日本ペンクラブ 歴代会長

日本ペンクラブ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/11 23:48 UTC 版)

歴代会長

梅原猛までは『日本官僚制総合事典 : 1868-2000』による[8]

会長 在任
1 島崎藤村 1935年11月26日 - 1943年8月22日
2 正宗白鳥 1943年11月3日 - 1947年2月12日
3 志賀直哉 1947年2月12日 - 1948年5月3日
4 川端康成 1948年5月31日 - 1965年10月1日
5 芹沢光治良 1965年10月1日 - 1974年11月12日
6 中村光夫 1974年11月12日 - 1975年5月20日
7 石川達三 1975年5月20日 - 1977年7月1日
8 高橋健二 1977年7月1日 - 1981年5月15日
9 井上靖 1981年5月15日 - 1985年6月8日
10 遠藤周作 1985年6月8日 - 1989年4月25日
11 大岡信 1989年4月25日 - 1993年4月20日
12 尾崎秀樹 1993年4月20日 - 1997年4月24日
13 梅原猛 1997年4月24日 - 2003年
14 井上ひさし 2003年 - 2007年
15 阿刀田高 2007年 - 2011年
16 浅田次郎 2011年 - 2017年
17 吉岡忍 2017年 - 2021年
18 桐野夏生 2021年 -

日本ペンクラブ名義の書籍

  • 『現代日本文学選集』全11卷 日本ペンクラブ 編 細川書店 1948 - 1958
  • 『人生の読本』山口瞳 選、日本ペンクラブ 編 集英社文庫 1981
  • 『最大の殺人』日本ペンクラブ 編、佐野洋選 1981 (集英社文庫)
  • 『ロマンチックはお好き?』田辺聖子 選、日本ペンクラブ 編 1981 (集英社文庫)
  • 『幻覚のメロディ』日本ペンクラブ 編、眉村卓 選 1981 (集英社文庫)
  • 『愛のかたち』瀬戸内晴美 選、日本ペンクラブ 編 1982 (集英社文庫)
  • 『十字路の残照』井上靖 選、日本ペンクラブ 編 1982 (集英社文庫
  • 『過去のある女』日本ペンクラブ 編、結城昌治 選 1982 (集英社文庫)
  • 『男の小道具飛び道具』生島治郎 選、日本ペンクラブ 編 1982 (集英社文庫)
  • 『何とも知れない未来に』大江健三郎 選、日本ペンクラブ 編 1983 (集英社文庫)
  • 『一攫千金の夢』石川喬司 選、日本ペンクラブ 編 1983 (集英社文庫)
  • 『素敵な活字中毒者』日本ペンクラブ 編、椎名誠 選 1983 (集英社文庫)
  • 『食前にたっぷり』日本ペンクラブ 編、色川武大選 1983 (集英社文庫)
  • 『名探偵が八人』都筑道夫 選、日本ペンクラブ 編 1984 (集英社文庫)
  • 『ことばよ花咲け 愛の詩集』大岡信選、日本ペンクラブ 編 1984 (集英社文庫)
  • 『書くに値する毎日 日記名作選』日本ペンクラブ 編、つかこうへい 選 1984 (集英社文庫)
  • 『映画が好きな君は素敵だ』長部日出雄 選、日本ペンクラブ 編 1984 (集英社文庫)
  • 『恐怖特急』阿刀田高 選、日本ペンクラブ 編 1985 (集英社文庫) のち光文社文庫
  • 『いま、危険な愛に目覚めて』栗本薫 選、日本ペンクラブ 編 1985 (集英社文庫)
  • 『勝負』津本陽 選、日本ペンクラブ 編 1985 (集英社文庫)
  • 『ニューヨーク読本』日本ペンクラブ 編、常盤新平福武文庫 1986
  • 『スペイン読本』日本ペンクラブ 編、逢坂剛 選 1987 (福武文庫)
  • 『児童文学名作全集』全5冊 日本ペンクラブ 編、井上ひさし選 1987 (福武文庫)
  • 『「国家秘密法」私たちはこう考える』日本ペンクラブ 編 岩波ブックレット 1988
  • 『文章読本』日本ペンクラブ 編、吉行淳之介 選 1988 (福武文庫)
  • 『韓国読本』日本ペンクラブ 編、関川夏央 選 1988 (福武文庫)
  • 『競馬読本』日本ペンクラブ 編、山口瞳 選 1988 (福武文庫)
  • 『上海読本』日本ペンクラブ 編、村松友視 選 1988 (福武文庫)
  • 『インド読本』日本ペンクラブ 編、藤原新也 選 1988 (福武文庫)
  • 『オーストラリア読本』日本ペンクラブ 編、越智道雄 選 1989 (福武文庫)
  • 『恐怖の森』日本ペンクラブ 編、阿刀田高 選 1989 (福武文庫) のちランダムハウス講談社
  • 『国家秘密法 2』日本ペンクラブ 編 1989 (岩波ブックレット
  • 『ロック読本』渋谷陽一 選、日本ペンクラブ 編 1989 (福武文庫)
  • 『恐怖の旅』日本ペンクラブ 編、阿刀田高 選 1989 (福武文庫) のち光文社文庫
  • 『アンチ・グルメ読本』日本ペンクラブ 編、大河内昭爾 選 1989 (福武文庫) のちちくま文庫
  • 『恐怖の花』日本ペンクラブ 編、阿刀田高 選 1989 (福武文庫)
  • 『俳句とは何か』日本ペンクラブ 編、小林恭二 選 1989 (福武文庫)
  • 『香港読本』日本ペンクラブ 編、山口文憲 選 1989 (福武文庫)
  • 『競馬を読もう』日本ペンクラブ 編、常盤新平 選 1990 (福武文庫)
  • 『地球派読本』日本ペンクラブ 編 1990 (福武文庫)
  • 『はやりうた読本 ひばりからサザンまで ポップ・ミュージック』日本ペンクラブ 編、竹田青嗣 選 1990 (福武文庫)
  • 『今昔温泉物語 伊豆・箱根、関東篇』日本ペンクラブ 編、山本容朗 選 1990 (福武文庫)
  • 『手紙読本』日本ペンクラブ 編、江國滋 選 1990 (福武文庫) のち講談社文芸文庫
  • 『異彩天才伝 東西奇人尽し』荒俣宏 選 日本ペンクラブ 編 1991 (福武文庫)
  • 『全日本貧乏物語』赤瀬川原平 選、日本ペンクラブ 編 1991 (福武文庫)
  • 『人間みな病気』筒井康隆 選、日本ペンクラブ 編 1991 (福武文庫)
  • 『スタ・メンはおれだ プロ野球読本』山際淳司選 日本ペンクラブ 編 1991 (福武文庫)
  • 『ブキミな人びと』内田春菊選 日本ペンクラブ 編 1992 (福武文庫) のちランダムハウス講談社
  • 『歌舞伎読本』日本ペンクラブ 編、山川静夫 選 1992 (福武文庫)
  • 『くだものだもの』日本ペンクラブ 編、俵万智 選 1992 (福武文庫)
  • 『海を渡った日本人』日本ペンクラブ 編、北上次郎 選 1993 (福武文庫)
  • 『バイトの達人』日本ペンクラブ 編、原田宗典 選 1993 (福武文庫) のち角川文庫
  • 『おすもうさんのおしり』日本ペンクラブ 編、泉麻人 選 1993 (福武文庫)
  • 『不思議の国の広告』日本ペンクラブ 編、尾辻克彦 選 1993 (福武文庫)
  • 『お米を考える本』井上ひさし 選、日本ペンクラブ 編 光文社文庫 1993
  • 『日本日記 外国人が見た日本』日本ペンクラブ 編、筑紫哲也 選 1993 (福武文庫)
  • 『殺意を運ぶ列車』西村京太郎 他著、日本ペンクラブ 編 1994 (光文社文庫)
  • 『歴史の零れもの』司馬遼太郎 他著、日本ペンクラブ 編 1994 (光文社文庫)
  • 『「差別表現」を考える』日本ペンクラブ 編 光文社 1995
  • 『恐怖劇場』阿刀田高 選、日本ペンクラブ 編 1995 (光文社文庫)
  • 『教室は危険がいっぱい(学園ミステリー傑作集)』赤川次郎 選、日本ペンクラブ 編 1996 (光文社文庫.
  • 『少年の眼 大人になる前の物語』川本三郎 選、日本ペンクラブ 編 1997 (光文社文庫)
  • 『家族の絆』椎名誠 選、日本ペンクラブ 編 1997 (光文社文庫)
  • 『悪夢の最終列車 鉄道ミステリー傑作選』西村京太郎 他著、日本ペンクラブ 編 1997 (光文社文庫)
  • 『憲法を考える本』井上ひさし 選、日本ペンクラブ 編 光文社 1997
  • 『奇妙な恋の物語』阿刀田高 選、日本ペンクラブ 編 1998 (光文社文庫)
  • 『サッカーを考える本 ワールドカップの裏側からルールの秘密まで』井上ひさし 選、日本ペンクラブ 編 1998 (光文社文庫)
  • 『悲劇の臨時列車 鉄道ミステリー傑作選』西村京太郎 他著、日本ペンクラブ 編 1998 (光文社文庫)
  • 『黄土の群星』陳舜臣 選、日本ペンクラブ 編 1999 (光文社文庫)
  • 『見慣れた景色が変わるとき 「癌告知」18人の知恵と勇気に学ぶ』日本ペンクラブ 編 光文社 1999
  • 『日本ジュニア文学名作全集』全10巻 日本ペンクラブ 編、井上ひさし 選 汐文社 2000
  • 『私を変えたことば』日本ペンクラブ 編 光文社 2000
  • 『文学夜話-作家が語る作家』日本ペンクラブ 編 講談社 2000
  • 『買いも買ったり』林望 選、日本ペンクラブ 編 2001 (光文社文庫)
  • 『犬にどこまで日本語が理解できるか』日本ペンクラブ 編 光文社 2002 のち文庫
  • 『読み聞かせる戦争』加賀美幸子 選、日本ペンクラブ 編 光文社 2002
  • 『こころの羅針盤』五木寛之 選、日本ペンクラブ 編 光文社 2002 のち文庫
  • 『新選組読本』司馬遼太郎 他著、日本ペンクラブ 編 2003 (光文社文庫)
  • 『水』井上ひさし 選、日本ペンクラブ 編 2003 (光文社文庫)
  • 『こんなにも恋はせつない 恋愛小説アンソロジー』唯川恵 選、日本ペンクラブ 編 2004 (光文社文庫)
  • 『それでも私は戦争に反対します。』日本ペンクラブ 編 平凡社 2004
  • 『わたし、猫語がわかるのよ』日本ペンクラブ 編 光文社 2004 のち文庫
  • 『甘やかな祝祭 恋愛小説アンソロジー』小池真理子藤田宜永 選、日本ペンクラブ 編 2004 (光文社文庫)
  • 『ただならぬ午睡 恋愛小説アンソロジー』江國香織 選、日本ペンクラブ 編 2004 (光文社文庫)
  • 『闇に香るもの』北方謙三 選、日本ペンクラブ 編 新潮文庫 2004
  • 『鉄路に咲く物語 鉄道小説アンソロジー』西村京太郎 選、日本ペンクラブ 編 2005 (光文社文庫)
  • 『感じて。息づかいを。 恋愛小説アンソロジー』川上弘美 選、日本ペンクラブ 編 2005 (光文社文庫)
  • 『撫子が斬る 女性作家捕物帳アンソロジー』宮部みゆき 選、日本ペンクラブ 編 2005 (光文社文庫)
  • 『男の涙女の涙 せつない小説アンソロジー』石田衣良 選、日本ペンクラブ 編 2006 (光文社文庫)
  • 『捕物小説名作選』全2冊 池波正太郎 選、日本ペンクラブ 編 2006 (集英社文庫)
  • 『人恋しい雨の夜に せつない小説アンソロジー』浅田次郎 選、日本ペンクラブ 編 2006 (光文社文庫)
  • 『翳りゆく時間』浅田次郎 選、日本ペンクラブ 編 2006 (新潮文庫)
  • 『日本ペンクラブ名スピーチ集』日本ペンクラブ 編 創美社 2007
  • 『心中小説名作選』藤本義一 選、日本ペンクラブ 編 1980 (集英社文庫)
  • 『年齢は財産』日本ペンクラブ 編 光文社 2008
  • 『警察小説傑作短篇集』大沢在昌 選、日本ペンクラブ 編 ランダムハウス講談社文庫 2009
  • 『いまこそ私は原発に反対します。』日本ペンクラブ 編 平凡社 2012
  • 『私小説名作選』中村光夫 選、日本ペンクラブ 編 集英社文庫 1980
  • 『猫のはなし 恋猫うかれ猫はらみ猫』浅田次郎 選、日本ペンクラブ 編 2013 (角川文庫)
  • 『犬のはなし 古犬どら犬悪たれ犬』出久根達郎 選、日本ペンクラブ 編 2013 (角川文庫)
  • 『女がそれを食べるとき』楊逸 選、日本ペンクラブ 編 幻冬舎文庫 2013
  • 『経済小説名作選』日本ペンクラブ 編、城山三郎 選 2014 (ちくま文庫
  • 『読み聞かせる戦争』日本ペンクラブ 編、加賀美幸子 選 光文社 201
  • 『麺と日本人』椎名誠 選、日本ペンクラブ 編 2015 (角川文庫)
  • 『10歳の質問箱 なやみちゃんと55人の大人たち』日本ペンクラブ「子どもの本」委員会 編、鈴木のりたけ小学館 2015
  • 『うなぎと日本人』伊集院静 選,日本ペンクラブ 編 2016 (角川文庫)
  • 『うなぎ 人情小説集』日本ペンクラブ 編,浅田次郎 選 2016 (ちくま文庫)
  • 『10歳の質問箱 続』日本ペンクラブ「子どもの本」委員会 編,鈴木のりたけ 絵 小学館 2017
  • 『読むパンダ』黒柳徹子 選,日本ペンクラブ 編 白水社 2018

  1. ^ 日本ペンクラブ会員名簿
  2. ^ a b c d e f 入会案内・ご協力のお願い – 日本ペンクラブ”. japanpen.or.jp. 2021年7月19日閲覧。
  3. ^ エドワード・G・サイデンステッカー「日本との50年戦争―ひと・くに・ことば」(朝日新聞社)P.211
  4. ^ エドワード・G・サイデンステッカー「私のニッポン日記」(講談社)P.133
  5. ^ 日本ペンクラブ第18代会長に桐野夏生氏 就任のご挨拶 – 日本ペンクラブ”. japanpen.or.jp. 2021年5月25日閲覧。
  6. ^ 日本ペンクラブ会長に作家の桐野夏生さん…女性会長は初めて : エンタメ・文化 : ニュース” (日本語). 読売新聞オンライン (2021年5月25日). 2021年5月25日閲覧。
  7. ^ 日本放送協会. “日本ペンクラブ女性初の会長桐野夏生さん「反動や差別と闘う」”. NHKニュース. 2021年7月19日閲覧。
  8. ^ 秦 2001, 618頁.






固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「日本ペンクラブ」の関連用語

日本ペンクラブのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



日本ペンクラブのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの日本ペンクラブ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS