曲直部寿夫 曲直部寿夫の概要

曲直部寿夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/03/13 08:06 UTC 版)

生涯

大阪大学医学部助手であった1956年、ファロー四徴症の手術において、日本国内最初の体外循環装置を用いた心臓外科手術に成功[1]。当時はもちろん体外循環装置を動かす臨床工学技士はおらず、心臓外科医自身が人工心肺、充填液の処方、血液の用意などのシステム全体において責任があり、非常に困難な手術であった。

その後阪大教授を経て1977年国立循環器病研究センター初代病院長[2]1983年には同二代目総長に就任[3]大阪府立看護大学長、日本移植学会会長などを務め、1996年12月17日、75歳で死去した。

関連項目




[ヘルプ]
  1. ^ 日本心臓血管外科学会、日本胸部外科学会ほか (2007年3月). “人工心肺装置の標準的接続方法およびそれに応じた安全教育等に関するガイドライン (PDF)”. 厚生労働省. pp. p.p.7. 2009年12月12日閲覧。
  2. ^ 創立20年目を迎えて」、『NCVCニュース』1997年4月2009年12月12日閲覧。
  3. ^ センターについて:沿革”. 国立循環器病研究センター. 2009年12月12日閲覧。


「曲直部寿夫」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「曲直部寿夫」の関連用語

曲直部寿夫のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



曲直部寿夫のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの曲直部寿夫 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS