憂国 憂国の概要

憂国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/06 00:33 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
憂國
訳題 Patriotism
作者 三島由紀夫
日本
言語 日本語
ジャンル 短編小説
発表形態 雑誌掲載
初出情報
初出 『小説中央公論
1961年1月・3号・冬季号
出版元 中央公論社
刊本情報
刊行 『憂國 映画版』
新潮社 1966年4月10日
収録 『スタア』新潮社 1961年1月30日
ウィキポータル 文学 ポータル 書物
テンプレートを表示

大義に殉ずる者の至福とを主題に、皇軍への義の元、エロティシズム、夥しい流血と痛苦をともなう割腹自殺が克明に描かれている[4][5]60年安保という時代背景と共に「精神肉体認識行動の問題」をあらためて思考するようになっていた三島が、その反時代傾向を前面に露わにした転換的な作品である[5][6]

発表経過

1961年(昭和36年)1月、雑誌『小説中央公論』3号・冬季号の〈現代代表作家二十人創作集〉に掲載され、同年1月30日に新潮社より刊行の短編集『スタア』に収録された[7][8][9][注釈 1]。のち1966年(昭和41年)6月に河出書房新社より刊行の『英霊の聲』にも、戯曲『十日の菊』と共に二・二六事件三部作として纏められた。なお、この刊行にあたって、当時の実状をよく知る加盟将校の1人(当時陸軍歩兵大尉)の末松太平からの助言により、「近衛輜重兵大隊」を「近衛歩兵第一聯隊」に改めた[4][注釈 2]

文庫版としては、1968年(昭和43年)9月15日に新潮文庫より刊行の『花ざかりの森・憂国――自選短編集』に収録された[8][9]。その後、1997年(平成9年)に『中央公論』11月・臨時増刊号の〈激動の昭和文学〉に再掲載された[9]。翻訳版はGeoffrey W. Sargent訳(英題:Patriotism)をはじめ、世界各国で行われている[11]

1965年(昭和40年)4月には、自身が製作・監督主演・脚色・美術を務めた映画『憂國』が製作された。映画は翌年1966年(昭和41年)1月、ツール国際短編映画祭劇映画部門第2位となり、同年4月からなされた日本での一般公開も話題を呼び、アート系の映画では記録的なヒットとなった[3][12]。また同時に映画の製作過程・写真などを収録した『憂國 映画版』も1966年4月10日に新潮社より刊行された[8][13]

作品概要・主題

『憂国』は簡素な構成と、〈大きな鉢に満々と湛(たた)へられた乳のやうで〉といった、肌の白さ(妻の肌の美しさ)を表す官能的な描写や、克明に描かれる切腹の迫真さで、短編ながら注目された作品で、三島自身も、〈小品ながら、私のすべてがこめられている〉とし[1]、「もし、忙しい人が、三島の小説の中から一編だけ、三島のよいところ悪いところすべてを凝縮したエキスのやうな小説を読みたいと求めたら、『憂国』の一編をよんでもらえばよい」と晩年にも繰り返している[14]

『憂国』は、エロティシズムを直結させるジョルジュ・バタイユの『エロティシズム』に通じる作品構造となっている[15]。そこに描かれる〈と死の光景、エロス大義との完全な融合と相乗作用は、私がこの人生に期待する唯一の至福〉と三島は語り[14]、その映画化のねらいについては、以下のように説明している[2]

日本人のエロースが死といかにして結びつくか、しかも一定の追ひ詰められた政治的状況において、正義に、あるひはその政治的状況に殉じるために、エロースがいかに最高度の形をとるか、そこに主眼があつたのである。 — 三島由紀夫「製作意図及び経過」(『憂國 映画版』)[2]

登場人物の青年将校や、その妻については、〈彼はただ軍人、ただ大義に殉ずるもの、ただモラルのために献身するもの、ただ純粋無垢な軍人精神の権化でなければならなかつた〉、〈彼女こそ、まさに昭和十年代の平凡な陸軍中尉が自分の妻こそは世界一の美人だと思ふやうな、素朴であり、女らしく、しかも情熱をうちに秘めた女性でなければならなかつた〉としている[2]

また、三島は『憂国』を、『詩を書く少年』、『海と夕焼』と共に〈私にとつてもつとも切実な問題を秘めたもの〉としているが、そういった主題の問題性などに斟酌せずに、物語として楽しんでもらえればよいとして、〈現に或る銀座バアマダムは、『憂国』を全く春本として読み、一晩眠れなかったと告白した〉という話を紹介している[14]




注釈

  1. ^ なお、前年の1960年(昭和35年)10月、ギリシャ研究・同性愛の会「アドニス会」の機関紙『ADONIS』の別冊小説集「APOLLO(アポロ)」5集に、三島は榊山保名義で『愛の処刑』という切腹をモチーフにした劇画風の短編小説を投稿している[10]
  2. ^ 三島自身は武山中尉の境遇を〈冷飯を喰はされてゐる地位〉に置きたかったために、改訂には多少未練があったとしている[4]。一般的に、旧日本軍においては、輜重兵(現在の後方支援部隊)は冷遇されており、同部隊への配属は左遷に等しい人事とみなされた。
  3. ^ 市川雷蔵の仕事仲間でもあった。
  4. ^ 著書に堂本 2005がある。

出典

  1. ^ a b 「あとがき」(『三島由紀夫短篇全集6』講談社 ロマンブックス、1965年8月)。33巻 2003, pp. 414-416に所収
  2. ^ a b c d e f g 「製作意図及び経過」(『憂國 映画版』 新潮社、1966年4月)。34巻 2003, pp. 35-64
  3. ^ a b c d e f 藤井浩明「映画『憂国』の歩んだ道」(別巻 2006ブックレット内)
  4. ^ a b c d e f 「二・二六事件と私」(『英霊の聲河出書房新社、1966年6月)。34巻 2003, pp. 107-119
  5. ^ a b 「世界の破滅に抗して」(徹 2010, pp. 118-131)
  6. ^ a b c d 「第一章 哲学者の三島由紀夫論 5 エロティシズムの美学」(伊藤 2006, pp. 41-44)
  7. ^ 井上隆史「作品目録――昭和36年」(42巻 2005, pp. 424-427)
  8. ^ a b c 山中剛史「著書目録――目次」(42巻 2005, pp. 540-561)
  9. ^ a b c d 田中美代子「解題――憂国」(20巻 2002, pp. 791-795)
  10. ^ 井上隆史「作品目録――昭和35年」(42巻 2005, pp. 422-424)
  11. ^ 久保田裕子「三島由紀夫翻訳書目」(事典 2000, pp. 695-729)
  12. ^ 「第五章 文と武の人」(佐藤 2006, pp. 144-205)
  13. ^ 堂本正樹「『憂国・映画版』」(事典 2000, pp. 386-388)
  14. ^ a b c 「解説」(『花ざかりの森・憂国――自選短編集』新潮文庫、1968年9月)。花・憂国 1992, pp. 281-286、35巻 2003, pp. 172-176に所収
  15. ^ a b 磯田光一「解説」(『日本文学全集27・三島由紀夫』河出書房、1967年)。論集II 2001, pp. 238-239
  16. ^ 「第二部 三島由紀夫と私 一 出会い」(原 2004, pp. 54-62)
  17. ^ a b c d 和田克徳『切腹』(青葉書房、1943年9月)。20巻 2002, pp. 791-792
  18. ^ 小笠原賢二「『幸福』という存在論―『美徳とよろめき』を中心に―」(論集I 2001, pp. 239-260)
  19. ^ 山本健吉「文芸時評」(三社連合 北海道新聞中部日本新聞西日本新聞 1960年12月27日号)。山本時評 1969, p. 237に所収。論集II 2001, pp. 236-237
  20. ^ 古林尚「『憂國』にみる三島由紀夫の危険な美学」(文学的立場 七 1966年7・8月合併号)。論集II 2001, p. 238
  21. ^ 花田清輝江藤淳寺田透「創作合評」(群像 1961年2月号)。論集II 2001, p. 237
  22. ^ 神谷忠孝「逆説としての殉死『憂國』」(論集II 2001, pp. 236-249)
  23. ^ 「第九章 失われた時への出発――結び・『豊饒の海』にふれて――」(野口 1968, pp. 221-243)
  24. ^ a b 田中美代子「憂國」(『観賞日本現代文学23・三島由紀夫』角川書店、1980年)。事典 2000, p. 386
  25. ^ a b 江藤淳「エロスと政治の作品」(『文芸時評・下』朝日新聞 1960年12月20日)。江藤淳『全文芸時評』上巻(新潮社、1989年)に所収。論集II 2001, p. 236
  26. ^ 磯田光一「殉教の美学――第四章 政治・エロス・美」(文學界 1964年2-4月号)。磯田 1979, pp. 55-69に所収
  27. ^ 「『エロチシズム』―ジョルジュ・バタイユ室淳介訳」(声 1960年4月号)。31巻 2003, pp. 411-415に所収
  28. ^ a b 鎌田広巳「『憂国』およびその自評について―エロティシズムのゆくえ―」(国文学研究ノート第22号、1988年)。佐藤秀明編『三島由紀夫・美とエロスの論理』(有精堂、1991年)に所収。事典 2000, pp. 385-386
  29. ^ a b c d e 佐々木幸綱「在る筈のない〈絶対〉へ―「憂国」について」(ユリイカ 1976年10月号)。論集II 2001, p. 244
  30. ^ 「『憂国』製作、道楽ではない――火曜インタビュー」(日刊スポーツ 1966年1月18日号)。33巻 2003, pp. 627-629に所収
  31. ^ 「受賞を逸した三島の『憂国』 盛会だったツール映画祭」(朝日新聞夕刊 1966年2月3日号)。別巻 2006ブックレットpp.47-48に所収
  32. ^ 澁澤龍彦「戦りつすべき映画の詩」(東京新聞・夕刊 1966年3月22日)。別巻 2006ブックレットpp.54-55に所収。論集II 2001, p. 237
  33. ^ a b 安部公房「『憂国』」(週刊読書人 1966年5月号)。群像18 1990, pp. 153-155
  34. ^ 伊藤文学「三島由紀夫『憂国』秘話・薔薇族周辺のゲイ・エロティックアート03」 [1]
  35. ^ 「憂国」フィルム発見…焼却処分とされた“幻”の作品 http://www.zakzak.co.jp/gei/2005_08/g2005081909.html





英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「憂国」の関連用語

憂国のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



憂国のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの憂国 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS