新潟県警察 ギャラリー

新潟県警察

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/12 13:44 UTC 版)

ギャラリー

警察署・庁舎

車両

航空機

警察官

マスコットキャラクター

新潟県の名産である「米」の米粒を模したキャラクターに新潟県警の制服を着せたものである[3]

ひかるくん

1992年(平成4年)12月に新潟県警初のマスコットキャラクターとして誕生[3]

ひかりちゃん

1998年(平成10)年11月に、ひかるくんの妹として誕生[3]

主な事件・不祥事

  • 1999年9月 - 中越地方の警察署の課長が無断で管内を離れ、新潟市内で勤務する女性警察官と会っていたとして辞職、この時期新潟県警では他にも2名の幹部が女性問題に関連して辞職していた[4]
  • 新潟少女監禁事件 - 事件に関わる県警の捜査不備や不祥事が次々と発覚した。
  • 2012年8月 - 胎内市の公園で胎内警察署の男性署長(53)が、首をつって自殺しているのが見つかった。男性署長は業務上の不祥事で4月から県警監察官室に事情を聴かれていた。遺書にも一部不祥事に関する内容が書かれていた。男性署長が自殺した問題にからみ、県警は21日、署長が機動捜査隊長だった当時の部下ら4人が警察手帳の紛失を隠蔽するなどの不祥事があったとして、4人を本部長訓戒などの懲戒処分にした。残された遺書にも、この問題に関して責任を感じているとの記述があり、県警は自殺の一因になったとみている。遺書は、妻、胎内警察署幹部、署員向けの計3通で、公舎の玄関に整然と置かれていた[5][6]
  • 2016年12月5日 - 長岡警察署地域課の女性警察官(19)が午後2時半頃、同市蓮潟のアパート住民に巡回連絡カードを記入してもらった後にファイルにとじる際に別のカードを落としたことに気づかず一時的に紛失していたが住民が交番に届けた。一時紛失した8枚の巡回連絡カードには6世帯13人分の個人情報やアパートを経営する事業所の情報が記載されていた[7]
  • 2018年度 - 中越地方の警察署に勤務していた男性巡査部長(50代)が同僚の女性警察官にわいせつな行為をしたなどとして、2019年7月に懲戒免職処分とした。県警は「被害者を保護するため」などとして事実を公表していなかった。内部からの情報で問題が発覚。元巡査部長は自宅待機となり、下越地方の署に異動後に懲戒免職処分となった。事件化はされなかった。県警監察官室は新潟日報社の取材に対し、「あったかどうかも含めて言えない」とした[8][9]
  • 2018年7月 - 女性巡査(23歳)が警察官採用リクルーターの研修会に寝坊し、警察の所有する公用車で県内の高速道路を時速175km/h(法定速度100km/h)で走行。戒告の懲戒処分となった[10]
  • 2019年1月 - 本部刑事部の男性巡査部長(28歳)が先輩の業務指導に不満があり4件の窃盗事件に関する5点の証拠を廃棄。停職1か月の懲戒処分より依願退職[11]
  • 2019年2月 - 柏崎警察署の留置管理に関わる30代男性署員が留置人からの所持金を盗んだことを認める[12]
  • 2019年2月 - 長岡警察署刑事第一課盗犯担当係長の50代男性警部補がスーパーで菓子を万引きし、窃盗容疑で逮捕。減給6カ月の懲戒処分(退職のため適用されたのは1カ月分のみ)。後に不起訴となる。
  • 2019年2月 - 本部警備部所属の男性巡査長(30歳)が知人の柔道整復師と共謀し架空の怪我で通院偽装、保険会社3社に保険金を架空請求した。2019年2月22日付けで懲戒免職処分[13]
  • 2019年10月15日 - 機動隊男性巡査(23歳)が会員制交流サイト(SNS)で20代の女性に、みだらな写真を送れという趣旨のメッセージを送ったなどとして、県迷惑行為防止条例違反の疑いで15日、逮捕された。逮捕容疑は6月28日、スマートフォンを使って県内の20代女性にみだらな写真を送るよう要求したほか、乱暴な言動を含む複数のメッセージを送信した疑い[14]
  • 2020年5月19日 - 長岡警察署の巡査部長だった男(49)が2018年11月4日、私有車用を運転中に同市内の交差点を右折した際に横断歩道を歩いていた当時66歳の男性をひき、事故から12日後に死亡させたとして自動車運転処罰法違反(過失致死)の罪で在宅起訴された。事件について県警本部は交通事故の被害者が軽傷の為未公表。元巡査部長は本部長訓戒処分を受け2020年1月30日付で辞職。7月3日の裁判で禁錮2年・執行猶予3年の有罪判決が言い渡された[15]
  • 2020年7月31日 - 県内の警察署に所属する巡査長(37歳)が、交通課に所属していた2017年12月、法律で定められたアルコール度数を上回って運転していた運転手を取り調べたが、その後呼気検査に用いた飲酒検知管と検知結果を破棄したとして、証拠隠滅犯人隠避などの疑いが持たれている。県警は7月31日、巡査長を書類送検するとともに停職3ヵ月の懲戒処分とした[16]。巡査長は同日付で依願退職[17]
  • 2020年7月31日 - 県内の警察署の巡査(23歳)が、2018年、知人に誘われ他人に使わせる目的でインターネットから銀行口座を開設し、キャッシュカードなどを受け取ったとして詐欺の疑いで書類送検された。巡査は、キャッシュカードと引き替えに数万円を受け取っていたということで、調べに対し、「小遣いほしさでやってしまった」と容疑を認めているという。県警は7月31日、巡査を停職1ヵ月の懲戒処分とした[16]。巡査は同日付で依願退職[17]。2020年8月19日に詐欺の罪で起訴[18]。10月14日の判決裁判で「警察官に限らず、他人に口座を使わせるのは不正と思いつくはず。あまりにも軽率な行為だ」として懲役1年、執行猶予3年(求刑懲役1年6月)が言い渡された[19]
  • 2020年8月19日 - 長岡警察署地域第二課所属の男性巡査部長(34歳)が同市内のアパート共用通路に侵入し玄関のドアスコープから10代女子大学生の室内をのぞき見したとして住居侵入軽犯罪法違反の疑いで逮捕[20]。県警は9月10日、男性巡査部長を燕市内の別の2軒の住居の敷地などに侵入した疑いがあるとして、追送検し、懲戒免職処分とした[21]
  • 2020年10月14日 - 元長岡警察署員だった男性巡査部長(34歳)が2018年3月6日、長野市内駅構内で下半身を露出したとして公然わいせつ罪で追起訴された[22]
  • 2020年12月25日 - 本部刑事課所属の警部補(32歳)が2020年8月、女性の裸を盗撮しようとして市内のホテルにてスマートフォンを自身のショルダーバックに設置した際、女性に通報されて事件が発覚した。また警部補のスマートフォンからは証拠品画像のコピーなど約100点の捜査資料や捜査マニュアルが見つかり停職6ヶ月の懲戒処分となり依願退職。同日、県警はこの警部補を県迷惑防止条例違反で書類送検[23]
  • 2021年1月26日 - 元本部刑事課所属の警部補(32歳)が女性の裸を盗撮しようとして書類送検された事件で新潟区検はこの元警部補を略式起訴し[24]翌、2月には30万円の略式命令を受けた[25]
  • 2021年4月21日 - 県内の警察署に所属する巡査が2020年12月25~21年1月18日の間に業務で通じて知った関係者の連絡先に好意を持ったとして私的なメッセージを送り本部長注意処分を受けた事が報道機関の情報公開請求で明らかとなった。他に暴行、セクハラなど3人が訓戒や注意の処分を受けた事も判明した[26]
  • 2021年4月25日 - 佐渡警察署警備課所属の巡査部長酒(37歳)が24日午後10時38分ごろ佐渡市秋津内の国道350号線を酒気を帯びた状態で乗用車を運転し対向車と衝突。対向車に乗っていた女児に唇を切るけがをさせたとして酒気帯び運転と過失運転傷害の疑いで現行犯逮捕された[27][28]。4月27日付けで新潟地検佐渡支部は事故を起こした巡査部長を処分保留で釈放し在宅での任意捜査に切り替えた[29]
  • 2021年5月11日 - 長岡警察署地域第一課の巡査(23歳)が業務上知り得た個人情報(巡回連絡カード)で女性と個人的に連絡を取ろうとしていたことが判明し巡査のスマートフォンを押収して調べたところ、2021年3月31日午後4時ごろまでの約1時間20分の間に中越地区のホテル内にてデリバリーヘルスの女性を無断で撮影した盗撮動画が見つかったとして県迷惑防止条例違反の容疑で逮捕され[30][31][32]翌5月12日、新潟地方検察庁長岡支部に書類送検された[33]。5月31日、新潟地方検察庁長岡支部は本盗撮事件については不起訴処分とした[34]
  • 2021年5月31日 - 長岡警察署地域第一課の巡査(23歳)が女性の盗撮(上記のデリバリーヘルス盗撮とは別)や私物のスマートフォンに捜査資料の児童ポルノ画像を保存していた事件について長岡区検察庁は県迷惑防止条例違反と児童ポルノ禁止法違反の罪で略式起訴し同日、長岡簡易裁判所が罰金40万円の略式命令を出した[35]


脚注

[脚注の使い方]

  1. ^ “新潟県警218人が入院・自宅待機職員の4・5% 南魚沼署は全92人”. 新潟日報モア. (2020年11月17日). https://www.niigata-nippo.co.jp/news/national/20201117581760.html 2021年4月6日閲覧。 
  2. ^ a b c 市報さと 平成31年4月号
  3. ^ a b c 新潟県警察|マスコットキャラクター|ひかるくん・ひかりちゃん”. www.police.macanow.com. 2018年6月8日閲覧。
  4. ^ 『読売新聞』1999年9月15日付朝刊39面。
  5. ^ 自殺の新潟県警署長、不祥事で調査受ける”. 日本経済新聞 2012/8/21付. 2020年7月29日閲覧。
  6. ^ 自殺した署長の元部下ら処分 警察手帳紛失を隠蔽”. 日本経済新聞 2012/8/21付. 2020年7月29日閲覧。
  7. ^ 『新潟日報』2016年12月7日付朝刊
  8. ^ 巡査部長 同僚にわいせつで懲戒免職 新潟県警、事実公表せず”. 新潟日報 2020/01/21 11:15. 2020年7月21日閲覧。
  9. ^ 新潟県警同僚にわいせつの男性警官懲戒免職公表せず”. 日刊スポーツ 2020年1月22日16時34分. 2020年7月21日閲覧。
  10. ^ “女性巡査が公用車で速度違反”. 新潟日報モア. (2018年9月3日). http://www.niigata-nippo.co.jp/news/national/20180903416581.html 2018年9月7日閲覧。 
  11. ^ “県警巡査部長が証拠資料廃棄 証拠隠滅容疑で書類送検”. 新潟日報モア. (2019年1月18日). http://www.niigata-nippo.co.jp/news/national/20190118445381.html 2019年1月19日閲覧。 
  12. ^ “柏崎署の男性署員、署内で窃盗か留置人から預かっていた現金紛失”. 新潟日報モア. (2019年2月2日). http://www.niigata-nippo.co.jp/news/national/20190202448525.html 2019年2月22日閲覧。 
  13. ^ “保険金詐取疑いで巡査長を書類送検 県警 懲戒免職処分”. 新潟日報モア. (2019年2月22日). http://www.niigata-nippo.co.jp/news/national/20190222452847.html 2019年2月22日閲覧。 
  14. ^ https://www.kanaloco.jp/article/entry-202237.html”. 神奈川新聞 2019年10月15日 19:52. 2020年7月21日閲覧。
  15. ^ “元巡査部長、非番時に男性はね12日後死亡 在宅起訴、新潟県警公表せず”. 毎日新聞. (2020年5月20日). https://mainichi.jp/articles/20200520/k00/00m/040/115000c 2020年10月19日閲覧。 
  16. ^ a b 証拠品破棄など警察官2人処分”. NHK NEWS WEB 新潟 NEWS WEB 2020年07月31日 18時14分. 2020年8月5日閲覧。
  17. ^ a b 警察官2人を懲戒処分 新潟県警”. 新潟テレビ21 2020/8/1(土) 12:19配信. 2020年8月5日閲覧。
  18. ^ “のぞき疑い34歳巡査部長逮捕”. 新潟日報モア. (2020年8月20日). https://www.niigata-nippo.co.jp/world/national/20200819562541.html 2020年8月20日閲覧。 
  19. ^ 『新潟日報』2020年10月15日付朝刊27面。
  20. ^ “元警察官ら2人を詐欺の罪で起訴”. NHK新潟 NEWS WEB. (2020年8月19日). https://www3.nhk.or.jp/lnews/niigata/20200819/1030013324.html 2020年8月20日閲覧。 
  21. ^ のぞき見警察官追送検 別の2軒、侵入疑い 懲戒免職 /新潟”. 毎日新聞 2020年9月11日. 2020年9月12日閲覧。
  22. ^ 『新潟日報』2020年10月15日付朝刊27面。
  23. ^ 『新潟日報』2020年12月26日付朝刊 社会29面。
  24. ^ “女性の裸盗撮しようとスマホ設置か 元警部補を略式起訴”. BSN NEWS. (2021年1月26日). https://www.ohbsn.com/news/detail/kennai20210126_14687828.php 2021年1月26日閲覧。 
  25. ^ “警官、風俗店の女性の裸を無断撮影80分…県警が私有スマホ調べて発覚”. 読売新聞オンライン. (2021年5月12日). https://www.yomiuri.co.jp/national/20210512-OYT1T50084/ 2021年5月12日閲覧。 
  26. ^ 『新潟日報』2021年4月21日付朝刊29面。
  27. ^ “佐渡署警察官を現行犯逮捕 酒気帯び・過失運転致傷 「間違いない」容疑認める【新潟県】”. NST県内ニュース. (2021年4月25日). https://www.nsttv.com/news/news.php?day=20210425-00000002-NST-1.xml 2021年4月25日閲覧。 
  28. ^ “【速報】佐渡警察署の巡査部長 酒気帯び運転と過失運転傷害の疑いで現行犯逮捕”. BSN NEWS. (2021年4月25日). https://www.ohbsn.com/news/detail/kennai20210425_15164287.php 2021年4月25日閲覧。 
  29. ^ 『新潟日報』2021年4月28日付朝刊 社会29面。
  30. ^ “女性の裸を盗撮か 長岡警察署巡査を逮捕”. NHK新潟放送局NEWS WEB. (2021年5月11日). https://www3.nhk.or.jp/lnews/niigata/20210511/1030016786.html 2021年5月11日閲覧。 
  31. ^ “デリヘル嬢を無断撮影 新潟県警の警察官を盗撮疑いで逮捕”. 産経新聞社. (2021年5月11日). https://news.yahoo.co.jp/articles/e38a59f2fbf3c124fc8a2e93d658d363c19b65a8 2021年5月11日閲覧。 
  32. ^ “別女性にSNSで連絡取ろうと… 盗撮容疑で逮捕の巡査 “巡回連絡”の情報を私的利用【新潟】”. NSTニュース. (2021年5月12日). https://www.nsttv.com/news/news.php?day=20210512-00000002-NST-1.xml 2021年5月12日閲覧。 
  33. ^ “盗撮容疑で逮捕の警察官 業務で知り得た情報を私的利用”. TeNYニュース. (2021年5月12日). https://www.teny.co.jp/nnn/news114akuseyvz8fmqn6gt.html 2021年5月12日閲覧。 
  34. ^ “盗撮で逮捕・送検された長岡警察署巡査 別の事案で略式起訴され、簡易裁判所が罰金40万円の略式命令”. TeNYニュース. (2021年6月1日). https://www.teny.co.jp/nnn/news114hz2ieeaf7xplz1g5.html 2021年6月1日閲覧。 
  35. ^ “盗撮で逮捕・送検された長岡警察署巡査 別の事案で略式起訴され、簡易裁判所が罰金40万円の略式命令”. TeNYニュース. (2021年6月1日). https://www.teny.co.jp/nnn/news114hz2ieeaf7xplz1g5.html 2021年6月1日閲覧。 


「新潟県警察」の続きの解説一覧




固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「新潟県警察」の関連用語

新潟県警察のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



新潟県警察のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの新潟県警察 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS