愛媛県 生活・交通

愛媛県

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/08/02 09:23 UTC 版)

生活・交通

警察

愛媛県警察本部の管轄にある。以下16警察署が置かれている。

海上保安庁

第六管区海上保安本部の管轄にある。

  • 松山海上保安部(松山市)
  • 今治海上保安部(今治市)
    • 新居浜海上保安署(新居浜市)
    • 三島川之江分室(四国中央市)
  • 宇和島海上保安部(宇和島市)
  • 来島海峡海上交通センター(今治市)

交通

航空

松山空港(MYJ)

現在、愛媛県内にある空港は松山空港のみである。国内便では、東京成田大阪関西中部福岡鹿児島那覇、国際便では上海ソウルへの定期便が就航している。1959年から1965年までは新居浜市の黒島地区に海上空港があり、大阪・大分へ定期便が就航していた。

鉄道

JR四国の特急車両
松山城を背景に運行される「坊っちゃん列車」(伊予鉄道松山市内線)

JR線に関しては、予讃線の川之江駅から伊予市駅の区間が電化されている。

バス

宇和島自動車特急バス

航路

松山観光港高速艇桟橋

道路

三津の渡し(松山市道:高浜2号線)

医療・福祉

災害拠点病院
愛媛県災害拠点病院
保育所
愛媛県保育所一覧

教育

県内の一部、特に南予地方の公立中学校において、生徒への部活強制加入制度、所謂部活強制の問題が残存している。

大学・短期大学

国公立

私立

高等専門学校

独立行政法人国立高等専門学校機構

中等教育学校

県立

私立

その他の一覧

学校教育以外の施設

独立行政法人海技教育機構

県立

  • 愛媛県立愛媛中央産業技術専門校(今治市)(職業能力開発促進法に基づく職業能力開発校)
  • 愛媛県立愛媛中央産業技術専門校松山駐在(松山市)(職業能力開発促進法に基づく職業能力開発校)
  • 愛媛県立新居浜産業技術専門校(新居浜市)(職業能力開発促進法に基づく職業能力開発校)
  • 愛媛県立宇和島産業技術専門校(宇和島市)(職業能力開発促進法に基づく職業能力開発校)

マスメディア

新聞

テレビ局

概況

愛媛県ではテレビ東京系列を除く4大キー局[注釈 3] が視聴できる。ただし、平成新局であるあいテレビと愛媛朝日テレビは先発局と比べて中継局の数が少ないため、一部視聴できない地域が存在するが、これらは、周辺中継局に向けて高利得UHFアンテナを建てるか、県内のケーブルテレビでの再放送[注釈 4] に加入する、ないしは周辺県の系列[注釈 5] を利用して補完受信をする、このいずれかの対応が求められる。

デジタル送信所・中継局の設置数は2011年(平成23年)設置分を含めると NHK が66局、南海放送とテレビ愛媛が各40局、あいテレビが24局、愛媛朝日テレビが22局と老舗民放局でもあまり多くない。

変遷

愛媛県では1957年(昭和32年)5月29日NHK松山放送局が、翌1958年(昭和33年)12月1日南海放送がそれぞれVHF波によるテレビ放送を開始した。4年後の1962年(昭和37年)6月1日にはNHK松山がそれまでの総合テレビに加えて教育テレビ(Eテレ)の放送を開始し、結果的にはこれが愛媛県における最後のVHF局となる。そして全国的にUHF局が開局していった1969年(昭和44年)12月10日、愛媛県にとって初のUHF局である愛媛放送(現・テレビ愛媛)が開局した。以降、平成に入るまではテレビ事情に変化は無く、23年間は NHK、日テレ系、フジ系の3局4波時代が続いていた。ところが平成に入ると1992年(平成4年)10月1日あいテレビが、1995年(平成7年)4月1日愛媛朝日テレビが開局し、民放の数が一気にそれまでの倍になったことでテレビ環境が著しく変化・向上した。その後2006年(平成18年)10月1日、全局一斉に地上デジタルテレビ放送(通称:地デジ)を開始、5年間のアナ・デジ共存期間を経て2011年(平成23年)7月24日にそれまでのアナログ放送を終了し現在に至る。

ラジオ局

コミュニティラジオ局

ケーブルテレビ局

アマチュア無線FM中継局(レピータ)設置場所・周波数

JR5WA(松山市高縄山)439.40 MHz、1291.38 MHz、2426.22 MHz
西瀬戸内海に四国側から突き出している高縄半島、標高約1000mの高縄山山頂に設置され、愛媛県第一、第二の人口を持つ松山と今治を中継するとともに、西瀬戸内海沿岸地域など広範囲なサービスエリアを有する計画レピータ
JR5WC(久万高原町陣ヶ森)439.82 MHz、1292.82 MHz
皿ヶ嶺連峰県立自然公園内、標高1,200mの陣ヶ森に設置され、県内最高峰に位置している。松山平野と久万高原町を中継するとともに、岡山県西部・広島県・山口県・大分県の瀬戸内海沿岸部もサービスエリアに含めている実質的な広域レピータ[注釈 6]
JR5WK(宇和島市小岩道)439.76 MHz、1292.36 MHz
標高約450mの小岩道(旧津島町)にあり南予の中心都市宇和島と南宇和郡とを中継するレピータ。南予は平地が少なく、また、リアス式海岸のため、都市間の電波伝搬状況が悪く、中継局が不可欠である。
JR5WO(四国中央市呉石高原)439.64 MHz、1292.74 MHz
標高800mの呉石高原にあり、東予の新居浜・四国中央・香川県の西部地域と山村である旧新宮村別子山村を中継するレピータ。海上伝搬により岡山県西部や広島県東部の沿岸部もサービスエリアに含めている。
JR5WR(大洲市神南山)439.88 MHz、1292.22 MHz、2425.44 MHz
パラグライダーの基地などがある標高710mの神南山にあり、大洲市と西予市・肱川町・内子町などその周辺部を中継するレピータ。久万高原町の一部などもサービスエリアに含めている。
JR5WS(宇和島市泉ヶ森)439.56 MHz、1292.60 MHz、2425.38 MHz
標高約750mの宇和島地域のテレビ送信塔などがある泉ヶ森にあり、宇和島市と鬼北町・松野町などを中継するレピータ。その標高から対岸の大分県南部の沿岸部もサービスエリアに含めている。
JR5WW(西条市横峰寺)439.96 MHz
標高約780mの横峰寺の上にあり、西条・今治を中継するレピータ。その標高から燧灘方面もサービスエリアに含めている。
JR5WX(伊方町見晴山)439.52 MHz、1292.66 MHz
佐田岬の中間点、見晴山(標高約400メートル)にあり、佐田岬半島の各町と八幡浜市や伊予灘・宇和海沿岸の市町とを中継するレピータ。そのロケーションから松山や大分県東沿岸地域もサービスエリアに含めている。
JR5WY(愛南町御荘中浦)439.62 MHz
標高約200mの旧御荘町中浦にあり、リアス式海岸のため電波状況が悪い愛南地域一帯を中継する局部レピータ
JR5VL(伊予市秦皇山)439.20 MHz、1291.56 MHz
標高約870mの中山地区のテレビ送信塔などがある秦皇山にあり、松山平野と旧中山町・旧広田村・内子町など山村を中継する計画レピータ。そのロケーションから久万高原町の一部や広島県西部・山口県・大分県瀬戸内海沿岸地域もサービスエリアに含めている。
JP5YCF(松山市大峰ヶ台)439.62 MHz、1292.62 MHz
愛媛県の人口の3分の1以上を有する松山平野間の中継を担う局部レピータ。JR松山駅の西側にある標高130メートルの大峰ヶ台に設置されている。
JP5YCG(上島町魚島城山)439.90 MHz、1292.56 MHz
瀬戸内海燧灘のほぼ中央にある孤島で、釣り客が訪れる魚島の城山展望塔(標高150メートル)に設置されており、魚島の集落は広島県側に向いているため、旧魚島村と愛媛県東予全域を中継するレピータ。標高はあまりないものの強力な海上伝搬のため、香川県西部やしまなみ海道もサービスエリアに含めている。
JP5YCI(西予市金剛岩)439.70 MHz
野村地域のテレビ送信塔がある金剛岩(標高約500メートル)にあり、山間部の野村地域と大洲市などを中継するレピータ。その標高から肱川町の一部などもサービスエリアに含めている。
JP5YCJ(八幡浜市郷)1292.02 MHz
八幡浜市の西部の標高約300メートルの郷(峠)にあり、八幡浜市と大洲市を中継する局部レピータ。

日本アマチュア無線連盟 (JARL) を免許人とするアマチュア無線用中継局が県内各所に設置されており、運営・管理はJARL直轄局である JR5WA を除きJARL愛媛県支部と密接な関係にある愛媛レピータ研究会がボランティアで行っている。愛媛県の地形は西日本最高峰の石鎚山を有するなど急峻な山が多く、かつ、南予のリアス式海岸など都市・集落間の通信を妨げる要因が多彩に存在するため、それらをカバーするように設置されているところに特色がある[16]




注釈

  1. ^ 現在の県章は1989年制定。現在も県章を定める公告は有効であるがほとんど使用されず、県旗のみが紹介されることが多い。
  2. ^ 両遺跡は標高約300メートルの地点にある。東峰遺跡ではAT火山灰の下から局部磨製石斧・台形様石器・安山岩大型石核が、高見I遺跡でもチャート製の剥片と推奨製の破片が出土している。なお高見I遺跡のAT火山灰の上からナイフ形石器や石核などが出土している。[2]
  3. ^ 番組販売はこの限りにあらず
  4. ^ 愛媛県は正式な放送エリアになるため、区域外再放送ではない。
  5. ^ JNN系は中国放送RSKテレビテレビ山口テレビ高知RKB毎日放送大分放送宮崎放送。ANN系列は広島ホームテレビ瀬戸内海放送山口朝日放送九州朝日放送大分朝日放送、および宮崎県の2局(テレビ宮崎・宮崎放送 ANNにはUMKが加盟しているが報道などごく一部であり、一般番組の大半はMRTがネットしている)
  6. ^ 開局当時は計画レピータの制度がなく広域レピータ周波数の割り当てがなかったため
  7. ^ 名古屋市科学館が竣工する2010年までは総合科学博物館は世界1だった。

出典

  1. ^ 全国都道府県市区町村別面積調 国土地理院 2013年11月28日閲覧
  2. ^ 寺内浩「愛媛のあけぼの」『愛媛県の歴史』 13-14ページ。
  3. ^ 寺内浩「古代国家と伊予国」」『愛媛県の歴史』43-44ページ。
  4. ^ 日本の特別地域特別編集64 これでいいのか愛媛県』42、43頁。
  5. ^ 日本の特別地域特別編集64 これでいいのか愛媛県』44、45頁。
  6. ^ 日本の特別地域特別編集64 これでいいのか愛媛県』46、47頁
  7. ^ a b c “愛媛県人口ビジョン”. https://www.pref.ehime.jp/h12100/jinnkoumonndai/documents/271027zinkoubijon.pdf 2017年1月5日閲覧。 
  8. ^ a b c 農林水産省統計部 (2010) 『生産林業所得統計』
  9. ^ 愛媛県農林水産部森林局『愛媛の森林・林業について(平成22年度実績版)』
  10. ^ a b c d 愛媛県企画振興部管理局統計課経済統計係 (2010) 『平成22年工業統計調査』
  11. ^ 【放射能漏れ】四国電力、原子力本部を愛媛に移転へ - MSN産経ニュース 2011年4月13日[リンク切れ]
  12. ^ 愛媛県 (2011) 『平成23年 観光客数とその消費額』、2頁
  13. ^ a b 愛媛県 (2011) 『平成23年 観光客数とその消費額』、3頁
  14. ^ a b 愛媛県 (2011) 『平成23年 観光客数とその消費額』、5頁
  15. ^ 愛媛県 (2011)『平成23年 観光客数とその消費額』、4頁
  16. ^ モービルハム 1985年5月・1986年1月号 電波実験社、CQ ham radio 2008年10月号 CQ出版社、JARL愛媛県支部報 1983年 - 1998年号





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「愛媛県」の関連用語


2
100% |||||

3
100% |||||

4
100% |||||

5
100% |||||

6
100% |||||

7
100% |||||

8
100% |||||

9
100% |||||

10
100% |||||

愛媛県のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング
愛媛県の温泉情報



愛媛県のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの愛媛県 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS