故障モード 故障モードの概要

故障モード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/07/17 13:31 UTC 版)

Jump to navigation Jump to search

定義

故障モード(failure mode)およびフォールトモード(fault mode)は、1990年、IEC 60050:1990 IEV 191-05-22において、「One of the possible states of a faulty item, for a given required function. Note – The use of the term "failure mode" in this sense is now deprecated.」[4][5]と定義されていた。このときは、故障モード(failure mode)という用語よりも、フォールトモード(fault mode)という用語を用いることを推奨していた。

2006年、IEC 60812:2006において、故障モード(failure mode)は「manner in which an item fail. (アイテムの故障の起こり方)」と再定義された。

2011年、ISO 26262では、故障モード(failure mode)は「manner in which an element or an item fails. (エレメント又はアイテムの故障の模様)」とされた。

2015年、IEC 60050 IEV 191における故障モード(failure mode)およびフォールトモード(fault mode)の定義は削除された。代わりに、IEC 60050 IEV 192-03-17において、故障モード(failure mode)は「manner in which failure occurs. Note 1 to entry: A failure mode may be defined by the function lost or other state transition that occurred. 」[6][7]と定義された。

このような経緯があり、IEC 60812:2006の整合規格であるJIS C5750-4-3:2011では、故障モード(failure mode)は「アイテムにおける故障の様子」と定義されている。JIS Z8115:2000では、故障モード(failure mode)の定義は旧定義のままである。

JIS C5750-4-3:2011では、「この規格内では、フォールトを歴史的な理由で故障という言葉に言い換える。」と宣言しているため、故障モードは「アイテムにおけるフォールトの様子」とも言い換えられる。

故障モードの入手方法

ハードウェアの部品の構造に着目した故障モードは、ハードウェアの部品メーカから故障モードを入手したり、IEC62380などを参照する方法[8]がある。


  1. ^ JIS C5750-4-3:2011
  2. ^ JIS Z8115:1981
  3. ^ JIS Z8115:2000
  4. ^ IEC 60050:1990 IEV 191-05-22
  5. ^ Dependability- IEC 60050”. IEC. 2014年12月26日閲覧。
  6. ^ IEC 60050:2015 IEV 192-03-17
  7. ^ Dependability- IEC 60050”. IEC. 2015年8月19日閲覧。
  8. ^ IEC62380


「故障モード」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「故障モード」の関連用語

故障モードのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



故障モードのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの故障モード (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS