授業参観 授業参観の概要

授業参観

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/06/01 00:18 UTC 版)

幼稚園での授業参観

概要

多くの学校では学校行事の一つとして年に数回程度実施している[1][2]。大抵の場合は幼稚園から高等学校までの実施であるが、専門学校大学の中にも実施しているところが存在する[3][4][5]

授業参観の目的として、教員と保護者との信頼関係を深める、学校の教育方針を知る、保護者が家庭では気付きにくい子どもの長所・短所を知るといった目的が挙げられる[1][2]。授業参観後に懇談会を設ける学校も多く、保護者間の懇親のきっかけや情報交換の場ともなる[1][2]

近年では都市部を中心に「学校公開週間」というものも存在し、1週間の間であれば自由に授業参観が可能である。自分の子のクラス以外の授業はもちろん、授業以外の休み時間、給食、掃除、下校指導等も参観対象となる。[要出典]

問題

最近ではモンスターペアレントによって、以下のような問題行動が起こり、授業参観中のマナーが悪化してきていることが問題視されている[6][7][8]

関連項目




「授業参観」の続きの解説一覧



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「授業参観」の関連用語

授業参観のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



授業参観のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの授業参観 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2024 GRAS Group, Inc.RSS