強羅駅 強羅駅の概要

強羅駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/04/07 18:25 UTC 版)

強羅駅
山小屋風の駅舎(2016年12月)
ごうら
Gora
所在地 神奈川県足柄下郡箱根町強羅1300-329
駅番号 OH57
所属事業者 小田急箱根
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線(鉄道線)
2面1線(鋼索線)
乗車人員
-統計年度-
鉄道線:2,441人/日(降車客含まず)
鋼索線:1,232人/日(降車客含まず)
-2018年[1]-
乗降人員
-統計年度-
鉄道線:6,280人/日
鋼索線:2,406人/日
-2018年[1]-
開業年月日 1919年大正8年)6月1日
乗入路線 2 路線
所属路線 鉄道線(箱根登山電車)
キロ程 15.0 km(小田原起点)
箱根湯本から8.9 km
OH 56 彫刻の森 (0.7 km)
所属路線 鋼索線(箱根登山ケーブルカー)
キロ程 0.0 km(強羅起点)
(0.24 km) 公園下 OH 58
備考 標高541 m[2]
テンプレートを表示

当駅を終点とする鉄道線(箱根登山電車)と、当駅を起点とする鋼索線(箱根登山ケーブルカー)の2路線が乗り入れる。駅番号は両路線ともにOH 57

神奈川県内の普通鉄道の駅としては最高地点に位置する。

歴史

駅構造

当駅は変則的な駅構造で、登山電車は2面2線を有するが、箱根湯本駅寄りの1番ホーム、奥の2番ホームが縦に並ぶような配置になっている。駅舎の構造上1番ホームと2番ホームを直接行き来することはできない。旅客ホームの隣にはモニ1形が留置される側線がある。またケーブルカーは2番ホームの横より発着し、北側が降車ホーム、南側が乗車ホームとなっている。

現行ダイヤでは、登山電車は日中(ケーブルカー営業時間帯)は2番ホームから発着、それ以外の時間帯では1番ホームを使用している(夜間滞泊に使われる場合は2番ホームも使用する)。多客期には1番ホームを降車専用ホームとして使用する場合があり、1番ホームで客扱い後、箱根湯本方の踏切付近まで引き上げた上で2番ホームに入線させている。そのため、踏切の遮断機は2番ホームへの入線完了まで開かない。

改札はいずれも有人である。かつて1番ホーム側には自動改札機が設置されていたが、PASMO使用開始時に撤去され、代わって1番・2番ホーム出入口にPASMO簡易改札機が設置された。また、ケーブルカー降車ホームから2番ホームへの乗り換え通路にも入場用のPASMO簡易改札機が設置されている(ケーブルカーではICカードを利用できない)。

以前[いつ?]は1番線の延長線上に2番線があり、1番線が降車ホームで2番線が乗車ホームと分かれていた。通常時間帯は1番線で降車後、2番線に回送され折り返す。しかし、1番線出口に自動改札機が設置されていた時期は、深夜など一部の減便される時間帯のみ、2番線を乗車ホームとせず、1番線で乗降し折り返す列車が存在した。増便される時間帯は1番線・2番線(手前と奥)に列車が並び、1番線が乗車ホームのため2番線の後に到着した列車が回送側線(現在の2番線)に待避し、1番線列車が発車した後に再び待避させた電車を1番線に入線させるという手順をとっていた。また、箱根大文字焼き開催時の当時の臨時ダイヤは、増便時間帯ダイヤを拡張させたもので、側線に手前と奥に2両編成と3両編成を一編成ずつ一時的に留置し、祭り終了にあわせてそれぞれ1番線・2番線に戻し、箱根湯本行きとした。

駅舎は山小屋をイメージした特徴的な建物である。1997年頃まで駅舎の右側に木が立っていた。特徴的な建物ゆえにドラマなどにたびたび登場することがあり、テレビ東京系列で放送されたアニメ爆走兄弟レッツ&ゴー!!』では雨の降るゴール地点として描かれている。

終日社員配置駅。出札窓口(小田急ロマンスカー特急券も発売)、自動券売機設置。

なお、箱根登山鉄道の表示看板やパンフレットでは各駅の標高が示されており、かつては553 mと表記されていたが、2013年の再調査で541 mに訂正されている[2]


  1. ^ 統計はこね(令和元年版)
  2. ^ a b 各駅における標高表示の修正について』(PDF)(プレスリリース)箱根登山鉄道、2013年11月29日。 オリジナルの2017年12月8日時点におけるアーカイブhttps://web.archive.org/web/20171208231527/http://www.hakone-tozan.co.jp/dat/pdf/%C9%B8%B9%E2%C9%BD%BC%A8%BD%A4%C0%B5%A5%EA%A5%EA%A1%BC%A5%B9%A1%CA20131129%BA%C7%BD%AA%A1%CB.pdf2020年7月8日閲覧 
  3. ^ a b (監修)「鉄道の日」関東実行委員会『駅の旅物語 関東の駅百選』(初版)人文社、2000年10月14日、116 - 117・226頁頁。ISBN 4795912807 
  4. ^ 神奈川県県勢要覧(平成12年度)226ページ
  5. ^ a b 神奈川県県勢要覧(平成13年度)228ページ
  6. ^ a b 神奈川県県勢要覧(平成15年度)226ページ
  7. ^ a b 神奈川県県勢要覧(平成17年度)228ページ
  8. ^ a b 神奈川県県勢要覧(平成19年度)230ページ
  9. ^ a b 神奈川県県勢要覧(平成21年度)244ページ


「強羅駅」の続きの解説一覧




固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「強羅駅」の関連用語

強羅駅のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



強羅駅のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの強羅駅 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2024 GRAS Group, Inc.RSS