日本大学芸術学部・大学院芸術学研究科 キャンパス・旧キャンパス

日本大学芸術学部・大学院芸術学研究科

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/01/05 16:58 UTC 版)

キャンパス・旧キャンパス

江古田キャンパス

所沢キャンパス(現在は閉校)

日藝賞

日藝賞は2006年に創設され、「著しく日藝の名声を高め、その業績が社会に貢献し、芸術を志す学生に夢を与える人物」を受賞対象にしている。中退者も含め、かつて日藝に在籍していたことのある人すべてを対象とし、活躍分野は問わない。候補者は、在学生、専任教職員、校友会役員の投票で選ばれ、日藝賞選考委員会によって受賞者を選出している。授賞式は受賞翌年の芸術学部入学歓迎式の中で行われ、賞状と名前が刻まれたトロフィーが贈られる[12]

歴代受賞者

出身有名人

写真学科

映画学科

美術学科

音楽学科

文芸学科

演劇学科

放送学科

デザイン学科(旧美術学科デザインコース)

芸術学研究科

その他・不明



注釈

  1. ^ 館山セミナーハウスは、南房総千葉県館山市にある芸術学部の厚生施設である。

出典

  1. ^ “館山セミナーハウス”. 芸術学部. http://www.art.nihon-u.ac.jp/facilities/seminarhouse.html 2015年11月21日閲覧。 
  2. ^ “NAP(日藝アートプロジェクト事業)”. 芸術学部. http://www.art.nihon-u.ac.jp/facilities/research.php 2015年11月21日閲覧。 
  3. ^ 学部行事|学生生活|日本大学芸術学部” (日本語). 日本大学芸術学部. 2021年12月31日閲覧。
  4. ^ 練馬区役所. “江古田カレッジトライアングル”. 練馬区. http://www.city.nerima.tokyo.jp/manabu/event/bunka/ect.html 2018年2月24日閲覧。 
  5. ^ “日藝の卒博”. 芸術学部. http://nichigei.tumblr.com/ 2015年11月21日閲覧。 
  6. ^ アメフト問題、日芸の学生は 「迷惑」「小説にする」:朝日新聞デジタル” (日本語). 朝日新聞デジタル. 2020年5月2日閲覧。
  7. ^ 【日大解剖】芸術学部OBは出身を聞かれると「日芸」と答える” (日本語). BLOGOS. 2020年5月2日閲覧。
  8. ^ 小林哲夫 (2018年5月29日). “日大全16学部の「謝罪」を検証 多くはマニュアル文面のなか光ったのは「日芸」 〈dot.〉” (日本語). AERA dot. (アエラドット). 2020年5月2日閲覧。
  9. ^ 第43回 東京五美術大学連合卒業・修了制作展” (日本語). 日本大学藝術学部美術学科 – Nihon University College of Art. 2020年5月2日閲覧。
  10. ^ 『日本大学百年史』 第五巻、40頁
  11. ^ a b 『日本大学百年史』 第二巻、481頁
  12. ^ “日藝賞”. 芸術学部. http://www.art.nihon-u.ac.jp/artwork/index.html 2015年5月1日閲覧。 
  13. ^ 『声優の世界-アニメーションから外国映画まで』朝日ソノラマファンタスティックコレクション別冊〉、1979年10月30日、69頁。
  14. ^ 『日本タレント名鑑(2017年版)』VIPタイムズ社、2017年1月27日、687頁。ISBN 978-4-904674-08-6


「日本大学芸術学部・大学院芸術学研究科」の続きの解説一覧



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「日本大学芸術学部・大学院芸術学研究科」の関連用語

日本大学芸術学部・大学院芸術学研究科のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



日本大学芸術学部・大学院芸術学研究科のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの日本大学芸術学部・大学院芸術学研究科 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS