恩賜上野動物園 関連人物

恩賜上野動物園

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/05/17 10:26 UTC 版)

関連人物




  1. ^ a b 東京都恩賜上野動物園 (動物園)”. TOKYOおでかけガイド. 2019年6月16日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h i j 週刊ポスト2012年5月25日号 21-25頁
  3. ^ “パンダいない上野動物園、入園300万人割れ 08年度”. 朝日新聞. (2009年4月2日) 
  4. ^ <文化環境研究所 News> 第41号(2011年9月17日時点のアーカイブ
  5. ^ 上野動物園(1982年)、本編。
  6. ^ a b c d e f 石田戢, 2000.上野動物園, 東京公園文庫16, 東京都公園協会
  7. ^ 日本初「河馬初めて来る」明治44年5月18日東京日日新聞『日本全国諸会社役員録. 第回』(国立国会図書館近代デジタルライブラリー)
  8. ^ 2016年、戦時猛獣処分された雄ライオンのアリと雌ライオンのカテリーナを撮影した映像フィルムが東京都内で発見され、NHK『ニュース7』にて特集された。 →「かわいそうなライオン」NHK NEWS WEB、2016年7月29日
  9. ^ Starving the Elephants: The Slaughter of Animals in Wartime Tokyo's Ueno Zoo”. The Asia-Pacific Journal: Japan Focus. 2019年6月16日閲覧。
  10. ^ 2017年3月14日 午後0:11 2019年6月16日閲覧。
  11. ^ パンダブーム”. NHK名作選(動画他). NHK. 2019年6月16日閲覧。
  12. ^ 上野動物園、地震による被害無し-福島からカワウソの受け入れも予定”. 上野経済新聞. 2012年1月5日閲覧。
  13. ^ 上野動物園のカバの「サツキ」“被災死””. スポーツニッポン. 2015年9月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年4月23日閲覧。
  14. ^ ジャイアントパンダの赤ちゃん誕生!”. 上野動物園のジャイアントパンダ情報サイト「UENO-PANDA.JP」. 2019年6月16日閲覧。
  15. ^ シンシンの子が死亡しました”. 上野動物園のジャイアントパンダ情報サイト「UENO-PANDA.JP」. 2019年6月16日閲覧。
  16. ^ “東京上野と台湾新竹、日台“最古の動物園”が人材育成などで連携へ”. フォーカス台湾 (中央通訊社). (2016年10月22日). http://japan.cna.com.tw/news/asoc/201610220004.aspx 
  17. ^ “上野動物園のシャンシャン きょう報道公開”. NHK NEWS WEB(動画あり). (2017年12月18日). https://www3.nhk.or.jp/news/html/20171218/k10011262131000.html 2017年12月19日閲覧。 [リンク切れ]
  18. ^ 恩賜上野動物園シャンシャンの返還時期”. 2019年8月24日閲覧。
  19. ^ インドライオンのオス「モハン」が死亡しました
  20. ^ 臨時休園のお知らせ
  21. ^ 川口幸男「[1]」 『鯉淵研報』第26号、2010年、 44-48頁。
  22. ^ 人生のセイムスケール”. 玉川和正. 2015年9月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年6月5日閲覧。


「恩賜上野動物園」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「恩賜上野動物園」の関連用語

恩賜上野動物園のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



恩賜上野動物園のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの恩賜上野動物園 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS