日朝関係史 第二次世界大戦後

日朝関係史

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/07/26 05:09 UTC 版)

第二次世界大戦後

朝鮮半島の解放・独立

朝鮮半島は冷戦の影響によって南部がアメリカ、北部がソ連のそれぞれ占領地となる(連合軍軍政期)。1945年8月14日、日本政府はポツダム宣言を受諾して連合国への降伏を決定した(日本の降伏)。

朝鮮総督府では翌8月15日玉音放送前に独立運動家の呂運亨らと交渉して、行政機構を移管して混乱を最小限に防止しようと計画を立案する。呂運亨は朝鮮建国準備委員会を結成して朝鮮人民共和国の樹立を宣言するが、日本軍に代わってソウルを含む南部をアメリカ軍が、北部をソ連軍軍事統治を敷いた。

ソ連が占領した北朝鮮では金日成がソ連軍の士官として朝鮮北部の平壌に入城し、アメリカが占領した南朝鮮では李承晩金九などの独立運動家がソウルへ戻った。アメリカの支持を背景に李承晩が権力基盤を固める一方で、金九の大韓民国臨時政府や、呂運亨の朝鮮人民共和国は実現せずに頓挫する。呂運亨は李承晩派の人物により暗殺され、解放の3年後に李承晩と金日成によって南北に2つの国家が建国された。金九は南北統一国家を主張し続け、独立後に暗殺された[204]

連合国には、降伏後の日本についても朝鮮半島と同様に分割統治計画が存在していたが実行はされなかった。ダグラス・マッカーサー率いる連合国軍最高司令官総司令部(GHQ/SCAP、実質上アメリカ軍中心)のもとで、日本国政府を通じた間接統治が実施された[205]

そのような中、1946年2月3日に朝鮮人を主体とする共産主義勢力により日本人数千人が虐殺される通化事件が起きた。1948年4月3日に起きた済州島四・三事件では、多数の済州島民が南朝鮮政府の虐殺から避難するため日本に密入国した[206]。また、経済的な成功を目指して南朝鮮から日本に密入国する者も多数いた。密入国者による外国人登録証の偽造が横行したことが、指紋押捺制度の設立理由とされ、これが後の時代には差別的待遇として指紋押捺拒否運動となった。

在朝日本人・在日朝鮮人の帰国

満洲国(現在の中国東北部)、関東州(現在の中華人民共和国遼寧省大連市一部地域)、占領地域の民間人の保護や引き揚げは大東亜省の管轄であった。大東亜省は在留日本人については現地定着の方針をとり、朝鮮人や台湾人は追って指示があるまで従来通りとした。朝鮮、台湾、樺太を管轄する内務省もこの方針にならい、結果的に日本政府は各地の民間人の生命財産の保護を放棄した[207]

送還中に爆沈した浮島丸

降伏後の日本軍部や大企業では、強制徴用をした在日韓国・朝鮮人の帰国を急いだ。戦犯としての処罰を回避するためと、暴動の発生を回避したいという理由があった。連合軍兵士の捕虜たちを労働に従事させていた地域では、戦時中から米軍機が捕虜虐待を警告するビラを投下しており、事情を知る企業は終戦直後に捕虜や強制徴用者の資料破棄と強制徴用者の送還を行った。

戦後の混乱で政府の方針が決定される前に送還が急がれる中で、犠牲も発生した。終戦直後の1945年8月24日には、大湊警備府の軍用壕建設のために強制徴用されていた者を含めて3700人以上の朝鮮人を送還する輸送艦が爆沈して、乗組員を含め549人が死亡する浮島丸事件も起きた。

中小の炭鉱や工場では強制徴用者は放置され、漁港から自力で帰国を試みて難破する事故も起きた。政府はこうした事態を受けて、1945年9月1日に「朝鮮人集団移入労務者の緊急措置の件」という通達を出した。その後も、朝鮮半島から引き揚げる日本人が乗用した貨客船が爆沈して545人が死亡する珠丸事故が起きた[208]

朝鮮半島内には在朝日本人が80万人近くおり、加えて満洲からも12万人が逃亡してきて、引き揚げは難航した。もと朝鮮軍の軍人や警察官の関係者は輸送手段を使えたものの、多くの日本移民は自力での帰国が必要だった。半島南部ではアメリカの主導により1946年に本国輸送が終了したが、半島北部では計画的な輸送がなく、1946年には3万人以上が死亡した。在日朝鮮人は終戦時に200万人おり、1946年内に150万人が帰国した[162]

樺太や南洋群島にも、朝鮮人が徴用などで生活していた。南洋群島には朝鮮人が7千人、サハリンとなった南樺太には2万3千人の朝鮮人がいた。南洋群島の朝鮮人は本国へ直接引き揚げとなった。南樺太の朝鮮人の多くは南朝鮮の出身だったが、ソ連は北朝鮮への帰国のみを認めたため、1990年の韓ソ国交樹立まで帰国を待つことになる[209]

朝鮮戦争

朝鮮戦争の推移

日本降伏後の朝鮮半島は、北緯38度線を境界として北部にソ連軍、南部にアメリカ主導の連合国軍が進出して、冷戦の対立が朝鮮半島にも影響する。1948年8月15日に南の大韓民国(韓国)と同年9月9日に北の朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)がそれぞれ独立を経て分断国家が誕生し、北朝鮮が38度線以南の韓国へ侵攻を行い、朝鮮戦争(1950年6月25日 - 1953年7月27日、以後休戦中)が勃発した。アメリカは国連軍を創設して韓国を支援し、ダグラス・マッカーサーが国連軍司令官となる。

当時の日本は連合国軍占領下であり、東京都内に国連軍司令部が設置された。在日米軍が韓国に投入されると、マッカーサーは日本の治安を維持するために事実上の「再軍備」を実施させるにあたって警察予備隊を創設して、のちに保安隊、現在の自衛隊に改組された。日本は日本特別掃海隊や港湾労働者を韓国に派遣し、日本国内での韓国軍(大韓民国国軍)の軍事訓練を受け入れるなど韓国を支援した。

経済面では、アメリカ軍の物資調達のために日本では特需が起きた(後述)。朝鮮戦争は日本国内の在日コリアン社会にも「韓国派」と「北朝鮮派」という対立をもたらし、韓国系の在日本大韓民国民団(韓国民団)は義勇兵を派遣し、北朝鮮系の在日本朝鮮人連盟(現在の朝鮮総連の前身)は占領当局と衝突した。

北朝鮮側にはソ連の援助に加えて、1949年10月1日に建国された中華人民共和国が参戦し、北朝鮮軍(朝鮮人民軍)の援軍として中国人民志願軍を派兵して、国連軍と中朝連合軍は朝鮮戦争休戦協定によって休戦したが、あくまで「休戦」であって「終戦」ではないため、名目上は現在でも戦時中となる[210]

大韓民国(韓国)

大韓民国の建国

1948年8月15日、朝鮮半島の南部に大韓民国(韓国)が建国され、李承晩が初代大統領に就任した。ただ実際は、アメリカの強い影響下にあり、反共主義を掲げる西側諸国の一員であるという点では韓国は日本との共通性が高かったが、韓国では独立運動家出身の李承晩を筆頭に反日感情を持つ政治家が主導権を握った。

李承晩政権は亡命していた運動家を閣僚にする一方で、行政、軍、警察には日本統治時代の親日的な人員を再雇用した[211]。反李承晩政権の思想をもつ市民に対する弾圧が行われ、麗水・順天事件のような韓国軍の反乱事件の際にも日本への密航者が生み出された。1949年1月17日、李承晩は対馬の韓国領を主張し日本に返還要求する[212]

朝鮮戦争

韓国政府による李承晩ラインにもとづく日本漁船の拿捕

金日成率いる北朝鮮から侵攻を受け、朝鮮戦争(韓国側呼称:韓国戦争、韓国動乱あるいは6・25戦争)が勃発すると、反政府的な立場をとる多くの韓国人が日本へ密入国した。

朝鮮戦争の休戦交渉が行われ戦闘が終息し1953年7月27日に休戦状態になると、李承晩は韓国領域周辺の公海上に李承晩ラインを設定して、韓国政府による日本漁船への銃撃・拿捕事件が多発し、数十人が殺傷され数千人が抑留された[† 14]

1954年には同ラインで韓国側に取り込んだ日本固有の領土竹島(韓国名:独島)に軍隊を送り込んで同島を占拠した。その後も現在に至るまで韓国の武装警察が駐在し、日本はこれを韓国の武力による不法占拠と抗議している(竹島問題)。

在日朝鮮人の帰還事業が開始されると、韓国の工作員が北朝鮮への帰還を阻止しようとして新潟日赤センター爆破未遂事件が起きた。両国間の関係は、李承晩失脚までは大きな改善は見られなかった。

日韓国交回復

5・16軍事クーデターで韓国大統領に就任した朴正煕は、大日本帝国陸軍士官学校出身で旧日本軍軍人の経歴があるなど、日本の事情にも精通していた。朴正煕は、北朝鮮の圧迫から国家を守るためには、日本との国交回復による経済支援の実現が不可欠と判断していた。一方、日本の自由民主党政権も、北東アジアでの反共同盟強化や第二次世界大戦における負の遺産の清算のために、韓国との国交回復を望んでいた。

1964年3月24日ソウル大学高麗大学延世大学の学生5000人余りが「対日屈辱外交」反対デモを行う[213]

1965年日韓基本条約日韓請求権協定が締結され、日韓両国及びその国民間の請求権に関する問題が完全かつ最終的に解決されたこととなることを確認するとともに、日本は韓国に5億ドルを支払った。この支払いに関して日本政府は賠償ではなく経済協力と位置づけている。日本は「大韓民国(韓国)」を「朝鮮半島唯一の合法政府」と認めた。

冷戦下の日韓関係

アメリカのベトナム共和国(南ベトナム)への介入によってベトナム戦争(1955年11月 - 1975年4月30日)が勃発し、日韓の政府はともにアメリカに協力した。韓国は約5万人をベトナムに派兵して参戦し、軍需物資の生産や建設、労働者の派遣、兵士への手当てなどをアメリカから得た。日本は南ベトナムをはじめとして韓国、台湾中華民国)、香港タイフィリピンなどのベトナム周辺地域に輸出を行った。これらはベトナム特需とも呼ばれた(後述)。

日韓国交正常化により、韓国は朴正煕の軍事独裁政権下で、日本からの円借款などの経済協力も利用して、地下鉄高速道路などの各種交通インフラを整備し、「漢江の奇跡」と呼ばれる工業化・経済発展を実現した。日本の商社は韓国に進出し、労働力が安価で済む韓国は日本への重要な輸出基地となった。また、安全保障においても佐藤栄作総理大臣とリチャード・ニクソン米大統領が韓国の平和と安全の維持が日本にとっても重要であるという韓国条項が発表された[214]

日本の敗戦後、臣籍降下がなされた旧皇族梨本宮家出身の李方子は、大韓帝国李垠の妃となったのちに、終戦後は日本国憲法のもとで在日韓国人とされた。李承晩政権の時代には帰国できず、朴正煕政権になってようやく李垠とともに夫婦での韓国への帰国が実現した。帰国後の方子は障害児教育に取り組んで韓国で親しまれ、葬儀は朝鮮王朝の礼式にもとづいて準国葬が行われて、日本からは昭和天皇の末弟で皇族三笠宮崇仁親王・同妃百合子夫妻が参列した[215]

日韓の国交は外交と投資に関しては正常化したものの、朴正煕政権の維新体制のもとで金大中事件文世光事件朴正煕暗殺事件が起きて外交問題ともなった[216]。歴史認識をめぐっては歴史教科書問題が起きるなど、必ずしも両国の国民感情は良好ではなかった。日本側では韓国から進出してきた統一協会(旧:世界基督教統一神霊協会、現在の世界平和統一家庭連合)による霊感商法批判も起こったが、中曾根康弘内閣総理大臣が就任後の初めての外国訪問先に慣例である米国ではなく韓国を選び、40億ドルの円借款を決定したことから、全斗煥大統領による韓国人初の日本への公式訪問が実現した[217]盧泰愚大統領時代には地方自治の推進、1988年ソウルオリンピック開催、海外渡航の自由化があり、それまでの政府やビジネス主導の交流に加えて、姉妹都市や修学旅行など地域レベルの民間交流が増加した[218]

日韓関係改善への動き

サッカー・ワールドカップが2002年に日韓で共同開催することが決定すると、これを契機に日韓関係を改善する機運が高まった。

日韓共同宣言小渕恵三総理大臣と金大中大統領により発表され、「日韓は過去の歴史を克服し、未来志向の日韓関係を発展させること」に合意し、韓国での日本大衆文化の流入制限も段階的に解除していくことも表明された。2000年は「日韓国民交流年」に指定され、日韓の「査証(ビザ)なし相互訪問」を恒常化し、特に観光面での交流拡大が行われた。両国の都市には相手国の言語による案内標識などが整備されて、それまで日本側からの訪問人数が多かった観光も、日本の観光地に韓国人観光客の姿が増えるなどの変化が見られるようになった。

歴史認識問題も小泉純一郎総理大臣が靖国神社参拝を断念し、日韓歴史共同研究を提唱するなど、韓国に対する歩み寄りを試みた。また、明仁天皇が『続日本紀[† 15]に「高野新笠が百済王族の遠縁」と記されていることについて述べ、いわゆる「韓国とのゆかり」発言をおこなった[219]

現代の日韓関係

このような経緯を経て「日韓関係は良好になった」とも一時期言われていたが、両国間での論争も行われており、2010年代以降悪化の一途をたどっている。

日韓問題とも呼ばれる論争の多くは歴史認識に由来しており、教育(歴史教科書問題)、領土(竹島問題[220](韓国名:独島))、第二次世界大戦(靖国神社参拝問題、いわゆる慰安婦問題[170])、文化(文化財返還問題)などがある。歴史認識については、両国の専門家による日韓歴史共同研究が始まり、第1期の座長は三谷太一郎と趙東杰、第2期の委員会は鳥海靖と趙珖が委員長となった[221]日韓基本条約で解決された韓国人への賠償問題については、大韓弁護士協会の魏哲煥協会長が和解案を提示した[222]

日韓関係の課題には、北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国)に対する安全保障問題もある。2006年10月9日北朝鮮の核実験が初めて行われて、安倍晋三総理大臣と盧武鉉大統領の日韓首脳会談では日韓連携が確認された。共通の同盟国であるアメリカとの日米韓の相互運用性が問題となっており、日韓秘密軍事情報保護協定(GSOMIA)は締結されているものの、物品役務相互提供協定英語版は、日米と韓米では締結されているが、2017年1月時点では日韓で締結されていない[223]

日韓の姉妹都市は2016年11月現在で161組となる。福岡市釜山市は姉妹都市協力を進めて、国境を超えても公道を走れるダブルナンバー車を採用した[224][225]

2017年9月20日には、明仁天皇美智子皇后が、在位中8度目の私的旅行で高麗神社に参拝した。高麗神社はかつて高句麗からの移住者が住んだ高麗郡にあり、創建以来初めての天皇の参拝となった[226]

2010年代後半になると、日本の安倍晋三政権と韓国の(朴槿恵→)文在寅政権下での外交政策上の対相互強硬路線の影響により、慰安婦問題日韓合意の破棄、徴用工訴訟問題や、日本の自衛隊機に向けて射撃レーダーが照射される韓国海軍レーダー照射問題の発生、安全保障上での相互輸出規制管理(キャッチオール規制)の厳格化などによる日韓貿易紛争の勃発、韓国側による日韓秘密軍事情報保護協定(GSOMIA)の破棄など、日韓の隣国間で主張が対立し、両国関係の悪化の深刻化が進んでいる。

朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)

この項目では、南の大韓民国と対比させるため、朝鮮民主主義人民共和国の略称を「北朝鮮」とする。

朝鮮民主主義人民共和国の建国

1945年、朝鮮半島北部を制圧したソビエト連邦は、従来の日本による統治システムを解体し、共産主義による新体制の建設を進めた。朝鮮北部は旧満洲国(現在の中国東北部)からの日本人移住者・在住者の帰国経由地ともなったが、その中で多くの生命が失われた。

1948年9月9日には金日成を首相とした朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)が成立した。その後、朝鮮人民軍が北緯38度線以南に侵攻し、南の大韓民国との間で朝鮮戦争(北朝鮮側呼称:祖国解放戦争)が勃発し、首都平壌[† 16]を含む広範囲の国土が戦場となった。

朝鮮戦争中の1952年4月28日に日本はサンフランシスコ講和条約の発効で独立を回復したが、アメリカとの同盟関係にある反共主義国家となった日本の自由民主党政権は朝鮮民主主義人民共和国を国家承認せず、マスメディアと共に「北鮮(ほくせん)」と呼んだ。

一方、日本社会党総評など、日本の社会主義勢力や労働組合は「朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)」を「朝鮮半島唯一の合法政権」と考え、「朝鮮」と呼称して、大韓民国(韓国)をアメリカの軍事支配下にある「南朝鮮」とした。かつて独立前の南朝鮮で共産主義運動に参加をした朴憲永は北朝鮮で副首相となるが、朝鮮戦争休戦後にスパイ容疑で処刑された。

在日本朝鮮人総聯合会(朝鮮総連)

北朝鮮の成立は日本国内の政治状況にも影響を与えた。第二次世界大戦後に合法政党として再建された日本共産党には多数の朝鮮人活動家がいたが、やがて分離し、北朝鮮への帰還か日本国内での在日韓国・朝鮮人運動の展開を選択した。

その中で、在日本朝鮮人総聯合会(朝鮮総聯、朝鮮総連)が成立した。朝鮮総連による指導により、在日朝鮮人は民族差別解消・生活状況改善などをめざした闘争を全国各地で展開した。韓国での混乱や圧政は日本でも報じられていたため、朝鮮半島南部の出身者でも朝鮮総連に参加する者が多かった。なお、金日成に率いられた北朝鮮の指導政党、朝鮮労働党はやがて日本共産党の議会重視・平和革命路線を批判し、関係を断絶したため、朝鮮労働党の交流相手は日本社会党が中心となった。

在日朝鮮人の帰還事業

記事「北鮮が日本法律家協会へ書簡」(RPニュース、1958年)。北朝鮮人の韓国への強制送還に関する日本政府と韓国政府とのあいだの合意は国際法違反との旨の抗議が行われた (PDF)。

1959年在日朝鮮人の帰還事業が開始された。これは日本赤十字社が所管した、韓国政府による帰還拒否により帰還出来なかった[要出典]人々を北朝鮮への帰還を支援する事業で、日本政府も積極的に協力した。数十万人の在日朝鮮人が海を渡ったとされるが、「地上の楽園」と自己宣伝していた北朝鮮側の経済状況は厳しく、日本での貧困や差別からの解放を願ったとされる帰国者は一層困難な状況に追い込まれた[† 17]

独裁色を強める金日成政権は、日本からの帰国者の多くを潜在的スパイなどと見なして警戒し、その多くを処刑、あるいは強制収容所での長期拘禁に処したとされるが、定かではない。

厳しい情報統制をかいくぐって漏れてくる現地の状況を知った在日朝鮮人の間では帰国への情熱が徐々に退き、高度経済成長に伴って日本での生活状況が改善されていった事もあって、帰還事業は1960年代半ばに終了した。

ただし、帰国者の再来日は実現せず、日本国籍を所持したまま家族と共に渡航した配偶者や子どもの問題が発生した[227]。韓国側では、北朝鮮への帰還事業を阻止するために妨害工作を計画して、新潟日赤センター爆破未遂事件が起きた。

日韓国交回復以降

日韓基本条約が締結されると、日本は韓国との国交を締結した。この中で日本政府は「韓国」を「朝鮮半島唯一の合法政府」としたため、北朝鮮との国交締結を求める朝鮮総連や日本社会党などの強い抵抗を受けたが、佐藤栄作政権は国会で強行採決をした。

この条約により日本は大韓民国の国籍を認定したため、在日韓国・朝鮮人の中には朝鮮籍からの切り替えを行う者が現れた。また、これを機に大韓民国は「韓国」という表記が一般に定着し[† 18]、朝鮮民主主義共和国は「北朝鮮」と表記される例が増えた。

1970年日本航空の航空機がハイジャックされる よど号ハイジャック事件が発生した。犯人は日本国内での革命運動に行き詰まった田宮高麿などの新左翼に属する共産主義者同盟赤軍派グループで、北朝鮮は彼らの亡命を受け入れる一方、機体や乗員の日本返還に応じた。田宮達の思想や行動方針は北朝鮮側とは一致しなかったが、田宮らは平壌郊外に小グループを形成し、北朝鮮の意を受けた対日宣伝・工作活動に従事した。

やがて冷戦がデタント期に入り、南北共同声明により韓国との対立がある程度緩和され、日本が中華人民共和国との国交を回復する中(日中国交正常化)、日朝関係も徐々に貿易額を拡大した。在日朝鮮人の集団帰国事業は、万景峰号による祖国・親族訪問へと変化して続いたが、北朝鮮帰国者の再訪日は認められなかった。

日本人拉致問題

この頃から資本主義国である韓国の経済力が共産主義国である北朝鮮を逆転し、大きく引き離していく。

危機感を持った北朝鮮側は日本人を拉致して自らの工作員に置き換え、韓国に入国させる事を計画した。

1973年福井県小浜市2児拉致事件が発生。1975年松生丸事件で日本漁船を銃撃・拿捕した。1977年、後に日朝両国政府が事実認定を行う最初の北朝鮮による日本人拉致事件が発生した。同年11月15日には、新潟県新潟市で13歳(当時)の横田めぐみが拉致され、後にこの問題のシンボル的存在として取り上げられるようになったが、1983年まで続く一連の事件が明らかになるのにはさらなる年数を要した[† 19]。この事件には、よど号ハイジャック事件の犯人グループ、及びその妻達が関与したともされ、日本の検察庁から起訴されている。

1980-90年代

1980年代に日朝間の大きな懸案事項になったのは、拉致問題ではなく、第十八富士山丸事件だった。日朝間を航行中の貨物船に潜んでいた朝鮮人民軍兵士の閔洪九が亡命申請をしたため、日本は彼の国内滞在を認めて放免した[† 20]。再び北朝鮮へ入港した貨物船は乗員が拘束されて、船長と機関長はスパイ容疑で教化労働15年の判決を下され、船体は没収された。日本の国民世論は日本人船員の釈放を求めたが、国交がない両国間では交渉が難航して、帰国まで7年をかけた。

この事件の前月には、ラングーン事件が北朝鮮工作員の犯行と発表されており、日本の対北朝鮮警戒感は再び高まった。さらに、大韓航空機爆破事件も日朝関係を冷え込ませた。爆破によって乗客と乗員115人全員が死亡しており、テロ実行犯としてバーレーンで拘束され、服毒自殺を図ったのは日本人を名乗る「蜂谷真一」と「蜂谷真由美」だった。生き残った蜂谷真由美は韓国に送致され、自らが北朝鮮工作員の金賢姫であることを自白し、日本人化教育を李恩恵という日本人女性から受けたと述べた。

1990年代に入り、1994年7月8日金日成国家主席が死去し、世襲により権力が継承される形で実子・長男である金正日の体制へ移行した後、苦難の行軍と呼ばれた北朝鮮の経済情勢・食糧事情の悪さが頻繁に報道され、脱北者と呼ばれる亡命者も多く出るようになり、1998年にはミサイル発射実験が行われ、北朝鮮による日本人拉致問題が表面化するようになり、日本側の北朝鮮に対する不信は増加している一方であった。

2000-10年代

2002年9月、小泉純一郎総理大臣は北朝鮮を訪問して、金正日総書記と初の日朝首脳会談を実現し、17日日朝平壌宣言に調印した。この訪問で金正日は北朝鮮による日本人拉致を「一部の英雄主義者が暴走した」として公式に認め、5人の拉致被害者の帰国となった。しかし8人死亡・1人行方不明とする北朝鮮側の回答は日本側からは承諾しかねるものに映り、拉致被害者の家族の帰国が拒まれるなど、関係者を中心に不満が噴出し、世論も北朝鮮に対して強く反発した。日本では特定船舶入港禁止法[228] も成立した。

六者会合の座席図

北朝鮮は2002年に核開発を認め、北朝鮮核問題について六者会合(六ヶ国協議)が開かれた。日本、韓国、北朝鮮、アメリカ、中国、ロシアが参加したが、2007年以降は開催されていない。2006年には北朝鮮の核実験が断行され、日韓首脳会談では日韓連携が確認された。この核実験は各国の批判も招き、国連安保理の非難決議にもつながった。地域交流にも影響を及ぼし、日本で唯一、北朝鮮との姉妹都市関係にあった境港市は、核実験後に元山市との関係を破棄した[229]

2011年12月17日金正日国防委員長が死去し、世襲により同人物の三男にあたる金正恩が北朝鮮の第3代最高指導者の座に就き、新体制へ移行した。

2016年、日本政府は北朝鮮による度重なるミサイル発射実験および北朝鮮による日本人拉致問題に対する制裁措置として、北朝鮮国籍者の入国および再入国の禁止を決定した[230]。2017年9月、北朝鮮の対外窓口機関である朝鮮アジア太平洋平和委員会は、「核兵器を使用して日本列島を沈める」との声明を発表し、日本政府はこれに抗議した[231][232]

日本は日韓基本条約により、韓国を「朝鮮半島唯一の国家」としているため、北朝鮮を国家として承認しておらず、2019年現在にいたるまで国交はない[233]

経済面

朝鮮特需

朝鮮戦争は、日本経済に朝鮮特需と呼ばれる影響を与えた。アメリカ軍や国連軍の関連機関は、戦争遂行のために日本からドル払いで物資を調達した。この調達の金額は、1951年の日本の外貨収入の26.4%を占めており、1952年は36.8%、1953年は38.2%にのぼる。合計では1000億円から1500億円に達した[234]

ベトナム特需

ベトナム戦争で韓国がアメリカから得た金額は累計で10億ドル、韓国のGNPの3-4%となった[235]。日本からベトナム周辺地域への輸出は、アメリカからの対外軍事支出や援助でまかなわれ、1966年の日本の輸出増加額のうち80%近くはベトナム周辺とアメリカ向けとなった。日本の輸出品は工業製品や金属製品であり、ベトナム周辺地域では工業化が進んだ。戦争はベトナム社会主義共和国の勝利に終わったが、ベトナム周辺地域の経済の変化は、のちの新興工業経済地域の一因にもなった[236]

日韓の輸出入の推移

日韓貿易協定の締結によって、日韓貿易が始まった。日本と韓国は輸出志向型工業化による経済成長という共通点があり、輸出産業では、自動車、電機、造船、鉄鋼などの分野で競合していた。日韓貿易の特徴として、韓国の輸出と対日輸入の相関関係がある。原因は、韓国の製造業に組み立て産業が多く、日本からの中間財の輸入が大きい点にある。このため韓国では対世界輸出が増えると対日輸入も増えて、対日赤字が増える傾向にある[237]

80年代までの韓国は対日赤字を対米黒字で補填する構造であったが、アジア経済の成長につれて、日本、韓国ともにアジア域内の貿易が高まり、近年は中国の影響が大きい。日本の対韓輸出は1996年にアメリカに次いで2位だった。韓国は1980年代まで対米と対日貿易の比重が大きく、それ以降は東アジア諸国への比重が増え続けた。韓国の対日輸入は1986年、対日輸出は1989年がピークとなった[238]。1992年に韓国は中国との国交を樹立してから輸出が急増を続け、2010年には対中輸出が25.1%となり、日米欧の合計(28.2%)に匹敵した。韓国が世界金融危機からの回復が早かった一因に、対中貿易黒字の大きさがある[239]

財産権と司法

盧武鉉政権は日本統治時代・親日派問題の清算として「日帝強占下反民族行為真相糾明に関する特別法」及び「親日反民族行為者財産の国家帰属に関する特別法」を制定し、反民族行為認定者の子孫の土地や財産を国が事実上没収する事を可能にした[240]

直接投資

韓国は1980年代前半には香港台湾シンガポールと共にアジア四小龍とも呼ばれた。日米貿易摩擦を発端としたプラザ合意と円高によって、日本企業は海外生産を増加する。日本の資本は韓国を含めた新興工業経済地域(NIEs)に投資され、NIEsで輸出産業の成長と雇用をもたらした。次いでNIEsの経済発展がASEANや中国への投資となって波及した。東アジア内で異業種間の工業製品の相互貿易や、製品や工程の分業が増加した。国内で製品を完成して最終製品を輸出する産業内貿易も進んだ[241]

近年は、日本が研究開発(R&D)において顧客に近い韓国を選ぶことも増加している[242]。消費市場では日本が韓国に進出しており、特に2000年代以降は自動車、外食、小売が多い。文化的な類似点があり、二国間交流も活発であるため進出に適した環境となっている。歴史的経緯から韓国には反日感情があるとされるが、この点では日本製品の受容を阻害していない[242]

韓国からの対日直接投資は、大手財閥の販売やR&Dのための日本拠点が多い。2000年代半ばから増加しており、オンラインゲームなどのIT関連企業、航空、貨客船、放送などで進んでいる[243]

日本の国際協力銀行が2017年に行った「日本の製造業の投資有望地域・国ランキング」の調査において、韓国は10位となった。理由の第1位は「現地マーケットの現状規模」、第2位は「現地マーケットの今後の成長性」となっている[244]

金融危機と通貨金融協力

アジア通貨危機で大きな影響を受けた国

1996年タイの不動産バブルが崩壊して通貨のバーツが下落すると、タイと同様にドルペッグ制を用いる国々に波及してアジア通貨危機となり、それらは韓国にもおよんだ。韓国では輸出推進のために政府主導で財閥への銀行融資が行われており、財閥が設備過剰で経営危機に陥ると融資をしていた銀行に影響した。海外からの短期借入の更新が危うくなって韓国中央銀行の外貨準備が底をつき、債務不履行の可能性も出たため、国際通貨基金(IMF)の主導で日本の債権銀行も支援を行った。この危機をきっかけに、アジアで外貨準備を互助する機関として大蔵省がアジア通貨基金を提唱する。しかし、中国やIMFを中心とするアメリカの賛同が得られず、日本側も設立の具体案に欠けており、実現はしなかった。アジア域内の金融協力の必要性は認識されて、チェンマイ・イニシアティブの合意がなされた。これは外貨準備を融通する通貨スワップのネットワークを作る案で、日本と韓国のほかに中国、インドネシア、マレーシア、フィリピン、シンガポール、タイの8カ国で開始された[245]

企業提携

日韓が第3国で企業提携を進める事業も増加している。1990年代には在韓日系企業の中国進出があり、2002年以降は中国に進出した韓国企業向けに日韓で合弁会社を設立した。それまでに技術提携をしてきた韓国企業との協力や、中国語と韓国語の両方に堪能な人材への期待もあった。中国以外の地域での提携も増えており、資源確保、プラント、インフラ事業などがある[246]

日朝貿易

南北共同声明以降は、日本の工業製品が徐々に北朝鮮側に入り、北朝鮮産の安価なマツタケ海産物が日本へ輸出された。かつては日本への船舶の入港は年間千数百隻に上っていた。内訳は、日本からの輸入は輸送機器が中心で、日本への輸出は水産物が中心であった。2009年以降は輸出入が禁止されている[233]

漁業

2010年代から北朝鮮当局が黄海と日本海の漁業権を中国に売却したことで北朝鮮近海では1000隻を超える中国漁船が操業し始め[247][248]、中国の乱獲により沖合に出た北朝鮮漁船が日本に相次いで漂着する原因になった[249]

文化面

旅行・相互交流

2001年に開港した、アジアのハブ空港の一つである仁川空港

韓国はソウルオリンピック開催の翌年から海外渡航を完全自由化して、同年の来日外国人旅行者は韓国が1位となった。日本から韓国への渡航もソウルオリンピックをきっかけに増加した。日韓の往来者総数は2000年に354万人となり、ビザの相互免除が2006年に実施された。日韓のワーキング・ホリデーは1999年に始まり、日本は訪問先として人気であり、2016年時点で日韓ともに1万人ずつとなっている[250]。2016年には相互交流が700万人を超えて2年連続で過去最高を更新しており、日韓政府は熊本市で開催された「日韓観光振興協議会」で、日韓相互交流1000万人を目標とした[251]

情報

日韓のニュースメディアには、インターネットを用いて相手国の言語でニュースを提供しているものもある。日本メディアの韓国語版サイトはNHK共同通信。韓国メディアの日本語版サイトは、2001年に開設された朝鮮日報をはじめとして、聨合ニュースハンギョレ東亜日報中央日報などがある。朝鮮日報はYahoo!ニュースとも連動している[252]。日韓共同世論調査によれば、相手国や日韓関係についての情報は、日韓ともに9割が自国のメディアから得ている[253]

教育

李王家の妃であった日本の旧皇族梨本宮家出身の李方子は、戦後は韓国の一国民として障害児教育に取り組んだ。李方子の活動は韓国で評価され、韓国政府から国民勲章牡丹章が授与された[254]

語学番組としては、1984年に日本の公共放送NHKで「アンニョンハシムニカ・ハングル講座」が始まっている。

入学試験面においては、日韓首脳会談で森喜朗総理大臣が大学入試センター試験の外国語科目に韓国語を新設することを表明し、2002年から導入された。

九州大学は韓国研究センターを設立し、2011年から共同教育プロジェクトとして釜山大学らと日韓海峡圏カレッジを実施した。現在はアジア太平洋カレッジとして、ソウル大学延世大学釜山大学、九州大学、西南学院大学ハワイ大学が実施されている[255]

映像

朴正煕政権は国交正常化による日本からの文化流入を警戒して、韓国での日本大衆文化の流入制限で大衆文化の接触を禁止した。しかし、1970年代から日本製の番組が放送されていた。アメリカの配給会社を経由して、日本産を隠した子供向けアニメが放送されており、韓国の若年層に影響を与えた。韓国が万国著作権条約に加盟して以降は、著作権法による輸入が始まり、文化の流入制限は金大中政権から緩和が進んだ。国交回復によって共同制作も可能となり、初期のアニメでは『黄金バット』や『妖怪人間ベム』、ドラマでは『フレンズ』などがある[256][257]

1992年には韓国文化放送(MBC)が、李朝の末裔が天皇を狙撃するテレビドラマ番組『憤怒の王国』を放送し、これに実際の明仁親王の天皇即位式の映像を用いた為、日本の外務省から抗議を受けた[要出典]

韓国では日本文化を指す言葉として日流があり、日本では2003年に韓国ドラマ「冬のソナタ」が放映されたのちに2004年の再放送で人気を呼び、韓流という言葉が日本でも用いられるようになった[224]

スポーツ

アジア初開催のオリンピックとなった1964年東京オリンピックの開催時には、まだ日韓は国交が樹立されてはいなかったが韓国選手も参加した。1988年ソウルオリンピックの開催時には、韓国は国連に未加入だったが、冷戦の東西両国が参加して国際情勢の変化を象徴する大会となった。しかし、北朝鮮は参加を拒否した。ソウルオリンピックをきっかけに日本では韓国への関心が起きた[258]

日韓共催となった2002年のサッカー・ワールドカップでは日韓ともに決勝トーナメントに進出した。開会式には上皇明仁の従弟である高円宮憲仁親王憲仁親王妃久子夫妻が出席して、「皇族としては戦後初の韓国公式訪問」となった[214]

音楽

韓国人歌手として、チョー・ヨンピルが初めて年末恒例の日本のテレビ特別番組であるNHK紅白歌合戦に出場した[259]2010年9月10日にSKE48が「2010ソウルドラマアワード」授賞式で「強き者よ」「青空片想い」を日本語で歌唱する姿が韓国の地上波テレビで生中継された。韓国は、日本大衆文化第4次開放で日本語の歌の放送を許したが、放送局側で録画だけに制限していた。生中継されたのは、これが初めてである。事前に放送通信審議委員会を通した上で、放送が決定された[260]。韓国のポピュラー音楽としてはK-POPがあり、紅白歌合戦では2002年にBoA、2008年に東方神起、2011年には東方神起、少女時代KARAが出場した[261][262][263]

文芸

第二次世界大戦後の日本では金達寿をはじめとして在日韓国・朝鮮人文学の作品が増え、李恢成李良枝柳美里玄月金城一紀崔実らの作品は日本の文学賞を受賞している。翻訳では、日本からは村上春樹の作品が多数翻訳されている[264]日本翻訳大賞の第1回には、パク・ミンギュの小説『カステラ(: 카스텔라)』(ヒョン・ジェフン、斎藤真理子訳)が受賞した [265]

世界の記憶への登録

2017年10月、国際連合教育科学文化機関(UNESCO)は「江戸時代朝鮮通信使に関する記録」を「世界の記憶」に登録することを決定した[266]




注釈

  1. ^ 倭国では、高句麗を高麗(こま)と呼んだために、日本列島内に高麗郡や高麗神社などの名称があるが、のちに朝鮮半島で成立する高麗(こうらい)とは別の国を指す。
  2. ^ 隋書 東夷伝 第81巻列伝46 : 新羅、百濟皆以倭為大國,多珍物,並敬仰之,恆通使往來
  3. ^ 宋書 列傳第五十七 夷蠻 : 詔除武使持節、都督倭新羅任那加羅秦韓慕韓六國諸軍事、安東大將軍、倭王。興死,弟武立,自稱使持節、都督倭百濟新羅任那加羅秦韓慕韓七國諸軍事、安東大將軍、倭國王
  4. ^ 職貢図 : 斯羅国 : 斯羅國,本東夷辰韓之小國也。魏時曰新羅,宋時曰斯羅,其實一也。或屬韓或屬倭,國王不能自通使聘
  5. ^ 三國史記 新羅本紀 : 元年 三月 與倭國通好 以奈勿王子未斯欣爲質
  6. ^ 三國史記 百済本紀 : 六年夏五月 王與倭國結好 以太子腆支爲質 秋七月大閲於漢水之南
  7. ^ 実際は海賊との見方もある[35]
  8. ^ 高麗史列伝巻十七 『若依蛮様、則工費多、将不及期..用本国船様督造』
  9. ^ 「元史」 卷十二本紀第十二世祖九 七月の条 『高麗国王請、自造船百五十艘、助征日本』
  10. ^ イギリス商館長リチャード・コックスの日記 1617年8月31日 ある人々(それは庶民であるが)は、朝鮮通信使が来たのは臣従の礼を表し、貢物を献上するためで、もしそうしないと将軍は再び彼らに対して戦争を仕掛けたであろうと噂している[120]
  11. ^ 理由として、政治的儀礼で与えられた銀は朝貢に対する回賜と解釈したとされる[124]
  12. ^ 日本国内で慰安婦についての議論があり、「単なる売春婦であり、性的搾取をはじめとした慰安所における人権侵害など何もない」「日本軍〈慰安婦〉問題は国内外の反日勢力の陰謀」などといった主張がある。これらの主張を「日本版歴史修正主義」とする反論もある[172]
  13. ^ 震災後に中国で日本支援運動が起きたが、中国人も殺害されていた。その多くは浙江省の自然災害のため出稼ぎに来ていた農民だった[176]
  14. ^ 第一大邦丸事件では漁労長が殺害されている
  15. ^ 『続日本紀』巻第四十「《延暦九年(七九〇)正月壬子【十五】(#延暦八年(七八九)十二月附載)》壬午。葬於大枝山陵。皇太后姓和氏。諱新笠。贈正一位乙継之女也。母贈正一位大枝朝臣真妹。后先出自百済武寧王之子純陀太子。皇后容徳淑茂。夙著声誉。天宗高紹天皇竜潜之日。娉而納焉。生今上。早良親王。能登内親王。宝亀年中。改姓為高野朝臣。今上即位。尊為皇太夫人。九年追上尊号。曰皇太后。其百済遠祖都慕王者。河伯之女感日精而所生。皇太后即其後也。因以奉諡焉。」 P4473《巻首》続日本紀巻第四十〈起延暦八年正月、尽十年十二月。〉」
  16. ^ 法的な首都は1972年の新憲法制定までソウル。
  17. ^ ただし、1960年代後半からの高度経済成長まで、南の大韓民国は北の朝鮮民主主義人民共和国よりもさらに貧しく、国家経済の規模も劣っていた事を理解する必要がある。
  18. ^ 日本社会党や日本共産党でも、1980年代末に韓国の民主化で現地との交流を開始したのを受けて、「南朝鮮」から「韓国」への表記へと切り替えた。
  19. ^ なお、この拉致事件を追及する特定失踪者問題調査会によれば、被害者になった可能性がある「特定失踪者」は1948年から2004年まで存在し、特に拉致の疑いが濃い事例に限っても1960年から1991年にわたっている。
  20. ^ その後、閔は韓国国籍と日本での在留特別許可を得たが、刑事事件によりしばしば逮捕され、2004年に拘置中自殺した。
  21. ^ 斯盧国は503年に新羅と国号を改めた

出典

  1. ^ a b 宇野 1998.
  2. ^ 藤尾 2015, p. 37, 117.
  3. ^ a b 藤尾 2015, p. 72.
  4. ^ 佐藤 2002, p. 40.
  5. ^ 佐藤 2002, p. 108.
  6. ^ 佐藤 2002, p. 109.
  7. ^ 高田 2017, p. 31.
  8. ^ 森下 2016, p. 77.
  9. ^ 藤尾 2015.
  10. ^ 高田 2017, p. 17.
  11. ^ 高田 2017, p. 74, 106.
  12. ^ 高田 2017, p. 136.
  13. ^ 高田 2017, p. 72.
  14. ^ 宇野ほか 1990, p. 69.
  15. ^ 森下 2016, p. 167.
  16. ^ 森下 2016, p. 175.
  17. ^ 高田 2017, p. 61.
  18. ^ 高田 2017, p. 213, 218.
  19. ^ 宇野ほか 1990, p. 78.
  20. ^ 宇野ほか 1990, p. 80.
  21. ^ a b 大庭 2005.
  22. ^ 宇野ほか 1990, p. 86,87.
  23. ^ a b 宇野ほか 1990, p. 87,89.
  24. ^ 宇野ほか 1990, p. 95.
  25. ^ a b c 東野 2007.
  26. ^ 市 2012, p. 18.
  27. ^ 市 2012, p. 235.
  28. ^ 吉川 2011, p. 101.
  29. ^ 宇野ほか 1990, p. 135.
  30. ^ 伊藤 2006.
  31. ^ 酒寄 2011.
  32. ^ a b 中村 2012, p. 31.
  33. ^ 荒野 2012, p. 53.
  34. ^ 続日本書紀 & 天平勝宝4年6月14日.
  35. ^ 宇野ほか 1990, p. 122.
  36. ^ 宇野ほか 1990, p. 235.
  37. ^ 吉川 2011, p. 122, 156.
  38. ^ 宇野ほか 1990, p. 131.
  39. ^ 岸 1987, p. 261-292.
  40. ^ 河添 2014, p. 45.
  41. ^ 宇野ほか 1990, p. 145.
  42. ^ 山崎 2000.
  43. ^ 宇野ほか 1990, p. 173.
  44. ^ 網野 2000.
  45. ^ a b 小倉 2017, p. 108.
  46. ^ 藤尾 2015, p. 132, 140.
  47. ^ 藤尾 2015, p. 218.
  48. ^ 森下 2016, p. 20.
  49. ^ 森下 2016, p. 95, 99.
  50. ^ a b 森下 2016, p. 78.
  51. ^ 丸山 2010, p. 269.
  52. ^ 榎本 2010.
  53. ^ 三上 1998, p. 174.
  54. ^ 秩父市和銅保勝会
  55. ^ 犬飼隆、「漢字が来た道」『国立歴史民俗博物館研究報告』 2015年 第194巻 p.237-244, doi:10.15024/00002218, 国立歴史民俗博物館
  56. ^ 市 2012, p. 154, 234.
  57. ^ 市 2012, p. 38.
  58. ^ 宇野ほか 1990, p. 82, 86.
  59. ^ a b 市 2012, p. 42.
  60. ^ 高田 2017, p. 43.
  61. ^ 高田 2017, p. 6, 12.
  62. ^ 吉川 2011, p. 3.
  63. ^ 藤尾 2015, p. 117.
  64. ^ 高田 2017.
  65. ^ 村井 1995, p. 4.
  66. ^ 宇野ほか 1990, p. 87, 89.
  67. ^ 服部 2017, p. 190.
  68. ^ 村井 2001, p. 97.
  69. ^ 森平 2011.
  70. ^ 網野 2000, p. 157.
  71. ^ 服部 2017, p. 112.
  72. ^ 服部 2017, p. 114.
  73. ^ a b 田中 2012, p. 24.
  74. ^ 田中 2012, p. 36.
  75. ^ 田中 2012, p. 43.
  76. ^ 岡本 2008, p. 12.
  77. ^ a b c 伊藤 2005.
  78. ^ 佐伯 2008, p. 89.
  79. ^ 田中 2012, p. 50.
  80. ^ a b 田代 2002, p. 10.
  81. ^ 佐伯 2008, p. 6.
  82. ^ 佐伯 2008, p. 14.
  83. ^ 宇野ほか 1990, p. 186.
  84. ^ 池上ほか 1995, p. 81.
  85. ^ 本多 2015, p. 16.
  86. ^ 本多 2015, p. 20.
  87. ^ a b 本多 2015, p. 31.
  88. ^ 田中 2012, p. 30.
  89. ^ 村井 1993, p. 127.
  90. ^ 佐伯 2008, p. 98.
  91. ^ 田中 2012, p. 41.
  92. ^ 須川 1999.
  93. ^ 佐伯 2008, p. 14, 89.
  94. ^ a b c 網野 2009, p. 64.
  95. ^ 上里 2012.
  96. ^ 長 2002.
  97. ^ a b 田代 1983.
  98. ^ 上里 2012, p. 108.
  99. ^ 岡本 2008, p. 14.
  100. ^ a b 田中 1996.
  101. ^ 村井 1995, p. 32.
  102. ^ 村井 1995, p. 127.
  103. ^ 「室町水墨画の禅僧画家たちと朝鮮絵画 周文・秀文・分清そして」 福島 恒徳
  104. ^ 田中 2008, p. 28.
  105. ^ 三宅 2006, p. 55.
  106. ^ a b 仲尾 2007.
  107. ^ 鄭ほか 2008.
  108. ^ 津野 2017, p. 383.
  109. ^ a b 田中 1996, p. 116.
  110. ^ 倉地 2001, p. 185.
  111. ^ 池内 2017, p. 94.
  112. ^ 三宅 2006, p. 210.
  113. ^ a b 上垣外 2005.
  114. ^ 申 1719.
  115. ^ 李 1992, p. 284.
  116. ^ 岡本 2008, p. 34.
  117. ^ 糟谷 1996, p. 18.
  118. ^ 岡本 2008, p. 50.
  119. ^ 仲尾 1989, p. 2.
  120. ^ 東京大学史料編纂所 1979.
  121. ^ a b 三宅 1986.
  122. ^ 井上 2016, p. 3-25.
  123. ^ a b 田代 2002.
  124. ^ a b 安国 2016, p. 130.
  125. ^ 仲尾 2007, p. 173.
  126. ^ 吉田ほか 2011, p. 65.
  127. ^ 仲尾 2007, p. 171.
  128. ^ 李 1992, p. 117, 246.
  129. ^ 田代 2002, p. 第5章.
  130. ^ 野崎 1998, p. 126.
  131. ^ 奥谷浩一 2006, pp. 169.
  132. ^ 仲尾 2007, p. 160.
  133. ^ 李 1992, p. 291.
  134. ^ 村井 1995, p. 32, 38.
  135. ^ 倉地 2001, p. 151.
  136. ^ 青柳 1997, p. 5.
  137. ^ 倉地 2001, p. 80.
  138. ^ トビ 2008, p. 第5章.
  139. ^ 李 1992, p. 241.
  140. ^ 榊原 2002.
  141. ^ 坂井 1998.
  142. ^ 池内 1999.
  143. ^ 李 1992, p. 254.
  144. ^ a b 岡本 2008, p. 65.
  145. ^ 糟谷 1996, p. 30.
  146. ^ 今日の歴史(4月17日) 聯合ニュース 2009/04/17 閲覧
  147. ^ 糟谷 1996, p. 31.
  148. ^ 糟谷 1996, p. 37.
  149. ^ 糟谷 1996, p. 46.
  150. ^ 糟谷 1996, p. 58, 83.
  151. ^ 岡本 2008, p. 162, 181.
  152. ^ 糟谷 1996, p. 72.
  153. ^ 糟谷 1996, p. 70.
  154. ^ 小倉 2017, p. 294.
  155. ^ 劉 2012, p. 111.
  156. ^ 新城 2015, p. 33.
  157. ^ 金 1997, p. 39.
  158. ^ アイルランド 1926.
  159. ^ a b 国分ほか 2013, p. 16.
  160. ^ エッカート 1991.
  161. ^ 木村 2008, p. 11.
  162. ^ a b 李ほか 2017, p. 33.
  163. ^ 山室 1993, p. 37.
  164. ^ 山室 1993, p. 41.
  165. ^ 新城 2015, p. 37.
  166. ^ 山室 1993, p. 279.
  167. ^ 宮田 1985, p. 102-103.
  168. ^ 金 1997, p. 114.
  169. ^ “内地密航増加 釜山水上署で厳罰”. 大阪毎日新聞. (1943年6月15日) 
  170. ^ a b 朴 2014.
  171. ^ カミングス 1997, p. 第3章.
  172. ^ 高橋 2001, p. ⅲ.
  173. ^ 金 1997, p. 55.
  174. ^ a b 金 1997, p. 20.
  175. ^ 田中 2011.
  176. ^ 国分ほか 2013, p. 20.
  177. ^ 中央防災会議 災害教訓の継承に関する専門調査会 2008 第4章第2節.
  178. ^ 金 1997, p. 57.
  179. ^ 木村 2008, p. 14.
  180. ^ 劉 2012.
  181. ^ 加藤 2009, p. 64.
  182. ^ 金 1997, p. 73.
  183. ^ 加藤 2009, p. 83.
  184. ^ 糟谷 1996, p. 43.
  185. ^ 李 2014.
  186. ^ 武田編 2000.
  187. ^ 金 1997, p. 17, 30, 45.
  188. ^ 金 1997, p. 60.
  189. ^ 金 1997, p. 66.
  190. ^ 糟谷 1996, p. 68.
  191. ^ 多田井 1997, p. 下巻.
  192. ^ 多田井 1997, p. 下巻240.
  193. ^ 小倉 2017, p. 261, 305.
  194. ^ 野崎 1998, p. 24.
  195. ^ 宮田 1985.
  196. ^ 野崎 1998, p. 23.
  197. ^ 任 1994.
  198. ^ 青柳 1997, p. 177, 205.
  199. ^ 青柳 1997, p. 10.
  200. ^ 野崎 1998, p. 115.
  201. ^ 糟谷 1996, p. 84.
  202. ^ 김기철 (2010年7月14日). “일제시대 휩쓴 베스트셀러 '딱지본'을 아십니까” (韓国語). 朝鮮日報. http://news.chosun.com/site/data/html_dir/2010/07/13/2010071302149.html 2016年10月20日閲覧。 同記事日本語訳の前半:金基哲 (2010年7月18日). “日本統治時代のベストセラー「タクチ本」(上)” (日本語). 朝鮮日報日本語版. オリジナルの2010年7月20日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20100720045043/http://www.chosunonline.com/news/20100718000004 2017年11月25日閲覧。 
  203. ^ 金 1997, p. 91.
  204. ^ 加藤 2009, p. 64, 96.
  205. ^ 五百旗頭 2010.
  206. ^ “拷問・戦争・独裁逃れ…在日女性60年ぶり済州島に帰郷へ”. 朝日新聞. (2008年3月29日). オリジナルの2008年4月1日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20080401232255/http://www.asahi.com/national/update/0329/TKY200803290044.html 2011年8月閲覧。 
  207. ^ 加藤 2009, p. 56.
  208. ^ 金 1997, p. 132.
  209. ^ 加藤 2009, p. 196, 217.
  210. ^ 李ほか 2017, p. 38.
  211. ^ 李ほか 2017, p. 35.
  212. ^ 今日の歴史(1月7日) 聨合ニュース 2009/01/07
  213. ^ 今日の歴史(3月24日) 聯合ニュース 2009/03/24 閲覧
  214. ^ a b 李ほか 2017, p. 227.
  215. ^ 新城 2015, p. 230.
  216. ^ 木村 2008, p. 149.
  217. ^ 木村 2008.
  218. ^ 李ほか 2017, p. 157.
  219. ^ 宮内庁. “天皇陛下のお誕生日に際しての記者会見の内容”. 2017年11月25日閲覧。
  220. ^ 池内 2016.
  221. ^ 李ほか 2017, p. 208.
  222. ^ 日本経済新聞 2013/7/16 19:33 強制徴用訴訟で和解を提案 韓国弁護士協会会長
  223. ^ 李ほか 2017, p. 224.
  224. ^ a b 李ほか 2017, p. 231.
  225. ^ “日韓ダブルナンバー”. 西日本新聞. (2017年11月25日). http://www.nishinippon.co.jp/wordbox/article/8575 
  226. ^ “韓国紙、「歴代天皇で初」と詳報=埼玉の高麗神社参拝”. 時事通信. (2017年9月21日). https://www.jiji.com/jc/article?k=2017092100859 2017年9月21日閲覧。 
  227. ^ 菊池 2009.
  228. ^ 特定船舶の入港の禁止に関する特別措置法”. e-Gov. 2017年11月25日閲覧。
  229. ^ 朝鮮民主主義人民共和国江原道元山市との友好都市盟約について”. 境港市. 2017年11月25日閲覧。
  230. ^ 東京新聞 2017/2/1 【特報】 米国の入国禁止に静観決め込む日本 そもそも人権後進国
  231. ^ “北朝鮮が「核で沈める」と日本を威嚇-「言語道断」と菅官房長官”. Bloomberg (ブルームバーグ). (2017年9月14日). https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2017-09-14/OW90MS6TTDS101 2017年11月17日閲覧。 
  232. ^ 時事通信 (2017年9月14日). “北朝鮮「列島、核で海に沈める」=制裁に便乗と日本非難”. Jiji.com (時事通信社). https://www.jiji.com/jc/article?k=2017091400289 2017年11月17日閲覧。 
  233. ^ a b “北朝鮮基礎データ”. 外務省. (2017年11月25日). http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/n_korea/data.html 
  234. ^ 井村 2000, p. 100.
  235. ^ 李ほか 2017, p. 84.
  236. ^ 井村 2000, p. 237.
  237. ^ 百本ほか 2012, p. 151.
  238. ^ 櫻谷 1999, p. 50.
  239. ^ 百本ほか 2012, p. 19.
  240. ^ 2007年8月13日 読売新聞
  241. ^ 大野、桜井 1997, p. 32, 38.
  242. ^ a b 百本ほか 2012, p. 168.
  243. ^ 百本ほか 2012, p. 184.
  244. ^ “わが国製造業企業の海外事業展開に関する調査報告 -2017年度 海外直接投資アンケート結果(第29回)-”. 国際協力銀行. (2017年11月25日). https://www.jbic.go.jp/wp-content/uploads/press_ja/2017/11/58812/shiryo00.pdf 
  245. ^ 小林、中林 2010, p. 139, 144.
  246. ^ 百本ほか 2012, p. 189.
  247. ^ 山田吉彦「北朝鮮が中国に売った「日本海」漁場」新潮45、2017年4月号
  248. ^ “北朝鮮 中国に東海NLLの漁業権も販売=代金は統治資金に”. 聯合ニュース. (2016年8月11日). http://japanese.yonhapnews.co.kr/northkorea/2016/08/10/0300000000AJP20160810005900882.HTML 2017年12月16日閲覧。 
  249. ^ “北朝鮮船相次ぎ漂着 制裁下、食糧・外貨は漁業頼み”. 日本経済新聞. (2017年11月28日). https://www.nikkei.com/article/DGXMZO23994130Y7A121C1EA1000/ 2017年12月16日閲覧。 
  250. ^ 李ほか 2017, p. 157, 230.
  251. ^ “日韓相互交流1000万人目標 観光振興協議会、熊本市で開催”. 日本経済新聞. (2017年11月25日). https://www.nikkei.com/article/DGXLZO10461240Y6A201C1LX0000/ 
  252. ^ 李ほか 2017, p. 232.
  253. ^ “第5回日韓共同世論調査 日韓世論比較結果”. 特定非営利活動法人 言論NPO ・ 東アジア研究院. (2017年11月25日). http://www.genron-npo.net/world/archives/6677.html 
  254. ^ 新城 2015.
  255. ^ “プログラムの特徴”. アジア太平洋カレッジ. (2017年11月25日). http://rcks.kyushu-u.ac.jp/cap/?page_id=298 
  256. ^ 金 2014.
  257. ^ 李ほか 2017, p. 180.
  258. ^ 李ほか 2017, p. 153.
  259. ^ “第38回紅白歌合戦”. NHK紅白歌合戦ヒストリー. (2017年11月25日). https://www.nhk.or.jp/kouhaku/history/history.html?count=38 
  260. ^ “韓国地上波放送で日本歌手が日本語の歌、初の生放送”. 聯合ニュース. (2010年9月13日). http://japanese.yonhapnews.co.kr/society/2010/09/13/0800000000AJP20100913000800882.HTML 2011年2月16日閲覧。 
  261. ^ “第53回紅白歌合戦”. NHK紅白歌合戦ヒストリー. (2017年11月25日). https://www.nhk.or.jp/kouhaku/history/history.html?count=53 
  262. ^ “第59回紅白歌合戦”. NHK紅白歌合戦ヒストリー. (2017年11月25日). https://www.nhk.or.jp/kouhaku/history/history.html?count=59 
  263. ^ “第62回紅白歌合戦”. NHK紅白歌合戦ヒストリー. (2017年11月25日). https://www.nhk.or.jp/kouhaku/history/history_62.html 
  264. ^ “韓国の「村上春樹旋風」と「東野圭吾人気」に見る時代の変化”. 文春オンライン. (2017年11月25日). http://bunshun.jp/articles/-/3427 
  265. ^ 第一回日本翻訳大賞受賞作決定”. 日本翻訳大賞. 2017年11月25日閲覧。
  266. ^ ユネスコ 世界の記憶に「朝鮮通信使」「上野三碑」登録”. 毎日新聞. 2017年10月31日閲覧。




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「日朝関係史」の関連用語

日朝関係史のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



日朝関係史のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの日朝関係史 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS