成田国際空港 空港機能

成田国際空港

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/26 10:10 UTC 版)

空港機能

日本を代表する空の玄関口(ハブ空港)のひとつであるが、歴史的経緯(別項成田空港問題を参照)により開港後40年経過した2019年現在も、建設計画自体が完了していない。開港後の拡張工事も進まず、騒音問題から0時 - 6時 (JST) の離着陸禁止や[15][16][17]羽田空港の拡張、再国際化や24時間運用が進められた。これに対し、成田空港も京成成田空港線の開業によるアクセス向上や、発着枠の拡大、24時までの離着陸容認で国際競争力を高めようとしている[17]

左から、新管制塔・旧管制塔・ランプセントラルタワー(2020年)

1992年に供用を開始した第2ターミナルによって管制塔からの航空機視認性が悪化するため、1990年2月から新たな管制塔の建設が進められ、1993年2月2日に旧管制塔から航空管制業務を引き継いだ。新管制塔の高さは全高は87.3メートルで、当時としては日本一の高さであり、2020年現在でも羽田空港・那覇空港の管制塔に次ぐ第3位の高さである。新管制塔は高層化にともなう風圧を軽減するために塔の中央部分を中抜けにしたほか、制振装置室を設けて揺れを軽減するなどの対策が施されている[18]

新管制塔の供用開始後、旧管制塔は「ランプタワー」として新東京国際空港公団に引き継がれ、最上階の旧航空管制室は地上管制業務の一部(ランプコントロール)を行う施設として使用されていたが、2020年9月10日に新たに設けられた「ランプセントラルタワー」の供用が開始されたことにより役目を終え、老朽化した旧管制塔は今後撤去される予定である[19][20]

2013年3月7日にB滑走路用西側誘導路(後述)が供用を開始したことにより、2本の滑走路の最大発着数(時間値)が1時間あたり58回から64回に増え、年間発着枠も25万回から27万回に拡大された[21][22][23]。また、広域マルチラテレーション(WAM)の導入によって、最大時間値は2015年の夏ダイヤの運航からさらに68回に拡大されている[24][25]

2015年3月の第3旅客ターミナル完成をもって、年間発着枠30万回化のための施設整備が完了した[26]。また地元と空港側が、2019年10月末から、A滑走路について24時までの発着を行うことに合意した[27]。2019年2月4日、A滑走路で先行して、発着を23時から1時間延長する時期が、2019年10月27日からと正式に決まった。空港周辺9市町と成田国際空港会社、国、千葉県が「四者協議会」を開催し確認した。また国は、地元事業への補助率をかさ上げする「成田財特法」を4月から10年間延長する方針を示し従来の5年ごとの延長から、長期事業にも適用しやすくなる。3本目の滑走路建設後・B滑走路延伸後の発着延長も予定されており、10年延長はそれを踏まえた対応である[28]

空港レイアウト

2019年時点での全体計画図(詳細は 成田空港の更なる機能強化
  • 空港敷地面積:1137ヘクタール(計画1,151ヘクタール):(日本第2位[29])
  • 第1ターミナル(46.3万㎡) 第2ターミナル(39.1万㎡) 第3ターミナル(6.7万㎡)
  • スポット:137スポット(工事により一部閉鎖中のものを含む)(計画は143スポット)
  • 滑走路
    • A滑走路:4,000×60メートル、16R/34L(16R・34LともILSを装備、16RはCat III b)
      • 着陸帯 ‐ 4,120×300メートル
    • B滑走路:暫定2,500×60メートル、16L/34R(16L・34RともILSを装備)
      • 着陸帯 ‐ 2,620×150メートル(暫定。当初計画は2,620×300メートル)
  • エプロン:面積 約218ヘクタール(計画面積は約260ヘクタール)
  • 誘導路:延長 約25.5キロメートル 幅30メートル(一部23メートル、暫定計画を含む。計画延長は約34.2キロメートル、計画幅は30メートル)
  • 航空保安無線施設:ILS 4式(計画 ILS 6式)、VOR/DME 2式(A滑走路:成田VOR/DME、B滑走路:北総VOR/DME)
  • 運用時間:24時間(ATISは5:00-24:00)
  • 利用時間:6:00 - 24:00[30](開港から2019年10月26日までは6:00 - 23:00)
  • 誘導路の延長・エプロンの面積の推移は、「着陸帯、滑走路、誘導路およびエプロンの数値の推移」を参照。

滑走路

A滑走路

A滑走路(第1滑走路)は、関西国際空港の第2滑走路(06L/24R)と並び、日本国内では最長の4,000メートルである。しかし、新東京国際空港公団による1978年(昭和53年)5月20日の開港以降も、A滑走路34L南端から約800メートルの位置に、反対派の「岩山鉄塔」が建つ未買収地が234平方メートル残っており、アプローチ帯を建設できなかった。このため、本来そこにあるべき900メートルの進入灯を、A滑走路南端から内側へ750メートルにわたって設置せざるを得ず、34Lへ着陸する場合は、3,250メートルの滑走路としてしか利用できなかった。

その後、当該範囲の土地取得と航空法規則改正により2009年度(平成21年度)から、本来の滑走路内にある進入灯を岩山鉄塔の建物を避ける形でアプローチ帯造成とともに750メートル移設する工事を行い、開港から34年後の2012年(平成24年)12月13日に、4,000メートルの滑走路として本来の運用をようやく開始した[31]

B滑走路

B滑走路(第2滑走路)は、2002年5月に開かれた日韓ワールドカップに間に合うよう、同年4月18日に、当初計画の長さより短い2,180メートルの暫定平行滑走路として供用開始された。これは滑走路の用地買収が進まず、34R付近にある反対派住民の住居と農地を避けるため、B滑走路の一部を計画時より北16L側に延伸させたためである。延長が短いためB滑走路の離着陸には制約が設けられ、重量の大きなボーイング747以上の大型機と貨物を含む長距離国際線には使用できず、中小型機と国内線・近距離国際線のみに使用された。

本来の長さである2,500メートルへの延伸は、東峰地区にある反対派の敷地を避けるため、条件賛成派の土地を買収して空地となった16Lを西方向へ320メートル延長する案が提示された。2006年8月開催の100回に及ぶ公聴会意見を踏まえて、同年9月11日に当時の国土交通大臣北側一雄がこの案を認可し、2009年10月22日から2,500メートルでの供用が開始された(方角と大臣姓双方の語句から北側延長と言われている)。そのため、進入灯東関東自動車道の上を通っている。

供用開始時期は当初2010年3月としていたが、2009年3月23日に発生したフェデックス80便着陸失敗事故の影響を受け、NAAと国土交通省が協議をした結果、前倒しでの実施となった(詳細は歴史の節を参照)。B滑走路では2,500メートル化にともない、重量が大きく長い離着陸滑走距離が必要になる貨物機や大型機(ボーイング747-8エアバスA380An-225は除く)の着陸が可能となった。また、燃料を満載する長距離国際線ではアメリカ合衆国西海岸地域やヨーロッパロシアに位置するモスクワへ向かう直行便が離陸できるようになった。

しかし、B滑走路に並行する西側誘導路の一部が空港反対派民家とその所有地を避けるため、滑走路側に向かって「への字」に湾曲していた。このため、この部分を走行する航空機は、離着陸機の滑走に合わせて一時待機を余儀なくされていた。これを解消するため、NAAは既に用地収得済みの「への字」部分について、カーブを緩やかにする改修工事を2010年11月末までに完成させ、2011年3月10日より一時待機は廃止された。これにより滑走路との安全距離が確保され、誘導路上での一時待機がなくなり発着効率が大きく向上した。

2009年7月30日にはB滑走路東側に新誘導路が供用開始され、東側誘導路は「離陸(出発)機専用」・西側誘導路は「着陸(到着)機専用」となり、誘導路の使い分けにより離陸までの時間短縮が可能になった。これにより、第2旅客ビル北側において着陸機があるときに行っていたB滑走路へ入るホールド(待機)は廃止され、ホールドスポットも廃止された。また2012年度末に新たにB滑走路西側誘導路と第2旅客ビル地区とを結ぶ誘導路増設工事を進めていたが、2013年3月7日より、約720メートル延長された新誘導路と横堀地区エプロンを供用開始した[21][22][23]。西側誘導路の整備により、第2旅客ターミナルビルのサテライトから出発した航空機がB滑走路南端から離陸する場合、従来の東側誘導路を通るよりも走行距離が約1,800メートル短縮され、所要時間も約220秒短縮された。

2016年9月には、現在2,500メートルのB滑走路16Lを北側(成田市側)にさらに1,000メートル延伸して、3,500メートルにする計画が提示された[32]。2019年(令和元年)11月5日の改定により本構想は正式に基本計画に明記された[33][34]

2020年4月12日から、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の世界的な蔓延を受けて、航空機の発着数が大幅に減少していることから、一時的に閉鎖されていた[35] が、同年7月22日に運用が再開された[36]

横風用滑走路(旧C滑走路計画)

当初の基本計画におけるC滑走路(第3滑走路)は、横風用滑走路として長さ3,200メートル・幅60メートルとして計画[37] されていた。横風用滑走路が整備された場合、強い北風・南風の際の着陸が容易になり、離着陸の遅れの減少、発着の効率性の向上・発着枠の増大が期待されていた。

しかし、C滑走路の用地内に空港反対派の所有地や、空港反対派支援者・協力者の一坪運動共有地が多数存在する状況であることから計画が停滞し、用地を取得した部分はC誘導路として使用することとなった。またC滑走路予定地南側部分の、航空機整備施設区域に接しているところには、駐機スポットが7スポット(512番、511番、510番、509番、508番、507番、506番)増設されており、誘導路を滑走路として再整備する際は、これらの駐機スポットを移転する必要があった。

またC滑走路南側延長線上の山武市富里市および北側延長線上の成田市大栄地区(旧大栄町)が飛行コース下になることから、新たな騒音問題が発生する可能性があった[38]2009年(平成21年)9月17日、NAAはC滑走路上の6件の一坪共有地について訴訟を起こし、2013年(平成25年)4月25日、2件54人の地主に対して最高裁が持ち分売却を命ずる判決を下し、一連の裁判は4か所でNAAの勝訴、2か所が和解で終結した[39][40][41]

2014年(平成26年)以降、C滑走路の位置や長さを見直す動きが出始め、2015年(平成27年)11月27日に開かれた四者協議会では、新たな第3滑走路についての素案が提示された[42]。その後、後述の新平行滑走路計画に移行することとなり、2019年(令和元年)11月5日の基本計画改定により、本計画は正式に廃止された[33][34]

新平行滑走路(C滑走路)

エプロン地区の拡張工事の様子

NAAは、新平行滑走路として、前述の横風用滑走路を撤回し、山武郡芝山町にB滑走路から420メートル東に離れた場所に、第3滑走路をB滑走路34Rの先端から南へ平行する形で、滑走路・誘導路を設置する計画変更を発表した[32]

設置変更の理由として、航空機およびその搭載航法装置、地上支援機器などの発達によって、横風・強風等でのダイバートが大幅に減少したためで、NAAによれば、横風・強風を理由とする成田空港からのダイバートは、2006年(平成18年)から2015年(平成27年)の10年間で0.03パーセントときわめて少なく、横風用滑走路の必要性はきわめて低下していた。そのため平行滑走路を増設、あわせてエプロンおよび諸施設の拡大による、成田国際空港の機能強化へと用途変更することとなった[32]

新平行滑走路の建築を含めた成田空港の機能強化については、成田空港に関する四者協議会国土交通省、千葉県、空港周辺9市町、NAAで構成)で話し合いが行われ、成田空港の機能充実と地域の共生を両立させながら計画されている。

200回を超える住民説明会や地元要望を受けた計画修正を経て、2018年(平成30年)3月13日に四者協議会は機能強化について合意に達した[43][44][45]。2019年(令和元年)11月5日の改定により本構想は正式に基本計画に明記された[33][34]

旅客施設

ターミナルを結ぶシャトルバス
第1ターミナル
第1ターミナル南ウイング出発ロビー
第1ターミナル北ウイング出発ロビー
第1ターミナル第5サテライト

現在、成田空港には3棟の旅客ターミナルビルがあり、ターミナル間連絡バスによって相互に移動できる。ターミナル間の移動の所要時間は10 - 15分である。他社とのコードシェア便(共同運航便)では、機材を運航する航空会社が入居するターミナルに向かう必要がある。

開港から14年半あまりが経過した1992年12月に第2ターミナルが開業した。日本航空グループと全日本空輸グループが第2ターミナルへ移転し、第1ターミナルは海外航空会社がおもに利用した。しかし真新しい第2ターミナルへの各種サービスの偏重、混雑時間の集中やコードシェア便の増加によるターミナル間移動などの問題があった。

第2ターミナルの開業で処理能力に余裕が生まれたため、入れ替わりに第1ターミナルの北ウイングが閉鎖され、大規模なリニューアル工事が行われた。サテライトの段階的な改築・増築を経て、1998年末にレストランや飲食店などのテナントが集結する中央ビル新館が竣工し、1999年3月に北ウイングが再開業した。その入れ替わりで南ウイングが閉鎖され、工事が進められた。南ウイングの再開業にあたっては、航空会社を可能な限り航空連合ごとにまとめ、同じターミナルに集約することによって乗り継ぎの利便性を高めた。

現在、主要な航空会社は3つの航空連合にまとまっており、ワンワールド加盟社の多くは第2ターミナル、スターアライアンス加盟社の多くは第1ターミナル南ウイング、スカイチーム加盟社の多くが第1ターミナル北ウイングを使用している[46]

第1ターミナル

1978年の開港当時は、北ウィングを日本航空やブリティッシュ・エアウェイズなどが、南ウィングをパンアメリカン航空キャセイパシフィック航空などが使用していた。その後、第2ターミナルの完成を受けて日本航空や全日空などが移動するなど使用航空会社が変更されたほか、改築と増床を重ね、延床面積は当初の2倍以上に拡張された[47]

中央ビルならびに南北ウイングと第1 - 第5サテライトに分かれている。出発ロビーは4階、到着ロビーは1階である。中央ビルには商業施設や有料空港ラウンジ、展望デッキなどがある。北ウイングには第1、第2サテライトがあり、おもにスカイチーム加盟各社が入居している。南ウイングには第3、第4、第5 サテライトがあり、おもにスターアライアンス加盟各社と、全日空ハンドリング各社が入居している。

  • 北ウイング
    • 第1サテライト 11 - 18ゲート(11はバスゲート兼用[48]13欠番、15はエアバスA380対応)
    • 第2サテライト 21 - 29ゲート(26はエアバスA380対応、28A - 28Gは出発バスゲート、29は到着バスゲート[48]
  • 南ウイング
    • 第3サテライト 31 - 38ゲート(32はバスゲート兼用[48]
    • 第4サテライト 41 - 47ゲート(45・46はエアバスA380対応)
    • 第5サテライト
      • 51 - 59ゲート(59A - Cはバスゲート[48]
      • A - Hゲート(国内線ゲート、B - Gは出発バスゲート、A・Hはバスゲート兼用)

57Aゲートの搭乗橋は国内線Aゲートに、55ゲートの搭乗橋は国内線Hゲートに、56ゲートの搭乗橋は国内線AゲートとHゲートの両方にそれぞれつながっており、時間帯によって国内線エリアと国際線エリアを切り替えて運用している。

施設の老朽化を受けて、中央ビルと北ウィングが最初に大幅な改築を受け、新たなチェックインカウンターの設置や店舗の改装、ラウンジの増設などが施されて1999年3月16日に新装開業した。2006年6月2日に新装開業した南ウイングの改築完成時に、日本初のインライン・スクリーニングやカーブサイド・チェックインなどのサービスが導入された。また、この前後にはエールフランスや全日空の新ラウンジもオープンした。

なお、南ウイングから発着する一部を除くスターアライアンス加盟各社は、搭乗手続きのチェックインカウンターを航空会社別で行わず、マイレージ上級会員や搭乗クラスによってカウンターを分けた「ゾーン・チェックイン」スタイルで行われていた。しかし乗客の評判が悪く、2016年6月2日からチェックイン・カウンターの配置を見直し、前のような航空会社別の配置に戻った[49]

第2ターミナル

第2ターミナル
第2ターミナル出発ロビー
第2ターミナル到着ロビー
レストエリア

1992年12月に供用開始。当時は単一ターミナルビルとしては世界最大級の規模だった。出発ロビーは3階、到着は1階で、本館とサテライトに分かれる。両館の連絡は、動く歩道を併設した連絡通路(中央部は出発、外側は到着の一方通行)を利用する[50][51]。現在はワンワールド加盟各社が使用しているほか、日本航空がハンドリングする各航空会社や一部のスカイチームの加盟航空会社も使用している[52]。第3ターミナルに隣接しており格安航空会社の利用もある。成田空港の旅客ターミナルとして唯一、屋根付き駐車場と直通通路により直通しており雨天でも濡れることなく移動できる。

  • 本館
    • 60ゲート (到着バスゲート[48]
    • 61 - 68ゲート (66 - 68はエアバスA380対応)
    • 71 - 75ゲート (76・77は第3ターミナルに転用された)
    • 70ゲート(ターミナル連絡バスゲート)
    • 70H - 70Mゲート(出発バスゲート[48]、70A - 70Gは使用中止)
    • A - Sゲート(国内線ゲート、A - Dは出発バスゲート[48]、E - Hは改札機の設置なし、J - Mは第3ターミナル開業にともない使用中止、O・Qは欠番
  • サテライト
    • 80ゲート(ターミナル連絡バスゲート)
    • 81 - 88ゲート
    • 91 - 99ゲート(96はA380対応)

なお、64・65・66・67A・67B・68ゲートは搭乗橋が国内線・国際線で共用されており、国内線で運用した飛行機をその後国際線で運用する際(国際線のあとに国内線の場合も)にこのゲートを使用する場合が多い。国内線Iゲートは64ゲートの搭乗橋と、Nゲートは66、Pゲートは67A、Rゲートは67B、Sゲートは68のそれぞれのゲートの搭乗橋とつながっており、スイングゲートを使用することで国内線エリアと国際線エリアを切り替えて運用している。また、65ゲートの搭乗橋は、国内線は到着のみで共用できる構造となっている。

2007年に大規模な改装が行われ、チェックインカウンターの増設やカウンター周辺の改装とあわせて、日本初となる自動出入国管理ゲート「J-BIS」やインライン・スクリーニングなどの新サービスが導入されたほか、成田国際空港初のペットホテルやキッズルームも設けられた[53]。同時に各航空会社のラウンジの改装・新設も行われ、日本航空が日本最大の約4,000平方メートルの面積を持つラウンジをオープンした(なお、日本航空は第2ターミナルに5つのラウンジを擁し、その面積は合計約7,400平方メートルである[54])ほか、同じワンワールド加盟航空会社のアメリカン航空キャセイパシフィック航空カンタス航空が新しいラウンジをオープンした[55][56]。また、チャイナエアラインも新しいラウンジをオープンした[57]

2009年9月にはサテライトエリアの改修も行われ、レストランや免税店などの拡張をはじめとした各種設備の充実が行われたほか、サテライトエリアにある日本航空のラウンジの大規模な改修と拡張も行われた[58]

繁忙期に深夜の滞在スペースが不足していることから、第3ターミナル移転前まで格安航空会社が使用していた北側仮設ターミナルを改装して、24時間利用可能な滞在スペースが設けられた[59][60]。2016年7月には成田空港の飲食店では初の24時間営業店舗として吉野家がオープンした[61]

第3ターミナル

第3ターミナル(外観)
シャトルバス(ターミナル連絡バス)は、到着ロビー拡張のため、路線バス乗降場に移転している
第3ターミナル2階出発ロビー
第3ターミナル2階出入り口から100メートルほど離れた位置にある空港アクセスバス路線バス乗降場

2015年(平成27年)4月8日供用開始。LCC専用空港ターミナルビルとして機能するが、依然として他のターミナルを発着するLCCも存在する。当空港の旅客ターミナルで唯一専用の空港連絡鉄道がなく、空港第2ビル駅(成田第2・第3ターミナル)が最寄り駅となる。

2012年(平成24年)、増加が予想される格安航空会社(LCC)の乗り入れに対応し、当時第2ターミナルの北側にあった第5貨物ビルとエプロンの一部であった土地への建設が計画された[62]。建設にあたっては、施設利用料を抑えたいLCC各社からの建設費抑制に対する要望が強く、加えて供用開始後の維持費の縮減にも考慮する設計とされた。ローコストな旅客ターミナルビル建設のため「Terminal3プロジェクト」が立ち上げられ、参加した日建設計[63]良品計画、PARTY[64] の三者が制作過程から密接に連携することで、無駄な装飾を排してコストを圧縮しつつ、建物・サイン類調度品などのデザインが分断されることを避けている。デザインは伊藤直樹が参画し、同年度のグッドデザイン賞では高い評価を受け、国内空港初の金賞を受賞している[11]

LCC専用ターミナルという性質上、航空会社やクレジットカード会員向けの空港ラウンジや到着客向けラウンジ、シャワーなどの施設や、上級クラスもしくは航空会社マイレージの上級会員向けの優先レーンなどは存在しない。自動出入国管理ゲートも設置されておらず設置予定もない[65]。また空港宅配便を利用する場合は、当初は当ターミナルに宅配便取扱カウンターが設置されておらず、第2ターミナルにて扱うため、第3ターミナルと第2ターミナル間は荷物を持ったまま移動しなければならなかったが、2019年(令和元年)9月5日に到着ロビーが拡張されたことにより当ターミナルにも宅配便取扱カウンターが設置された。

公共交通機関始発最終便前のタクシー自家用車での移動や、ホテルでの前泊や後泊を経済的な理由でできない乗客のために、2階の空港案内所、フードコートチェックインカウンター周辺、保安検査場前までのエリアが、ごく一部を除き23時で閉館する第1・第2ターミナルと異なり、第3ターミナルでは24時間開館している(フードコートのテナントは21時に閉店、その他店舗も21時に営業終了)ほか、フードコートとゲートラウンジに、無印良品製のソファーベンチを導入した[66]

出発・到着客が、ともに同ターミナルの2階を通行することと、地上職員の人数が抑えられているうえに、時間ごとに持ち場を移動してしまうLCCの特徴から、不案内で慌ただしくなりがちな利用客へ向けた同空港の工夫として、陸上競技場を模した青色(出発)と赤茶色(到着)のゴムチップトラックで色分けされた床の動線案内表示が新たに導入された[67]

第2ターミナルの最北端部から専用屋根つき通路(吹き抜けで空調設備はない)で670メートル先に設けられているが、第2ターミナルからの移動はこの専用通路による徒歩、もしくは無料シャトルバス(ターミナル連絡バス。深夜から早朝にかけての運行はない)[68] のみとなっており、動く歩道は整備されていない。公式ウェブサイトの案内では「徒歩での移動は第2ターミナル北端から約15分かかる」と案内している。第1ターミナルからの移動は、空港内の歩道を使用しての徒歩移動や鉄道を利用しての移動も可能ではあるが、徒歩では屋根がない歩道を歩いて数十分以上かかるうえに、鉄道での移動は第3ターミナルに駅がないことや上下移動が多いうえに有料となるなど、事実上シャトルバス、またはシャトルバスで第2ターミナルへ移動してからの徒歩のみである。

成田国際空港会社(NAA)は2016年(平成28年)10月25日からターミナル間連絡バスのルートを変更し、大回りのため時間がかかり過ぎて不評であった(出発時に利用する)第2→第3ターミナルの所要時間が半分以下になった[69]。利用客の急増で出発ロビーの混雑が常態化していることから[70]、2019年(令和元年)9月5日より、新たに到着ロビーを増築して出発動線と到着動線を分離し、従来なかった宅配カウンターを新設する[71]。さらに、隣接する第5貨物ビルを撤去・移転のうえ、跡地にターミナルビルを増築することも決まった[72]

  • 本館
    • 150A - 150Dゲート(国内線/国際線兼用 出発バスゲート[48]
    • 151 - 155ゲート(国際線) - 第2ターミナルの76・77ゲートを転用した。
    • 159ゲート(国際線 到着バスゲート[48]
  • サテライト(国内線)
    • 161 - 164 ゲート
    • 171 - 175 ゲート(171 - 173は出発バスゲート[48]

サービス施設使用料

国際線(出発のみ)・国内線旅客に対し、空港使用料として、旅客サービス施設使用料(PSFC)、旅客保安サービス料(PSSC)を、航空券の発券の際に合算徴収している[73]。従来は国内線旅客に対しては無料であったが、2015年(平成27年)4月8日の第3ターミナルオープンにともない、国内線でも徴収することになった[74]

下表の料金は2019年10月1日から適用の金額[75]

国際線 国内線
出発 乗継 到着 出発 乗継 到着
旅客サービス
施設使用料
(PSFC)
第1・第2
ターミナル
大人 2,130円 1,060円 - 450円 - 450円
子供 1,070円 530円 - 220円 - 220円
第3
ターミナル
大人 1,040円 520円 - 390円 - 390円
子供 520円 260円 - 190円 - 190円
旅客保安サービス料(PSSC) 530円 - - - -

商業施設

ナリタ5番街(第2ターミナル)
JAL-DFS(第2ターミナル)

旅客ターミナルの非制限エリアと制限エリア(出国審査を済ませた人のみが利用できるエリア)には、飲食店書店みやげ物屋などの各種売店がテナントとして入っている。後述の公共機関を除いたサービス施設として、診療所などの医療機関日本医科大学成田国際空港クリニック、ビジネスセンター、移動体通信事業者(MNO)国際ローミング対応の携帯電話のレンタル、ドコモauソフトバンクの販売代理店や、有料のエアポートラウンジ(指定されたクレジットカード会員の発着便利用時は無料)などがある(第3ターミナルを除く)。

食料品や日用品等の販売店として、各ターミナル内の非制限エリアにNAAによるコンビニエンスストア型売店が数か所ある[76]。また、成田空港駅空港第2ビル駅ではそれぞれ駅売店KIOSK)もある。

商品が限定されており、ほかの大型商業施設と比較して小規模な店舗面積でありながら、単価の高い有名ブランド品を取り扱っているため、ショッピングセンターとしては、2015年度に1,169億円の売上収入があり、日本一の売上高となっている[7][77]

出国審査東京出入国在留管理局成田空港支局)後は、搭乗客や航空会社、店舗の関係者などしか入れない制限区域である。2005年(平成17年)以降の改装により、第1・第2ターミナルともに、さながら街中のショッピングモールのような国内外のファッションブランドのブティックや、DFSなどによる免税店街が広がっている。日本の租税が課される酒税)・煙草たばこ税)・物品に課される消費税・外国製品に課される関税が、出発の制限エリアでは免税されるため、大勢の買い物客で賑わっている。

また、化粧室や有料のリフレッシュルーム(仮眠室・シャワールーム)、キッズルーム(第2ターミナルのみ)、第3ターミナルを除いて、プライオリティ・パスといった各種サービス施設も置かれている。搭乗口付近には、各航空会社のラウンジが置かれている。また、ほかの国内空港と同様に、キヨスク風の小型売店とイートインスタンドを兼ね備えたゲートラウンジ店舗(BLUE SKYANA FESTAなど)もあり、搭乗直前まで利用ができる。

第1ターミナル南ウィングの改装に合わせて、出国後の制限エリア(北ウィングの旅客も利用できる)に、免税店モール「narita nakamise」[78] がオープンした。2007年には、第2ターミナルの出国後の制限エリアに、「narita nakamise」よりも約1.4倍広い5,000m2の店舗面積を持つ免税店モール「ナリタ5番街[79] がオープンした。なお、第2ターミナルは本館だけでなく、サテライトにも免税店やファッションブランドのブティック、書店やレストランなどの店舗や外貨両替専門の出張所窓口、航空会社のラウンジがある。

2009年9月からは、セブン銀行により出国後の制限区域内においては国内初となるATMが設置されている。空港およびセブン-イレブン店内といった市中に置かれている機種と提携金融機関などの条件は同一で、日本円での引き出しが可能であるが、外為法の抵触(100万円相当額以上の現金を持ち出す場合は税関で携行品申告をする必要がある)を避ける意図から、1回の操作では3万円までしか引き出しができない。

銀行窓口

銀行の支店窓口として、第1ターミナルビル内に三菱UFJ銀行成田空港支店が、第2ターミナル内に千葉銀行成田空港支店が入居している。このほか、りそな銀行千葉興業銀行などの外貨両替専門の出張所窓口、入国時の東京税関での関税出納(納税)に業務が限られるみずほ銀行の派出所扱いの窓口が、税関検査場内に置かれている[80]

ATM

ターミナルビル内の複数箇所で、三菱UFJ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行、千葉銀行、京葉銀行ゆうちょ銀行セブン銀行(看板は「SEVEN BANK」表記)、イオン銀行ATMが置かれている。また、JR東日本の空港第2ビル駅・成田空港駅のコンコースではビューカードATMが置かれている。

このうち、海外発行のATMカードクレジットカードによる現金引き出し・残高照会利用は、日本と磁気ストライプカードの記録方式が違い、それに対応するカードリーダーの機械が、従前はゆうちょ銀行(旧:郵便貯金)ATMだけであったが、のちに各行のATMが対応している。京葉銀行など一部は、通常の国内金融機関向けATMとは別に、海外発行カード専用ATMを別途設置している。

郵便関係

2013年7月1日、成田国際空港郵便局の廃局にともない、管轄が成田郵便局へ移管され、成田郵便局 空港第1旅客ビル内分室、空港第2旅客ビル内分室が設置されている。第3ターミナルには郵便ポストのみ設置されている。

ビジネスジェット専用ターミナル

首都圏初のビジネスジェット専用ターミナルが、2012年3月に運用を開始した[81]。ビジネスジェット機で成田空港を利用する場合、出入国や税関などの手続きを、ビジネスジェットプライベートジェット専用ターミナルで行える。空港施設使用料は25万円(2015年時点)となっており、別途着陸料や駐機料を支払う。

貨物ターミナル

JALカーゴの貨物上屋と、その前で警備にあたる機動隊車両

2019年現在、成田国際空港の国際航空貨物の取扱量は香港上海浦東仁川台湾桃園に次いでアジア5位の地位を占める。開港当時は第1ターミナル北ウイング横に集中して貨物ビルが置かれていたが、航空貨物需要の増加に対応して五月雨式に拡張を続けたために、第一貨物地区と第四貨物上屋と第七貨物上屋、第五貨物上屋、空南貨物地区、整備地区暫定貨物上屋などに、JALカーゴ、ANAカーゴ、日本貨物航空、各フォワーダーなどの貨物ビルが点在している。貨物地区内には勤務者やドライバーのためにコンビニエンスストア(ファミリーマート)も設置(第一貨物地区第2貨物ビル内)され、第七貨物前トラック待機場にもコンビニエンスストアが設置されているほか、ガソリンスタンドも設置されている。

施設規模をすべて合わせると20.2万平方メートルの規模を持ち、相次ぐ拡張の結果、年間240万トンの取り扱いが可能となったが、暫定滑走路の延伸工事の完成に臨み、さらに取扱量を増やすために現在も拡張工事が行われている。「貨物管理ビル」の日本貨物航空事務所は2011年中にすべて退去し、現在はNCA整備ハンガー付属棟に移転している。

2017年(平成29年)の輸出額は12兆2,444億円、輸入額は11兆3,131億円と[82]、金額ベースでは国内で首位の貿易港の座にある[83]。輸出入品目としては、電子部品・電子機器・医薬品など、軽量で高付加価値の物品が中心となっている。

  • おもな輸出品目(平成29年)[82]
半導体等電子部品(6.8%)、半導体等製造装置(6.4%)、科学光学機器(5.9%)
  • おもな輸入品目(平成29年)[82]
通信機(15.7%)、半導体等電子部品(10.5%)、医薬品(10.4%)、事務用機器(8.4%)、科学光学機器(6.8%)

また、成田空港はマグロなど魚介類の輸入通関が多く「成田漁港」の別名がある[7][84](平成29年、3万7,508トン[82])。

給油施設

発着回数が多い上に長距離線の割合が多い成田空港では航空燃料の取り扱い数量が多いため、千葉港で荷揚げした燃料を46.9キロメートル[85]に及ぶパイプラインで空港に移送しており、国内唯一の事例となっている[86][87]。空港に送られた航空燃料は「給油センター」のタンクに貯蔵され、多くの場合はさらにそこからハイドラント配管により駐機スポットまで届けられ、車両によって航空機に接続・給油される[87]

諸般の事情によりパイプライン敷設は開港に間に合わず、1983年(昭和58年)まで鉄道による航空燃料の輸送が行われていた(暫定輸送)[88]

駅サービス施設

両旅客ターミナルに接続した成田空港駅・空港第2ビル駅の改札外には「SKYLINER&KEISEI INFORMATION CENTER(京成トラベルサービス)」と「JR EAST Travel Service Center(びゅうトラベルサービス)」、「みどりの窓口指定席券売機JR東日本)」がそれぞれある。SKYLINER&KEISEI INFORMATION CENTERでは海外旅行保険の加入やトラベレックスによる外貨両替サービスが受けられる。JR EAST Travel Service Centerでは通常の切符類の購入に加え、訪日外国人が海外で購入可能な「ジャパンレールパス」類の実券引き替えや「Suica & NE'X」の発売を行っている。

空港内ホテル

成田エアポートレストハウス

第1ターミナル横に機内食製造大手のティエフケーが運営する「成田エアポートレストハウス」がある。第1ターミナル北ウイングとは徒歩で10分ほどの距離にあり(雨天時は傘が必要)、各ターミナルとは無料のシャトルバスで結ばれている。ホテル利用者向けの専用駐車場も用意されている。

第2ターミナル前のP2駐車場棟地下1階に、24時間365日利用可能なカプセルホテル「ナインアワーズ成田空港」が2014年(平成26年)に開業した。第2ターミナルからは3分-5分程度で雨でも濡れずに行ける。

駐車場

P1・P2・P3・P5および貨物地区駐車場といった有料駐車場が設けられている。また、オートバイ用の駐車スペースも確保されており、障害者手帳による割引サービスも実施されている。

一部の駐車場は事前にインターネットで申し込むことが可能で、割引も適用される。なお第2ターミナルに隣接しているP2は第2ターミナルと連絡通路で直結しており、雨天でも雨に濡れることなく空港ターミナルにアクセスでき、料金支払い出口が新空港ICに直結されている唯一の駐車場である。なお、第3ターミナルに隣接、もしくは直結した駐車場はない。

諸問題

運用・環境面の問題

2008年、NAAは、B滑走路が2,500メートル化する2010年以降に、年間発着回数を当時の1.5倍にあたる年間30万回にする試算を「成田国際空港都市づくり推進会議」に提示した。

その実現に向けては、課題が山積していた[89] ものの、平行同時離陸や利用時間延長を容認することなどで、実現が目指された[90]。この構想には、世界とりわけ東アジアでの国際ハブ空港としての地位低下防止と競争力強化、容量不足緩和の狙いがあり、国土交通省とNAAで能力増強の検討がなされた[91]

2010年10月13日に開催された、成田空港に関する四者協議会で、成田空港の容量拡大(30万回)に係る確認書が締結された[92]。NAAは、年間発着能力を、最速で2011年度中に25万回、2012年度中に27万回、2014年度中に30万回に拡大させる方針を出した[93]

なお周辺地域住民への環境配慮も必要で、成田空港では開港以来、住宅などの防音工事に400億円超、電波障害対策に200億円超など、合計3,200億円超の環境対策事業を実施しており、今後も実施され続ける予定である。法律面でも公共用飛行場周辺における航空機騒音による障害の防止等に関する法律(騒防法)や特定空港周辺航空機騒音対策特別措置法(騒特法、事実上成田空港を対象とした騒音地区の住宅等の建設を制限や補償する法律)に基づき、環境対策を実施している。

2010年3月28日より、基本的にA滑走路を離陸専用、B滑走路を着陸専用とする使い分けが行われていた。2011年10月20日より同時離着陸方式が導入され、両滑走路とも離着陸併用となった[94]。2012年10月現在では、運航ダイヤがピークとなる午前、午後の合計約2 - 3時間程度、同時離着陸が行われている。

ただし、航空管制官の目視によって航空機の状況を確認するため、雨天など悪天候時には同方式での運用は停止される。しかしながら2012年度中に航空機の監視装置が高度化され、悪天候時でも同時離着陸運用が可能となった[95]。なお、An-124An-225エアバスA380などの大型機や貨物機はA滑走路への着陸となる。年間発着枠30万回化のための施設整備は、上述の通り2015年3月に完了している[26]

また、開港以来、深夜23時から翌朝6時にかけての離着陸を原則禁止する「夜間離着陸制限」(いわゆる“門限”)が設定されてきたが、2013年3月31日に、出発空港における悪天候などの航空会社の努力では対応できないやむを得ない場合に限って、“門限”を午前0時まで延長することが可能になった[17][96]2019年10月27日からは24時まで運用開始時間が伸びるようになった[30]

成田発着枠は昼11時や夕方17時以降のピーク時間帯はすでに満杯であり、夜22時台は騒音問題からA滑走路とB滑走路各10回ずつ、計20回までの便数発着制限を設定されており、その影響で夜21時台の発着回数も自主規制されている[97]

これらの制約もあって、再国際化し24時間発着できる羽田空港へ定期便を移管する動きもみられている[97] が、羽田空港の混雑のため成田空港との共存が進んでいる。

警備

早朝に到着するバスで空港ターミナルビルに入館する場合[98]、社会情勢次第では入場時に身分証明書の提示を求めることもある。このように、過激派の三里塚闘争が沈静化された現在、空港ターミナルビル内で発見される「不審な荷物」の大半は、置き忘れや所有者の都合で置きっ放しにされるものであり、年間100件近く出動する爆発物処理班の出動も、徒労に終わるケースがほとんどである。このため、空港警備隊は「空港内では荷物から決して離れないで」と、旅行者や利用者に注意を促している[99]




  1. ^ 成田空港運用状況 1月-12月(2019年暦年)”. 成田国際空港株式会社 広報部 (2020年3月). 2020年6月25日閲覧。
  2. ^ 「空港の設置及び管理に関する基本方針」の概要”. 6 地理的、経済的又は社会的な観点からみて密接な関係を有する空港相互間の連携の確保に関する基本的な事項. 国土交通省. 2018年6月15日閲覧。
  3. ^ 成田空港の夏ダイヤで総発着数が過去最高に、141路線・137拠点に拡大、乗り入れ航空会社は99社に” (日本語). トラベルボイス (2019年3月28日). 2019年4月23日閲覧。
  4. ^ 就航都市一覧” (日本語). 成田国際空港公式WEBサイト. 2019年2月2日閲覧。
  5. ^ 2018年(平成30年)12月31日現在
  6. ^ 空港の運用状況 | 成田国際空港株式会社”. www.naa.jp. 2019年4月23日閲覧。
  7. ^ a b c 黒川和久 (2018年8月18日). “成田空港改め「成田漁港」? 巨大空港の意外な一面”. 朝日新聞デジタル (朝日新聞社). https://www.asahi.com/articles/ASL8L2CF1L8LUTIL008.html 2019年12月15日閲覧。 
  8. ^ 近年国際化を行った東京国際空港(通称:羽田空港)の「東京」と区別するため。
  9. ^ 国際線発着調整事務局の業務概要 (PDF)”. 国際線発着調整事務局(JSC). 2017年2月1日閲覧。
  10. ^ 成田空港のセキュリティが、SKYTRAX社の国際空港評価でBest Airport賞を受賞”. 観光経済新聞 (2018年4月3日). 2019年4月22日閲覧。
  11. ^ a b ローコストで効率性と機能性追求 - 日刊建設工業新聞オンライン(2015年11月20日16面)2018年3月29日閲覧
  12. ^ 売上高日本一のSC「成田空港」 数年後1500億円規模に” (日本語). WWD JAPAN. 2019年2月2日閲覧。
  13. ^ 空港の運用状況”. 成田国際空港株式会社. 2019年11月23日閲覧。
  14. ^ 航空:空港管理状況 - 国土交通省” (日本語). www.mlit.go.jp. 2019年11月23日閲覧。
  15. ^ 成田国際空港供用規程, (PDF), 空港整備・運営 (成田国際空港株式会社), (2012年8月27日), http://www.naa.jp/jp/airport/pdf/kitei_01.pdf 2013年3月21日閲覧。 
  16. ^ 成田国際空港管理規程, (PDF), 空港整備・運営 (成田国際空港株式会社), (2009年9月30日), http://www.naa.jp/jp/airport/pdf/kitei_02.pdf 2013年3月21日閲覧。 
  17. ^ a b c “成田空港の離着陸を午前0時まで容認 市、悪天候などに限り”. 日本経済新聞. 共同通信. (2013年3月20日). http://www.nikkei.com/article/DGXNASDG19056_Z10C13A3CC1000/ 2013年3月20日閲覧。 
  18. ^ 原口和久『成田空港365日』崙書房、2000年、28-29頁。
  19. ^ a b 「ランプセントラルタワー」を2020年9月10日に供用開始します”. 成田国際空港株式会社 (2020年8月27日). 2020年9月12日閲覧。
  20. ^ 株式会社インプレス (2020年9月12日). “成田空港、開港から空の安全を見守ってきた旧管制塔の内部を公開。2021年2月から撤去工事”. トラベル Watch. 2020年9月12日閲覧。
  21. ^ a b 成田国際空港株式会社プレスリリース 2013年1月4日
  22. ^ a b “成田空港:B滑走路に新誘導路 発着便増加へ”. 毎日新聞. (2013年3月7日). http://mainichi.jp/select/news/20130307k0000e040175000c.html 2013年3月20日閲覧。 
  23. ^ a b “航空自由化に向け準備着々=新誘導路など供用開始-成田空港”. 時事通信社. (2013年3月7日). オリジナルの2013年4月26日時点におけるアーカイブ。. https://archive.is/20130426185912/http://www.jiji.com/jc/zc?k=201303/2013030700078 2016年10月26日閲覧。 
  24. ^ Narita Airport News No.300 (PDF)”. 成田国際空港振興協会 (2017年1月4日). 2018年3月5日閲覧。
  25. ^ 成田空港は管制機能の高度化(WAM)と高速離脱誘導路で空港処理能力が4万回拡大へ!”. 雨宮しんご (2017年1月20日). 2018年3月5日閲覧。
  26. ^ a b 成田空港の施設整備について”. 千葉県 (2015年4月3日). 2018年3月6日閲覧。
  27. ^ 「成田発着時間10月末から延長へ 開港後初、地元が合意方針」共同通信(2019年1月28日)
  28. ^ 10月発着延長、正式合意 国の財特法10年間に NAA追加策具体化は今後 【成田空港機能強化】”. www.chibanippo.co.jp. 『千葉日報』 (2019年2月5日). 2019年2月5日閲覧。
  29. ^ 日本第1位は東京国際空港(羽田空港)となっている。
  30. ^ a b c “成田空港 きょう夜間発着時間延長 1978年開港以来初【成田空港機能強化】”. 『千葉日報』. (2019年10月27日). オリジナルの2019年10月27日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20191027095933/https://www.chibanippo.co.jp/news/economics/638792 2019年10月27日閲覧。 
  31. ^ “成田空港の4000メートル滑走路、初の全面運用”. 日本経済新聞. (2012年12月13日). http://www.nikkei.com/article/DGXNASDG13010_T11C12A2CC0000/ 2017年1月17日閲覧。 
  32. ^ a b c 成田空港の更なる機能強化に関する調査報告について 2-2滑走路の具体的な配置検討 (PDF, 成田国際空港株式会社)
  33. ^ a b c d 国交省、成田基本計画3本目整備など53年ぶり改定”. 航空新聞社 (2019年11月5日). 2019年11月5日閲覧。
  34. ^ a b c d 報道発表資料:成田国際空港の基本計画を改定します~成田国際空港の更なる機能強化に向けて”. www.mlit.go.jp. 国土交通省 (2019年11月5日). 2019年11月5日閲覧。
  35. ^ a b “B滑走路の一時閉鎖について” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 成田国際空港, (2020年4月10日), オリジナルの2020年4月10日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20200410040125/https://www.naa.jp/jp/20200410-BRWYclose.pdf 2020年4月10日閲覧。 
  36. ^ 成田空港B滑走路、101日ぶり再開 初便はNCA便” (日本語). Aviation Wire. 2020年7月23日閲覧。
  37. ^ 滑走路方向は南側「03R」、北側「21L」で予定されていた。
  38. ^ 「八街市に予想される航空公害」
  39. ^ “一坪共有地:売却訴訟 NAA側が勝訴 支援者の上告却下 /千葉”. 『毎日新聞』. (2013年4月27日). http://mainichi.jp/area/chiba/news/20130427ddlk12040090000c.html 2013年4月29日閲覧。 
  40. ^ “空港反対派の敗訴確定 「一坪共有地」訴訟終結”. 『千葉日報』. (2013年4月27日). http://www.chibanippo.co.jp/c/news/national/134263 2013年4月29日閲覧。 
  41. ^ “一坪共有地 反対派の敗訴確定 成田空港 最高裁が上告却下”. 『東京新聞』. (2013年4月27日). http://www.tokyo-np.co.jp/article/chiba/20130427/CK2013042702000152.html 2013年4月29日閲覧。 
  42. ^ “成田空港会社、3500メートル第3滑走路提案”. 『日本経済新聞』 (日本経済新聞社). (2015年11月28日). http://www.nikkei.com/article/DGXLZO94507580X21C15A1L71000/ 2016年9月12日閲覧。 
  43. ^ 2018年3月13日に四者協議会が開催されました。”. 成田国際空港株式会社 (2018年3月13日). 2018年3月13日閲覧。
  44. ^ 成田空港に3本目の滑走路建設へ 運用時間も拡大で決着:朝日新聞デジタル” (日本語). 朝日新聞デジタル. 2019年4月22日閲覧。
  45. ^ 成田拡大案 協議会で最終合意”. NHK (2018年3月13日). 2018年3月13日閲覧。[リンク切れ]
  46. ^ 成田国際空港株式会社 - 航空会社再配置計画(2008年1月25日時点のアーカイブ
  47. ^ エアポートニュース 2020年1月20日閲覧
  48. ^ a b c d e f g h i j ランプバスって何? - 東京空港交通[リンク切れ]
  49. ^ 成田空港のカウンターとサービスがリニューアル - 全日本空輸 2016年5月12日
  50. ^ シャトルシステムに代わり、新たな連絡通路を供用開始! - 成田国際空港(2013年9月13日)
  51. ^ 2013年9月26日までは、無料の新交通システム成田空港第2ターミナルシャトルシステム」(実用に供されているものとしては世界的にも珍しい空気浮上式。日本オーチス・エレベータ製で法的には「水平に移動するエレベーター」の扱いだが、事実上、完全自動運転の新交通システム)が設けられていた
  52. ^ 供用当時は現在は第1ターミナルを使用する全日空も使用していた
  53. ^ 「月刊エアライン」2008年7月号 52頁
  54. ^ 「成田空港第2ターミナルに4,000平方メートルの新ラウンジをリニューアル」 マイコミジャーナル(2007年4月24日)
  55. ^ アドミラルズクラブ(成田国際空港)
  56. ^ 「カンタス航空、成田にビジネスクラス旅客対象のラウンジ開設」 トラベルビジョン
  57. ^ ダイナスティ・ラウンジ チャイナエアライン
  58. ^ 「コンコース中央、改修 5番街と同じ雰囲気創出 成田空港第2ターミナル」『千葉日報』2009年4月26日
  59. ^ 早朝便をご利用のお客様へ
  60. ^ 2020年10月現在、成田国際空港PCRセンターに施設が転用されたため、閉鎖されている
  61. ^ 成田空港に吉野家 24時間営業、7月開店 - AviationWire・2016年6月24日
  62. ^ LCC の受け入れについて - 成田国際空港株式会社(2012年4月5日発表)2018年3月29日閲覧
  63. ^ 設計主体は日建設計・梓設計JV
  64. ^ 伊藤直樹氏ら、新会社「PARTY」設立を発表 - アドタイ(2011.05.30 掲載)2018年3月29日閲覧
  65. ^ eスポーツ選手御用達になるか?LCC専用の成田国際空港第3ターミナルがオープンしたので早速行ってみた” (日本語). funglr Games. 2015年4月21日閲覧。
  66. ^ 成田空港がLCC専用の「第3旅客ターミナル」開設 空港内最大の免税店も - fashionsnap・2015年4月7日
  67. ^ 本日オープン! 成田空港「第3ターミナル」出発・到着ロビーをチェック - トラベル Watch(2015/4/8 00:00更新 / 2015年4月10日閲覧)
  68. ^ ターミナル間の移動 - 成田国際空港(更新日不明)2018年3月29日閲覧
  69. ^ 10月25日から、第2ターミナルから第3ターミナルへの連絡バスルートを変更します! - 成田国際空港株式会社(2016年9月29日発表)2018年3月29日閲覧
  70. ^ 「成田第3ターミナル」開業2年、乏しい受け入れ余力 LCC就航で旅客数が1割増ペース - 日本経済新聞 電子版(『日本経済新聞』朝刊2017年4月8日付)2018年3月28日閲覧
  71. ^ 出発ロビーの混雑緩和!!第3ターミナルを増築し、1階到着ロビーを9月5日に拡張 - 成田国際空港・2019年8月26日
  72. ^ ~さらに便利に、快適に~ 第3ターミナルを増築します - 成田国際空港・2018年4月26日
  73. ^ 旅客サービス施設使用料(PSFC)・保安サービス施設使用料(PSSC) 成田国際空港
  74. ^ 「国内線にも施設使用料=1人1000円以内-成田空港」[リンク切れ]時事通信(2014年9月9日)
  75. ^ 旅客サービス施設使用料(PSFC)および旅客保安サービス料(PSSC)” (日本語). 成田国際空港公式WEBサイト. 2020年3月13日閲覧。
  76. ^ 第1ターミナルビルにはローソン(地下1階・5階)、ファミリーマート(地下1階)、ミニストップ(1階)、第2ターミナルビルにはセブン-イレブン(地下1階・4階)、ファミリーマート(地下1階)、第3ターミナル2階にもローソンが出店している。一部店舗では、24時間営業を行っている
  77. ^ 売上高5年で約2倍!アジアからのインバウンドが急増する成田国際空港の実情”. WWD JAPAN (2015年7月11日). 2018年2月21日閲覧。
  78. ^ 成田空港ホームページ
  79. ^ 「月刊エアライン」2008年7月号 P.49
  80. ^ みずほ銀行成田空港出張所
  81. ^ “世界に売り込め「セレブ便」 成田にビジネス機専用ターミナル”. (2012年4月1日). http://www.tokyo-np.co.jp/article/chiba/20120401/CK2012040102000059.html 2012年4月1日閲覧。 
  82. ^ a b c d 東京税関貿易概況(年分)”. 東京税関. 2018年3月21日閲覧。
  83. ^ 【特集】成田空港 6000万トン到達! 国際貨物累計、開港39年5カ月で 成長加速、アジアの貨物ハブ”. 日刊CARGO (2017年12月18日). 2018年3月21日閲覧。
  84. ^ 市村武美 (1991-9). 夢ふくらむ海洋牧場―200カイリを飛び越える新しい漁業. 東京電機大学出版局. p. 127 
  85. ^ 新東京国際空港航空燃料パイプラインとは”. コトバンク. 2020年12月2日閲覧。
  86. ^ 実は国内唯一 レアな「成田空港への燃料の届け方」でもなぜ? 運営会社に聞く理由とは”. 乗りものニュース (2020年12月1日). 2020年12月2日閲覧。
  87. ^ a b 航空燃料輸送システム”. www.naaf.jp. 成田空港給油施設株式会社. 2020年12月2日閲覧。
  88. ^ 成田空港のパイプライン建設とは”. コトバンク. 2020年12月9日閲覧。
  89. ^ 「30万回」に多くの壁”. 変貌 成田30年. 読売新聞 (2008年5月27日). 2013年3月20日閲覧。
  90. ^ 成田の同時平行離陸を容認へ 国交省、30万回実現へ前進 Archived 2010年11月13日, at the Wayback Machine.
  91. ^ “成田空港の発着、年25万回に増便「アジアのハブ」へ競争力”. 日本経済新聞. (2008年3月7日). オリジナルの2009年3月11日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20090311025956/http://www.nikkei.co.jp/news/keizai/20090308AT3S0201E07032009.html 2013年3月20日閲覧。 
  92. ^ 成田空港の容量拡大について”. 県土づくり. 千葉県総合企画部空港地域振興課成田空港共生室 (2010年10月13日). 2013年3月20日閲覧。
  93. ^ 成田国際空港会社 グリーンポートレポート 2010, December[リンク切れ]
  94. ^ 成田国際空港会社 成田空港?その役割と現状?2011 特集1-4 Archived 2012年8月15日, at the Wayback Machine.
  95. ^ “成田空港、年間発着回数30万回に増 平成26年度にも雨天時も同時並行離発着”. MSN産経ニュース. (2012年11月1日). オリジナルの2013年1月3日時点におけるアーカイブ。. https://archive.is/20130103213332/http://sankei.jp.msn.com/economy/news/121101/biz12110110420009-n1.htm 2016年10月26日閲覧。 
  96. ^ “成田空港の離着陸制限(カーフュー)、弾力的運用へ オープンスカイ開始に合わせ、関係者が合意” (プレスリリース), 国土交通省航空局航空ネットワーク部, (2013年3月29日), http://www.mlit.go.jp/report/press/kouku07_hh_000047.html 2016年10月26日閲覧。 
  97. ^ a b 吉川忠行 (2016年10月21日). “成田空港に新滑走路は必要なのか すれ違う空港側と航空会社側の思惑”. 日経ビジネス (日経BP). http://business.nikkeibp.co.jp/atcl/report/15/246820/102000051/?P=3 2017年5月20日閲覧。 
  98. ^ 4/8 成田空港第3ターミナル開業に伴う成田空港内の高速バス停車順 成田空港内の高速バス停車順について 京成バス
  99. ^ 「成田空港:爆発物処理班出動、年間100件超 不審物はすべて…」毎日jp 2011年6月5日(2011年6月8日時点のアーカイブ
  100. ^ a b 新東京国際空港の建設
  101. ^ 成田空港〜その役割と現状〜2011 第4章1
  102. ^ 用地売り渡しに関する覚書”. コトバンク. 2017年2月4日閲覧。
  103. ^ 1973年には近年中に開港すると予想して国鉄がアクセス輸送用の快速用車両を増備している
  104. ^ 鉄道による暫定輸送は、開港後のパイプラインが完成した1983年8月まで続けられた。
  105. ^ 衆議院会議録情報 第84回国会 本会議 第19号”. 国会会議録検索システム. 国立国会図書館. 2019年10月9日閲覧。
  106. ^ 参議院会議録情報 第84回国会 本会議 第14号”. 国会会議録検索システム. 国立国会図書館. 2019年10月9日閲覧。
  107. ^ a b 【戦後70年 千葉の出来事】成田闘争(下)公共事業のあり方一変”. 産経ニュース (2015年8月3日). 2019年2月16日閲覧。
  108. ^ 成田国際空港株式会社『成田空港~その役割と現状~ 2016年度』2016年11月、155頁。
  109. ^ ミュンヘン空港、第3滑走路建設許可が降りる 連邦裁判所が判断”. FlyTeam(フライチーム) (2015年7月19日). 2019年2月16日閲覧。
  110. ^ Protest Against Third Runway Munich Airport Stock Photos & Protest Against Third Runway Munich Airport Stock Images - Alamy”. www.alamy.com. 2019年2月16日閲覧。
  111. ^ 成田国際空港株式会社 - 環境対策・地域共生 - 共生の経緯 - 地域と共生する空港づくり大綱
  112. ^ a b “成田の厳重警備、世界的にも「異例」”. MSN産経ニュース. (2008年3月7日). オリジナルの2009年12月2日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20091202082729/http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/091129/crm0911291931013-n1.htm 2013年3月20日閲覧。 
  113. ^ 成田空港手荷物爆発事件アメリカ同時多発テロブリュッセル空港爆破事件など。
  114. ^ a b 「成田空港が検問廃止を検討 開港から31年、初の警備体制見直し」 msn産経ニュース 2009年11月29日(2010年4月19日時点のアーカイブ
  115. ^ 毎日新聞 2012年9月28日
  116. ^ 成田の「検問」廃止検討、羽田と競争激化で 2012年10月21日07時04分 読売新聞
  117. ^ 成田検問廃止問題、県警本部長は見直しに前向き 2012年10月26日20時24分 読売新聞
  118. ^ 開港以来続く成田空港「検問」廃止へ 2013年9月26日13時06分 読売新聞
  119. ^ 成田空港 入り口検問 再来年3月までに廃止へ 9月26日 12時4分 NHKオンライン
  120. ^ 成田空港、30日に検問廃止 ノンストップゲート実施へ
  121. ^ 「秋にも延長滑走路の運用開始 炎上事故受け、半年前倒し」47NEWS(2009年4月10日)
  122. ^ 「成田空港:東側誘導路の供用スタート」『毎日新聞』 Archived 2009年8月2日, at the Wayback Machine.
  123. ^ 「成田、B滑走路の本格運用開始 大型機が発着可能に」 47NEWS(2009年10月22日)
  124. ^ 「千葉県 外国人旅行客対象カジノ導入検討へ」日テレNEWS24(2010年3月25日)
  125. ^ 気象庁 (2011年3月30日). “「平成23年(2011年)東北地方太平洋沖地震」により各地で観測された震度について”. 2019年6月24日閲覧。
  126. ^ a b D 首都圏の交通への影響とその後の取り組み”. 地域のモビリティ確保の知恵袋2012. 国土交通省 総合政策局 参事官室 (2012年3月). 2019年6月24日閲覧。
  127. ^ 【図解・社会】東日本大震災・震災当日成田、羽田空港に向かっていた86機の着陸先(2012年4月1日)”. 時事通信社 (2012年4月1日). 2019年6月24日閲覧。
  128. ^ 成田空港活性化協議会(2020年3月3日閲覧)
  129. ^ 電子申告ゲート、外国人にも拡大=成田空港で-東京税関”. 時事ドットコム. 時事通信社 (2019年8月27日). 2019年8月28日閲覧。
  130. ^ 千葉)成田空港、外国人も顔認証出国・税関電子申告開始”. 朝日新聞デジタル. 朝日新聞社 (2019年8月27日). 2019年8月28日閲覧。
  131. ^ a b 成田空港第3ターミナル 混雑緩和で到着ロビー拡張 9月5日から”. 日本経済新聞 電子版. 日本経済新聞社 (2019年8月27日). 2019年8月28日閲覧。
  132. ^ アニメの物販・飲食エリア 成田空港に「クールジャパン」発信『日本経済新聞』朝刊2019年11月28日(千葉経済面)2020年3月29日閲覧
  133. ^ 成田空港会社、100億円規模の支援 航空会社など対象:朝日新聞デジタル”. 朝日新聞デジタル (2020-03-026). 2020年3月30日閲覧。
  134. ^ 成田空港B滑走路、101日ぶり再開 初便はNCA便”. Aviation Wire (2020年7月22日). 2020年7月22日閲覧。
  135. ^ https://www.united.com/ual/en/us/fly/travel/airport/maps.html Other key airports より
  136. ^ a b ピーチ、東京/成田〜台北/桃園・高雄線と福岡〜台北/桃園線開設 Traicy 2019年8月28日
  137. ^ スカイマーク、東京/成田〜サイパン線11月29日就航 記念運賃片道3,800円から Traicy 2019年10月24日
  138. ^ a b 中国南方航空、10月下旬から成田発着の上海・浦東、深圳線に就航 FlyTeam 2019年9月26日
  139. ^ 中国南方航空、東京/成田〜広州線の運航再開 来年1月10日から週4便 Traicy 2019年12月3日
  140. ^ http://www.uts-air.com/aurora/info/20190104495/ UTSエアサービスHP(1月13日閲覧)
  141. ^ ヤクティア・エア、11月5日から国際線運休 737-800の整備不備で FlyTeam 2018年11月2日付
  142. ^ エアージャパンの機材・乗務員で運航する便あり
  143. ^ a b 成田=チェンナイ線の運航開始日とダイヤが決定 ANA プレスリリース 2019年7月18日付
  144. ^ ANA、東京/成田〜ウラジオストク線を来年3月16日開設 A320neoで週2便 Traicy 2019年10月23日
  145. ^ a b ANA、パース9月就航へ 成田から787-8 Aviation Wire 2018年12月26日
  146. ^ a b エアプサン、東京/成田〜ソウル/仁川線開設へ 4月16日から Traicy 2020年2月23日
  147. ^ 中国国際航空、東京/成田〜杭州線を開設 来年1月10日から週4便 Traicy 2019年12月1日
  148. ^ a b c JAL、東京/成田〜サンフランシスコ線を復活 来年3月29日から毎日運航 Traicy 2019年10月30日
  149. ^ a b JAL、東京/成田〜ウラジオストク線を来年2月28日から週3便で開設 夏ダイヤは毎日運航 Traicy 2019年10月30日
  150. ^ a b c d e 中国東方航空、成田発着の煙台・武漢・昆明線を開設 1月以降 FlyTeam 2019年11月15日
  151. ^ 中国東方航空、2020年1月に成田/青島線を開設 A320で週3便 FlyTeam 2019年11月16日
  152. ^ 海南航空、東京/成田〜北京線を開設 10月31日から週4便 Traicy 2019年10月20日
  153. ^ 吉祥航空、東京/成田〜上海/浦東線を開設へ 10月27日から1日1便 Traicy 2019年9月15日
  154. ^ 吉祥航空、成田空港は第2ターミナルを使用 機材は当初計画より大型化 Traicy 2019年9月26日
  155. ^ a b セブパシフィック航空、東京/成田〜クラーク線開設 8月9日から週4便 Traicy 2019年4月2日
  156. ^ ベトジェットエア、東京/成田〜ホーチミン線開設 7月12日から Traicy 2019年3月12日
  157. ^ エアアジアX、東京/成田〜クアラルンプール線の運航再開 11月20日から週4便 Traicy 2019年8月20日
  158. ^ スキャット・エアラインズ、10月末に成田/ヌルスルタン線を開設 FlyTeam 2019年10月27日
  159. ^ ニューギニア航空、東京/成田〜ポートモレスビー線を冬期に一部運休 11月2日から12月21日まで Traicy 2019年4月21日
  160. ^ 春秋航空日本、東京/成田〜上海/浦東線を開設 12月12日から毎日運航 Traicy 2019年11月8日
  161. ^ 春秋航空、東京/成田〜上海/浦東線を開設 10月27日から、成田T3乗り入れへ Traicy 2019年9月15日
  162. ^ a b [1]
  163. ^ ANAウイングスの機材・乗務員で運航する便あり
  164. ^ a b c d e f ピーチ、バニラエアの路線統合で成田/函館線など3路線廃止 FlyTeam 2018年12月17日
  165. ^ a b c d ピーチ、東京/成田〜長崎・鹿児島線開設 3月29日から Traicy 2020年1月28日
  166. ^ ピーチ、東京/成田〜石垣線を12月26日開設 大阪/関西〜石垣線も増便 Traicy 2019年8月26日
  167. ^ スカイマーク、11月29日に成田/名古屋線を開設 就航記念運賃も設定 FlyTeam 2019年10月25日
  168. ^ カンタス航空(全路線)、アメリカン航空(新千歳線、関西線、松山線、福岡線、那覇線のみ)、日本航空(全路線かつJAL国際線との乗継の場合のみ)とのコードシェア
  169. ^ 2018年度下期 ANAグループ航空輸送事業計画を一部変更” (日本語). ANA. 2018年10月28日閲覧。
  170. ^ 成田空港の 2017 年夏ダイヤ定期航空会社別スケジュール (PDF) - 成田国際空港 2017年3月23日
  171. ^ a b エルアル・イスラエル航空、東京/成田〜テルアビブ線を来年3月11日開設 航空券の販売開始 Traicy 2019年8月28日
  172. ^ JAL、東京/成田〜ベンガルール線を来年3月29日開設 787-8で毎日運航 Traicy 2019年10月30日
  173. ^ a b c d e f g h 2020年サマーダイヤの国際線路便計画を一部決定”. ANAグループ. 2019年11月19日閲覧。
  174. ^ シティリンク、東京/成田~ジャカルタ線を開設へ 5月2日に Traicy 2020年2月25日
  175. ^ a b c d e f g h 2020年度より首都圏発着の国際線を大幅に拡充します”. 日本航空. 2019年11月19日閲覧。
  176. ^ 新田浩之 (2019年3月18日). “アゼルバイジャン航空が東京に就航?2019年3月時点の航空最新情報”. TABIPPO.NET [タビッポ] (TABIPPO). https://tabippo.net/airline-news/ 2019年11月12日閲覧。 
  177. ^ ビーマン・バングラデシュ航空、日本線再開へ 12月までに Traicy 2019年8月3日
  178. ^ a b ZIPAIR、東京/成田〜ソウル/仁川・バンコク/スワンナプーム線開設 2020年夏スケジュールで Traicy 2019年3月8日
  179. ^ ANA、香港3路線で運休や減便、機材変更実施 需要急減で Traicy 2019年10月31日
  180. ^ a b c オーストリア航空、東京/成田〜ウィーン線の再開前倒し 来年3月14日から Traicy 2019年12月10日
  181. ^ a b デルタ航空、羽田空港に来年3月に完全移転 正式発表 Traicy 2019年8月10日
  182. ^ a b c アメリカン航空、東京/成田〜シカゴ線から撤退 来夏以降も成田線継続 Traicy 2019年10月17日
  183. ^ ユナイテッド、春から羽田発着でシカゴなど4路線に就航 航空券を販売 FlyTeam 2019年8月19日
  184. ^ アリタリア-イタリア航空、東京/羽田〜ローマ線開設 来年3月29日から、成田から移管 Traicy 2019年10月12日
  185. ^ カンタス航空、羽田発着2路線申請 シドニー線増便とメルボルン線開設、成田から移管 Traicy 2019年9月17日
  186. ^ カンタス航空、東京/羽田〜メルボルン線開設 成田から移管 Traicy 2019年12月16日
  187. ^ a b c d e f g h i ANA、成田発着東南アジア5路線を減便 バンコク・シンガポール・プノンペン・ジャカルタ・クアラルンプール線 Traicy 2020年1月23日
  188. ^ ターキッシュ・エアラインズ、GWに東京/成田〜イスタンブール線を増便 計4往復 Traicy 2020年1月8日
  189. ^ イベリア航空、東京/成田〜マドリード線を来年6月から毎日運航 A350も導入 Traicy 2019年11月6日
  190. ^ JAL、東京/成田〜グアム線を増便 来年7月から1日2便化 Traicy 2019年10月30日
  191. ^ スカンジナビア航空、東京/羽田〜コペンハーゲン線開設 来夏スケジュールに Traicy 2019年12月9日付
  192. ^ sky-budget (2020年2月5日). “ブリティッシュエアウェイズ、成田空港から撤退し2020年3月28日から羽田~ロンドン線をダブルデイリーに増便 | sky-budget スカイバジェット” (日本語). 2020年2月14日閲覧。[出典無効]
  193. ^ 春秋航空日本、東京/成田〜寧波線を4月25日開設 就航記念運賃は片道3,999円 Traicy 2019年4月10日
  194. ^ スリランカ航空、東京/成田〜コロンボ線のマレ経由への変更を延期 7月25日から Traicy 2019年6月26日
  195. ^ a b 運航スケジュール 日本貨物航空
  196. ^ スカイマーク、11月下旬に成田/サイパン線就航 運賃は3,800円 FlyTeam 2019年10月24日
  197. ^ 『東京(成田)=石垣線』『沖縄(那覇)=石垣線』3月14日から販売開始! - バニラエア 2018年3月13日
  198. ^ “航空輸送統計年報の概要 令和元年度(2019年度)分” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 総合政策局情報政策課交通経済統計調査室, (2020年6月30日), オリジナルの2020年8月31日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20200831055012/https://www.mlit.go.jp/report/press/content/001350930.pdf 2020年8月31日閲覧。 
  199. ^ a b チェジュ航空、日韓12路線を一部運休 10月26日まで Flyteam 2019年8月28日
  200. ^ a b デルタ航空、東京/成田〜ミネアポリス線を運休 東京/羽田発着に移管 Traicy 2016年9月12日
  201. ^ B滑走路延伸の2010年以降復便の可能性あり。日本・スカンジナビア三国航空当局間協議の結果について 国土交通省 平成20年9月17日
  202. ^ a b c デルタ航空、東京/成田〜サイパン・コロール線を運休 Traicy 2018年2月6日
  203. ^ a b ニューギニア航空、成田/チューク線を運休 10月13日から3月末まで Fly Team 2018年10月11日
  204. ^ JAL、仁川撤退へ 18年3月、成田運休 Aviation Wire 2017年7月12日
  205. ^ JALとANA、羽田ー広州開設 中国線拡大、北京・上海は増便
  206. ^ JAL、成田2路線9月就航へ メルボルンとコナ パリ10月運休 Aviation Wire 2017年5月29日
  207. ^ http://press.jal.co.jp/ja/release/200602/000196.html
  208. ^ ANA、羽田-大島が最終便 国際線強化へ Aviation Wire 2015年10月24日
  209. ^ a b c Peachとバニラエアの統合に伴う バニラエア便の運航ならびに路線の移管について Vanilla Air 2018年12月17日
  210. ^ バニラエア、ホーチミン撤退 約1年6ヶ月で Traicy 2017年12月13日
  211. ^ バニラエア、成田-セブ10月運休 Aviation Wire 2018年8月1日
  212. ^ http://www.traicy.com/20161122-GEv3
  213. ^ http://www.tna.com.tw/jp/news-jp?cid=1932
  214. ^ Singapore Air voucher offer; American Airlines upgrades; Korean Air flies Honolulu”. ジャパンタイムズ (2013年1月23日). 2016年2月28日閲覧。
  215. ^ 大韓航空、日韓路線を減便 Flyteam 2019年8月21日
  216. ^ エアプサン、10月27日から日本発着9路線の一部または全便運休へ Flyteam 2019年9月9日
  217. ^ http://airlineroute.net/2014/01/27/mh-lax-s14update1/
  218. ^ エアアジア、成田/ジャカルタ線の運休を決定 5月就航で9月末に FlyTeam 2018年8月9日
  219. ^ インドネシア・エアアジアX、東京/成田〜デンパサール線を運休 来年1月14日で Traicy 2018年10月23日
  220. ^ エチオピア航空、2018年6月2日から成田/アディスアベバ線を仁川経由に FlyTeam 2017年11月14日
  221. ^ ルフトハンザ、成田の運休継続 支社長「グループで運航」 Aviation Wire 2017年10月20日付
  222. ^ http://www.npf-airport.jp/news/airportnews/news_0110/news/news_data05.html
  223. ^ “AOM仏航空日本初乗り入れ”. 交通新聞 (交通新聞社): p. 1. (1992年3月30日) 
  224. ^ デルタ航空、東京/成田〜台北/桃園線から撤退 最終運航日は5月24日 Traicy 2017年1月14日
  225. ^ デルタ航空、東京/成田〜上海/浦東線から来年7月にも撤退へ アトランタ線開設で Traicy 2017年8月11日
  226. ^ デルタ航空、成田/バンコク線を10月30日に運休へ 成田路線の再編で FlyTeam 2016年8月13日
  227. ^ デルタ航空、東京/成田〜シンガポール線から撤退 9月22日で Traicy 2019年8月2日
  228. ^ デルタ航空、東京/成田〜ロサンゼルス線撤退へ 東京/羽田昼間発着便に移管で Traicy 2016年5月17日
  229. ^ デルタ航空、東京/成田〜グアム線を運休 需要低下で路線維持難しく Traicy 2017年9月20日
  230. ^ United ends Tokyo – Seoul route in Oct 2017 routes online 2017年4月5日
  231. ^ ユナイテッド航空、成田-シンガポール運休 6月から Aviation Wire 2016年1月31日
  232. ^ カンタス航空、12月16日から成田/メルボルン線に直行便就航 Fly Team 2016年9月16日
  233. ^ a b c d アイベックスエアラインズ、成田・小松撤退 6路線運休、2路線開設(2020年8月20日、TRAICY)2020 年10月28日閲覧
  234. ^ 小松―成田・仙台線の運航休止 アイベックス(2020年8月20日、日本経済新聞)2020年10月28日閲覧
  235. ^ アイベックス冬ダイヤ 仙台空港発着の小松線と成田線、休止に(2020年08月20日、河北新報)2020年10月28日閲覧
  236. ^ 春秋航空日本、3月24日まで成田/広島線は1日1往復 成田/新千歳線は運休 FlyTeam 2018年1月16日
  237. ^ 春秋航空日本、東京/成田〜大阪/関西線を運休 訪日ツアー需要伸びず Traicy 2017年8月30日
  238. ^ a b c d e バニラエア、来年10月26日に運航終了 東京/成田〜香港線など3路線廃止 Traicy 2018年12月17日
  239. ^ バニラエア、東京/成田〜大阪/関西線を運休 6月15日で Traicy 2018年3月13日
  240. ^ 一例として Ian L. McQueen著『Japan: a budget travel guide』、講談社インターナショナル、1992年、210ページには「Narita "errport" (as it has been called) is Japan's contribution to the world's collection of vast projects started on half-vast ideas.」などとある。なお、本書はロンリープラネットより『Japan: A Travel Survival Kit』の題で販売されていたものの改訂版にあたる。現在のロンリープラネット社のガイドは別内容である。
  241. ^ a b どうなる、こうなる首都圏の鉄道網--(最終回)成田新線・新交通編 - 1 / 2 Business Media 誠 2008年11月7日
  242. ^ JR東日本
  243. ^ 森田健作マニフェスト (PDF)
  244. ^ 「成田〜羽田リニア、事業費3兆円=国交省が試算」 時事ドットコム(時事通信)2009年02月24日[リンク切れ]
  245. ^ 電車でのアクセス - 成田国際空港第3ターミナル
  246. ^ Narita Air & Bus!成田空港から観光地へダイレクトアクセス! ~高速バス・LCC等の利用促進に向けて~(国土交通省)
  247. ^ 有料ラウンジ | 成田国際空港公式WEBサイト」『成田国際空港公式WEBサイト』。2018年8月25日閲覧。
  248. ^ 成田空港おトク情報|成田空港地域共生・共栄会議” (日本語). www.narita-kyousei.gr.jp. 2018年8月23日閲覧。
  249. ^ エアージャパン運航
  250. ^ 成田空港でカナダ機が誤進入=B滑走路閉鎖 2018/07/30 23:12 時事通信
  251. ^ “大臣会見 前原大臣会見要旨” (プレスリリース), 国土交通省, (2009年10月13日), http://www.mlit.go.jp/report/interview/daijin091013.html 2012年10月7日閲覧。 
  252. ^ 「成田B滑走路、さらに北伸もありうる」NAA社長Asahi.com2009年10月23日(2009年10月25日時点のアーカイブ
  253. ^ 「成田空港、新滑走路検討へ 国・千葉県、月内にも開始」朝日新聞デジタル 2015年8月4日(火)9時30分配信
  254. ^ http://www.narita-kinoukyouka.jp/news/backnumber/160927_01/index.html 2016年9月27日に四者協議会が開催されました。
  255. ^ 成田空港の明日を、いっしょに|四者協議会における検討状況” (日本語). www.narita-kinoukyouka.jp. 2018年8月25日閲覧。
  256. ^ “「成田空港の更なる機能強化 環境影響評価書」の公表及び縦覧について” (プレスリリース), 成田市, (2019年9月27日), https://www.city.narita.chiba.jp/environment/page0126_00041.html 2019年11月23日閲覧。 
  257. ^ “「成田空港の更なる機能強化」にかかる航空法の変更許可申請について” (プレスリリース), 成田国際空港株式会社, (2019年11月7日), https://www.naa.jp/jp/20191107_henkoukyokashinsei.pdf 2019年11月23日閲覧。 
  258. ^ “国交省、成田空港の施設変更申請を許可 B滑走路延伸とC滑走路新設など” (プレスリリース), FlyTeam 






英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「成田国際空港」の関連用語

成田国際空港のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



成田国際空港のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの成田国際空港 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 Weblio RSS