時計 時計の形態と機能

時計

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/11/23 08:42 UTC 版)

時計の形態と機能

鳩時計(動作の一例)
静岡県土肥温泉松原公園にある「世界一の花時計」

時計の形態

ウォッチとクロック

主に身体に携帯して使用する時計をウォッチ(watch、携帯時計)という[2]。ウォッチには腕時計や懐中時計(提時計)がある[2]

  • 腕時計: 腕にバンドで装着して使用する時計[2]
  • 懐中時計(提時計、ポケットウォッチ): 鎖で衣に取り付けたりポケットに入れて持ち運ぶことができるようにした時計[2]
  • ナースウォッチ: 防水機構が進歩していなかった時代に、頻繁に手を洗う看護師がすぐに時刻を見られるよう、12時側ではなく6時側に短い鎖を取り付けてあり、反対側にはピンがついていて、胸につけるようになっている。防水腕時計が当然になった現在でも、患者に怪我をさせないよう手に金属製品をつけない要請から、一部で使用されている。
  • スマートウォッチ: デジタル腕時計のウェアラブルコンピュータで、スマートフォンと同等の機能性を有する。

一方、クロックは「一定の姿勢で使用する時計」をいう[2]

  • 置時計(desk clock、table clock): 机や台などに静置した状態で用いる時計[2]
  • 掛時計(wall clock): 壁に固定して使用する壁時計や柱に固定して使用する柱時計[2]
  • ホールクロック(hall clock): 屋内向けの縦長の大型時計[2]

なお、親時計からのパルス信号で子時計を制御するシステムの時計を親子時計という。

各種の表示

  • 世界時計(hall clock): 世界各地の標準時をあわせて表示する時計[2]
  • 多針時計(多軸時計、multi-hands time keeping instrument): 時針・分針・秒針以外の機能表示針をもつ時計[2]。機械式の場合は複雑時計ともいう[2]
  • 小秒針時計(スモールセコンド時計、サブセコンド時計、副秒針時計): 秒針が時分針軸とは別の軸になっている時計[2]
  • 視覚障がい者用時計(点字時計): 音声や触覚で時刻が分かるようにした時計[2]
  • バーバークロック: 針が逆回転し文字も裏返し文字となっており、鏡に映したときに正しい表示になる時計。理容店等前面が大きい鏡で覆われて時計を置くスペースがない場合のために製造されたことからこの名がある。

装飾

  • からくり時計: 設定された時刻に人形などの装飾が動いて時刻を知らせる時計[2]。人形が動くものはmarionette clock、メロディーが流れるものはcarillon clockという[2]
  • 鳩時計(かっこう時計、cuckoo clock): 鳥を象った像が飛び出して鳴き声を出し時刻を知らせるもの[2]
  • 花時計: 主に屋外に設置される、花壇と一体となった時計をさす。

時刻・電波修正

  • 電波時計(電波修正時計): 標準電波を受信して時刻やカレンダー修正を行う機能のある時計[2]
  • 衛星電波時計(衛星電波修正時計): GPS衛星等のGNSSの電波を受信して時刻やカレンダー修正を行う機能のある時計[2]
  • サマータイムON/OFF選択機能: 夏時間の表示に関する機能のある時計[2]

カレンダー

  • カレンダー: 日・曜・月・年などを表示する機能のある時計[2]
  • オートカレンダー: 閏年を除いて大の月・小の月を区別し毎月末の日付修正が不要な時計[2]
  • フルオートカレンダー(パーペチュアルカレンダー、パーペチャルカレンダー、万年カレンダー): 閏年も自動判別して日付修正が不要な時計[2]
  • リバースカレンダー(レトログラードカレンダー): 日付を扇形に表示し月末に自動又は手動の操作で急速に日針が最初に戻る機能のある時計[2]
  • ムーンフェイズ: 月の満ち欠け(月相)を表示する機能のある時計[2]
  • 天文時計: 星図板の表示・月や太陽など天体の運行を表示するものもある(純粋な機械式時計でこれを実現する超複雑時計もある)。これらはカレンダー機能の一種であるが、もともとジョン・ハリスンの時代には不等時法であったため、季節による均時差を表示する・加える機能は古くから実現されていた。

アラーム

  • アラーム: 音や振動により時刻や注意を知らせる機能のある時計[2]
  • デイリーアラーム: 解除しない限り毎日設定した時刻に鳴る機能のある時計[2]
  • ワンショットアラーム(ワンタッチアラーム、クイックアラーム): アラームが鳴るたびにその設定が解除されるアラーム機能の時計[2]
  • スヌーズ(snooze): アラーム停止後、短時間で再びアラームが鳴る機能のある時計[2]
  • 目覚し時計: ベル・電子音・ラジオコンパクトディスクなどの音声鳴動(アラーム)、あるいは光によって、また特殊なものでは寝具の下部に敷いておいたエアークッションを膨らませるなどして起床させることを目的としたもの。

報時

  • 報時時計(acoustic information clock): 正時または一定間隔で音により時刻を知らせること[2]
  • リピーター(repeater): 手動の操作で現在時刻を音で知らせる時計[2]
  • グランドストライク(grand strike): 正時または一定間隔で自動的にまたは手動の操作で現在時刻を音で知らせる時計[2]



  1. ^ [https://kotobank.jp/word/%E6%99%82%E8%A8%88%E3%83%BB%E5%9C%9F%E5%9C%AD-341394 時計・土圭とは - コトバンク
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af ag ah ai aj ak al 時計用語”. 一般社団法人日本時計協会. 2020年6月24日閲覧。
  3. ^ a b c 山本光正「村に時計がやってきた」郵政博物館 研究紀要 第9号 郵政博物館、2019年10月3日閲覧。
  4. ^ a b c 押田榮一「“What is time?”」日本日時計の会会報 第14号 日本日時計の会、2019年10月3日閲覧。
  5. ^ 「図説 時計の歴史」p13 有澤隆 河出書房新社 2006年1月30日初版発行
  6. ^ 『世界文明における技術の千年史 「生存の技術」との対話に向けて』p66 アーノルド・パーシー 林武監訳、東玲子訳、新評論、2001年6月。ISBN 978-4-7948-0522-5
  7. ^ 『世界文明における技術の千年史 「生存の技術」との対話に向けて』p77 アーノルド・パーシー 林武監訳、東玲子訳、新評論、2001年6月。ISBN 978-4-7948-0522-5
  8. ^ 「図説 時計の歴史」p17 有澤隆 河出書房新社 2006年1月30日初版発行
  9. ^ 「図説 時計の歴史」p37 有澤隆 河出書房新社 2006年1月30日初版発行
  10. ^ 『ジョージ王朝時代のイギリス』 ジョルジュ・ミノワ著 手塚リリ子・手塚喬介訳 白水社文庫クセジュ 2004年10月10日発行 p.125
  11. ^ 「図説 時計の歴史」p36 有澤隆 河出書房新社 2006年1月30日初版発行
  12. ^ 「図説 時計の歴史」p35 有澤隆 河出書房新社 2006年1月30日初版発行
  13. ^ http://www.fhs.jp/jpn/origins.html 「原点から現在まで」スイス時計協会 2016年7月9日閲覧
  14. ^ 森田安一『物語 スイスの歴史』中公新書 p138-139 2000年7月25日発行
  15. ^ 「図説スイスの歴史」p70 踊共二 河出書房新社 2011年8月30日初版発行
  16. ^ 「興亡の世界史13 近代ヨーロッパの覇権」p183-184 福井憲彦 講談社 2008年12月17日第1刷
  17. ^ http://www.jcwa.or.jp/etc/history.html 「時計の歴史」一般社団法人日本時計協会 2016年7月9日閲覧
  18. ^ http://www.jcwa.or.jp/etc/history01.html 「日本の時計産業概史」一般社団法人日本時計協会 2016年7月9日閲覧
  19. ^ http://www.fhs.jp/jpn/watchindustrytoday.html 「今日のスイスの時計産業」スイス時計協会 2016年7月9日閲覧
  20. ^ a b 時計の針の呼び方には長針短針、秒針時針など同じ針でも別の言い方ある” (日本語). SUNDAY LIFE/時計のブログ. 2020年10月14日閲覧。
  21. ^ a b syohbido. “GMTの便利な使い方” (日本語). 懐中時計 スイス時計専門店 正美堂新着ブログ. 2020年10月14日閲覧。
  22. ^ GMT機能とその使い方について - Chrono24マガジン” (日本語). www.chrono24.jp. 2020年10月14日閲覧。
  23. ^ 時計の針(はり)は、どうして右回りなの?
  24. ^ 時計の針はなぜ右回りになったのですか?
  25. ^ 原題 Paul Owen Lewis (1989). P. Bear's new year's party!. : A Counting Book. Berkeley, CA: Tricycle Press. ISBN 978-1-58246-191-5. OCLC 671817083 
  26. ^ 同名の歌大きな古時計を絵本にしたもの。
  27. ^ 古い版の楽譜は3種類。『尋常小学読本唱歌』1912年発行(明治43年)、『尋常小学唱歌 第二学年用』1913年発行(明治44年)、『新訂尋常小学唱歌-第二学年用』1932年発行(昭和7年)
  28. ^ 初演の題名は「大きな古時計」ではなかった。ミミー宮島は吉本興業(東京吉本)所属の子供歌手兼タップダンサー。
  29. ^ 2000年代初頭の出版例。たのしい・えいごのうた ABCのうた・おおきなふるどけい (スーパーセレクション) (CD). 日本クラウン. September 2005.
  30. ^ NHKラジオの幼稚園・保育園むけリズム遊び番組「あそびましょう」で初演






時計と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「時計」に関係したコラム

  • FXのOCOのメリットを活かした取引方法

    FX(外国為替証拠金取引)のOCOは、現在の為替レートよりも上値と下値の2つの価格に指値、逆指値をする注文のことです。OCOは、為替レートの今後の予想が難しい時などに用いられることが多いようです。OC...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「時計」の関連用語

検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



時計のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの時計 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS