曙太郎 曙太郎の概要

曙太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/08/13 03:49 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
本来の表記は「太郎(者の右側に点)」です。この記事に付けられた題名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。
曙 太郎
基礎情報
四股名 曙 太郎
本名 曙 太郎
(旧名・米国名:チャド・ジョージ・ハヘオ・ローウェン)
愛称 チャド、ボノ
生年月日 (1969-05-08) 1969年5月8日(51歳)
出身 アメリカ合衆国ハワイ州オアフ島
身長 204cm[1]
体重 233kg
BMI 55.99
所属部屋 東関部屋
得意技 突き、押し、右四つ、寄り[2][3]
成績
現在の番付 引退
最高位 第64代横綱
生涯戦歴 654勝232敗181休(78場所)
幕内戦歴 566勝198敗181休(63場所)
優勝 幕内最高優勝11回
殊勲賞4回
敢闘賞2回
データ
初土俵 1988年3月場所
入幕 1990年9月場所
引退 2001年1月場所
引退後 総合格闘家
プロレスラー
備考

金星4個(旭富士2個、大乃国1個、北勝海1個)

初土俵からの連続勝ち越し記録歴代1位(18場所)
2014年3月17日現在

本名同じ(1996年4月22日日本国籍を取得[6])。旧名、米国名 : チャド・ジョージ・ハヘオ・ローウェン(Chad George Haaheo Rowan)。ハワイ・パシフィック大学中退。

プロ野球横浜大洋ホエールズ(のちの横浜DeNAベイスターズ)に所属していたジョーイ・マイヤーは従兄弟に当たる。

大相撲

経歴

入門前

ハワイではバスケットボールをしていたが、大学はコーチとの対立[7]もあって中退。後にその体格を東関親方(元高見山)に見込まれ、相撲界入りし、1988年3月場所に初土俵を踏む[8]。元々東関は弟の方を入門させたかったようであったが、気の進まない弟のジョージは「しょうがないよ、兄貴を連れていく」と身代りにチャドを新弟子として提供した。[7]父親はいきなりの展開にも拘らず入門を喜んだが、一方で母親は猛反対。[7]母の反対もあったので、日本にやってきた時にチャドは「とにかくもうハワイには帰れないな」と感じていた。[7]チャドはまた本土の大学にスカウトされた地元の運動部員が挫折してハワイへ出戻るたびに住民から中傷を受ける様を何度となく見てきたため、両親を困らせないという意味でもハワイには帰れないと覚悟していた。[7]

入門から十両昇進まで

同期入門は「花の六三組」と言われる横綱3代目若乃花(のちのタレント花田虎上)、貴乃花大関魁皇小結和歌乃山前頭力櫻(のちのプロレスラー力皇猛)、十両須佐の湖鶴ノ富士琴岩国琴乃峰など。序ノ口では貴花田(のちの貴乃花)に勝ったが、琴乃峰にプロ初黒星を喫している。相撲教習所に入学したばかりの頃は来日から日が浅いことで若貴ブームのことを理解していない曙ですらも若貴兄弟との格の違いを思い知らされたといい、自身が基礎の稽古を行っていた際にはもう既に若貴兄弟は三段目や幕下の地位にいる教官と申し合いをしていたという。[7]教習所時代には和歌乃山の強さにも驚いていたようであり、教習所の生徒達でトーナメント戦を行う度に優勝していたと述懐している。後年のインタビューでは「中学横綱[9]のタイトルを引っさげて入ってきて、体はさほど大きくないんだけど、もう手がつけられないほど強いの。和歌乃山は入門して半年くらいで、教習所の先生たちと同じくらいの番付まで出世していました。中学を卒業して入門した力士で、そんな人はおそらくいないんじゃないかな?」と当時についての感想を述べていた。[7]新弟子時代にはまだ相撲歴が浅かったこともあって場所入りの度に東関から「せいぜいがんばってくれよ。負けても仕方ないよ。相手のほうがちっちゃい時から相撲を取ってるんだから」という趣旨の冷やかし文句を浴びせられたという。[7]

三段目時代の1989年3月場所前、まだ指折りの大部屋だった伊勢ヶ濱部屋に出稽古に出かけた曙は当時、1月場所で10勝をあげ自己最高位の前頭筆頭まで躍進した若瀬川に胸を借りた。相手が三段目と甘く見ていた若瀬川は2、3回軽く四股を踏んだだけで、仕切って待っている曙の前に立つと両手を広げて大きく胸を出した。曙は若瀬川の胸をめがけて頭から思い切りぶちかますと若瀬川は仰向けにひっくり返り、腰を痛めて病院に運ばれる羽目になった。初土俵からわずか一年で幕内力士を「病院送り」にした曙はこの場所6勝1敗、翌場所は早くも幕下に昇進した。ちなみに若瀬川は7日目まで休場、翌日から出場したがわずか1勝しかできず、遂に三役の座を手中にすることはなかった。

2mを超える体格を生かす技術を身に付けるために、東関は積極的に出稽古させた。出稽古先では佐渡ヶ嶽(第53代横綱琴櫻)から「小さい力士相手には、鶏を追うようにいけ」と指導を受けた。そうした努力と指導によって、小兵相手でも苦にしない、長いリーチからの伸びのある強烈な突き押しが生まれた[8]

十両昇進から横綱昇進まで

1990年3月場所新十両。同年9月場所若花田(のち若乃花)大翔山貴闘力とともに新入幕[8]。にちなみに一文字四股名の新入幕力士は1916年5月場所新入幕の明 虎吉(あきらか とらきち)以来74年ぶりであった。また1993年3月場所には、1915年6月場所の鳳 谷五郎以来、実に78年ぶりの一文字四股名の新横綱となった。新入幕の頃には既に内心で大相撲に対する使命感を持っていたとのことであり、これについては「僕らの場合は8勝、勝ち越しなんかじゃ許されない。10番くらい勝って、ようやく『まぁまぁよかった、合格点』みたいな感じだったわけです。それくらい、周囲の期待はものすごいものがある。でも、それに応えて、それでも満足できない僕らがいたんですよ」と引退後のインタビューで述懐している。[7]また、当時前頭筆頭の地位だった1991年7月場所初日では、体重が200Kg以上の巨漢横綱だった大乃国を、曙自ら立合いから一撃で大乃国を押し倒し、土俵の外へ一気に吹っ飛ばした事もあった。なお、同場所で復活を懸けた横綱大乃国は、この一番で調子を狂わせたのか8日目で4勝4敗の成績不振により、この1991年7月場所限りで現役引退となっている。

1992年5月場所千秋楽では、最後まで優勝争いに加わっていた当時前頭7枚目の若花田を一気に押し倒して、幕内初優勝を果たした。これで直近3場所の成績が、全て三役の地位で13勝(優勝次点)-8勝-13勝(優勝)で合計34勝11敗、大関昇進の目安とされる「三役で3場所合計33勝以上」の成績を挙げる。但し「2場所前の8勝7敗が物足りない」[10]という意見が一部出ていたものの、当時横綱は5月場所直前で北勝海が引退して空位、大関も小錦霧島の二人しかいなかった事情も有って、満場一致で曙の大関昇進が決まった。

しかし期待された新大関の翌1992年7月場所直前、直前のヨーロッパ巡業による時差ボケや遠征の疲労の影響か、稽古中に足の小指を骨折してしまった。曙本人は強行出場を直訴したものの師匠を初め周囲の大反対の意見を受け、医師からも「ここで無理すれば、完治までに3か月かかる。安静にしていれば1か月で治る」と説明されたことで、初土俵以来初の無念の全休に[11]。いきなり大関角番となった次の同年9月場所は、9日目で3勝6敗と黒星が先行。あわや大関2場所目で関脇陥落の大ピンチだったが、そこから切り抜け終盤6連勝、9勝6敗となんとか勝ち越した。とはいえ本人にとってこの場所の不甲斐なさは相当であったようであり、場所後は「吐くまで飲んだ」と伝わる。[7]そして1992年11月場所では14勝1敗と2度目の優勝。翌1993年1月場所も、大関昇進を賭けていた関脇の貴乃花(当時貴花田)を千秋楽結びの一番での直接対決で圧倒して完勝。13勝2敗で3度目の優勝、さらに大関の地位で2場所連続優勝を果たして、ついに外国出身初の横綱に昇進した[8]史上初の外国人横綱[12])。1992年5月から1993年1月まで5場所(番付上は4場所)続いた横綱空位を、1993年3月場所で解消した。当時の曙は「すんなり昇進できた」と認識していた一方で、貴花田の大関昇進についてかなり厳しい見方があったことが伏線になっていたと振り返っている。[7]横綱昇進伝達式では「横綱の地位をけがさぬよう稽古に精進します」と口上を述べた[13]

横綱 - 現役引退

横綱土俵入りは雲龍型を選択、東関部屋と同じ高砂一門である九重親方(第58代横綱千代の富士)が土俵入りの指導を行った[14]。新横綱の1993年3月場所は10勝5敗に終わり、横綱2場所目の同年5月場所は千秋楽結びの一番、大関貴ノ花と13勝1敗同士の相星決戦で惜しくも敗北。それでも横綱3場所目の同年7月場所から11月場所まで、幕内優勝3連覇を達成。さらに同1993年は、自身初の年間最多勝を獲得。その後も1994年11月場所に至る迄11場所の間一人横綱を維持。1994年3月場所では12勝3敗同士で新大関貴ノ浪、平幕貴闘力との優勝決定戦三つ巴で連勝して優勝、混戦を制した。

1994年5月場所前、巡業中に武双山との稽古中に左膝を痛めるも、一人横綱の責任感から同5月場所を強行出場。さらに5月場所9日目の小城錦戦で右膝も故障するが、10日目まで曙ただ一人10連勝していた。しかし11日目、当時前頭筆頭の貴闘力に土俵際の引き落としに敗れて金星配給しついに初黒星。翌12日目、前日の貴闘力戦で両膝のケガが悪化したため突如途中休場、横綱不在となってしまう。場所後両膝を手術したがその回復が遅れ、同年7月場所、9月場所は共に全休。11月場所で3場所ぶりに復帰し10勝5敗に留まるも、同場所千秋楽結びの一番の当時大関貴乃花との取組は、今後も大相撲史に語り継がれる歴史的な大熱戦となった。曙は惜しくも貴乃花に土俵際での上手投げに敗れたが、福岡国際センターの館内は大拍手が鳴り止まなかった。また貴乃花はこれで大関で2場所連続全勝(30連勝)を達成し場所後横綱昇進を決め、翌1995年1月場所からは曙、貴乃花と同期生同士の二人横綱となった。

なお、曙の横綱土俵入りは四股の足がほとんど上がらず、この点では貴乃花と比べて見劣りがした(しかし、四股は本来足を高く上げるものではなく、玉錦以前の四股に戻ったとも言え、本質的な問題ではない。むしろ足を高く上げ土の付いた足の裏を客に見せるのは不浄であるとするのが本来的な概念)。また、土俵中央最後の左の四股の前に横に出す手は右手なのに、1993年9月場所、横綱4場所目を迎えた曙はなぜか土俵入りの際、左手を上げて左の四股を踏んだ(これは初日から4日目まで続いた)。しかしたくましい上半身が引き立つせり上がりは非常に迫力があり、NHK大相撲中継でも度々アップで映し出された。いかつい顔もせり上がりで正面を睨むこの時ばかりは映え、総じて魅力ある土俵入りを見せたといえる。1998年2月に行われた長野冬季オリンピックでは、東横綱の貴乃花が直前の同年1月場所中体調不良で途中休場となったため、欠席した貴乃花の代役として西横綱の曙が開会式のときに横綱土俵入りを演じた。

1994年5月に両膝を故障した後は若貴らの活躍や、同じハワイ出身で後輩の武蔵丸の台頭もあって優勝間隔が空くことが多くなり、2001年1月場所の引退までのおよそ6年間で幕内優勝は4回に留まった。特に1997年5月場所の優勝以降3年間は個人後援会が結婚に反対した末解散し、2000年には第2子が生まれたが、後援者が去って行き私生活でも苦境に立たされていた中での出来事であった。[15]後援会解散以降は資金難に苦しめられ、年寄名跡を取得できなかった。それでも2000年7月場所は初日から13連勝を決めて(成績は13勝2敗)、19場所ぶり10回目の幕内優勝を達成し復活を果たしたが、自身はこれで満足出来たため引退する事を考えたという[7]。しかしその後「もう少しだけ頑張ってみよう」と思い直し、翌9月場所は終盤まで優勝を争い優勝次点に留まったが、千秋楽結びの一番で14戦全勝だった第67代横綱武蔵丸に唯一の黒星をつけ先輩横綱の意地をみせる。次の同年11月場所は、3横綱5大関が全員千秋楽まで皆勤し、さらに8力士全て9勝以上の勝ち越しというハイレベルの中、曙は14勝1敗の成績で2場所ぶり合計11回目の優勝を果たしたが、これが結果的に曙自身最後の幕内優勝となる。その2000年は1993年以来7年ぶりに6場所無欠場皆勤、かつ2度目となる年間最多勝も獲得している。

翌2001年の1月場所は、持病となった両膝のケガの悪化により全休。その1月場所終了直後の2001年1月22日、両膝の回復がこれ以上見込めないなどの理由により、突如現役引退を表明する[16]。引退については1月場所12日目の夜、東関と話し合い、東関親方は「もう1度頑張ってみろ」と慰留したが、曙から返事はなかったという。「2人きりの部屋で、黙ったまま長い間見詰め合った。ああ終わりだなと思った」と東関は引退の際に語った。「2年前の引退ピンチの時も励まして、再起させた。今度も昨年は2度も優勝しているし、励ませば大丈夫と思っていた。でも、ひざの状態は限界を超えていた」と東関も限界を認めるしかなかった[16]。時津風理事長は「言葉や生活習慣の違うところに飛び込み、精進して横綱に上り詰めたのは立派」とねぎらった上で「この世界では、引退はいつも背中合わせ。曙は新しい世紀の場所で、貴乃花のあのような土俵を見届けて、心安らかになれたでしょう」と心情を思いやった。2横綱時代となるが「武蔵丸はまだ元気。貴乃花も復活。5大関もこのままではない。若い力も台頭して、これからいい展開になると思う」と安泰ぶりを強調していた[16]。引退会見での曙は「8〜10勝の平凡な勝ち越しなら出来るが、もう優勝争いは不可能」「横綱として足を引きずった惨めな姿で土俵に上がりたくない」と決意したという[16]。印象に残った本場所として初優勝の場所と2000年の2度の復活優勝の場所を挙げた[16]。はまた、後年になって両膝の怪我の原因が腰にあったことを明かしている(曙の背骨は普通の人間より一つ多く、その背骨の摩擦が膝まで来ていた)。ロイター通信は「DAWN(夜明け)を意味するアケボノは、コニシキ以上の品格を備えていたため、タブーとされた外国生まれのグランドチャンピオン(横綱)になれた。スポーツに秀でるだけでなく、ウルトラ閉鎖的な相撲の世界にも適応したキャリアを終えた」と報じ、AP通信は「ハワイ生まれで、相撲の最初の外国生まれの横綱が引退した。横綱昇進時には多くの日本人から、横綱は日本人じゃなきゃ、と反対された。多くの逆風も無言でしのいだが、ついに輝かしいキャリアに幕を下ろした」と紹介した[16]

元横綱曙の引退相撲は、2001年9月場所後に行われた。横綱最後の土俵入りには、同期のライバルだった横綱貴乃花が右膝の手術後長期療養中により参加せず、太刀持ちは横綱武蔵丸、露払いは武蔵丸と同じ武蔵川部屋で当時大関の武双山がそれぞれ務めた。なお曙の断髪式には貴乃花も出席し、ほか武蔵丸や小錦らが鋏を入れていた。引退後、若乃花、貴乃花とともに相撲人気を高めた貢献者として、日本相撲協会から功労金1億円が贈られた。礼儀正しさや謙虚な態度は「日本人以上に日本人らしい」と評され、部屋や一門の別なく下位の若手に積極的に稽古をつける第一人者としての責務を真面目に果たしたことなど、親方衆、力士からの評価はとても高かった。当時の横綱審議委員であった内館牧子も「礼儀正しさに感激しました。帰り際にもドアの前できちんとお辞儀をし、いつも曙の悪口を言ってる私自身が恥ずかしくなる程でした」と賞賛の意を述べている[16]

取り口、体型など

長身を活かした突き押しが特徴で、立合いの際にはリーチの長さを生かすために、仕切り線から下がって始めることが多かった。その一方で足が長い体型(平幕時代に発行された相撲に関する書籍の力士紹介でヨネスケに「投げや足技を食らうと長い足のせいで無様に負けてしまう」「上半身がアンコで下半身がソップ」と評されたこともあった)から下半身が脆いという、致命的な弱点を持ち合わせていた。手足の長さから重心が高く、半月板損傷などで足の故障が多かった。特に舞の海など、小兵の力士に懐に潜り込まれ足を取られると容易にバランスを崩され、何もできずにあっさり負けてしまうことも目立った。例として、1991年11月場所で舞の海に三所攻めで負けた一番はその好例である(但しこの時の決まり手は取り組み序盤から再三内掛けで攻め立てていたため「内掛け」が取られた)。横綱昇進からしばらくするとアンコが顕著化した影響で膝が悪化したため、突き押しの他に諸手突きから右四つに組む相撲も使用して慎重な相撲を心掛けるようになった[8]

記録など

  • 幕内最高優勝の通算回数は11回で、10回以上優勝したことのある横綱の中で唯一全勝優勝が無かった。1993年9月場所千秋楽では貴乃花に全勝優勝を阻まれた。優勝決定戦には7回出場(4回優勝)。2人の決定戦(1993年11月場所、1997年5月場所、1999年7月場所)、3人の決定戦(1993年7月場所、1994年3月場所)、4人の決定戦(1997年3月場所)、5人の決定戦(1996年11月場所)全てに出場という珍記録の持ち主でもある(さらに、これらの決定戦の出場力士は、結果的に、全員が幕内最高優勝の経験者となった=注釈参照。出島は曙との決定戦勝利が唯一の優勝、貴ノ浪魁皇、貴闘力も、これ以降に優勝経験あり=)。
  • また幕内で10回以上対戦して負け越している力士が一人もおらず、どのような力士に対しても実力を発揮できたことが窺える。なお貴乃花とは21勝21敗、出島には6勝6敗の五分であった(ただし出島とは優勝決定戦を含めると6勝7敗と負け越しており、一時は決定戦を含め6連敗したこともある)。混戦にも強い傾向があり、3人以上の優勝決定戦出場は史上最多の4回を記録し、その内2回において優勝を果たしている。
  • 同期の若乃花、貴乃花の最大のライバルとして1990年代初期から後期まで名勝負を演じる。特に22回の幕内優勝を成し遂げ、「平成の大横綱」と呼ばれた貴乃花とは一時代を築き上げ「曙貴(あけたか)時代」とも言われた。先述の通り貴乃花との幕内での対戦成績は21勝21敗、優勝決定戦まで含めた本場所中の対戦成績は25勝25敗と全くの五分であった。
  • 初土俵(序ノ口)から一度も負け越しと休場を経験せずに関脇まで昇進するという偉業を成し遂げている。1991年3月場所に達成した初土俵からの連続勝ち越し18場所は歴代1位の長さであり、記録達成から20年以上経っても破られていない[17]。皆勤出場して負け越したのは1991年5月場所と同年9月場所の2度しかなく、その両場所とも勝ち越しまで後一歩及ばなかった7勝8敗という成績だった。
    • それにもかかわらず、曙は十両以下では優勝経験が皆無だった。しかし、一時代を築いた横綱としては決して珍しいことではなく、過去には玉錦、双葉山、栃錦、北の湖も十両以下での優勝が皆無だった。

キックボクシング

現役引退後は曙親方として東関部屋で後輩の指導をしていたが、東関親方との関係や将来設計、日本相撲協会の体制ややり方に不安を抱き(金に関する甘さとして、貴乃花に勝った際に受けた懸賞の束を曙が道端のホームレスに同情して差し出したエピソードが残っており、経営者として不適格である面が退職に繋がったという見解も為される)[18]2003年11月5日、日本相撲協会に退職願を提出し受理され、翌11月6日に記者会見を開き格闘技K-1参戦が発表された[19]

2003年12月31日、デビュー戦となった「K-1 PREMIUM 2003 Dynamite!!」(ナゴヤドーム)でボブ・サップと対戦、1ラウンドKO負け。なお、曙がうつ伏せになって倒れているシーンの視聴率紅白歌合戦を上回った。

2004年3月27日、「K-1 WORLD GP 2004 in SAITAMA」(さいたまスーパーアリーナ)で武蔵と対戦、プッシングでスリップダウンした武蔵に対しレフェリーの制止を振り切り攻撃し続けたため、反則をカウントされるなどして判定負けを喫した。

2004年7月17日、「アジアGPトーナメント」(韓国)で中国の張慶軍(チャン・チンジュン)と対戦するも、手数が出ず延長の末判定負けとなった。

2004年8月15日、「K-1 WORLD GP 2004 in LAS VEGAS」(ラスベガス)で行われた世界最終予選でリック・ルーファスと対戦。プッシングの反則で減点を受け、0-3の判定負け。

2004年9月25日、「K-1 WORLD GP 2004 in TOKYO 開幕戦」(日本武道館)でレミー・ボンヤスキーと対戦。2Rまで善戦するも3Rに右ハイキックで失神KO負け。

2005年3月19日、「K-1 WORLD GP 2005 in SEOUL」(韓国)の準々決勝で角田信朗と対戦し、判定で悲願の初勝利を挙げた。しかし準決勝でチェ・ホンマンと対戦し、KO負け。

2005年7月29日、「K-1 WORLD GP 2005 in HAWAII」でチェ・ホンマンと再戦したが1R2分52秒TKO負け。

2006年7月30日、チェ・ホンマンと3度目の試合を行い、2R57秒KO負け。

2008年8月9日、K-1 WORLD GP 2008 IN HAWAIIの大会プロモーターを務めた[20]

2015年12月31日、RIZIN FIGHTING WORLD GRAND-PRIX 2015 さいたま3DAYSでボブ・サップと再戦し、判定負け。

キックボクシング 戦績
10 試合 (T)KO 判定 その他 引き分け 無効試合
1 0 1 0 0 0
9 5 4 0
勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
× ボブ・サップ 2R 0:47 負傷判定0-3 RIZIN FIGHTING WORLD GRAND-PRIX 2015 さいたま3DAYS
【シュートボクシングルール】
2015年12月31日
× チェ・ホンマン 2R 0:57 KO(パンチ連打) K-1 REVENGE 2006 K-1 WORLD GP 2006 in SAPPORO
~アンディ・フグ七回忌追悼イベント~
2006年7月30日
× チェ・ホンマン 1R 2:52 TKO(パンチ連打) FieLDS K-1 WORLD GP 2005 in HAWAII 2005年7月29日
× チェ・ホンマン 1R 0:42 TKO(タオル投入) K-1 WORLD GP 2005 in SEOUL
【ASIA GP 準決勝】
2005年3月19日
角田信朗 3R終了 判定3-0 K-1 WORLD GP 2005 in SEOUL
【ASIA GP 1回戦】
2005年3月19日
× レミー・ボンヤスキー 3R 0:33 KO(右ハイキック) K-1 WORLD GP 2004 in TOKYO 開幕戦 2004年9月25日
× リック・ルーファス 3R終了 判定0-3 K-1 WORLD GP 2004 in Las Vegas 2004年8月7日
× 張慶軍(チャン・チンジュン) 延長R終了 判定0-3 K-1 WORLD GP 2004 in SEOUL
【ASIA GP 1回戦】
2004年7月17日
× 武蔵 3R終了 判定0-3 K-1 WORLD GP 2004 in SAITAMA 2004年3月27日
× ボブ・サップ 1R 2:58 KO K-1 PREMIUM 2003 Dynamite!! 2003年12月31日



  1. ^ 相撲レファレンス 曙 太郎
  2. ^ 力士プロフィール 日本相撲協会公式サイト 曙 太郎
  3. ^ ベースボールマガジン社『大相撲名門列伝シリーズ(3) 高砂部屋』p32
  4. ^ 曙10年ぶり“角界復帰”師範代就任へ/相撲/デイリースポーツ online”. www.daily.co.jp(2013年4月3日). 2018年12月28日閲覧。
  5. ^ 東関部屋おかみさん日記 2016年12月06日 合宿@延岡2016年12月21日閲覧
  6. ^ 『「年寄」への条件一つ越えた 帰化の曙 本名は曙太郎 「、」とりました』朝日新聞東京本社版1996年4月23日付朝刊25面
  7. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p 光文社
  8. ^ a b c d e f ベースボールマガジン社『大相撲名門列伝シリーズ(3) 高砂部屋』p32
  9. ^ 実際には和歌乃山に中学横綱の経験はない。
  10. ^ それから22年後の2014年7月場所に豪栄道が大関昇進を果たしたが、直前3場所の成績は12勝(2差次点)-8勝-12勝(1差次点)で32勝と目安となる33勝に1勝足らず、その上曙同様に2場所前が8勝どまりであった。しかしこの場所で連続関脇在位14場所という昭和以降最長の記録を達成しており、これが評価された形で大関昇進が認められた。
  11. ^ 『大相撲ジャーナル』2018年9月号 p.100
  12. ^ オシエテケロ
  13. ^ Sports Graphic Number (文藝春秋)2019年2月28日号 p64
  14. ^ ベースボールマガジン社『大相撲名門列伝シリーズ(3) 高砂部屋』p33
  15. ^ スポーツコラム 【54話.19場所ぶり10度目の優勝! 横綱曙】 Wata倶楽部ネット 2000/8/12
  16. ^ a b c d e f g h i 2001年1月23日付日刊スポーツ紙面
  17. ^ それまでの歴代1位は初代貴ノ花の連続17場所で、この記録も2019年9月現在に至るまで歴代2位のまま残っている。
  18. ^ 相撲」2012年2月号
  19. ^ 元横綱曙、K-1デビュー。初戦でサップと激突 BoutReview 2003年11月6日
  20. ^ 真夏のハワイでKO祭り!! 世界最終予選は誰が勝つ!?[リンク切れ] K-1公式サイト 2008年8月9日
  21. ^ 当初、リキシのパートナーは荒谷望誉であったが、試合直前に変更
  22. ^ リングが花火に…曙&大仁田 9年ぶり電流爆破マッチ スポニチAnnex 2012年8月27日
  23. ^ 曙選手が全日本プロレスの所属選手になりました!!! 株式会社全日本プロレスリングシステムズ 2013年9月6日
  24. ^ 「王道トーナメント ~2013オープン選手権~」平成25年9月11日(水)全日本プロレスオフィシャルサイト - 公式ホームページ Archived 2013年10月12日, at the Wayback Machine.
  25. ^ 曙が不整脈 3冠返上「責任果たせない」” (2014年5月31日). 2014年5月31日閲覧。
  26. ^ 曙が全日取締役就任へ 戦列復帰も宣言”. 東京スポーツ (2014年7月28日). 2014年7月28日閲覧。
  27. ^ 「巻頭リポート 全日本プロレス4・25後楽園 全日本「2015チャンピオン・カーニバル」最終戦」、『週刊プロレス』No.1790、ベースボール・マガジン社、平成27年5月13日/5月20日合併号(4月28日発行)、4-10頁、2015年。
  28. ^ 曙選手について 全日本プロレス公式サイト
  29. ^ http://www.hochi.co.jp/topics/20170415-OHT1T50314.html 2017年4月16日5時0分 スポーツ報知(報知新聞社、2018年3月17日閲覧)
  30. ^ 曙太郎、生命の危機乗り越えリハビリ 必ずリングに 日刊スポーツ 2018年3月9日9時3分(日刊スポーツ新聞社、2018年3月17日閲覧)
  31. ^ 曙、心不全で記憶障害…70キロ激ヤセも“再び相撲を”リハビリに励む日々 Sponichi Annex 2018年9月28日 22:24 (スポーツニッポン新聞社、2018年9月29日閲覧)
  32. ^ 曙が病気で70キロ減 重度の記憶障害で特殊な歩行器で訓練 SANSPO.COM 2018.9.28 22:05(産経新聞社、2018年9月29日閲覧)
  33. ^ FIGHTING TV サムライ『善意本プロレス中継』2013年9月11日放送分
  34. ^ ベースボールマガジン社『大相撲名門列伝シリーズ(3) 高砂部屋』p74-79
  35. ^ 曙、相原勇と婚約破棄した理由は「相撲取れないとき、結婚ばっかり迫られた」 SANSPO.COM
  36. ^ 大相撲酒豪番付2014年東銀座場所 時事ドットコム
  37. ^ ベースボールマガジン社「週刊プロレス」NO.1711 11月13日号
  38. ^ スポーツ名言集 627号 Number Web 2014.08.06
  39. ^ 曙、師範代として12年ぶりまわし姿 デイリースポーツ 2013年6月9日
  40. ^ 曙「乗り心地最高!」馬場さんのキャデラックもらう”. 日刊スポーツ (2015年6月25日). 2015年7月10日閲覧。
  41. ^ 曙感激!馬場さんのキャデラック届いた!”. 東京スポーツ (2015年6月26日). 2015年7月10日閲覧。
  42. ^ 曙が東京マラソン挑戦! 強化合宿で完走なるか!? K-1公式サイト 2009年2月25日
  43. ^ 本当に残念…曙が東京マラソン欠場へ K-1公式サイト 2009年3月18日


「曙太郎」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「曙太郎」の関連用語

曙太郎のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



曙太郎のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの曙太郎 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS