彩乃かなみ 彩乃かなみの概要

彩乃かなみ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/13 21:33 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
あやの かなみ
彩乃 かなみ
生年月日 (1976-08-07) 1976年8月7日(44歳)
出生地 群馬県前橋市
身長 160cm
職業 女優歌手
ジャンル 舞台
活動期間 1997年 -
活動内容 1997年:宝塚歌劇団入団
1998年:花組配属
2001年:宙組へ異動
2005年:月組へ異動、月組トップ娘役就任
2008年:宝塚歌劇団退団、芸能活動開始
事務所 フリー
主な作品
宝塚歌劇
Ernest in Love
あかねさす紫の花
ダル・レークの恋
ME AND MY GIRL
舞台
アニー
備考
宝塚歌劇団卒業生
テンプレートを表示

群馬県前橋市[4]県立前橋女子高等学校出身[2]。身長160cm[2]。愛称は「みほこ」[2]

来歴

1995年、宝塚音楽学校入学[3]

1997年、宝塚歌劇団に83期生として入団[3][1]雪組公演「仮面のロマネスクゴールデン・デイズ」で初舞台[2][3]

1998年、組まわりを経て花組に配属[3]

瑞々しい舞台姿で早くから注目を集め、1999年の「ロミオとジュリエット'99」で、バウホール公演初ヒロイン[4][3]。ジュリエットを演じる[4][3]。続く「タンゴ・アルゼンチーノ」で新人公演初ヒロイン[3]。入団3年目での抜擢となった[4]。その後も4度に渡って新人公演ヒロインを務める[4]

2001年、「マノン」(バウホール・日本青年館公演)で、東上公演初ヒロイン[3]。後にコンビを組むこととなる瀬奈じゅんの相手役を務める[3]。同年8月14日付で宙組へと組替え[3]

宙組時代は新人公演のヒロインを続けて演じ、トップ娘役・花總まりに次ぐ2番手格として活躍[4][3]。また高い歌唱力で歌手として多く起用され、エトワールを幾度も務める[1]

2005年4月4日付で月組へと組替えし、5月23日付で月組トップ娘役に就任[3]。瀬奈じゅんの相手役として、「Ernest in Love」(梅田芸術劇場公演)でトップコンビお披露目[3]

2008年7月6日、「ME AND MY GIRL」東京公演千秋楽をもって、宝塚歌劇団を退団[3]

退団後も女優・歌手として活動してきたが、2021年3月31日をもって、所属事務所エフ・スピリットを退所したことを報告[5]

宝塚歌劇団時代の主な舞台

初舞台

組まわり

花組時代

宙組時代

月組トップ娘役時代

  • Ernest in Love』(梅田芸術劇場)グウェンドレン・フェアファックス トップお披露目公演[3]
  • JAZZYな妖精たち』シャノン・マクニール『REVUE OF DREAMS』 大劇場トップお披露目公演[3]
  • あかねさす紫の花額田女王『REVUE OF DREAMS』(中日劇場
  • 『THE LAST PARTY〜S. Fitzgerald’s last day〜フィッツジェラルド最後の一日』(東京芸術劇場)ゼルダ
  • 暁のローマ』ポルキア『レ・ビジュー・ブリアン-きらめく宝石の詩-』
  • 『あかねさす紫の花』額田女王『レ・ビジュー・ブリアン-きらめく宝石の詩-』(全国ツアー)
  • 『パリの空よりも高く』ミミ『ファンシー・ダンス』
  • ダル・レークの恋』(全国ツアー)カマラ
  • 『MAHOROBA-遥か彼方YAMATO-』『マジシャンの憂鬱』オトタチバナヒメ/ヴェロニカ[3]
  • 『A-“R”ex-如何にして大王アレクサンダーは世界の覇者たる道を邁進するに至ったか-』(ドラマシティ・日本青年館)ニケ[3]
  • ME AND MY GIRL』サリー・スミス 退団公演[3]



「彩乃かなみ」の続きの解説一覧




固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「彩乃かなみ」の関連用語

彩乃かなみのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



彩乃かなみのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの彩乃かなみ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS