思考 思考の過程

思考

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/22 16:03 UTC 版)

思考の過程

思考とは、何らかの事象へ反射的に行われるものではなく、複雑な内的過程を経て結論へ導かれる考え[39]である[6]。この過程を段階的に捉える試みは数多くあり、多様な説明がなされている。

次の例では、思考過程を5つの過程で説明する。1) 分析では、単位情報をそれが持つ要素や性質まで分解すること 2)総合では、分解した要素や性質に着目し情報を結合させること 3)比較では、分解した要素や性質を比較して情報間の相違や類似部分を洗い出すこと 4)抽象では、情報の本質は何かを見出すこと 5)概括では、見出した情報の本質をまとめ上げることである[2]

思考には不可欠である言葉(ロゴス)と関連させ、思考‐言語を相関させた3段階で成された説明もあり、これは思考の「概念」「判断」「推理」を言語の「名辞」「命題」「推論」の作用と対応させている。思考は先ず、「概念 (concept)」の形成から始まる。これは複数の対象に共通する特徴を把握し、それらを包括的・概括的に認識することにあり、対象群を抽象化する過程、本質的な特徴を見極めること[40]でもある。この把握された特徴は言葉によって表され(「名辞」)、概念として認識されることになる。このような特徴は、名辞された言葉が持つ意味内容と紐付けされた内包 (intension) 要素と、言葉が適用される対象の範囲を示す外延 (extension) 要素の2つで構成される。概念が構成されると、次にそれらを組み合わせて大きな単位を作る段階である「判断 (judgment)」 ‐言語単位では「命題 (proposition)」 ‐に入る。これは対象である存在 (being) とその性質や特徴を示す属性 (attribute) または複数の対象間にある関係 (relation) について、主語客語‐連辞という文章形式で組み立てられる[41]。判断が構成されると、次にこれを前提に置いて結論が導き出される[42][43]。この過程は「推理 (inference) 」‐言語単位では「推論」‐と呼ばれ、ひとつ以上の真実と思われる判断を元に、別の判断を真実とみなす思考の作用である[44]。この推理を進める方法には、経験を排除し論理に基づいて結論を導く演繹的推理と[45]、個別事情を勘案しそこから一般的な結論を見出す帰納的推理がある[46]。推論の種類には、ひとつの判断から直接的に別の判断の真偽を判定する直接推論と[47]、いわゆる三段論法のように2つの判断から結論を導く間接推論[48]がある[49]

数学における反省的思考という範疇では、ジョン・デューイは思考とは5つの段階を踏むと提唱した。1) 暗示、2) 知性的整理、3) 仮説(指導的観念)、4) 推理作用、5) 仮説の検証 をそれぞれ踏む事で問題解決を成すという。これは、対象が記号化・言語化され、感覚的に捉えたそれら情報を意識的か否かに関わらず論理的に斟酌する行動を指す[50]


  1. ^ a b c d 「【思考】」『広辞苑』岩波書店、1999年、第五版第一刷、1157頁。ISBN 4-00-080113-9
  2. ^ a b c 岩重洋志. “思考と言語 (PDF)” (日本語). 東京工科大学コンピュータサイエンス学部亀田研究室. 2010年6月5日閲覧。
  3. ^ a b 「【思考】」『日本語大辞典』講談社、1989年、第一刷、838頁。ISBN 4-06-121057-2
  4. ^ 前田麻澄. “異類の存在論 (PDF)” (日本語). 滋賀大学教育学部倫理研究室. pp. 39. 2010年7月3日閲覧。
  5. ^ 『ブリタニカ国際大百科事典、第2版改訂』
  6. ^ a b c d e 思考” (日本語). 愛知淑徳大学図書館バスファインダー. 2010年6月5日閲覧。
  7. ^ 『日本大百科全書』
  8. ^ 砂子岳彦. “単語/熟語研究(27):laut nachdenken” (日本語). 浜松大学. 2010年6月5日閲覧。
  9. ^ 宮前珠子「作業療法の学問的位置づけと21世紀の展望」『広島大学保健学ジャーナル』第1巻第1号、広島大学大学院保健学研究科、2001年、 11-15頁、 doi:10.15027/208ISSN 13477323NAID 120000881259
  10. ^ 佐藤慶幸「公共性の構造転換とアソシエーション革命 (特集 ボランティア活動と「公共性」)」『ボランティア学研究』第3巻、国際ボランティア学会、2002年、 5-23頁、 ISSN 13459511NAID 110008901927NDLJP:11077701
  11. ^ 『新版心理学事典』
  12. ^ a b c d 川村光毅. “教養教育のあり方について” (日本語). 福岡教育大学. 2010年6月5日閲覧。
  13. ^ 川村光毅. “臨床精神医学辞典(西丸四方著、南山堂、1974年、1985年より)その2” (日本語). 慶應義塾大学. 2010年6月5日閲覧。
  14. ^ a b c d e f 小川亮. “教師と子どもの発想を広げる方法‐総合的な学習の時間や情報教育で育てる思考する力‐ (PDF)” (日本語). 富山大学人間発達科学部. 2010年6月5日閲覧。
  15. ^ 佐治守夫【思考】『心理学小辞典』有斐閣、1978年
  16. ^ 岡本洋、深井朋樹. “心的過程の神経機構:スパイク統計性に対する理論からの予言と検証” (日本語). 大学共同利用機関法人自然科学研究機構生理学研究所. 2010年6月5日閲覧。
  17. ^ K.H.プリブラム『脳の言語‐実験上のパラドックスと神経心理学の原理』p380、岩原信九郎、酒井誠訳、誠信書房、1978年
  18. ^ 高橋敏之「幼児の頭足人的表現形式の本質と脳から見た人体説」『教育美術』8月号、1997年、 37-51頁、 NAID 10015645163NDLJP:6044350
  19. ^ 山根茂. “脳に原理を学んだ連想記憶 (PDF)” (日本語). 前橋工科大学. 2010年6月5日閲覧。
  20. ^ 安藤晴美、岡部恵子. “親子関係形成に向けての面会に関するNICU看護師の思い (PDF)” (日本語). 山梨大学付属図書館医学分館. 2010年6月5日閲覧。
  21. ^ 福井純『現代哲学事典』p275-277、講談社現代新書、2003年
  22. ^ a b 氏家重信. “講義:教育の原理 15.教育の方法について” (日本語). 東北学院大学. 2010年6月5日閲覧。
  23. ^ G ドゥルーズ『記号と事件:1972-1990年の対話』河出書房新社、1992年
  24. ^ 山住勝利. “グローバリゼーションと英語教育 (PDF)” (日本語). 関西大学文学部. 2010年6月5日閲覧。
  25. ^ 大谷孝行「雑念恐怖症の諸相:森田療法の観点から (PDF) 」 『国際教養学部紀要』第4巻、富山国際大学、2008年3月、 1-12頁、 ISSN 13498835NAID 40015920842
  26. ^ a b 池吉琢磨、中山康雄. “思考についての哲学的探求‐ギルバート・ライルの観点から‐ (PDF)” (日本語). 大阪大学人間科学研究科. 2010年6月5日閲覧。
  27. ^ 中野昌宏(大分大学). “無意識の思考における対称性 (Microsoft PowerPointの.ppt)” (日本語). 立命館大学文学部心理学研究所. 2010年6月5日閲覧。
  28. ^ a b c d e f 氏家重信. “講義:思想の世界 3.思考とは何か” (日本語). 東北学院大学. 2010年6月5日閲覧。
  29. ^ 第四章 世代を超えて伝わるもの2” (日本語). 京都大学霊長類研究所. 2010年7月15日閲覧。
  30. ^ a b 川村光毅、小幡邦彦. “情動の機構と歴史的考察” (日本語). 慶應義塾大学. 2010年6月5日閲覧。
  31. ^ シナプスの働き” (日本語). 財団法人東京都医学研究機構 東京都神経科学総合研究所. 2010年7月17日閲覧。
  32. ^ 機能生理学 (PDF)” (日本語). 東京大学大学院 医学系研究科・医学部. 2010年7月17日閲覧。
  33. ^ 渡辺茂・辻井岳雄/慶應義塾大学大学院社会科学研究科. “プレスリリース 2009年8月24日 論理的思考の脳内機構を解明 (PDF)” (日本語). 慶應義塾大学. 2010年7月17日閲覧。
  34. ^ 中島三恵. “ハーバート・スペンサー著『笑いの生理学』、中島三恵訳、1860年3月” (日本語). 法政大学多摩キャンパス. 2010年6月5日閲覧。
  35. ^ 山鳥重『「わかる」とはどういうことか‐認識の脳科学』ちくま新書339
  36. ^ 吉田茂生. “山鳥重著『「わかる」とはどういうことか』のまとめ” (日本語). 名古屋大学理学部. 2010年6月5日閲覧。
  37. ^ a b c 三宅芳雄. “思考支援 (PDF)” (日本語). 中央大学情報科学部. 2010年6月5日閲覧。[リンク切れ]
  38. ^ 『認知と思考:思考心理学の最前線』
  39. ^ 『思考:認知心理学;4 東京大学出版社 1996年』
  40. ^ 栗田賢三他編『岩波哲学小辞典』p30、岩波書店、1979年
  41. ^ 村治能就編『哲学用語辞典』p338-339、東京堂出版、1974年
  42. ^ アリストテレスオルガノン、分析論前書』第1巻第1章
  43. ^ 村治能就編『哲学用語辞典』p228、東京堂出版、1974年
  44. ^ 栗田賢三他編『岩波哲学小辞典』p30、岩波書店、1979年
  45. ^ 栗田賢三他編『岩波哲学小辞典』p23、岩波書店、1979年
  46. ^ 栗田賢三他編『岩波哲学小辞典』p52、岩波書店、1979年
  47. ^ アリストテレス『オルガノン、分析論前書』14
  48. ^ 村治能就編『哲学用語辞典』p228、東京堂出版、1974年
  49. ^ 犬塚博彦「言語と思想 : 学問研究のために」『岩手大学英語教育論集』第8巻、岩手大学教育学部英語教育講座、2006年3月、 26-32頁、 ISSN 1344-7807
  50. ^ 柳田修平「数学学習における関係的理解を促す反省的思考」『群馬大学教育実践研究』第26号、群馬大学教育学部附属学校教育臨床総合センター、2009年3月、 17-23頁、 ISSN 09123911NAID 120001269801
  51. ^ a b 加藤茂「言葉の哲学 (PDF) 」 『東京造形大学研究報』第4号、東京造形大学、2003年、 165-181頁、 ISSN 13456849NAID 40005841666
  52. ^ プラトン『ソピステース』263e
  53. ^ 藤沢令夫『イデアの世界』p25-、岩波書店、1980年
  54. ^ 浜渦辰二「対話の現象学にむけて : 現象学の可能性をめぐって」『哲学論文集』第36号、九州大学哲学会、2000年9月、 97-114頁、 doi:10.15017/1430871ISSN 0285774XNAID 120005394501
  55. ^ 増補項目p258 (PDF)” (日本語). アークアカデミー日本語教師養成講座. 2010年6月5日閲覧。
  56. ^ 柳田修、寺門伸. “単語/熟語研究(27):laut nachdenken” (日本語). 獨協医科大学. 2010年6月5日閲覧。
  57. ^ 道田泰司「論理的思考とは何か?」『琉球大学教育学部紀要』第63号、琉球大学教育学部、2003年9月、 181-193頁、 ISSN 13453319NAID 120001374212
  58. ^ 赤川元彦. “直感的発想と論理的思考 (PDF)” (日本語). 流通科学大学. 2010年6月5日閲覧。
  59. ^ 根上生也. “人間に宿る数理的原理” (日本語). 横浜国立大学教育人間科学部. 2010年6月5日閲覧。
  60. ^ Kurfiss, 1998
  61. ^ 道田泰司. “批判的思考の諸概念” (日本語). 琉球大学教育学部. 2010年6月5日閲覧。
  62. ^ R.H.Ennis, A taxonomy of critical thinking dispositions and abilities, In J.Baron & R.J.Sternberg(Eds.) Teaching thinking skills: Theory and practice. W.H.Freeman, 1987年, p10
  63. ^ C.E.Wade, On thinking critically about introductory psychology. In Sternberg,R.J.(Ed.) Teaching introductory psychology. American Psychological Association, Pp.151-162. 1997年, p153
  64. ^ 宮元博章. “批判的思考を中核においた心理学教育のあり方について” (日本語). 兵庫教育大学. 2010年6月5日閲覧。
  65. ^ Beck, Freeman, & Associates, 1990年
  66. ^ Shafran, Cooper, & Fairbum, 2002年
  67. ^ 小塩真司. “二分法的思考尺度の作成 (PDF)” (日本語). 中部大学人文学部. 2010年6月5日閲覧。
  68. ^ 小塩真司. “二分法的思考尺度の特徴 (PDF)” (日本語). 中部大学人文学部. 2010年6月5日閲覧。
  69. ^ Janis, Irving L. (1982) Groupthink: Psychological Studies of Foreign-Policy Decisions and Fiascoes. Houghton Mifflin.
  70. ^ アーヴィング・ジャニス『集団思考の犠牲者』1972年、改題『集団思考』1982年
  71. ^ Baron, R. S. (2005) "So Right It's Wrong: Groupthink and the Ubiquitous Nature of Polarized Group Decision Making", in Mark P.Zanna (Ed.) Advances in Experimental Social Psychology, Vol. 37. (219-253) Elsevier.
  72. ^ 伊勢田哲治「集団思考と技術のクリティカルシンキング」『技術倫理と社会』第2号、日本技術士会中部支部ETの会、2007年4月、 36-39頁、 NAID 1200009758342021年10月25日閲覧。






思考と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「思考」に関係したコラム

  • 株365取引に関するセミナーの一覧

    株365を取り扱う証券会社や東京金融取引所では、株365に役立つセミナーを開催しています。株365のセミナーでは、株365の基礎知識から取引方法など、初心者向けの内容が多いようですが、売買タイミングや...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「思考」の関連用語

思考のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



思考のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの思考 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS