛人(即ち毛野国の領域)が住む地を日本でいう東国であると考えられる。

更に鎌倉幕府が成立した際に幕府が直接統治した国々が「東国」13ヶ国と陸奥・出羽両国であり陸奥・出羽が後世に朝廷に掌握された土地であると考えると、大山(日本アルプス)より東側=東国という図式がこの点でも成立する。

足柄峠・碓氷峠以東(坂東)

今日では関東地方と称せられるこの地域を坂東・東国と呼ぶ例が多い。

日本神話の英雄日本武尊(倭建命)が東国遠征の帰りに途中で失った妻(弟橘媛)のことを思い出して、東の方を向いて嘆き悲しみ、碓日坂において東側の土地を「吾嬬(あづま)」と呼んだと伝えられている[11]。ところが、その土地については『古事記』は足柄坂(足柄峠[注 2]、『日本書紀』は碓氷山(碓氷峠)であったとされている。

この逸話を直ちに実話とすることは不可能ではあるが、奈良時代の律令制において足柄より東の東海道を「東(ばんとう)」・碓氷より東の東山道(未平定地の陸奥出羽を除く)を「東(さんとう)」と呼んだ。

後に蝦夷遠征のための補給・徴兵のための命令を坂東・山東に対して命じる事が増加し、やがて両者を一括して「坂東」という呼称が登場した。その初出は『続日本紀神亀元年(724年)の記事を最古とする[注 3]。以後、従来の五畿七道とは別にこれらの国々を「坂東」の国々あるいは「坂東」諸国として把握されるようになり、蝦夷遠征への後方基地としての役目を果たすようになった。

その後も地理的に一定の区域を形成したこの地区を1つの地区として捉える考え方が定着し、その呼称も短縮されて「東国」とも呼ばれるようになったと考えられている。

その他

主に現代において、東日本のことを指すこともある[12]。ただし、東日本と西日本の境界については諸説ある。

また、古代〜近世において、畿内の東側にある国を総称して指すこともあった(北陸除く)。具体的には五畿七道の東海道・東山道(近江国除く)である。東北においては前述の通り古くは国内という概念がなかったとされるが、時代が進むと東北もその範疇に加わった。また、北海道も後の時代には東国の概念に加わることもあった[10]


注釈

  1. ^ 弥生時代における「東日本」も、文化的にも学術的にも流動的かつ曖昧さを排除できない地域名であり、統一的見解でもって範囲を示すことはできない。
  2. ^ 「足柄坂本」で坂の神を下し、坂に登り「吾妻はや」とのたわったので、「その国を号けて阿豆麻と謂う」とされている。
  3. ^ 四月癸卯条に「坂東九国軍三万人をして騎射を教習し、軍陳を試練せしむ」とある。この「坂東九国」は、坂東八国(相模・上総・下総・常陸・上野・武蔵・下野・安房)に陸奥国を含んだ総称。

出典

  1. ^ a b 平凡社百科事典マイペディア』. “東国”. コトバンク. 2020年5月24日閲覧。
  2. ^ a b 小学館『精選版 日本国語大辞典』. “東国”. コトバンク. 2020年5月24日閲覧。
  3. ^ a b 日立デジタル平凡社世界大百科事典』第2版. “あづま”. コトバンク. 2020年5月24日閲覧。
  4. ^ a b c ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典』. “東国”. コトバンク. 2020年5月24日閲覧。
  5. ^ a b c d 旺文社『旺文社日本史事典』. “東国”. コトバンク. 2020年5月24日閲覧。
  6. ^ a b c d 平凡社『百科事典マイペディア』. “坂東”. コトバンク. 2020年5月24日閲覧。
  7. ^ とうごく【東国】”. 学研全訳古語辞典. ウェブリオ株式会社. 2020年5月24日閲覧。
  8. ^ a b 東下り”. コトバンク. 2020年5月24日閲覧。
  9. ^ a b 東下”. コトバンク. 2020年5月24日閲覧。
  10. ^ a b 松村明監修『大辞林』三省堂(1999年)
  11. ^ 『日本書紀』景行天皇40年是歳条
  12. ^ 松村明監修『大辞泉』小学館(1998年)
  13. ^ 『日本書紀』巻二二推古天皇九年(六〇一)九月戊子八
  14. ^ 『日本書紀』巻二六斉明天皇六年(六六〇)十月
  15. ^ 『日本書紀』巻二七天智天皇四年(六六五)二月是月
  16. ^ 『日本書紀』巻二七天智天皇四年(六六五)三月是月
  17. ^ 『日本書紀』天智天皇五年是冬
  18. ^ 『日本書紀』巻二七天智天皇八年(六六九)是歳
  19. ^ 『日本書紀』巻二九天武天皇四年(六七五)十月丙戌十六
  20. ^ 『日本書紀』天武天皇十三年五月甲子
  21. ^ 『日本書紀』巻三〇持統天皇即位前紀朱鳥元年(六八六)十月丙申廿九
  22. ^ 『日本書紀』持統天皇元年三月己卯
  23. ^ 『日本書紀』持統天皇元年三月丙戌
  24. ^ 『日本書紀』持統天皇元年四月癸卯
  25. ^ 『日本書紀』持統天皇二年五月乙丑
  26. ^ 『日本書紀』持統天皇三年四月庚寅
  27. ^ 『日本書紀』持統天皇四年二月壬申
  28. ^ 『日本書紀』持統天皇四年八月乙卯
  29. ^ 『続日本紀』霊亀元年七月丙午
  30. ^ 『続日本紀』霊亀二年五月辛卯
  31. ^ 『続日本紀』天平五年六月丁酉
  32. ^ 『続日本紀』天平宝字二年八月癸亥
  33. ^ 『続日本紀』巻廿一天平宝字二年(七五八)十月丁卯廿八: 美濃國席田郡大領外正七位上子人。中衛无位吾志等言。子人等六世祖父乎留和斯知。自賀羅國慕化來朝。當時未練風俗。不著姓字。望隨國号。蒙賜姓字。賜姓賀羅造。
  34. ^ 『続日本紀』天平宝字四年四月戊午
  35. ^ 『続日本紀』巻廿二天平宝字五年(七六一)正月乙未九
  36. ^ 『続日本紀』天平神護二年五月壬戌
  37. ^ 『続日本紀』巻卅六宝亀十一年(七八十)五月甲戌十一
  38. ^ 『続日本紀』巻卅九延暦七年(七八八)九月丁未乙巳朔三、『続日本後紀』巻五承和三年(八三六)閏五月乙酉十七: 乙酉。美濃國人主殿寮少属美見造貞繼。改本居貫附左京六條二坊。其先百濟國人也。
  39. ^ 『続日本紀』巻四十延暦八年(七八九)五月庚午廿九
  40. ^ 『日本後紀』巻五延暦十六年(七九七)三月癸卯十七
  41. ^ 『日本後紀』延暦十八年十二月甲戌
  42. ^ 『日本後紀』弘仁五年八月丙寅
  43. ^ 『日本紀略』弘仁十一年二月丙戌
  44. ^ 『日本後紀』巻卅二逸文(『類聚国史』一五九口分田)天長元年五月癸未
  45. ^ 『続日本後紀』巻二天長十年(八三三)六月己巳十四
  46. ^ 『続日本後紀』巻十三承和十年(八四三)十二月乙夘朔:出羽國河邊郡百姓外從五位下勳八等奈良己智豊繼等五人。賜姓大瀧宿祢。其先百濟國人也。
  47. ^ 『三代実録』貞観十二年九月十五日甲子


「東国」の続きの解説一覧



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「東国」の関連用語

東国のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



東国のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの東国 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS