東京都電車 東京都電車の概要

東京都電車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/09/25 03:46 UTC 版)

東京都電車
荒川車庫に並ぶ8800形電車
基本情報
日本
所在地 東京都
種類 路面電車
開業 1903年
運営者 東京都交通局
公式サイト 東京都交通局公式ウェブサイト
詳細情報
総延長距離 12.2 km
路線数 1路線
停留所数 30か所
1日利用者数 4万7504人(2018年度)
軌間 1,372 mm
電化方式 直流600 V、架空電車線方式
最高速度 40 km/h
テンプレートを表示

前身は1882年に開業した東京馬車鉄道で、1903年から1904年にかけて同社が路線を電化して誕生した東京電車鉄道、新規開業の東京市街鉄道東京電気鉄道の3社によって相次いで路面電車が建設された。その後3社は1909年に合併して東京鉄道となり、さらに1911年に当時の東京市が同社を買収して東京市電1943年東京都制施行によって都電となった。

最盛期(1955年頃)には営業キロ約213 km、40の運転系統を擁し一日約175万人が利用する日本最大の路面電車であったが、モータリゼーションの進展や帝都高速度交通営団(営団地下鉄)、東京都交通局の都営地下鉄の発達によって採算性が悪化していった。1967年に東京都交通局が財政再建団体に指定されると再建策の一環として1972年までに廃止されることになったが、1974年に荒川線の恒久的な存続が決定し今日に至っている。

歴史

創業期

東京馬車鉄道の開業

東京名所 日本橋京橋之間鉄道馬車往復之図

東京における都市交通の歴史は、1872年(明治5年)頃に日本最初の鉄道が開業したのと相前後して乗合馬車(通称:円太郎馬車)と人力車が登場したことに始まる。1876年(明治9年)には乗合馬車は170台、人力車は2万4000台以上が活躍していた[3]

一方、東京の人口は1873年(明治6年)の60万人から1881年(明治14年)には114万人に増加していた[3][4]。そこでより大量輸送に適した交通機関として馬車鉄道の計画が持ち上がり、1880年(明治13年)2月、元薩摩藩士の谷元道之、種田誠一らによって新橋から日本橋本町上野浅草を経て再び本町に至る全長10マイル(約16km)の循環線敷設が出願された[5][4]。谷元らの出願は同年12月28日付で認可され、日本最初の私鉄[注釈 1]となる東京馬車鉄道株式会社資本金30万円、本社芝区汐留町二丁目[6])が設立された。

馬車鉄道の営業は1年半後の1882年(明治15年)年6月25日にまず新橋 - 日本橋間で開始され、同年10月1日には循環線が全線開業した[4]。開業当初こそ失業を恐れた人力車夫たちの反対運動に遭ったものの、東京市の人口増加や上野・浅草方面への行楽輸送を背景に馬車鉄道は大きな成功を収め、開業20年目の1902年(明治35年)度には年収140万円、客車300両と馬匹2000頭を擁し、多客時には1時間に60 - 70台もの高頻度運転を行うほどの盛況ぶりとなった[4]。また1897年(明治30年)12月には品川八ツ山下 - 新橋間に品川馬車鉄道が開業したが、1899年(明治32年)に東京馬車鉄道に吸収合併された[4]

しかし馬車鉄道は東京市民の生活を便利にした反面、課題も少なくなかった。経営的にはウマの飼育に莫大な費用がかかること[7]、乗客の増加に対し運転回数が限界に達していてこれ以上の需要拡大に対応できないことが課題であった[8]。またウマのによって路面が損傷し、馬糞混じりの砂塵が飛び散ることへの沿線住民の苦情は跡を絶たなかった[4][8]

電車開業までの経緯

そこでより近代的な交通機関として路面電車が計画されるようになり、1889年(明治22年)には大倉喜八郎藤岡市助東京電燈関係者や実業家の立川勇次郎らが政府に敷設計画を出願した[4]。だが当時は電気鉄道そのものがまだ誕生して間もない技術であり[注釈 2]、これらの出願は時期尚早とみられ認可されなかった[4]。そこで翌1890年(明治23年)に東京・上野公園第三回内国勧業博覧会が開催されると、東京電燈は同社技師長であった藤岡市助主導のもと会場内に170(約300m)の軌道を敷設し、藤岡らが米国視察の折購入した電車のデモ運転を行った[4][9]。入場料3銭に試乗料2銭と決して安くはなかったが、電車の静粛さや物珍しさも手伝ってデモ運転はたちまち大評判となり、内国博をきっかけに電車敷設の動きは本格的なものとなった[4][9]。こうした経緯を経て、1895年(明治28年)に開業した京都電気鉄道[注釈 3] を皮切りに名古屋電気鉄道[注釈 4]大師電気鉄道[注釈 5]小田原電気鉄道[注釈 6] など、全国各地で電気鉄道が続々と開業していった[4][10]

ところが東京では1893年(明治26年)から1899年(明治32年)の6年間で35社もの出願が相次ぎ、特許権獲得をめぐって対立しあっていた[10][11][12]。特に有力な出願者だった東京馬車鉄道、雨宮敬次郎らの東京電車鉄道、藤山雷太らの東京電気鉄道、利光鶴松らの東京自動鉄道の4社の対立は激しく、許認可が自由党進歩党の政争の具にされたり、電車を民営とするか市営とするかで東京市会市参事会が紛糾するなど、大きな混乱が生じた[10][11][12][13]。また当時東京市内の都市計画を担っていた東京市区改正委員会が電気鉄道の敷設条件について介入[注釈 7]したことも混乱に拍車をかけた[10][11][12]。デモ運転から10年が過ぎた1900年(明治33年)、紆余曲折の末内務省は東京電車鉄道、東京電気鉄道、東京自動鉄道の3派が合同して組織した東京市街鉄道岡田治衛武[注釈 8]らが四谷信濃町 - 青山 - 渋谷 - 池上 - 川崎間などの路線を計画して設立した川崎電気鉄道、そして既設の東京馬車鉄道の3社に対して特許を与えた[10][11][12][13]

東京市電の誕生

3社のうちまず最初に開業したのは東京馬車鉄道から改称した東京電車鉄道(通称:電車[15]、東電[15]、電鉄[16]。前節の東京電車鉄道とは別会社)で、1903年(明治36年)8月22日に馬車鉄道線のうち品川 - 新橋間を電化して三重県宮川電気[注釈 9] に次ぐ日本8番目の電気鉄道となった[4][13]。運転未熟と軌道に石が入るなどで終点まで約1時間30分を要し(3銭。乗客8872人)、11月25日上野まで開通した[17][18]。東京電車鉄道は1904年(明治37年)3月までに全ての路線を電化し、馬車鉄道の運行を廃止した[13]

東京電車鉄道に遅れること25日後の1903年9月15日には東京市街鉄道(通称:街鉄[15][16])が数寄屋橋 - 神田橋間で開業した[13]。その後同社は同年11月に日比谷 - 半蔵門間、12月には神田橋 - 両国、半蔵門 - 新宿間などを開業させていき、営業キロや乗客数、運賃収入などの面において3社中最大の会社となった[13][19]

1900年に川崎電気鉄道から改称した東京電気鉄道(通称:外濠線[16]、電気[15])は、1904年12月8日に土橋[注釈 10] - 御茶ノ水橋間で開業し、その後皇居外堀に沿って飯田橋、四谷、赤坂などを経由し土橋に戻る環状線を建設した[13][15]

この様に、東京市内の路面電車は3つの会社によって別々に整備された。だが市民にしてみれば、こうした状況は電車を乗り換える度に運賃が嵩む[注釈 11] 不便さがあり、次第に運賃の共通化を求める声が大きくなった[19]。一方各社の経営陣は、当時日露戦争の戦費調達を目的に通行税が新設されたこと、また内務省の要請で運賃の早朝割引を開始したことなどが経営の負担になっているとして運賃の値上げを計画しており、1906年(明治39年)には利用者の要望に応えるという建前で運賃の共通化と同時に値上げを申請していた[19]。そして同年9月11日に3社が合併して東京鉄道(通称:東鉄)を設立すると、翌12日には運賃を4銭均一に引き上げた[19]。しかし日露戦争に伴う増税や物価高が負担になっているのは市民も同じであり[注釈 12]、合併と値上げが認可された直後から激しい反対運動が起こり、同年9月5日には日比谷公園で開かれた集会の参加者が暴徒化して電車が投石される事件まで発生した(詳細は東京市内電車値上げ反対運動を参照)[19][20]

折しも当時は1903年に大阪市市営電車を開業したことで電車事業の公益性が意識され始めた時期で、この一件をきっかけに東京でも電車の市有市営を求める世論が高まった[20]。そこで東京市はかねてからの市営派だった尾崎行雄市長の音頭で東京鉄道の市有化に乗り出し、1907年(明治40年)12月には同社との間に買収価格6750万円で仮契約を締結した[20]。ところが東京市が内務省に提出した買収認可申請が翌1908年(明治41年)1月に却下されてしまった上、その直後に東京鉄道が突如買収を拒絶したことから、東京市は市有化を一時見送ることにした[20]

買収が不発に終わった同年の12月、東京鉄道は再び5銭均一への運賃値上げを申請し、前回にも増して猛烈な反対運動が起ったことで政府もついに東京鉄道の市有化を本格的に検討するようになった[20]1909年(明治42年)10月、時の逓信大臣[注釈 13]後藤新平は尾崎市長に3か条からなる覚書を示して、一定の条件の下で東京鉄道の市有化を認めることを約束した[20]。この覚書をもとに東京市は再び東京鉄道の買収に臨んだが、東京鉄道が市の提示した買収価格5800万円を不服としたので物別れに終わった[20]

だが市有化問題が長期化すると、最初買収を却下した内務省も次第に市有化容認に傾き、1911年(明治44年)6月になり平田東助内務大臣は後藤逓相、一木喜徳郎内務次官列席のもと、尾崎市長に対して東京鉄道の買収を勧告した[20][23]。勧告を受けた東京市は同年7月1日から買収交渉を再開し、政府の仲裁もあって7月6日には買収価格6416万5518円[注釈 14] で合意し改めて買収仮契約を締結した[23]。買収案は7月9日に東京市会、7月24日に東京鉄道の臨時株主総会でそれぞれ承認され、7月31日付で政府の買収認可が交付された[23]。こうして東京市内の路面電車は1911年8月1日から新設された東京市電気局に引き継がれ、東京市電が誕生した[23][24]

市電時代

第一次世界大戦と市電黄金期

大正時代の絵葉書。1910年代後半から20年代初頭にかけて、東京市電は流行歌(パイノパイノパイ)に「東京の名物 満員電車いつまで待っても 乗れやしねえ」と歌われるほどの混雑を呈した。

東京市電の発足後、東京市電気局は路線網の大規模拡充を図り、1913年大正2年)度から1916年(大正5年)度までの4年間に総額1317万6000円を投じて未成線128.7kmを整備する第一次継続事業計画に着手した[25][26]。東京市電は発足時点で既に営業キロ98.8km(軌道延長192.4 km)、局員7861名、車両1054両、1日の乗客数約51万人という規模を有していたが、東京鉄道時代に特許権を取得して開業に至っていない未成線も180km余り引き継いでおり、市有化で電車の整備が進むと市民から大きな期待が寄せられていたためであった[24][25][26]。当初は全ての未成線を4カ年計画で整備する予定であったが、財政への悪影響を懸念した監督官庁の指導で計画を第一期と第二期に分割し、このうち第一期線が第一次継続事業計画の対象となった[26]

積極的な拡大方針により、東京市電の営業キロは市有化から1914年大正3年)度末までの5年弱のうちに30km以上伸びて128.0 km(軌道延長255.3 km)となり、市内のみならず目黒渋谷新宿大塚巣鴨など当時まだ東京市外の郡部だった地域にも電車が開通した[26][27][28][29]。ところが1914年8月に第一次世界大戦が勃発すると、金融市場の混乱で市債発行による資金調達が難しくなった上、日本国内では大戦景気と呼ばれる好景気で物価が著しく高騰し路線整備にも支障をきたすようになった[27]。やむなく市電気局は第一次継続事業計画の見直しを行い、1915年(大正4年)2月には市会の議決を得て修正予算案と事業期間の2年延長を決定したが、1915年度の新規開業はわずか0.4 km、1916年(大正5年)度は皆無に終わり、大規模な新線建設は市有化後の数年間推進されただけで頓挫してしまった[27]。運賃も物価高騰に伴い1916年7月には片道4銭から5銭(往復9銭)、1920年(大正9年)6月には7銭(往復14銭)へと値上げされた[27][30][31]

一方で好景気とあって交通需要も増大著しく、1日の乗客数は1916年度の約72万人から1919年(大正8年)度には約108万人、1922年(大正11年)度には約131万4000人と6年あまりで約1.8倍の増加となった[27][30]。これにより営業係数34.3[注釈 15] を記録した1917年(大正6年)頃から経営状況は好転し、以降も1921年(大正10年)度、1922年度には減債基金の積立や市経済への繰入を行ってなお400万円以上の剰余金を計上するなど大幅な黒字経営に転換した[30][32]。この時期の東京市電はほとんど唯一の近代的交通機関として市内交通の8割を担っており、1910年代後半から20年代前半にかけての時期はまさに東京市電の「黄金期」であった[30][33]

もっとも、乗客が増えてもそれを輸送する路線や電車の整備が進んでいなかったため、黄金期の市電では慢性的な混雑が大きな問題となった。特に1910年代から出現した通勤ラッシュ時の混雑は深刻で、乗車まで30分から1時間待ちになることや乗り切れない乗客が車外にまで鈴なりにぶら下がるといったことが常態化し、「東京名物満員電車」として当時の絵葉書俗謡東京節)の題材にされるほどであった[27][30][34][35][36]。この事態に市電気局は日本の路面電車車両としては初の3扉電車1653形200両を製造したほか単車と呼ばれる小型電車の2両連結運転を行うなどの対策を採ったが、より抜本的な解決策として1920年度から新たに第二次継続事業計画に着手した[30]。第二次継続事業計画は総事業費1億3230万円を投じて未成線約80kmの建設と車両2050両の新造及び改造、車庫15か所と変電所20か所の新設、さらに既設線の架線や軌道の改良も行う一大プロジェクトであったが、結局関東大震災の発生で見直しを余儀なくされた[30]

関東大震災からの復興

1923年(大正12年)9月1日、いわゆる関東大震災が発生すると、東京市電は電力設備の機能停止で送電が途絶したちまち全線で運転不能となった[37]。さらに地震後の大火災によって電気局本庁舎をはじめ営業所4か所、車庫5か所、車両工場などが全焼し、焼失した電車は779両に及んだ[37]。設備の被害は軌道152km、架線66km、橋梁26か所などで、被害総額は市電だけで2500万円、市営電灯を含めた電気局全体では4000万円に上った[注釈 16][37][38]

本庁舎を失った電気局は、9月2日に東京市役所、次いで9月3日に桜田門外にあった資材置き場に仮本部を設置し、大阪市電気局などの協力を得て復旧に取り掛かった[39]。市電の復旧は比較的被害の少なかった山の手方面から着手され、早くも9月6日には神明町車庫前 - 上野三橋間、9月8日には青山六丁目 - 桜田門、四谷塩町 - 泉岳寺前間で運転再開に漕ぎ着けた[37]。被害の大きかった下町方面も同年10月20日柳島 - 亀沢町間で運転を再開したのを皮切りに復旧が進められ、1924年(大正13年)6月12日には市電全線の復旧が完了した[39]。また1924年(大正13年)1月18日からは市電復旧までの代替措置として都営バスの前身である東京市営バスの運行が開始され、市電復旧後も引き続き東京市民の足として活躍することとなった[40]

震災後の経営不振

しかし関東大震災後、東京市電の利用者数は1924年度(大正13年)の1日平均136万人をピークに減少傾向となり、1934年度(昭和9年)度にはピーク時の6割ほどの約78.8万人まで減少した[41]

これは関東大震災を契機に自動車の有用性が広く認識されたことで、日本国内でも初期的なモータリゼーションが始まり[注釈 17]、雨後の筍の如くに乱立した路線バスタクシー事業者との激しい競争に見舞われたためである[注釈 18][41]。また震災後は郊外の宅地開発や都心部のビジネスセンター化など都市構造の変化が進み、省線電車や私鉄が郊外へと路線網を拡大した一方、既存の市街地にしか路線を持たない市電は交通需要の変化に十分対応できなかったことも不振の一因であった[41]

さらにこの頃になると、路線の拡充などのため度々発行してきた市債の償還が大きな負担となり、乗客の減少と相まって1935年(昭和10年)度には市債費が運賃収入の96%にまで膨れ上がっていた[注釈 19][41]

年表

前史

  • 1903年明治36年)
  • 1904年(明治37年)
    • 1月31日:街鉄 須田町 - 本郷四丁目間が開業。
    • 2月21日:電鉄 本銀町角 - 馬喰三丁目 - 浅草橋間・浅草橋 - 横山町三丁目 - 本町角間がそれぞれ単線一方通行で電化開業。
    • 2月25日:電鉄 浅草橋 - 雷門間が電化開業。
    • 3月18日:電鉄 雷門 - 田原町 - 菊屋橋・合羽橋 - 上野停車場前 - 上野間が電化開業。田原町 - 上野停車場前間は菊屋橋経由が上野方面、合羽橋経由が雷門方面への単線一方通行。東京電車鉄道が全線電車化。
    • 5月15日:街鉄 数寄屋橋 - 茅場町 - 両国間・茅場町 - 亀住町間が開業。数寄屋橋を数寄屋橋内に改称。
    • 6月21日:街鉄 日比谷(日比谷公園) - 三田(本芝)間が開業。
    • 9月6日:街鉄 三宅坂 - 青山四丁目間が開業。
    • 11月8日:街鉄 本郷四丁目 - 上野広小路間が開業。本郷四丁目の須田町方面を本郷三丁目に改称。
    • 12月8日東京電気鉄道(外濠線)が土橋(新橋駅北口) - 御茶の水間を開業。
    • 12月17日:街鉄 小川町 - 俎橋間が開業。
  • 1905年(明治38年)
    • 4月3日:外濠線 土橋 - 虎ノ門内間が開業。
    • 4月5日:外濠線 御茶ノ水 - 東竹町(竹町)間が開業。
    • 5月15日:外濠線 東竹町(竹町) - 神楽坂(神楽坂下)間が開業。
    • 6月3日:街鉄 両国 - 亀沢町間が開業。
    • 7月18日:街鉄 上野広小路 - 西町間・亀沢町 - 小島町間が開業。
    • 8月12日:外濠線 神楽坂(神楽坂下) - 四谷見附間が開業。
    • 9月15日:外濠線 四谷見附 - 葵橋間が開業。
    • 9月17日:街鉄 西町 - 小島町間が開業。
    • 10月:東京の地理教育を目的に、3社による当時の路線をうたった歌として「東京地理教育電車唱歌」(全52番)が発表される。
    • 10月11日:街鉄の桜田門 - 霊南坂間と外濠線の葵橋 - 虎ノ門間が開業。街鉄霞ヶ関 - 霊南坂間の一部と外濠線葵橋 - 虎ノ門間の一部が被るために共用線として同時に開業。路線としての外濠線が全通。
    • 11月23日:外濠線 師範学校前 - 神田松住町間が開業。
    • 12月29日:街鉄 半蔵門 - 三番町間が開業。
  • 1906年(明治39年)
    • 1月20日:街鉄 三番町 - 市ケ谷見附間が開業。三番町を招魂社脇(招魂社横)へ改称。
    • 3月3日:外濠線 信濃町 - 天現寺橋間が全線専用軌道で開業。外濠線と線路が繋がっていないため車両のやり取りは街鉄線を経由して行われた。
    • 3月21日:街鉄 俎橋 - 飯田橋が開業。
    • 4月13日:街鉄 三原橋 - 蓬莱橋間が開業。
    • 8月2日:電鉄 菊屋橋経由の上野停車場 - 田原町間が複線化。それに伴い合羽橋経由が廃止。
    • 9月11日:電鉄・街鉄・外濠線の3社が合併し、東京鉄道(東鉄)成立。
    • 9月12日:東京鉄道としての運行が開始。
  • 1907年(明治40年)4月:東京市会において東京鉄道の買収を決議。
  • 1911年(明治44年)
  • 1917年大正6年)12月30日:城東電気軌道、錦糸町 - 小松川間を開業。
  • 1921年(大正10年)8月26日:西武軌道、淀橋 - 荻窪(現・荻窪駅南口)間を開業(10月1日、武蔵水電に合併[44]。さらに1922年(大正11年)6月1日帝国電燈に合併)。
  • 1922年(大正11年)
  • 1924年(大正13年)3月29日京浜電気鉄道品川駅(現・北品川駅)と接続、直通運転を開始。
  • 1933年昭和8年)4月1日:京浜電気鉄道との直通運転を取り止める。
  • 1935年(昭和10年)12月27日:西武鉄道(旧社)、東京乗合自動車(青バス)に新宿軌道線の経営を委託。
  • 1937年(昭和12年)3月25日:城東電気軌道、青バスに吸収合併される[46]
  • 1938年(昭和13年)
    • 4月15日:玉電、東京横浜電鉄に合併。
    • 4月25日:青バス、東京地下鉄道に吸収合併される。同社は城東軌道線を引き続き経営し、西武鉄道(旧社)から新宿軌道線の経営を受託する。
    • 10月14日:東京横浜電鉄、旧玉電路線の渋谷以東部分(下記)の経営を東京市へ委託する。
      渋谷東横百貨店前(現・渋谷駅東口) - 天現寺橋間
      渋谷橋 - 中目黒
  • 1941年(昭和16年)10月13日:三原橋 - 下板橋間で配給米の運搬が始まる。トラックガソリン使用を軽減する目的で、専用車が用意された[47]
  • 1942年(昭和17年)2月1日:東京市が王電と東京地下鉄道の城東軌道線(下記)を買収し、東京地下鉄道から新宿軌道線の運営管理を引き継ぐ。
    (旧王電路線) 早稲田 - 王子駅前間、赤羽終点 - 三ノ輪橋
    (旧城東路線) 錦糸町 - 西荒川間、水神森 - 洲崎間、東荒川 - 今井橋間
    (運行管理路線) 新宿駅前(現・駅ビル「ルミネエスト新宿」の北端辺り) - 荻窪間
    1944年(昭和19年)新宿駅前 - 角筈一丁目(新宿大ガード西交差点)間休止
  • 1943年(昭和18年)
    • 3月9日:東両国二丁目 - 両国駅間休止
    • 4月28日:土橋ループ、若松町引込線、白山上 - 本郷肴町(のちの向丘二丁目)間休止

都制施行後 - 財政再建団体指定

路線撤去

  • 1967年(昭和42年)12月10日:財政再建に伴う都電撤去計画に基づき、第一次都電撤去(品川駅前 - 東京港口間他12線区・都電本通線(通三丁目以南。通称:銀座線)など8系統線廃止)
  • 1968年(昭和43年)
    • 2月25日3月31日:第二次都電撤去(2月:千住四丁目 - 三ノ輪橋間他3線区、3月:数寄屋橋 - 文京区役所前間他2線区)
    • 9月29日:第三次都電撤去(渋谷駅前 - 北青山一丁目間他6線区)
  • 1969年(昭和44年)10月25日:第四次都電撤去(泉岳寺前 - 四谷三丁目間他11線区)
  • 1970年(昭和45年)3月27日:第五次都電撤去(新宿駅前 - 外神田二丁目他2線区)
  • 1971年(昭和46年)3月18日:第六次都電撤去(大塚駅前 - 本所一丁目他7線区)。この廃止で、「日本最大の路面電車」は京都市電になる(1976年3月まで)。
  • 1972年(昭和47年)11月12日:第七次都電撤去(錦糸町駅前 - 日本橋間他6線区)。早稲田 - 王子駅前 - 三ノ輪橋間(王電継承路線)のみとなる。

1路線1系統化後

  • 1974年(昭和49年)10月1日:残存区間の撤去計画撤回。恒久化が決定され、運転系統を単一に改める。「荒川線」の呼称を採用。
  • 1977年(昭和52年)10月1日:一部車両でワンマン化開始[49]
  • 1978年(昭和53年)10月1日:全車ワンマン化。
  • 1990年平成2年)4月:28年振りの新型車両8500形運行開始。
  • 1993年(平成5年)11月11日:プリペイドカード(Tカード)導入。
  • 1994年(平成6年)10月1日:バス共通カード使用開始。
  • 2000年(平成12年)11月11日:荒川一中前停留場が開設される。
  • 2007年(平成19年)
    • 3月18日:PASMO使用開始(同時にSuicaでの乗車も可能になる)。
    • 5月27日:9000形運行開始。同時に荒川電車営業所内に旧型車輌(5500形・7500形)の展示施設が設置される。
  • 2009年(平成21年)4月26日:8800形運行開始。
  • 2015年(平成27年)9月18日:8900形運行開始。
  • 2016年(平成28年)5月30日:7700形運行開始[50]
  • 2017年(平成29年)4月28日:荒川線の愛称を「東京さくらトラム」に決定[51]

運賃

大人(東京市電以降)

東京市電時

  • 1916年(大正5年)7月〜 5銭
  • 1920年(大正9年)6月〜 7銭
  • 1943年(昭和18年)6月〜 10銭

都制施行後

  • 1945年(昭和20年)12月〜 20銭
  • 1946年(昭和21年)3月〜 40銭
  • 1947年(昭和22年)2月〜 50銭
  • 1947年(昭和22年)6月〜 1円
  • 1947年(昭和22年)9月〜 2円
  • 1948年(昭和23年)6月〜 3円50銭
  • 1948年(昭和23年)8月〜 6円
  • 1949年(昭和24年)6月〜 8円
  • 1951年(昭和26年)12月〜 10円
  • 1956年(昭和31年)2月〜 13円
  • 1961年(昭和36年)7月〜 15円
  • 1967年(昭和42年)10月〜 20円

1路線1系統化後

  • 1973年(昭和48年)1月〜 30円
  • 1974年(昭和49年)10月〜 50円
  • 1977年(昭和52年)5月〜 70円
  • 1978年(昭和53年)10月〜 90円
  • 1980年(昭和55年)5月〜 120円
  • 1984年(昭和59年)7月〜 130円
  • 1985年(昭和60年)4月〜 140円
  • 1995年(平成7年)3月〜 160円
  • 2014年(平成26年)4月〜 170円[注釈 20]

注釈

  1. ^ どの鉄道会社を日本最初の私鉄とするかは諸説あり、日本鉄道または阪堺鉄道とする場合もある。
  2. ^ 米国の発明家フランク・スプレイグによって考案された、トロリーポール吊り掛け駆動方式を用いる電車が実用化されたのはこの前年の1888年のことである[9]
  3. ^ 1895年(明治28年)開業。1918年(大正8年)京都市電に編入。
  4. ^ 1898年(明治31年)開業。後の名古屋市電および現在の名古屋鉄道の前身。
  5. ^ 1899年(明治32年)開業。京浜急行電鉄の前身で現在の京急大師線
  6. ^ 1900年(明治33年)開業。現在の箱根登山鉄道の前身。
  7. ^ 当時車両に電気を供給する方法としては
    ・架線にプラスの電流を流し、マイナスの電流をレールに流す架空単線式
    ・架線を2本設置してマイナスの電流も架線に流す架空複線式
    ・架線を設けない蓄電池
    の3種類が検討された。しかし市区改正委員会は漏電による水道管やガス管の腐食を懸念し、架空単線式を認めない方針をとっていた。なお出願者の中には電車以外にもセルポレー式蒸気動車石油発動機圧搾空気の使用を計画するものもあった[10]
  8. ^ 1859年1月23日旧暦安政6年12月20日)長門国美禰郡伊佐村(現在の山口県美祢市)出身。真宗信徒生命保険(現在のT&Dフィナンシャル生命保険)、徴兵保険(後のAIGエジソン生命保険、現在のジブラルタ生命保険)、武蔵電気鉄道(現在の東京急行電鉄)などを設立し、大日本製薬の取締役や日本競馬会旧競馬法に基づく日本競馬会ではなく、その前々身に当たる団体)会長などを歴任した。また衆議院議員総選挙にも1903年の第8回1904年の第9回の2回当選している[14]
  9. ^ 1903年(明治36年)8月2日開業。後の三重交通神都線
  10. ^ かつて都内を流れていた汐留川に架かっていた橋の一つで、今日の東京高速道路土橋入口のある位置に存在した。
  11. ^ 当時の運賃は各社ともに全線3均一で同じ会社の電車同士の乗り継ぎは無料だったが、異なる会社の電車に乗り換える場合はまた運賃を支払う必要があった。
  12. ^ 特に通行税は運賃に上乗せ課税されており、納税するのは鉄道会社でも実際に税金を負担しているのは電車を利用する市民だった。
  13. ^ 戦前において、路面電車など軌道条例および軌道法に基づく鉄道会社の監督権限は、道路行政を所管する内務省にあった。しかし電気事業取締規則及び旧電気事業法において動力に電気を用いる鉄道会社は電気事業者と見なされていたので、同時に電力行政を所管する逓信省も監督権限を有していた。また1908年以降は鉄道行政を所管する内閣鉄道院→鉄道省も監督権限を得たので、路面電車は三重行政のもとにあった。[21][22]
  14. ^ この金額は1911年5月1日時点の評価をもとにした協定価格で、実際の買収額は6458万円余りとなった。
  15. ^ 営業係数は営業収入100円あたりの営業費用の比率で、この場合収入100円あたりの費用が34円30銭だったことを意味する。営業係数が100を下回れば営業黒字、上回れば営業赤字で、数字が小さいほど営業効率がよいと言える。
  16. ^ なお1922年度における東京市電気局の歳入総額は約6367万円、歳出総額は約6016万円である。
  17. ^ 1925年にはフォード・モーター(日本フォード)が横浜、1927年にはゼネラルモーターズ(日本ゼネラル・モータース)が大阪に製造拠点を設置した。なおフォード社が日本進出を決めたのは、東京市が市営バスのためにT型フォード800台を発注したためだとされる。
  18. ^ 東京市内の路線バスは震災前には東京乗合自動車など数社程度だったが、震災後の1933年には市営や鉄道会社の兼営でないバス専業事業者だけで41社を数えた。またタクシーは1922年には1200台程度だったが、1929年には1万台以上にまで増加した。
  19. ^ 市債の中には直接市電の収益に結びつかない目的のため発行されたものも多く、このことも事態を悪くしていた。1934年度の市債残高2億7822万円のうち、47%は震災復旧、道路拡張、東京鉄道の買収などのために発行されたものだった。
  20. ^ この時からPASMOSuicaといったICカード乗車券で運賃を支払う場合、表記の運賃より数円程度安くなるIC運賃を導入しており、2014年4月〜 165円、2019年(令和元年)10月〜 168円が適用されている。
  21. ^ 告示では8日「東京市告示第63号」『東京市公報』1914年5月17日
  22. ^ 志村線開業時点で営業廃止。1966年2月15日に東京都交通局が運輸省および建設省に提出した「巣鴨車庫前・志村橋間の軌道事業廃止許可申請」では板橋五丁目停留場を板橋線と志村線の境界としている。
  23. ^ 「都電百景百話」など林順信の著作物によるが、池袋駅電停背後の西武百貨店に掲げられていた日本万国博覧会開会までの日数電光表示板や、最終運転日(1969年10月25日土曜日)など、平日や土曜日に運転されていた事実を示す写真も残されている。
  24. ^ 『茶の湯連翹抄』(戸田勝久(茶家) 2005年12月 思文閣出版)425頁に当時の思い出として「トタン張りの大きな倉庫のようになっていた」と記述されている。
  25. ^ 東京都公報 1966年5月26日発行 号外90 「東京都電車の運転系統の名称及び区間の一部改正」(交通局告示 昭和41年第4号および交通局規程 第22号)に第18系統・第41系統削除の旨が掲載されている。一部の資料では18系統について「巣鴨車庫-神田橋間に運転短縮の上、1967年8月31日廃止」と記されているが、東京都公報では同日付の東京都電車運転系統に関する改廃の告示は掲載されていない。
  26. ^ 現在の浜松町駅前で、2016年4月現在跡地には世界貿易センタービル、交通局大門庁舎などがある。
  27. ^ なお、新宿線建設にあたって京王側が標準軌への改軌を検討したこともあるが、工事中の輸送力低下を恐れた京王側の意向から交通局側が馬車軌間で建設することになった。
  28. ^ 三ノ輪橋停留場では1983年8月時点で電停標識として存置されていた。また、1983年頃までは停留場名称板のみを外し、全面広告スペースとして使用する停留場も一部にみられた[161]

出典

  1. ^ 東京都地方公営企業の設置等に関する条例
  2. ^ 東京都電車条例
  3. ^ a b 『東京都交通局100年史』42-43頁
  4. ^ a b c d e f g h i j k l 『東京都交通局100年史』44-45頁
  5. ^ 『東京都交通局60年史』90-91頁
  6. ^ 『鉄道ピクトリアル』121号16頁
  7. ^ 『都市鉄道の技術社会史』28頁
  8. ^ a b 『都市鉄道の技術社会史』32-34頁
  9. ^ a b c 『日本の電車物語』36-37頁
  10. ^ a b c d e f 『東京都交通局100年史』46-47頁
  11. ^ a b c d 『都市交通の世界史』292-293頁
  12. ^ a b c d 『両大戦間期の都市交通と運輸』8-11頁
  13. ^ a b c d e f g 『東京都交通局100年史』48-49頁
  14. ^ 横浜市立図書館デジタルアーカイブ、京浜実業家名鑑 より。
  15. ^ a b c d e 『東京都交通局100年史』50-51頁
  16. ^ a b c d 『鉄道ピクトリアル』614号41頁
  17. ^ 時事新報
  18. ^ 中外商業新報
  19. ^ a b c d e 『東京都交通局100年史』52-53頁
  20. ^ a b c d e f g h 『東京都交通局100年史』54-55頁
  21. ^ 『日本の市内電車』3頁
  22. ^ 『日本の市内電車』4-5頁
  23. ^ a b c d 『東京都交通局100年史』56-57頁
  24. ^ a b 『東京都交通局100年史』58-59頁
  25. ^ a b 『東京都交通局100年史』60-61頁
  26. ^ a b c d 『東京都交通局100年史』62-63頁
  27. ^ a b c d e f 『東京都交通局100年史』64-65頁
  28. ^ 『日本の市内電車』28-29頁
  29. ^ 『日本の市内電車』30-31頁
  30. ^ a b c d e f g 『東京都交通局100年史』66-67頁
  31. ^ 『東京都交通局100年史』759頁
  32. ^ 『両大戦間期の都市交通と運輸』42-43頁
  33. ^ 『東京都交通局100年史』100-101頁
  34. ^ 『都電60年の生涯』192-193頁
  35. ^ 『日本の市内電車』34頁
  36. ^ 『両大戦間期の都市交通と運輸』36-37頁
  37. ^ a b c d 『東京都交通局100年史』82-83頁
  38. ^ 『東京都交通局100年史』636-637頁
  39. ^ a b 『東京都交通局100年史』84-85頁
  40. ^ 『東京都交通局100年史』88-89頁
  41. ^ a b c d 『東京都交通局100年史』98-99頁
  42. ^ a b c 「東京市街鉄道開業」中外商業1903年9月16日『新聞集成明治編年史. 第十二卷』(国立国会図書館デジタルコレクション)
  43. ^ 「電車車掌運転手罷業務」『東京時事新報』1912年1月1日(神戸大学附属図書館新聞記事文庫)
  44. ^ 『鉄道省鉄道統計資料. 大正10年度』(国立国会図書館デジタルコレクション)
  45. ^ 『鉄道省鉄道統計資料. 大正11年度』(国立国会図書館デジタルコレクション)
  46. ^ 『鉄道統計資料. 昭和11年度 第3編 監督』(国立国会図書館デジタルコレクション)
  47. ^ 配給米運搬に市電利用の東京(昭和16年10月12日 朝日新聞)『昭和ニュース辞典第7巻 昭和14年-昭和16年』p83 昭和ニュース事典編纂委員会 毎日コミュニケーションズ刊 1994年
  48. ^ 「都電・都バス 停留所名が大幅変更」『日本経済新聞』昭和40年9月15日.15面
  49. ^ 「都電荒川線 一部ワンマン化」『交通新聞』交通協力会、1977年9月30日、1面。
  50. ^ a b 都電荒川線で7701号車が営業運転を開始 - 交友社鉄道ファン」railf.jp鉄道ニュース 2016年5月31日
  51. ^ “都電荒川線の愛称を決定しました!”. 東京都交通局. (2017年4月28日). https://www.metro.tokyo.lg.jp/tosei/hodohappyo/press/2017/04/28/02.html 
  52. ^ 諸河久 (2019年11月2日). “都電が走らなかったのは練馬区とどこ? 青空の下を一直線にひた走る56年前「杉並線」”. AERA dot.. 2020年7月6日閲覧。
  53. ^ a b c 『わが街わが都電』161頁
  54. ^ a b 「新橋上野間電車今日開通」日本新聞1903年11月25日『新聞集成明治編年史. 第十二卷』(国立国会図書館デジタルコレクション)
  55. ^ 報道では2月25日「馬車鉄の馬も徴発」東京朝日新聞1904年2月25日『新聞集成明治編年史. 第十二卷』(国立国会図書館デジタルコレクション)
  56. ^ 「東京市告示第48号」『東京市公報』1914年4月14日
  57. ^ a b c d e 『電気事業成績調書. 昭和4年度(第19回)』(国立国会図書館デジタルコレクション)
  58. ^ 開業日8月10日『日本鉄道旅行地図帳』5号、37頁、『わが街わが都電』161頁
  59. ^ 「東京市告示第21号」『東京市公報』1915年3月14日
  60. ^ a b c d e 『電気事業成績調書. 大正11年度(第12回)』(国立国会図書館デジタルコレクション)
  61. ^ 「東京市告示第80号」『東京市公報』1918年6月29日
  62. ^ 「外堀線延長開業」東京朝日新聞1905年5月6日『新聞集成明治編年史. 第十二卷』(国立国会図書館デジタルコレクション)
  63. ^ a b 『電気事業成績調書. 大正13年度(第14回)』(国立国会図書館デジタルコレクション)
  64. ^ 「東京市告示第268号」『東京市公報』1924年6月21日
  65. ^ 「東京市告示第92号」『東京市公報』1923年4月21日
  66. ^ 「東京市告示第99号」『東京市公報』1920年6月9日
  67. ^ 「東京市告示第40号」『東京市公報』1914年3月15日
  68. ^ 都電時代の「最も短い区間」はどこ? 70年前傷みながらも戦後東京を支えた木造車両(2/3ページ)”. AERAdot. (2020年10月17日). 2020年10月17日閲覧。
  69. ^ 「東京市告示第218号」『東京市公報』1922年12月13日
  70. ^ 「東京市告示第139号」『東京市公報』1922年8月2日
  71. ^ 「東京市告示第58号」『東京市公報』1915年5月28日
  72. ^ 「東京市告示第125号」『東京市公報』1919年10月1日
  73. ^ 「東京市告示第124号」『東京市公報』1914年9月13日
  74. ^ 『電気事業成績調書. 大正14年度(第15回)』(国立国会図書館デジタルコレクション)
  75. ^ 告示では18日「東京市告示第40号」『東京市公報』1922年3月25日
  76. ^ 「東京市告示第59号」『東京市公報』1917年6月9日
  77. ^ a b 『電気事業成績調書. 大正12年度(第13回)』(国立国会図書館デジタルコレクション)
  78. ^ 「東京市告示第188号」『東京市公報』1923年4月15日
  79. ^ 「東京市告示第67号」『東京市公報』1917年8月1日
  80. ^ 「東京市告示第57号」『東京市公報』1921年9月20日
  81. ^ a b 「東京市告示第4号」『東京市公報』1922年1月11日
  82. ^ 「東京市告示第24号」『東京市公報』1922年2月25日
  83. ^ 「東京市告示第268号」『東京市公報』1924年7月16日
  84. ^ a b c d e f g 『わが街わが都電』160頁
  85. ^ 「東京市告示第130号」『東京市公報』1921年8月17日
  86. ^ 「東京市告示第192号」『東京市公報』1923年8月4日
  87. ^ 「東京市告示第99号」『東京市公報』1926年3月27日
  88. ^ 「東京市告示第268号」『東京市公報』1927年8月16日
  89. ^ 『電気事業成績調書. 昭和2年度(第17回)』(国立国会図書館デジタルコレクション)
  90. ^ 『電気事業成績調書. 昭和8年度(第23回)』(国立国会図書館デジタルコレクション)
  91. ^ a b c 『電気事業成績調書. 昭和3年度(第18回)』(国立国会図書館デジタルコレクション)
  92. ^ 『電気事業成績調書. 昭和5年度(第20回)』(国立国会図書館デジタルコレクション)
  93. ^ 「東京市告示第399号」『東京市公報』1930年9月6日
  94. ^ 「東京都告示第470号」『東京都公報』1944年5月1日
  95. ^ 1925年3月3日軌道特許「軌道特許状下付」『官報』1925年3月9日(国立国会図書館デジタルコレクション)
  96. ^ 「軌道敷設権譲渡」『官報』1938年11月25日(国立国会図書館デジタルコレクション)
  97. ^ 小野田滋「東京市電の池袋接続と武蔵野鉄道」『鉄道ピクトリアル』No.614
  98. ^ 「東京都告示第1300号」『東京都公報』1944年12月28日
  99. ^ “お茶の水橋アスファルト5センチ下から出現、戦中に消えた都電 錦町線 の線路跡”. 鉄道チャンネル. (2020年1月29日). https://tetsudo-ch.com/10029710.html 2020年2月2日閲覧。 
  100. ^ “舗装の下に都電レール 東京・お茶の水橋 戦中に廃止、工事で地上に”. 東京新聞. (2020年1月28日). https://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/202001/CK2020012802000144.html 2020年2月2日閲覧。 
  101. ^ 『路面電車EX2016年vol.07』54-56頁
  102. ^ 『路面電車EX2016年vol.07』56-57頁
  103. ^ 『路面電車EX2016年vol.07』58-59頁
  104. ^ 『路面電車EX2016年vol.07』60-61頁
  105. ^ 都電荒川線に7700形車両を導入します(東京都交通局ホームページ)
  106. ^ 『路面電車EX2016年vol.07』62頁
  107. ^ 『東京都交通局60年史』302頁
  108. ^ 『都電車両総覧』22頁
  109. ^ 『都電車両総覧』26頁
  110. ^ 『都電車両総覧』23頁
  111. ^ 『都電車両総覧』25頁
  112. ^ a b 『都電車両総覧』24頁
  113. ^ 『都電車両総覧』27頁
  114. ^ a b 『都電車両総覧』28頁
  115. ^ 『都電車両総覧』29頁
  116. ^ 『都電車両総覧』30頁
  117. ^ 『都電車両総覧』31頁
  118. ^ 『東京都交通局100年史』385頁
  119. ^ 『路面電車EX2016年vol.07』50-52頁
  120. ^ 『路面電車EX2016年vol.07』53頁
  121. ^ 「東海道線止る 四年ぶり都電に除雪車」『朝日新聞』昭和26年2月15日
  122. ^ a b 『東京都交通局100年史』222頁
  123. ^ a b 『都電が走った街今昔II』157-158頁
  124. ^ 『東京都交通局100年史』248-249頁
  125. ^ 『東京都交通局100年史』575頁
  126. ^ 『東京都交通局100年史』931頁
  127. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p 『東京都交通局100年史』217頁
  128. ^ a b c d e f g h i j k l m n 『東京都交通局100年史』219頁
  129. ^ 『都電が走った街今昔II』169-170頁
  130. ^ 『東京都交通局100年史』928頁
  131. ^ 『都電が走った街今昔II』169頁
  132. ^ 『都電が走った街今昔II』168-169頁
  133. ^ a b 『都電が走った街今昔II』167-168頁
  134. ^ 『鉄道ピクトリアル』688号97頁
  135. ^ a b 『都電が走った街今昔II』166-167頁
  136. ^ 『伊勢丹百年史』(株式会社伊勢丹広報担当社史編纂事務局、1990年)121頁
  137. ^ 『東京都交通局100年史』199-200頁
  138. ^ 『都電が走った街今昔II』166頁
  139. ^ a b c 『東京都交通局100年史』225頁
  140. ^ a b 『都電が走った街今昔II』165-166頁
  141. ^ a b 『都電が走った街今昔II』162-163頁
  142. ^ 『都電が走った街今昔II』164-165頁
  143. ^ 『都電が走った街今昔II』163-164頁
  144. ^ 『都電が走った街今昔II』163頁
  145. ^ 『東京都交通局100年史』855頁
  146. ^ 『都電が走った街今昔』172-173頁
  147. ^ 『都電が走った街今昔II』161-162頁
  148. ^ 『都電が走った街今昔』115頁
  149. ^ a b 『都電が走った街今昔II』161頁
  150. ^ 『都電が走った街今昔II』160頁
  151. ^ カメリア会について ごあいさつ
  152. ^ 『都電が走った街今昔II』159頁
  153. ^ 『都電が走った街今昔II』158頁
  154. ^ a b c d 『東京市電気局三十年史』519-520頁
  155. ^ a b 『都営交通100周年記念写真集 都電』95頁
  156. ^ a b 加藤新一「『東京ゲージ』をめぐる鉄道史」『地理』第41巻11号(通巻491号)、古今書院、1996年11月、 48-53頁、 NAID 40002447064
  157. ^ 和久田康雄『人物と事件でつづる私鉄百年史』鉄道図書刊行会、1991年、1頁
  158. ^ 『鉄道ピクトリアル』734号
  159. ^ たとえば、保育社カラーブックス712 林順信・諸河久著『おもいでの都電』(1986年)掲載写真など。
  160. ^ たとえば、野尻泰彦『東京都電風土記』(伸光社、1984年)309頁掲載 志村坂上停留場写真など。
  161. ^ 野尻泰彦『東京都電風土記』247頁 三ノ輪橋停留場、251頁 小台停留場、289頁 庚申塚停留場撮影写真による。






固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

東京都電車のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



東京都電車のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの東京都電車 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS