朝日放送テレビ キー局との関係

朝日放送テレビ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/27 07:38 UTC 版)

キー局との関係

腸捻転時代のTBSテレビとの関係

腸捻転[注釈 16]時代においてTBSテレビとの関係は比較的良好で、全国ネットの帯番組が週1度朝日放送テレビの制作となるケースもあった(『ヤング720』等)。また、早朝の情報番組も、JNN排他協定が関係したとはいえ現在と異なりTBSテレビからのネット受けだった(『モーニングジャンボ』等)。ただし末期には、『必殺仕置人殺人事件』の影響によるTBSテレビの『必殺シリーズ』の番組内容に対する介入や、一社提供スポンサーも関係した『お笑い頭の体操』(TBSテレビ制作・ロート製薬提供)の同時ネット化と『部長刑事』(自社制作・大阪ガス提供)の枠移動の問題などで若干の軋轢が起きていた。

ネットチェンジ後のNET・テレビ朝日との関係

腸捻転解消当初、NETテレビ → テレビ朝日との関係は腸捻転時代の名残もあり、決して従順なものではなく[注釈 17]、特に情報番組や報道番組などを中心に、自社番組への差し替え[注釈 18]が目立っていた。

これは、朝日放送テレビの方が歴史が古いことや、全国的に後発局(平成新局)の多いテレビ朝日系列局[注釈 19]が苦戦を強いられている中で、老舗局として近畿地区で大きなシェアを誇る自負の大きさや、朝日放送への出資企業である大阪ガス等が提供となっている番組もあり、その兼ね合いから時間移動が困難な場合もあったからである。また、朝日放送テレビは、開局からネットチェンジまでの前述の経緯から他の在阪局と異なり、在京キー局との関係が上下関係のある「親子」あるいは「上司と部下」の関係ではなく、対等に近い「夫婦」の協定であるため、自社制作番組を中心に「ABC・テレビ朝日系列」→「ABCテレビ・テレビ朝日系列」[注釈 20]という表記が許されている[注釈 21]。その意味で、在阪の中で唯一キー局としての立ち位置を全国系列局に対して持っている局でもあり、そのため、ネットチェンジ後のNET→テレビ朝日から番組編成の変更を要請されても、頑なに辞退することがあった[注釈 22]他、逆にテレビ朝日や番組スポンサー側が、朝日放送テレビやローカル番組のスポンサーに就く関西地区の地場大手企業に配慮した形で近畿地区での編成変更に対応しやすい編成とすることがあった。

ただし、日曜洋画劇場は番組スポンサー4社のうち3社[注釈 23]が当時朝日放送テレビの放送エリア内に本社を置いていたこともあり、テレビ朝日の選択した内容を朝日放送テレビもそのまま放送した。

一方のNET〜テレビ朝日もネットチェンジ直後は番組制作能力が高くなかったこともあり、放送番組確保のため、週末や平日午後等のローカルセールス枠で、朝日放送テレビから関西ローカル番組(『夕やけ笑劇場』『お笑い花月劇場』『ただいま恋愛中』など)や腸捻転時代にTBSテレビで放送されたアニメ・ドラマの再放送(『必殺シリーズ』『海のトリトン』など)を相当数購入して放送していた。また朝日放送テレビも、腸捻転時代にMBSテレビや近畿広域圏の独立放送局で放送されたNET制作のアニメ(「東映魔女っ子シリーズ」など)・ドラマ(「ナショナルゴールデン劇場」や時代劇など)から人気作品を中心に再放送を相当数行った。

朝日放送でプロデューサーを務めた澤田隆治が在職のまま設立に関与した東阪企画は、TBSテレビ・テレビ朝日の双方と番組制作で関係を持った。

ワールドプロレスリング』の近畿地区開催での試合中継については、MBSテレビは精力的に制作協力したが、朝日放送テレビは「TBSテレビの国際プロレス中継を放送していた頃、うちにも抗議が殺到して困った」という理由からMBSテレビほど協力的ではなく、苦労したという[8][要ページ番号]

現在

2000年代の後半以降は、テレビ朝日による朝日放送株の保有比率が上昇した[注釈 24]ほか、両局による人材交流が活発化。テレビ朝日の番組制作能力が年月を経て向上したこともあって、かつて朝日放送が単独で制作していた『熱闘甲子園[注釈 25]M-1グランプリ』『必殺仕事人[注釈 26]や、金曜21時台のドラマ(2011年4月改編で廃枠)がテレビ朝日との共同制作体制へ移行している(クレジット上『M-1グランプリ』のみテレビ朝日は制作協力団体扱い)[注釈 27]。また、旧朝日放送時代に自社で制作した番組(TBS系時代を含む『必殺シリーズ』など)が、BS朝日やテレ朝チャンネルで改めて放送されている。2017年10月1日から毎週日曜日の早朝にテレビ朝日の本社から放送されている『サンデーLIVE!!』には、同局およびメーテレと並ぶ共同制作局として、キャスターやスタッフを派遣している。また、これまで朝日放送主導(NETテレビ→テレビ朝日は制作協力団体扱い)で制作・配信していた関西圏で開催のプロ野球オールスターゲームは、放映権獲得が広告代理店関与による日本野球機構主導となった影響もあり、2012年以降はテレビ朝日主導の制作・配信(朝日放送→朝日放送テレビは制作協力団体扱い)に移行している。

その一方で、日曜以外の曜日の早朝、平日の夕方、深夜などの時間帯には自社制作番組を数多く編成。平日の早朝には『おはよう朝日です』、土曜日の早朝には『おはよう朝日 土曜日です』(いずれも関西ローカル向けの生放送番組)を優先しているため、テレビ朝日制作の情報番組(2021年4月改編時点では『グッド!モーニング[注釈 28]と『週刊ニュースリーダー』)の本編を一切放送していない[注釈 29]。また、年度上半期(プロ野球シーズン中)の水曜夜間・日曜午後には阪神タイガース戦の中継[注釈 30]、8月上 - 中旬には(2020年を除いて)全国高等学校野球選手権大会の中継を優先している[注釈 31][注釈 32][注釈 33]

もっとも、テレビ朝日が制作する番組の同時ネットに充てる時間帯は年々拡大している。2009年3月から2011年9月までは、『スーパーJチャンネル』のうち、(本来はテレビ朝日と一部の系列局でしか放送していない)第1部を『NEWSゆう+』(当時平日の夕方に放送していたローカルワイドニュース)への内包コーナー扱いで部分ネット。2012年10月1日からは、平日の10・11時台に『(大下容子)ワイド!スクランブル・第1部』(本来はローカルセールス扱いのパート)の同時ネットに踏み切った[注釈 34]。さらに、2018年10月6日から2019年9月までは、『スーパーJチャンネル』の土曜版を、テレビ朝日と同じ時刻からネット[注釈 35]。長年にわたって自社制作番組を中心に編成してきた土・日曜日の12時台についても、日曜日では2016年4月3日から『ビートたけしのTVタックル[注釈 36]、土曜日では2019年5月4日から『中居正広のニュースな会』の同時ネットへ移行している。

ちなみに、2004年度までは、プロ野球シーズン中の水曜夜間に阪神主催のナイトゲームとサッカー日本代表の国際試合が重なった場合に、テレビ朝日による後者のサッカー中継枠を自社制作による阪神戦の中継に差し替えたうえで、同局制作の『ニュースステーション』(2003年度まで)→『報道STATION』以降に録画で放送することが多かった。サッカー日本代表の中継と『報道STATION』が連結されるようになった2005年度からは、阪神戦と同時に開催される日でもサッカー中継の同時ネットを優先。阪神戦については、同じ時間帯にサンテレビで中継する一方で、技術協力局として制作に携わっている[注釈 37][注釈 38]

Jリーグについては、セレッソ大阪の株主に名を連ねながら[注釈 39]、セレッソ戦を含めたリーグ戦の中継実績が少ない。ただし、2009年12月には、Jリーグユース選手権の決勝(長居スタジアム)で、録画放送ながらサッカー中継を再開[注釈 40]。2010年からスカパー!向けガンバ大阪ホームゲーム中継の制作業務を担うほか、2015年からは、「(ヴィッセル神戸京都サンガを含めた)関西の(Jリーグに加盟する)4クラブを応援する」という趣旨で『Jフットニスタ』というサッカー情報番組をレギュラーで編成している。2020年7月4日の深夜(5日未明)には、4日の夜にパナソニックスタジアム吹田リモートマッチとして開催された「大阪ダービー」(J1リーグ公式戦・ガンバ大阪対セレッソ[注釈 41])の試合映像(DAZN向けの配信と共用するJリーグ公式映像)を編集したうえで、1時間分の放送枠による録画ながら地上波で唯一の中継を実施した。2021年に発足した女子プロサッカーのWEリーグでも、同年9月12日の午前中にノエビアスタジアム神戸で開催された開幕戦(INAC神戸大宮アルディージャVENTUS[注釈 42])で、DAZN向けの映像を活用しながら地上波(関西ローカル)向けに生中継。女子プロサッカーの公式戦を自社制作で中継することは、旧朝日放送時代を含めても初めてであった[9]

東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)の発生時に行った『ABC東日本大震災義援金』や『スイートプリキュア♪キラキラハーモニー』会場での募金は、テレビ朝日福祉文化事業団を各団体への寄付の中継窓口とした。


注釈

  1. ^ かつてのキー局で、同じく朝日新聞社が開局に動いたラジオ東京(現:TBSラジオ)よりは約1ヶ月早い。
  2. ^ 逆に現在JNNに所属するMBSテレビはANNに属していた。
  3. ^ 物理チャンネル・15ch。他の在阪広域局も揃ってアナログと同じリモコンキーIDを使用。
  4. ^ ただし、リアルタイム字幕放送実施時は使用している。ちなみに関西の他局ではテレビ大阪も使用していない。
  5. ^ 放送持株会社化によるものも含め、ラジオ・テレビ分社化後にテレビのクレジットのロゴがマイナーチェンジ2種類のみになるのは初の事例である(TBSテレビは原則として旧東京放送時代からの「TBS」のまま〈2020年3月までの旧ロゴタイプ時代には「TBSテレビ」のものも若干あり〉、CBCテレビは「CBCテレビ」へ変更〈例外として「CBC」のままのものも一部あり〉。〈新〉毎日放送はラジオ分社化後も商号変更しないため「MBS」のまま)。
  6. ^ テレビ朝日系全国ネットでも2018年8月28日(火曜日)19:00 - 21:48に放送の単発特別番組『平成生まれ3000万人!そんなコト考えた事なかったクイズ』のエンドロールでは「ABCテレビ」ロゴが使用された(2019年4月に『そんなコト考えた事なかったクイズ!トリニクって何の肉!?』としてレギュラー化後は「ABC TV」を使用)。また、2020年7月開始の『これって私だけ?』のエンドロールでは「ABCテレビ」が使用されていた。
  7. ^ JOBX-(D)TVのコールサインはのちに大分朝日放送に再度割り当てられた。
  8. ^ 現在、跡地にはANAクラウンプラザホテル大阪(旧・大阪全日空ホテル・シェラトン→大阪全日空ホテル)が建っている。
  9. ^ この新社屋移転案としては、ここのほかに、堂島社屋(旧大阪テレビ放送社屋)の敷地を拡張をして、そこに新社屋を建設する案や、現本社がある福島区の(当時)阪大病院敷地(当時から移転の話があった)への移転案もあった。
  10. ^ 日本の放送局で初めて、日本気象協会以外からの気象情報提供。
  11. ^ テレビ朝日との共同制作になるが、送出はテレビ朝日
  12. ^ 最後の番組は『スーパーベースボール』でのオールスターゲーム第3戦の中継
  13. ^ JOAY系列のサインはかつてNHK佐世保支局がNHK佐世保放送局だった時代に同局のEテレR2に割り当てられていたが、後にJOAZ系列に変更された(同局がNHK長崎放送局の支局へ降格した際にそのサインも廃止・返上、中継局に降格)ため、使用されていなかった。大阪テレビ放送時代のサインは前述の通り大分朝日放送に再割り当て済み。
  14. ^ 日本テレビとTBS読売新聞社・朝日新聞社・毎日新聞社がほぼ同数の持ち株数で出資し、NETは日本経済新聞社と朝日新聞社が出資、東京12チャンネルは放送免許を持つ日本科学技術振興財団の財団債を朝日新聞社が多く引き受けていた一方で、実際の運営会社である東京12チャンネルプロダクション(現・テレビ東京)は日本経済新聞社が財界の要請を受けて大口出資者になっていた。これを日本テレビ株式を読売新聞社へ、TBS株式を毎日新聞社へ、NET株式を朝日新聞社と旺文社へそれぞれ譲渡し、科学技術財団債は日本経済新聞社が肩代わりしたもの。
  15. ^ 1992年毎日放送が脱退し、同年はクッション期間としてKBS京都サンテレビテレビ和歌山ラジオ関西和歌山放送が民教協の番組を放送していた。
  16. ^ この呼称は、放送局系列と新聞社系列の関係がこじれていたことに由来する。朝日新聞系列の朝日放送テレビは当初TBSテレビとネットを組んでいたが、後にTBSテレビが毎日新聞系列(当時。現在は友好関係にとどまる)となったことで問題が生じた。MBSテレビとNETとの関係も同様である。詳細はネットチェンジを参照。
  17. ^ 他の在阪局、特に1980年代以降の関西テレビフジテレビの関係にも似たような状況があった(フジテレビが1970年代の『母と子のフジテレビ』を標榜した硬派路線だった時代までは関西テレビとの関係も比較的良好で、関西テレビも番組編成で関西地区のニーズに合わせた自主路線を取る一方、黎明期の経営陣の人的なつながりの強さを生かして東海テレビとともにフジネットワークの拡大にも尽力するなどフジテレビと協調姿勢だったが、1980年代に入ってフジテレビが『軽チャー路線』へ転換して以降、人的・物的な関係は引き続き良好な反面、企画・編成面では対立が増加していた)。
  18. ^ 有名なところでは『グッド!モーニング』(部分ネットしている5時台の末尾10分〈実質的に『ANNニュース』のみ〉除く)→『おはようコールABC』『おはよう朝日です』。この時間帯はもともとローカル枠だった上、『グッド!モーニング』の前身の『おはようテレビ朝日』が『おはよう朝日です』のフォーマットを購入した企画ネット番組だったという事情もあった。もともと自主編成枠だったため、過去には朝日放送テレビ以外でも全面的に自社制作番組やテレビアニメなどの遅れネット・再放送番組を編成した局も多く、クロスネット局の場合は日本テレビ・フジテレビなど他系列の生番組を優先していたが、その後静岡朝日テレビ・広島ホームテレビ・瀬戸内海放送が自社制作から撤退し、その他の局も再放送・遅れネット番組からテレビ朝日制作番組のネット受けに順次転換し、さらに平成期以降に開局した新局もテレビ朝日からのネット受けを選択したことで、なし崩し的に準全国ネットとなった経緯による。また当該枠の長時間化により、早朝の自社制作番組を継続している北海道テレビ・メ〜テレ・九州朝日放送はテレビ朝日制作番組の部分ネットを実施している。
  19. ^ 特にテレビ朝日系列は、1989年9月までANNフルネット局は12局に留まり、朝日放送テレビの他に、北海道テレビ(HTB)、東日本放送(KHB)、福島放送(KFB)、テレビ朝日(ANB・現:EX)、新潟テレビ21(NT21・現:UX)、静岡けんみんテレビ(SKT、現:静岡朝日テレビ(SATV))、名古屋テレビ(NBN)、広島ホームテレビ(HOME)、瀬戸内海放送(KSB)、九州朝日放送(KBC)、鹿児島放送(KKB)しかなかったが、1989年10月1日の熊本朝日放送(KAB)開局を皮切りに、青森朝日放送(ABA)、岩手朝日テレビ(IAT)、秋田朝日放送(AAB)、長野朝日放送(ABN)、北陸朝日放送(HAB)、山口朝日放送(YAB)、愛媛朝日テレビ(eat)、長崎文化放送(NCC)、大分朝日放送(OAB)、琉球朝日放送(QAB)などがいずれも1990年代に開局した。また山形テレビ(YTS)もバブル期における経営悪化から、1993年4月1日からFNSからテレビ朝日系列にネットチェンジした。
  20. ^ 朝日放送テレビ分社後は、朝日放送時代に放送されたテレビ番組にも遡って「ABCテレビ・テレビ朝日系列」表記が適用されている(『グランブルーファンタジー』における『ふたりはプリキュア』のコラボレーション〈この時点で放送されている『HUGっと!プリキュア』も含めたプリキュアシリーズ全体として表記〉等)。
  21. ^ 毎日放送でも『ダンロップフェニックストーナメント』第3日の番組内での最終日の放送予定告知で、「MBS・TBS系列」(略称は各局のロゴを使用)と表記した例がある。
  22. ^ 主に『部長刑事』シリーズ(毎週土曜日19時30分)などが有名。同番組についてはTBS系時代も、TBSテレビや、土曜19時30分枠全国ネット番組の単独スポンサーで、同じ関西地盤の企業であるロート製薬から枠移動を要請され、一時は火曜の同時間帯の任意ネット枠との交換も検討されたが、ネットチェンジもあり実現しなかった。
  23. ^ 松下電器大阪府門真市)、サントリー(大阪府大阪市)、ネスレ日本兵庫県神戸市)の3社。
  24. ^ 2000年頃は上位10社に含まれていなかったが、2005年の第三者割り当て増資後は信託口を除けば朝日新聞に次ぐ2位の大株主となった。一方で朝日放送グループホールディングスもテレビ朝日ホールディングスの株を保有している。
  25. ^ クレジット上は開始当初からテレビ朝日との共同制作名義だったが、2000年代以降スタッフ・出演者などの面で関与の度合いが増加している。
  26. ^ 朝日放送と松竹京都撮影所の共同制作による連続ドラマ版が『必殺仕事人・激突!』(1991年)で終了した後に、2007年にスペシャルドラマ『必殺仕事人2007』として復活。復活を機にテレビ朝日との共同制作体制へ移行すると、2009年1 - 6月の金曜21時台に『必殺仕事人2009』を連続ドラマとして放送した以外は、年1回放送のスペシャルドラマとして制作を続けている。
  27. ^ ネットチェンジ直後からも一部スポーツ中継や「水曜スペシャル」で年2回(春・秋)の番組改編期に放送される『輝け!オールスター』を冠した人気番組対抗の番組などでも制作協力局として参加している。
  28. ^ ただし、5:50 - 5:59の全国ニュースコーナー(『ANNニュース』)のみ、『おはよう朝日です』第1部(2020年10月2日までは『おはようコールABC』)への内包扱いで同時ネット。強制ネットの対象になるネットスポンサー付きの期間限定コーナー(オリンピックサッカー・FIFAワールドカップ、テレビ朝日が日本国内での放送権を有する世界水泳世界体操関連の速報・ダイジェストコーナー)についても、『おはよう朝日です』への内包扱いで同時ネットを実施している。
  29. ^ 年末年始などで自社制作番組が休止・短縮となる場合でも同様。
  30. ^ 原則として関西ローカルのみだが、2018年以降は水曜ナイターのビジター側地元局へのネットが解禁されたため(2017年まではローカルセールス枠での日曜デーゲームと全国中継カード差し替え時〈深夜枠での録画中継を除く〉しか認められていなかった)、2018年以降は、広島ホームテレビが編成および制作が可能な時に対広島東洋カープ戦を自社で実況・解説を差し換えて放送しており(原則として現地乗り込みまたは広島からのオフチューブのいずれかで実施。2021年は4月の1試合で実施したが9月の1試合は見送り)、2019年のみ交流戦の対東北楽天ゴールデンイーグルス戦を東日本放送が自社で実況・解説を差し替えて放送した。
  31. ^ 2000年代初めまでは、広島ホームテレビもゴールデンタイムの全国ネット番組を広島東洋カープ戦中継に相当数差し替えていた。同局では、当然ながら朝日放送テレビ制作番組も差し替え対象となった他、朝日放送テレビと異なり特定の曜日に集中しなかった反面、水曜のみならず木曜から土曜のアニメや連続ドラマが遅れネットになることも多く、ごくまれに番組返上となることもあった。また、広島県には独立放送局が所在しないため、差し替え本数が朝日放送テレビより多くなる週や月もあったが、2004年のプロ野球再編問題を境に一時減少に転じていた(特に木曜から土曜)。その後2010年代には広島の復調もあり放送が再度増加している。
  32. ^ 逆に2013年5月19日(日曜)20時台は、『大改造!!劇的ビフォーアフター』(朝日放送テレビ制作全国ネット)をテレビ朝日・北海道テレビが関東・北海道ローカルで日本ハム巨人(テレビ朝日主管制作)に差し替えて後日の遅れネットとするという事態が発生している(19時台『シルシルミシルさんデー』はテレビ朝日制作のため朝日放送を含む他22局へ裏送りの先行ネットとし、当該2局では後日に放送)。
  33. ^ 1980年代までは、テレビ朝日も朝日新聞グループとしてローカル枠でのネット受け・テレビ神奈川と提携してのリレー完全中継実施(1977年)・スピンオフ企画として萩本欽一の司会による定時制通信制軟式高校野球の特集『もう一つの甲子園』制作等、高校野球関連企画に力を入れていた。
  34. ^ 但し、2015年1月5日 - 2017年9月29日は『ANNニュース』パートのみのネットだった。なお現在でも自主編成(特に夏の高校野球選手権大会中継や中継優先で放送できなかった全国ネット番組の振替放送)の都合で『ANNニュース』パートのみのネットに変更する日がある。
  35. ^ なお、2018年9月8日・15日に2018年10月改編の試行処置として、臨時に土曜版をテレビ朝日と同時刻からネット。ただ、自主編成の都合で臨時に17:30飛び乗りに変更する場合があった。2019年10月改編で16:30 - 17:30にアニメ枠(16:30 - 17:00『クレヨンしんちゃん』、17:00 - 17:30『ドラえもん』)開始に伴い、ローカルセールスパートは廃止となった。
  36. ^ 月曜21時台に放送されていた時期(1991年4月1日 - 2014年3月24日)にも同時ネットを実施。放送枠を月曜日の深夜へ移していた時期(2014年3月31日 - 2016年3月28日)には、編成上の事情で、テレビ朝日から1時間15分遅れの時差ネットで放送していた。放送枠を日曜12時台へ移動したことを機に、同時ネットを再開。
  37. ^ 類似した事例として、広島県の民放局がバレーボール日本代表の国際試合やプロボクシングの世界タイトルマッチを深夜録画とした上で広島戦中継を行った事例があった。
  38. ^ 系列局でも、2021年6月13日(日曜日)には、北海道テレビが『イチオシ!!ファイターズ 日本ハム対DeNA』(デーゲーム開催)を放送する関係で、『女子サッカーMS&ADカップ2021 なでしこジャパン対メキシコ女子代表』が深夜の録画中継となった事例や、2021年7月7日(水曜日)には、広島ホームテレビが『カープ応援中継“勝ちグセ。” 広島対DeNA』(ナイター開催)を放送した関係で、『バスケットボール国際強化試合 日本対ハンガリー』が深夜の録画中継(字幕放送と連動データ放送には非対応のため、広島県の視聴者はプレゼント企画や視聴者投票への応募不可。試合に協賛した19時台のスポンサーのみそのまま深夜にスライドしたため、野球中継はローカルスポンサーと20時台のネットスポンサーで放送)となった事例がある(後者は、同日の阪神はビジターの対ヤクルト戦のため、BS朝日で放送)。
  39. ^ セレッソには、在阪の民放テレビ・ラジオ全社(朝日放送テレビ・朝日放送ラジオを含む8社)が出資。
  40. ^ この試合はスカパー!でも生中継を行った
  41. ^ 当時ガンバに在籍していた遠藤保仁は、この試合に先発で出場。試合自体も成立したため、J1リーグ公式戦の通算出場試合最多記録(632試合)を達成した。
  42. ^ VENTUSの本拠地・埼玉県さいたま市が放送対象地域内にあるテレビ朝日では、中継の同時ネットや録画放送を実施せず。
  43. ^ 月曜日から金曜日は帯番組で『上沼恵美子のおしゃべりクッキング』、土曜日は『朝だ!生です旅サラダ』、日曜日は『新婚さんいらっしゃい!』。
  44. ^ かつて月曜日は、前述の通り、朝日放送テレビの番組が全国ネットで放送されていた。
  45. ^ 通常『ナニコレ珍百景』(テレビ朝日制作枠)と『ポツンと一軒家』(当社制作枠)の時間枠で放送する明石家さんま司会バラエティー特番の日曜日での放送は今回が最初になる。
  46. ^ 20時 - 22時または19時 - 21時(20時台)に編成する回がある。
  47. ^ 一方でテレビ朝日制作特別番組を放送する際の朝日放送テレビの該当制作時間枠に関しては、概ねテレビ朝日の該当制作時間枠のスポンサーが朝日放送テレビの制作に返上での休止振替えとなり、それ以外の時間帯は概ねのレギュラー放送時のスポンサーが付く。
  48. ^ 2020年3月に志村けんが逝去したため、2021年以降は『おしょうバズTV』に改題となった。
  49. ^ しかし、2015年にテレビ朝日が『路線バスで寄り道の旅』の5時間スペシャル(13:00-18:00.JST)を編成して視聴率が好評だったことから以降1月2日の午後〜夕方の定番企画となったため、この影響で2014年以降1月2日の16:00-17:55の2時間特番を返上して、年末に別特番を設けるか年始明けにゴールデンタイムで特番を設けることが多い。(ただし、2021年は1月3日に曜日配列の関係上ポツンと一軒家の新春3時間スペシャルを放送。)
  50. ^ 『M-1グランプリ』自体は、2015年の年末に復活。
  51. ^ なお、2012年7月31日と8月3日はロンドンオリンピック中継による編成上の関係で「ココイロ」の番組自体そのものが休止(冒頭4分間の差し替えも不可能)となったため、飛び乗り編成の措置も行われなかった。
  52. ^ ただし、一部の番組は大会終了後の土曜日に振替放送されている。
  53. ^ 昭和期に開局した系列局で、18:45開始としているのは広島ホームテレビのみであったが、4月改編で福島放送も加わった(その他18:45開始としている岩手朝日テレビ北陸朝日放送熊本朝日放送はいずれも平成新局である)。
  54. ^ 字幕放送のある番組は、後日放送でも対応
  55. ^ ジャパネットたかた生放送ショッピングの場合は除く。
  56. ^ ただし、例外として2017年8月29日・9月15日に北朝鮮が弾道ミサイルを発射した際や2018年9月6日の平成30年北海道胆振東部地震発生時には、『おはようコール - 』『おはよう朝日です』の中で『グッド!モーニング』の本編を報道特番扱いで臨時部分ネットしたことがある。
  57. ^ 前者が『ドデスカ!』、中者が『イチモニ!』、後者が『アサデス。KBC』。
  58. ^ 2011年9月30日をもって『NEWSゆう+』が終了するとともに、『スーパーJチャンネル』17時台のネットを打ち切った。ただ、2016年以降毎年8月の全国高校野球選手権大会期間中、雨天中止時や3試合開催日に17時台を臨時ネットする場合がある。
  59. ^ また、2019年1月4日は年始特別編成に伴う『キャスト』休止の代替として、『スーパーJチャンネル』を臨時フルネットで放送。なお、朝日放送テレビにおいて重大ニュース時以外で18:15以降の部分をネットしたのは初めてのことだった。
  60. ^ テレビ朝日では『ナイトスクープ』が放送されていたことがあるが、2005年3月で打ち切られた。その後、ナイトスクープは関東地区の独立放送局の一部で放送再開している。なお平日深夜枠の番組はCS放送のスカイ・Aで放送されており、民放公式動画配信サービスのTVerでもABCテレビの放送終了後から1週間配信(遅れネットがされる関西外の地域にとっては先行配信)されているため、全国すべての地域で視聴可能。
  61. ^ ただし、同時ネット局とは違いネットスポンサーが付かず、番組販売扱いで放送される。
  62. ^ ミニ番組としては2013年1月期より『がんばれ! おでんくん』が同じくメ〜テレとの共同製作で放送。
  63. ^ ただしこれらの3本の製作アニメはUHFアニメ扱いになるため他のテレビ朝日系列や同系BS・CS局では放送されず、いずれも他系列の局およびNHKの県域放送局での放送になる。
  64. ^ 「TBSテレビ製作のUHFアニメ」という変則的な形態とはいえ、TBSテレビ製作関与のアニメ番組が朝日放送(当時)で放送されるのは、腸捻転ネット時代に放送された1974年の『星の子チョビン』以来である。
  65. ^ 1984年10月時点では本局制作の『GARACTIC PATOROL レンズマン』、TBSテレビ系列はMBSテレビ制作の『まんが日本昔ばなし』、日本テレビ系列は読売テレビ制作の『ルパン三世 PARTIII』と、同時間帯のアニメは全て在阪局制作だった
  66. ^ ANN系列で動画配信サービスが整っているのは、テレビ朝日、北海道テレビ放送広島ホームテレビなど少ない。

出典

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n 会社概要|会社紹介 - 朝日放送テレビ
  2. ^ a b c d e f g h 2020年度決算公告(100万円未満切り捨て) - 朝日放送テレビ
  3. ^ a b 会社分割による認定放送持株会社体制への移行に関するお知らせ (PDF, 朝日放送,2017年2月8日)
  4. ^ ABCテレビ報道局 公式Twitter
  5. ^ a b c 会社分割による認定放送持株会社体制への移行に伴う吸収分割契約締結および定款の一部変更(商号および事業目的の変更)に関するお知らせ (PDF, 朝日放送,2017年5月10日)
  6. ^ 朝日放送テレビのコールサインが変わります (PDF)”. 朝日放送 (2018年3月30日). 2018年4月21日閲覧。
  7. ^ 当社グループ会社(孫会社)による雑誌事業譲受に関するお知らせ,朝日放送グループホールディングス,2020年11月19日
  8. ^ 『プロレスを創った男たち―あるTVプロデューサーの告白』栗山満男(元テレビ朝日プロデューサー)、ゼニスプラニング、2003年7月
  9. ^ 本並&丸山夫妻 女子プロ開幕戦で初のW解説「サッカー以外のこともおしゃべりしたい」(『デイリースポーツ2021年9月11日付記事)
  10. ^ http://www.jfa.jp/national_team/news00016194/
  11. ^ http://www.asahi.co.jp/sp/complex/
  12. ^ http://www.asahi.co.jp/sp/jimocyaragp/
  13. ^ 社会とともに 人と環境に配慮 大阪に新ランドマーク 中之島フェスティバルタワー”. 朝日新聞社. 2018年5月26日閲覧。





英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「朝日放送テレビ」の関連用語

朝日放送テレビのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



朝日放送テレビのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの朝日放送テレビ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS