挽肉 挽肉の概要

挽肉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/06/23 09:01 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
挽肉

商品価値の低い屑肉(くずにく)が材料となることがある。また、成型ステーキなどの成型肉材料とされることがある[2]

歴史

挽肉を利用した料理の歴史としては、ドイツハンブルグの地名にちなむハンバーグの原型は、欧州に侵攻したモンゴル帝国タタール)から採り入れたタルタルステーキであったとされている[3]。固く食べにくい馬肉を食べやすくするために工夫したもので、ヨーロッパでも労働者などに廉価な屑肉などを口あたりのよい料理に仕立てられる手段として普及した。

日本では、東京洋食店が「ミンスミートカツレツ」として売り出したと記録されている[要出典]。のちにこれは「メンチカツ」と呼ばれるようになった。メンチカツやメンチコロッケは単に「メンチ」とも呼ばれる。ただし、ひき肉を使用したコロッケであっても「メンチ」とは呼ばないこともあるが、その境界線は定かではない[4]

挽肉の種類

肉の種類による分類

牛挽肉
牛肉を挽肉に加工したもの。
豚挽肉
豚肉を挽肉に加工したもの。
合挽肉
豚肉と牛肉の双方を素材として加工した挽肉。合い挽きとも呼ばれる。稀に豚肉と鶏肉を加工することもある。
鶏挽肉
鶏肉を挽肉に加工したもの。

挽き方による分類

  • 挽く目の細かさにより、粗挽き中挽き細挽きなどに分けられる。
  • 挽く回数により、一度挽き二度挽きに分けられる。

挽肉/すり身を使用する食品/料理(五十音順)

脚注

[脚注の使い方]

関連項目


  1. ^ a b ひき肉 コトバンク
  2. ^ 共同通信 2009/09/05 19:06 記事ペッパーランチ「ステーキの供給元は大垣食肉供給センター協同組合で、輸入した肉をミンチした上で成形加工」[信頼性要検証]
  3. ^ ハンバーグの歴史 - 一般社団法人 日本ハンバーグ・ハンバーガー協会
  4. ^ コロッケとメンチの境界を探る
  5. ^ デジタル大辞泉


「挽肉」の続きの解説一覧



挽肉と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「挽肉」の関連用語

挽肉のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



挽肉のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの挽肉 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS