本塁打 本塁打率

本塁打

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/12/11 07:24 UTC 版)

本塁打率

本塁打率とは「1本塁打を打つのにどれだけの打数を要したか」を表す指標であり、「打数÷本塁打数」で求められる [22] [23] [24]。 なお英語圏では at bats per home run (AB/HR)などと呼ばれる。

日本での記録

通算(150本塁打以上を対象) [25]

  1. 王貞治 - 10.66
  2. バース - 10.93
  3. マニエル - 11.25

シーズン(規定打席以上を対象)[26]

  1. バレンティン - 7.32 (2013年)
  2. 王貞治 - 7.86 (1974年)
  3. カブレラ - 8.13 (2002年)

メジャーリーグでの記録

通算(3000打席以上を対象) [27]

  1. マーク・マグワイア - 10.61
  2. ベーブ・ルース - 11.76
  3. アーロン・ジャッジ - 11.99

シーズン (規定打席以上を対象、ニグロリーグは対象外) [28]

  1. バリー・ボンズ - 6.52 (2001年)
  2. マーク・マグワイア - 7.27 (1998年)
  3. マーク・マグワイア - 8.02 (1999年)

被本塁打

被本塁打とは、投手打者に打たれた本塁打のことを言う。「被弾」と呼ばれる事もある。ただし、投手によって投球回が違うため、本塁打を打たれやすいかどうかは、被本塁打率(被本塁打数÷投球回×9)で表される。この率が低いほど本塁打を打たれにくい投手となる。この被本塁打率の平均はMLBにおいては1.0ほどである。ただし、本拠地球場の本塁打パークファクターによって変動しやすい。

NPB被本塁打記録

通算記録
順位 選手名 被本塁打 被本塁打率 投球回
1 鈴木啓示 560 1.10 4600.1
2 山田久志 490 1.14 3865
3 東尾修 412 0.91 4086
4 北別府学 380 1.10 3113
5 金田正一 379 0.62 5526.2
6 平松政次 374 1.00 3360.2
7 米田哲也 370 0.65 5130
8 小山正明 365 0.67 4899
9 工藤公康 362 0.98 3336.2
10 柳田豊 359 1.37 2357.2
石川雅規 1.06 3037.2
順位 選手名 被本塁打 被本塁打率 投球回
12 三浦大輔 358 0.98 3276
13 山本昌 341 0.92 3348.2
14 成田文男 328 1.06 2781
15 松岡弘 326 0.91 3240
16 坂井勝二 325 1.03 2839.2
17 堀内恒夫 323 0.95 3045
18 梶本隆夫 321 0.69 4208
19 野村収 315 1.20 2355.2
20 石井茂雄 309 0.88 3168
  • 記録は2022年シーズン終了時[29]
シーズン記録
順位 選手名 所属球団 記録年 被本塁打 被本塁打率 投球回 備考
1 池谷公二郎 広島東洋カープ 1977年 48 1.91 226 セ・リーグ記録
2 金田留広 東映フライヤーズ 1971年 42 1.41 268 パ・リーグ記録
高橋里志 広島東洋カープ 1977年 1.33 284.2
井本隆 近鉄バファローズ 1980年 1.84 205.2 パ・リーグ記録
山田久志 阪急ブレーブス 1985年 1.70 222.1
6 鈴木啓示 近鉄バファローズ 1968年 41 1.03 359 左投手記録
柳田豊 1980年 1.75 211.1
小野和義 1986年 1.88 195.1 左投手記録
9 平松政次 大洋ホエールズ 1976年 40 1.38 260.1
10 真田重男 松竹ロビンス 1950年 39 0.89 395.2
鈴木啓示 近鉄バファローズ 1971年 1.20 291.1
遠藤一彦 横浜大洋ホエールズ 1984年 1.27 276.2
山内孝徳 南海ホークス 1986年 1.66 211.1
  • 記録は2022年シーズン終了時[30]
1試合記録
選手名 所属球団 被本塁打 記録日 対戦相手
川崎徳次 読売ジャイアンツ 8 1949年4月26日 大映スターズ

脚注

[脚注の使い方]

注釈

  1. ^ アシストホームランとも呼ばれ、元福岡ダイエーホークス岸川勝也鈴木貴久の、元読売ジャイアンツ松本匡史ボブ・ホーナーの放った打球を本塁打にしてしまっている。ホセ・カンセコは、カルロス・マルティネス英語版の放った打球が頭に当たり、これがフェンス外側へ飛んで、結果本塁打にしてしまったことがある。その他、大豊泰昭山田勉も本塁打をアシストしてしまったことがある。1960年8月9日のボストン・レッドソックス対クリーブランド・インディアンスの試合では、レッドソックス外野手のルー・クリントン英語版が、エンタイトル二塁打になるはずだったボールを偶然スタンドに蹴り込んでしまい、間の悪いアシストホームラン、しかも決勝打にしてしまうハプニングが起きている。
  2. ^ 当時のもので現在は本規則における用語の定義 15『キャッチ』【原注】に記載されている。
  3. ^ 2014年度からはフェンス際の打球と適用範囲が広がっている。

出典

  1. ^ 公認野球規則 5.05(a)(5)
  2. ^ 4ベースエラーの新人アデル「ボール見失って…」 日刊スポーツ(2020年8月10日)
  3. ^ Rangers score on rare 4-base error against Angels MLB.com (2020年8月10日)
  4. ^ 公認野球規則 本規則における用語の定義 25『フェアボール』(e), 32『ファウルボール』(d)
  5. ^ 公認野球規則 5.06(b)(4)(F)
  6. ^ 公認野球規則 5.06(c)(3)
  7. ^ 公認野球規則 6.01(e)
  8. ^ a b c 朝日新聞2002年03月05日27面
  9. ^ : inside-the-park home run または inside-the-park homeren:Inside-the-park_home_runも参照のこと。
  10. ^ a b c d e 久保田龍雄「かつて「1日がかり」では達成も…幻の“サイクル本塁打”に挑んだ男たち」『BASEBALL KING』フロムワン、2020年10月20日。2022年6月2日閲覧。オリジナルの2022年6月2日時点におけるアーカイブ。
  11. ^ a b サイクル本塁打、決勝負けなし9連勝などなど 大阪桐蔭の記録ずくめVアラカルト」『デイリースポーツ神戸新聞社、2022年4月1日。2022年6月2日閲覧。オリジナルの2022年6月2日時点におけるアーカイブ。
  12. ^ a b c “NPBで「サイクル本塁打」を1日で達成した唯一の選手 いつか「村神様」には1試合で達成を”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2022年9月30日). https://www.nikkansports.com/baseball/column/bankisha/news/202209300000014.html 2022年9月30日閲覧。 
  13. ^ 読売新聞』1999年4月19日東京朝刊スポーツA面19頁「巨人、5点差はね返したが… 河村真司「中継ぎの差」に沈む/中日9-7巨人」(読売新聞東京本社 西山栄一)
  14. ^ 1試合4本塁打 メジャーでは過去18人 サイクル本塁打はマイナーで記録」『Sponichi Annex』スポーツニッポン新聞社、2018年5月15日。2022年6月2日閲覧。オリジナルの2022年6月2日時点におけるアーカイブ。
  15. ^ Lisa Winston (2006年8月10日). “Horne's 'home run cycle' has yet to be replicated Recent college grad puts baseball history in perspective” (英語). MiLB.com Homepage. マイナーリーグベースボール. 2022年6月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年6月2日閲覧。
  16. ^ SportsCenterのツイート”. Twitter. 2022年11月15日閲覧。
  17. ^ エンゼルス “サイクル”本塁打の珍記録 ソロ、2ラン、3ラン、満塁全部出た そのうち2発が大谷」『Sponichi Annex』スポーツニッポン新聞社、2022年5月10日。2022年6月2日閲覧。オリジナルの2022年6月2日時点におけるアーカイブ。
  18. ^ 歴代最高記録 本塁打【通算記録】 - NPB.jp 日本野球機構(シーズン中は毎日更新)
  19. ^ 歴代最高記録 本塁打【シーズン記録】 - NPB.jp 日本野球機構
  20. ^ MLB 通算本塁打記録 - Baseball-Reference.com
  21. ^ MLB シーズン本塁打記録
  22. ^ カネシゲタカシ, 鳥越規央 『プロ野球 令和の最新データで読み解く「この選手がすごい! 」ランキング』辰巳出版、2020年、36-37頁。ISBN 4777826473 
  23. ^ 永山智浩 (2015年6月17日). “Webオリジナルコラム 本塁打率から見るプロ野球。「10.00」の壁を越えられるか?”. 週刊ベースボールONLINE. ベースボール・マガジン社. 2021年11月8日閲覧。
  24. ^ baseballchannel (2016年2月8日). “苦境に立つバレンティンとブランコ。復活の証明へ、スラッガー2人が挑む通算200号”. ベースボールチャンネル(BaseBall Channel). 株式会社カンゼン. 2021年11月8日閲覧。
  25. ^ DeNA筒香が通算150本塁打を達成 本塁打率で見る歴代強打者たち”. Full-Count. 株式会社Creative2 (2018年5月25日). 2021年11月8日閲覧。
  26. ^ 永山智浩 (2015年6月17日). “Webオリジナルコラム 本塁打率から見るプロ野球。「10.00」の壁を越えられるか?”. 週刊ベースボールONLINE. ベースボール・マガジン社. 2021年11月8日閲覧。
  27. ^ Career Leaders & Records for AB per HR”. Baseball-Reference.com. 2022年11月25日閲覧。
  28. ^ Single-Season Leaders & Records for AB per HR”. Baseball-Reference.com. 2022年11月25日閲覧。
  29. ^ NPB 通算被本塁打記録 - NPB.jp 日本野球機構
  30. ^ NPB シーズン被本塁打記録 - NPB.jp 日本野球機構





英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「本塁打」の関連用語

本塁打のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



本塁打のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの本塁打 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2023 GRAS Group, Inc.RSS