日産自動車 関係する人物

日産自動車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/11/18 03:40 UTC 版)

関係する人物

広告活動

CM

現在の提供番組

日本テレビ
TBS
フジテレビ
テレビ朝日
テレビ東京

ラジオ番組

過去の提供番組

日本テレビ系

TBS系

フジテレビ系

テレビ朝日系

テレビ東京系

ラジオ・その他

車両提供

スポンサー・協賛

スポーツ

冠大会

その他スポーツ関連

横浜国際総合競技場

事件・不祥事

日産自動車事件

男女で定年が異なる(55歳と50歳)ことが男女雇用機会均等法(1972年)制定前の1966年の時点でも民法90条(公序良俗違反)により違法と認められたもの。

栃木リンチ殺人事件

死亡した被害者と3名の加害者のうち1人が日産の工場社員で同期であり、事件発覚前に加害者を擁護するような行動があったため批判された。

申告漏れ

2007年3月下旬、全国の販売子会社を再編する際に販社側の債務超過を増資などで解消したことに対し、利益を得たとして600億円を超える追徴を受けた[71]

偽装派遣・派遣切り問題

2009年、日産が女性2人を派遣の期間制限のない専門業務と偽って最大3年の制限を超えて派遣労働者を受け入れていた件について、東京労働局が是正指導したと、首都圏青年ユニオンが記者会見で公表した。製造工程以外の派遣で自動車大手が是正指導を受けるのは初めてであった。労働局は直接雇用を含む雇用確保を求めたが、日産側は雇用関係にないとして組合の団体交渉を拒否し、申告した一人は5月末で雇い止めされた[72]。また日産を解雇された5人が、偽装請負・偽装派遣によって長年正社員のように働かせられた挙げ句に解雇されたとして訴えを起こしている[73]。多くの原告は、正社員として一旦直接雇用したのち、再び派遣社員に戻す「地位のキャッチボール」をされていたという。しかし横浜地裁は「違法性はない」として2014年に原告の訴えを退けた[74]

リーフCM問題 

2015年、日産は電気自動車であるリーフの加速性能を証明するテレビCMを放送した。内容が、リーフと、日産が過去に販売していたスポーツカー180SX)を競走させ、リーフが勝つという内容だった。しかし、「自社の過去の車を馬鹿にしている」などの批判が多くあったため、放送終了となった。

工場情報漏洩

2017年8月、追浜工場の検査ラインから正式発表前のZE1型リーフの画像がTwitter上に漏洩。画像を投稿したのは取引先の部品メーカー社員の男性。日産は神奈川県警に告訴し、2018年6月15日に神奈川県警は男性を不正競争防止法違反(営業秘密侵害)と偽計業務妨害の疑いで書類送検した[75]

無資格者検査問題

2017年9月29日、国土交通省の立ち入り検査によって、日産の完成検査を無資格者が行っていたことが発覚。一カ所に留まらず日産の6工場で常態的に行われており、また偽装用の判子も用意するなど周到に行われていた。この結果OEM供給を含む日本で販売した38車種116万台がリコールとなり、新車販売とCM放送は中断された[注釈 24]。しかしこの件が発覚しても日産はすぐに謝罪会見を行わず、4日後に開いた会見では社長の西川が謝罪の言葉を口にしたものの、「無資格であっただけで品質には問題は無い」と頭を下げることはなかった[76]。さらに10月18日、この問題を指摘された後の10月11日まで湘南工場で資格のない従業員に検査を行わせていたことが発覚。この検査はハンドルを回して角度を確認する工程で、日産では安全性を確認したとしていて新たなリコールは行わないとした[77]

しかし10月19日、指摘を受けた後の無資格検査が湘南工場に留まらず、追浜工場、栃木工場、日産自動車九州でも行われていたと判明。ここに至り西川社長も頭を下げて謝罪、国内向け新車全ての販売を自主停止した[78]。また11月2日に、9月の国交省の立ち入り検査の際現場作業員が事実と異なる供述をしていたことも判明した[79]。さらに同日、日産が生産再開準備完了を報告した工場に国交省が立ち入った際、福岡の2工場と神奈川の1工場で完成検査の手順が整っていなかったなど複数の不備が発覚、異例の再検査となった[80]

問題になった完成検査は日本国内向け車のみに適用されるもので、大別して(1)保安基準検査と(2)型式検査に分かれる。(2)型式検査の方法は各企業で異なるものの、国土交通省に申請し認可を受けた方法である必要があり、また(1)保安基準検査の基準と手法は全社共通である。完成検査員は、各企業内で「当該検査に必要な知識及び技能を有する者のうちからあらかじめ指名された者(=資格取得者)」が行う必要があった[81]。この事件により、日本の自動車生産を円滑にしていた型式指定検査制度は大きく揺らぎ、経済提携や自由貿易協定の交渉に悪影響が出ることが予想される[82]

一方で佃モビリティ総研の佃義夫所長は、国内の販売が減少状況で、メーカーがこの(点検)手順を費用のみがかかる形式的な行為だとしていたと分析している。また、韓国の中央日報は、他国には無い不必要な上に十分に監督されるわけでもない規制が問題の一端を提供したのだとして、日本が不要な規制を設けていたことを批判した[83]

排気ガス性能検査結果改ざん

2018年7月9日、複数の工場で、新車の出荷前に行う排気ガス性能の検査結果を改ざんしていたことが判明。出荷前に車の性能をチェックする「完成検査」の中で、数百台から数千台に1台の割合で車を選んで実施する「抜き取り検査」という工程。そこで行われる排ガス性能の測定で、思わしくない結果が出た場合、都合のいい数値に書き換える不正が国内の複数の工場で行われていた[84]

役員報酬に係る不正

ブレーキ検査の数値かさ上げ

2018年12月7日、追浜工場とグループ会社オートワークス京都の製品出荷前の完成検査工程のうち、ブレーキ、ハンドル、スピードメーターなど6項目において、全ての車を検査する全数検査の中でブレーキの制動力をかさ上げするなどの不正が発覚した。ブレーキ検査では各工場の検査員のうち1人だけが不正をしていた。安全性能を満たさない可能性があるとして、2017年11月7日から18年10月25日までに上記の工場で生産された11車種、約15万台のリコールを届け出した[85]


注釈

  1. ^ 従って、マルティーニとロゴマークが似通っているのは偶然でしかなく、日産とは何の関係もない[要出典]
  2. ^ 下記「車両形式」欄にあるC10型系スカイラインGT-Rのメーカーズプレートの写真を参照のこと[要出典]
  3. ^ 「SHIFT_」はR35型GT-RのSHIFTワードとして使われた( - 2008年11月)[要出典]
  4. ^ 厳密には「ステーションワゴンミニバンに乗ろう」の意味。
  5. ^ 後に増田は俳優・歌手・タレントの梅沢富美男との共演の形でダイハツ・ハイゼットトラック(2018年 - )のCMに出演している。
  6. ^ 以前はトヨタ・カローラ(1983年 - 1987年)やダイハツ・YRV(2000年 - 2001年)の各CMに顔出しで出演していた。
  7. ^ a b c それ以前は同社の競合メーカーであるトヨタのCMキャラクター(例・初代RAV4、9代目から11代目までのカローラシリーズ(主にカローラフィールダー))に起用されていた。
  8. ^ MR18DEとはボア・ストロークが異なる。
  9. ^ 「S31」は初代(S30型系)の昭和51年排ガス規制適合車に使われていた。
  10. ^ 旧・TCMと合併した事で日産自動車グループより離脱。地域によってはかつての名残で現在も日産自動車販売会社がユニキャリア代理店を務めるケースもある[要出典]
  11. ^ かつては日産自動車の自動車総合カタログ上で紹介されていたり、日産ディーゼル店舗に日産車のカタログが置かれるなど緩い販売協力関係にあったものの、ボルボ社傘下となり日産自動車グループから離脱[要出典]
  12. ^ かつては同業者のHONDAが提供している、「しゃべくり007」と「炎の体育会TV」から移動。
  13. ^ a b 本来は、「炎の体育会TV」の時間帯(19時台)の枠のスポンサーだが、実際には隔週でスペシャルを放送している状態である(2021年現在)。
  14. ^ かつては同業者のBMW JAPANAudiを提供した事がある。「炎の体育会TV」30秒の縮小から移動。
  15. ^ S-PARK」30秒縮小からの移動。
  16. ^ ライオンのグータッチの一社提供だったライオンから引き継いだ。「S-PARK」から移動。
  17. ^ 有吉ゼミ」から移動、小林製薬から引き継いだ、現在は三菱電機に交代。
  18. ^ 後任はbrother
  19. ^ 2022年4月から縮小分はヤマエグループに交代、現在はJapanetに交代。
  20. ^ 関西テレビ「KTVニュース FNN」、東海テレビFNN東海テレニュース」、TNCTNCニュース FNN→TNC News FNN→TNC NEWS テレビ西日本」、富山テレビBBTニュース」も含む。
  21. ^ 2007年1月3日の特番では、筆頭スポンサーを務めた。
  22. ^ 現在は同業者のトヨタとレイクALSAに交代。
  23. ^ 在京キー局が担当している中継でのスポット提供はなし[要出典]
  24. ^ 一部のスポンサー番組では、ACジャパンの支援キャンペーンのCMに差し替えられた。

出典

  1. ^ コーポレートガバナンス - 日産自動車株式会社
  2. ^ a b c d e f 日産自動車株式会社 (2022-6-30). 2022年3月期決算(2021年4月1日 - 2022年3月31日)有価証券報告書 (Report). 
  3. ^ 日産自動車株式会社 定款 第1章第1条
  4. ^ “アライアンス 2022: 年間100億ユーロのシナジー創出を目指し年間販売台数1,400万台、売上高合計2,400億ドルを見込む” (プレスリリース), 日産自動車株式会社, (2017年9月15日), https://newsroom.nissan-global.com/releases/release-0353cff056039ba7d850d30c2000dc30-170915-01-j 2020年5月10日閲覧。 
  5. ^ “ルノー・日産自動車・三菱自動車、「Microsoft Azure」をベースとした「アライアンス インテリジェント クラウド」を立ち上げ” (プレスリリース), 三菱自動車工業株式会社, (2019年3月20日), https://www.mitsubishi-motors.com/jp/newsrelease/2019/detailj320.html 2020年5月10日閲覧。 
  6. ^ Home - The Alliance - Renault Nissan Mitsubishi”. 2018年1月12日閲覧。
  7. ^ Home - アライアンスの資本関係と統治機構”. 2018年3月8日閲覧。
  8. ^ 日産が三菱自株の34%を取得、筆頭株主へ webCG (2016年5月12日)
  9. ^ 構成銘柄一覧:日経平均株価 Nikkei Inc. 2021年10月8日閲覧。
  10. ^ 「TOPIXニューインデックスシリーズ」の定期選定結果及び構成銘柄一覧 (PDF) jpx.co.jp 2020年10月7日公表 2021年10月8日閲覧。
  11. ^ https://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20110127-OYT1T01079.htm 「日産、ホンダ抜く…自動車世界販売台数」読売新聞 2011年1月28日[リンク切れ]
  12. ^ 女性活躍に優れた上場企業を選定「なでしこ銘柄」 経済産業省 2017年3月
  13. ^ 平成28年度 「なでしこ銘柄」レポート(PDF形式:5,542KB)”. 2021年5月29日閲覧。
  14. ^ 三井不/旧日産本社ビル改修(東京都中央区)/鹿島で着手、本社機能の一部移転(2014年8月5日4面。2014年9月6日閲覧)[リンク切れ]
  15. ^ ルノー日産、部品共通化7割に 18年までに拡大
  16. ^ 日産がアメリカで陥った販売不振の深刻度 薄利多売で拡大したゴーン時代のツケは重い”. 東洋経済オンライン (2020年2月13日). 2020年4月15日閲覧。
  17. ^ 日産CEO「最大の課題は『車齢の長さ』」”. Auto car (2020年4月16日). 2020年4月15日閲覧。
  18. ^ a b 日産自動車と三菱自動車、戦略的アライアンスを締結 (2016年5月13日閲覧)
  19. ^ 日産、2,370億円で三菱自動車株34%を取得へ(2016年5月13日閲覧)
  20. ^ アライアンス 2022: 年間100億ユーロのシナジー創出を目指し年間販売台数1,400万台、売上高合計2,400億ドルを見込む*
  21. ^ 日産のクルマづくり > テクノロジー > 取り組み:Easy Ride(日産自動車株式会社グローバルサイト)
  22. ^ Easy Ride/Easy Ride × AI運行バス(公式サイト)
  23. ^ 日産 新車販売を一時停止 検査不備、全工場6万台 毎日新聞 2017年9月29日
  24. ^ 日産、ゴーン会長の解任を決議 全会一致で 日本経済新聞、2018年11月22日更新。
  25. ^ 日産、英工場での生産撤回=次期SUVは九州で
  26. ^ “日産自動車、2019年度決算を発表” (プレスリリース), 日産自動車ニュースルーム, (2020年5月28日), https://global.nissannews.com/ja-JP/releases/release-293ce8d1ca9dbfc2922d2297c901278d-200528-02-j 2021年11月20日閲覧。 
  27. ^ “日産自動車、「選択と集中」による持続的成長に向けた構造改革を実施” (プレスリリース), 日産自動車ニュースルーム, (2020年5月28日), https://global.nissannews.com/ja-JP/releases/release-293ce8d1ca9dbfc2922d2297c900ebc5-200528-03-j 2021年11月20日閲覧。 
  28. ^ “日産自動車、2020年度決算を発表” (プレスリリース), 日産自動車ニュースルーム, (2021年5月11日), https://global.nissannews.com/ja-JP/releases/release-11ab174ab769fa2ed73d795e253f5a19-210511-01-j 2021年11月20日閲覧。 
  29. ^ 日産がMMに体験型施設 10月23日までの期間限定(タウンニュース〈中区・西区版〉 2020年8月13日号)
  30. ^ NISSAN PAVILION Yokohama 公式サイト(日産自動車)
  31. ^ a b 日産、仏ルノーとの“不平等条約”撤廃へ協議[新聞ウォッチ]”. レスポンス. 2022年10月12日閲覧。
  32. ^ 日産と三菱ふそう、OEM 供給で基本合意 - 日産自動車ニュースリリース(2012年6月29日)
  33. ^ 日産自動車、スズキと軽商用車のOEM供給につき基本合意 - 日産自動車プレスリリース 2013年8月29日
  34. ^ “日産にも措置命令 三菱自燃費不正、対応遅れ指摘”. 日本経済新聞 (日本経済新聞社). (2017年1月27日). https://www.nikkei.com/article/DGXLASDG27H97_X20C17A1CR8000/ 2017年8月3日閲覧。 
  35. ^ 日産、ロンドンで自動運転車の欧州初走行試験を開始ロイター、2016年11月1日。
  36. ^ a b RENAULT-NISSAN-MITSUBISHI AND GOOGLE JOIN FORCES ON NEXT-GENERATION INFOTAINMENT”. 2018年11月2日閲覧。
  37. ^ “日産三菱ルノー、グーグルと提携 車載OS開発へ”. 朝日新聞 (朝日新聞社): p. 朝刊 11. (2018年9月19日) 
  38. ^ ゴーン被告が今乗ってる車は? デーブ・スペクターが本人インタビュー” (日本語). レスポンス(Response.jp). 2022年2月9日閲覧。
  39. ^ 日本放送協会. “日産 欧州市場向けガソリン車用エンジン 新規開発中止へ”. NHKニュース. 2022年2月9日閲覧。
  40. ^ 日産がエンジン開発終了へ まずは欧州、日中も段階的に” (日本語). 日本経済新聞 (2022年2月7日). 2022年2月9日閲覧。
  41. ^ 日産、欧州向けガソリンエンジン開発終了 規制見据え電動車に集中(産経新聞)” (日本語). Yahoo!ニュース. 2022年2月9日閲覧。
  42. ^ 日産、ガソリンエンジン開発の今後は「それはお客様が決めること」とバッサリ否定” (日本語). 自動車情報誌「ベストカー」 (2022年2月8日). 2022年2月9日閲覧。
  43. ^ 日産自動車 ロシア市場での事業からの撤退を決定” (日本語). 日産自動車ニュースルーム (2022年10月11日). 2022年10月15日閲覧。
  44. ^ 日産がロシアから撤退へ、トヨタに続き 約1000億円の特損計上(ロイター)” (日本語). LINE NEWS. 2022年10月11日閲覧。
  45. ^ 株式会社インプレス (2022年11月7日). “日産、中国にロボットタクシー専門の新会社設立 レベル4自動運転技術開発のWeRideと蘇州市でプロジェクト” (日本語). Car Watch. 2022年11月7日閲覧。
  46. ^ グローバル販売実績”. 日産自動車株式会社. 2021年5月29日閲覧。
  47. ^ アニュアルレポート2011”. 日産自動車株式会社. 2021年6月5日閲覧。
  48. ^ アニュアルレポート2002”. 日産自動車. 2021年6月5日閲覧。
  49. ^ 2020年度 決算発表(2021/5/11)”. 2021年5月29日閲覧。
  50. ^ Nissan Sales, Production & Exports Results for January 2021”. 2021年5月29日閲覧。
  51. ^ Nissan Sales, Production & Exports Results for February 2021”. 2021年5月29日閲覧。
  52. ^ Nissan Sales, Production & Exports Results for March 2021”. 2021年5月29日閲覧。
  53. ^ Nissan Sales, Production & Exports Results for April 2021”. 2021年5月29日閲覧。
  54. ^ Nissan Sales, Production & Exports Results for May 2021”. 2021年7月1日閲覧。
  55. ^ Nissan production, sales and exports for June and first half of 2021” (英語). Official Global Newsroom (2021年7月29日). 2021年8月9日閲覧。
  56. ^ 日産自動車2021年7月度 生産・販売・輸出実績(速報)” (日本語). 日産自動車ニュースルーム (2021年8月30日). 2021年8月30日閲覧。
  57. ^ 2021年8月 販売・生産・輸出実績データ”. 2021年9月29日閲覧。
  58. ^ a b 木村拓哉が日産の新アンバサダー就任で従業員にエール「上等じゃねえか、逆境なんて」(スポーツ報知) - 報知新聞社 2020年8月20日(2020年8月22日閲覧)。
  59. ^ 三栄書房. “型式指定”. 大車林. Weblio. 2019年10月31日閲覧。
  60. ^ 日本の主な事業所
  61. ^ 日産、技術開発拠点「テクニカルセンター」が30周年
  62. ^ 日産自動車株式会社 日産テクニカルセンター / 日産先進技術開発センター
  63. ^ Nissan Advanced Nissan Advanced Technology Center Technology Center (NATC)
  64. ^ 日本経済新聞 1966年12月20日付 4面参照。
  65. ^ https://global.nissannews.com/ja-JP/releases/release-f3ca45a808d922edccf9f8b10d014333-19980224_0025-j
  66. ^ 日産、復活「ダットサン」デザイン世界初公開!新興国共通ブランド投入で巻き返し - ダイヤモンドオンライン(2013年7月4日)
  67. ^ 日産、NISSANブランドの日本風VIを展開 日刊自動車新聞 2007年1月1日
  68. ^ 日産がメインスポンサー=アニメ「サザエさん」 - 時事通信、2018年1月31日。[リンク切れ]
  69. ^ 新TVウルトラマンシリーズ『ウルトラマンタイガ』に、日産の「エクストレイル」が登場
  70. ^ 第49回NHK福祉大相撲を開催”. NHK厚生文化事業団 (2016年2月11日). 2022年2月21日閲覧。
  71. ^ [1]
  72. ^ 日産に是正指導“業務偽装し派遣期間違反
  73. ^ 日産の非正規切り裁判違法・脱法行為の実態が浮き彫りに藤田温久弁護士に聞く
  74. ^ 日産雇い止め訴訟、横浜地裁が原告の請求棄却
  75. ^ “日産新型車を発表前にツイート 県警、元社員を書類送検”. カナロコ (神奈川新聞社). (2018年6月15日). https://www.kanaloco.jp/news/social/entry-31667.html 2021年12月30日閲覧。 
  76. ^ 無資格検査 日産の社長が「謝罪」をしない理由 (1/5)
  77. ^ 日産 問題発覚後も無資格検査続ける[リンク切れ]
  78. ^ 日産、全車両の出荷停止=4工場で無資格検査継続-追加リコール実施へ[リンク切れ]
  79. ^ 日産 9月の国の立ち入り検査で事実と異なる説明[リンク切れ]
  80. ^ 日産 “改善策”徹底されず、異例の再検査
  81. ^ 産経Biz 日産とスバル、無資格検査なぜ起こった?
  82. ^ 無資格者による完成車検査…“やっちゃった日産”の何が問題なのか?
  83. ^ 日本のものづくり、本当に限界に達したのか
  84. ^ 日産、新車の排ガス検査で不正 複数工場で測定値改ざん”. 朝日新聞 (2018年7月9日). 2018年12月22日閲覧。
  85. ^ 日産、ブレーキ検査で新たな不正 15万台リコールへ”. 朝日新聞 (2018年12月7日). 2020年6月24日閲覧。






固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「日産自動車」に関係したコラム

  • 株式の大型株とは

    東京証券取引所(東証)では、規模別株価指数の算出のために一部上場銘柄を大型株、中型株、小型株の3つに分類しています。その基準は、時価総額や株式の流動性などによって順位づけしたものになっています。大型株...

  • 株式市場の01銘柄とは

    株式市場の01銘柄とは、4桁の証券コードのうち下2桁が01で終わる証券コードの銘柄のことです。01銘柄は、その業種の代表的な銘柄であることが多く、株価の値動きは市場関係者から注目されています。次の表は...

  • 株365の株価指数に採用されている銘柄

    株365の銘柄の価格は、株価指数に採用されている銘柄の価格をもとにして算出されます。株価指数に採用されている銘柄はその国を代表するような優良企業であることが多く、また、取引高も多く市場から注目されてい...

  • CFDで取り扱う株式の一覧

    CFDで取り扱う株式には、日経平均株価(日経225)採用銘柄をはじめ、アメリカ合衆国、欧州圏、中国などの証券市場に上場している銘柄があります。CFDで取り扱われている株式はCFD業者によりさまざまで、...

  • 株式の投資基準とされるPERとは

    株式の投資基準とされるPERとは、株価収益率のことです。PERは、次の計算式で求めることができます。PER=株価÷EPSEPSは、1株当たりの利益額のことで、「当期純利益÷発行済み株式数」で計算されま...

  • 株式の投資基準とされるEPSとは

    株式の投資基準とされるEPSとは、1株あたりの利益額のことです。EPSは、次の計算式で求めることができます。EPS=当期純利益÷発行済み株式数例えば、当期純利益が100億円で発行済み株式数が1億株の企...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「日産自動車」の関連用語

日産自動車のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



日産自動車のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの日産自動車 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS