徳島県 人口

徳島県

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/12/31 05:55 UTC 版)

人口

徳島県市町村人口増減率分布図(2005年度と2010年度国勢調査から算出)
増加
  2.5 - 4.99 %
  0.0 - 2.49 %
減少
  0.0 - 2.5 %
  2.5 - 5.0 %
  5.0 - 7.5 %
  7.5 - 10.0 %
  10.0 % 以上
Demography36000.svg
徳島県と全国の年齢別人口分布(2005年) 徳島県の年齢・男女別人口分布(2005年)
紫色 ― 徳島県
緑色 ― 日本全国
青色 ― 男性
赤色 ― 女性
徳島県(に相当する地域)の人口の推移
総務省統計局 国勢調査より
  • 都道府県の人口一覧より徳島県の人口の明治・大正・平成の推移
  • 1888年(明治21年) - 67万6100人(全国32位、四国2位)
  • 1920年(大正9年) - 67万0212人(全国40位、四国4位)
  • 2005年(平成17年) - 80万9974人(全国44位、四国3位)
  • 2010年(平成22年) -78万5491人(全国44位、四国3位)

政治・行政

国政

衆議院小選挙区が2だが、2012年衆院選以前は3であった。参議院では、徳島県選挙区として全県で1区を構成していたが、2016年の第24回参議院議員通常選挙より高知県選挙区と合区され、高知県とともに1区を構成する合同選挙区が創設された。

県政

県知事(戦後・公選)

氏名 任期 出身 備考
45 阿部五郎 1947年(昭和22年)4月16日 - 1951年(昭和26年)4月1日 徳島県徳島市
46 阿部邦一 1951年(昭和26年)5月21日 - 1955年(昭和30年)3月3日 徳島県吉野川市
47-49 原菊太郎 1955年(昭和30年)4月25日 - 1965年(昭和40年)9月15日 徳島県徳島市
50-53 武市恭信 1965年(昭和40年)10月9日 - 1981年(昭和56年)10月4日 徳島県美馬市
54-56 三木申三 1981年(昭和56年)10月5日 - 1993年(平成5年)10月4日 徳島県吉野川市
57-59 圓藤寿穂 1993年(平成5年)10月4日 - 2002年(平成14年)4月27日 徳島県板野町
60 大田正 2002年(平成14年)4月28日 - 2003年(平成15年)3月30日 徳島県三好市
61-64 飯泉嘉門 2003年(平成15年)5月18日 - 現職 大阪府池田市 戦後公選初の県外出身者

県議会

財政

平成18年度

  • 標準財政規模 2324億3700万円
  • 一般会計歳入 5135億円
  • 一般会計歳出 5019億円
  • 財政力指数 0.32317(都道府県平均 0.46)
  • 経常収支比率 96.4%(都道府県平均 92.6%)
    • 分かりやすくいうと県知事の自由裁量で使える分が3.6%しかないことを意味する
  • 実質収支比率 2.0
  • 実質公債費比率 16.1%(都道府県平均 14.7%)
  • 人口100,000人当たり職員数 1,629.83人(都道府県平均 1,173.11人)
    • 職員数が過剰である 2007年(平成19年)から2011年(平成23年)の4年間で200人以上の削減を目指している
  • ラスパイレス指数 100.1(都道府県平均99.6)
  • 人口一人当たり地方債現在高 120万1287円(都道府県平均 62万2416円)

地方債残高

  • 普通会計分の地方債現在高 9750億5800万円
  • 上記以外の特別会計分の地方債(企業債)現在高 495億9500万円
    • 主な内訳 病院事業会計分 約68億円、港湾等整備事業会計分 約340億円
  • 第3セクター等の地方債等残高 56億4000万円
    • 主な内訳 徳島林業公社 46億1500万円
  • 徳島県の地方債等残高合計 1兆0302億9300万円(連結会計)
  • 徳島県民一人当たり地方債等残高 129万5917円(連結会計)

平成17年度

  • 財政力指数:0.31(2005年(平成17年)度)

友好都市

経済・産業

農業

吉野川北岸地域・河口付近では野菜の生産が盛んであり、主に京阪神方面へと出荷されている。

畜産業

酪農が盛んに行われており、吉野川市鴨島町には「牛島」(うしのしま。酪農が地名の由来)という名称の地域もある。

最近は酪農経営・乳牛数共に全盛期の4分の1に落ち込んでいる反面、徳島市における牛乳消費量は都道府県庁所在地の中では最も高い。

現在は県内唯一の牛乳メーカーである日本酪農協同毎日牛乳)の徳島工場が徳島市内にある。またかつては、名西郡石井町森永乳業の徳島工場(2011年(平成23年)9月30日に閉鎖)が、吉野川市(旧:麻植郡鴨島町)に旧明治乳業(現:株式会社明治)の徳島工場があった。

水産業

林業

県南西部の那賀郡には豊かな森林地帯があり、那賀町の旧那賀町や旧木沢村、旧木頭村を中心に行われているが、高齢化により後継者不足に悩まされている。また、生シイタケの生産量は日本一である。

県内に本社のある主要企業

拠点事業所のある主要企業

県内に工場がある主要企業
県内の発電所



注釈

  1. ^ 統計期間:2001年 - 2010年
  2. ^ 2001年観測停止。統計期間:1981年 - 2000年
  3. ^ 2009年観測停止。統計期間:1981年 - 2000年
  4. ^ 2009年観測開始。
  5. ^ サヌカイトで作られたナイフ形石器
  6. ^ 沖縄県には普通鉄道の電化区間はないが、戦前には路面電車沖縄電気が存在した。また現存する沖縄都市モノレール線(ゆいレール)は電気運転である。
  7. ^ 1916年に開業した阿波電気軌道(現在の高徳線・鳴門線、および廃止された鍛冶屋原線)は電化を企図していたが、資金不足により実現しなかった。また、徳島県の事業で徳島線徳島穴吹間の電化計画事業があったが、かなりの費用が必要なため、否決された。
  8. ^ 佐古-徳島間は一見複線に見えるが、実際は高徳線と徳島線の単線並列区間である。全区間単線宮崎県のみ。
  9. ^ 福井県では2018年9月8日より福井駅および敦賀駅で運用が開始される予定。愛媛県では伊予鉄道松山市駅に2014年まで存在していた。

出典

  1. ^ 高知県海洋局HPより
  2. ^ 市町村民経済計算推計結果 | 徳島県
  3. ^ 市町村民経済計算推計結果 | 徳島県
  4. ^ “受難”再び…地図から消された「あの2県」”. 読売新聞 (2018年8月22日). 2018年8月25日閲覧。
  5. ^ 徳島新聞 週刊阿波っ子タイムズ 第155号 2016年12月18日 5面 親子の時間 きょうは何の日?
  6. ^ 徳島新聞 週刊阿波っ子タイムズ 第161号 2017年1月29日 5面 親子の時間 きょうは何の日?
  7. ^ 徳島新聞 週刊阿波っ子タイムズ 第89号 2015年9月13日 5面 親子の時間 きょうは何の日?
  8. ^ 徳島新聞 週刊阿波っ子タイムズ 第88号 2015年9月6日 5面 親子の時間 きょうは何の日?
  9. ^ 徳島新聞 週刊阿波っ子タイムズ 第160号 2017年1月22日 5面 親子の時間 きょうは何の日?
  10. ^ 徳島新聞 週刊阿波っ子タイムズ 第159号 2017年1月15日 9面 親子の時間 きょうは何の日?
  11. ^ 独ニーダー州交流10周年 県訪問団23日出発”. 徳島新聞 (2017年4月17日). 2018年5月5日閲覧。
  12. ^ 徳島県における区域外(県外)波受信対策について 総務省ホームページ 2015年2月12日閲覧。 (PDF)
  13. ^ モービルハム 1986年1月号 電波実験社





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「徳島県」の関連用語


2
100% |||||

3
100% |||||

4
100% |||||

5
100% |||||

6
100% |||||

7
100% |||||

8
100% |||||

9
100% |||||

10
100% |||||

徳島県のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング
徳島県の温泉情報

徳島県の温泉地から温泉宿を探す




徳島県のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの徳島県 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS