弘前市 観光

弘前市

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/06/29 00:11 UTC 版)

観光

夜桜ライトアップ(弘前公園)
弘前市立観光館(追手門広場)
旧弘前市図書館(追手門広場)
ミニチュア建造物群(追手門広場)
  • サイクルネットHIROSAKI(観光用有料貸自転車)[41]

※ 「重要文化財」は文化財保護法の規定に基づき国(日本国文部大臣)が指定した重要文化財を指す。

旧跡・公園・レジャー

社寺

伝統建築

洋風建築

(年代順)

近代建築(前川國男設計)

  • 木村産業研究所(在府町)登録有形文化財[107]1932年(昭和7年)。
  • 弘前中央高校講堂 (蔵主町1954年(昭和29年)。
  • 弘前市役所庁舎 (上白銀町)1958年(昭和33年)。
  • 弘前市民会館 (弘前公園内、下白銀町1964年(昭和39年)。
  • 弘前市立病院 (大町1971年(昭和46年)。
  • 弘前市立博物館 (弘前公園内、下白銀町)1976年(昭和51年)。
  • 弘前市緑の相談所 (弘前公園内、下白銀町)1980年(昭和55年)。
  • 弘前市斎場 (常盤坂1983年(昭和58年)。

古木・並木

  • 大杉(十腰内字猿沢、巌鬼山神社)県天然記念物[108]、推定樹齢1,000年。岩木山神社縁起によれば、同神社は、寛治5年(1091年)にここから移ったもの。
  • 燈明杉(大沢字堂ヶ平)県天然記念物[109]、推定樹齢700年。この地は修験道ゆかりの地で、歴史は800年以上さかのぼると伝えられている。
  • 向外瀬のモクゲンジ(センダンバノボダイジュ)(向外瀬)県天然記念物[110]、弘前藩の御薬園の証拠と考えられている。
  • 天満宮のシダレザクラ(西茂森、天満宮)県天然記念物[111]、樹齢は少なくとも500年以上で、シダレザクラとしては県内最古級。
  • 鬼沢のカシワ(鬼沢字猿沢、鬼神社)県天然記念物[112]大山祇神社神体
  • 正徳5年のカスミザクラ(弘前公園内、下白銀町)
  • 日本最古のソメイヨシノ(弘前公園内、下白銀町)
  • 日本最大幹周のソメイヨシノ(弘前公園内、下白銀町)
  • 百沢街道および高岡街道の松並木 (百沢・高岡ほか)県天然記念物[113]、百沢寺(現・岩木山神社)への参詣道および高岡霊社(現・高照神社)への参拝道として発達。

道の駅・産地直売所

  • 道の駅ひろさき サンフェスタいしかわ
  • JAつがる弘前グリーンハウス かあさんの店
  • JAつがる弘前 ひろさき新鮮組(津軽藩ねぷた村内)
  • JAつがる弘前直売所アグリマーケット 四季彩館
  • JA相馬村特産物直売センター「林檎の森」[114]
  • JA津軽みらい りんご直売所 林檎屋(津軽藩ねぷた村内)
  • ANEKKO総合交流拠点施設直売所 野市里
  • 弘前西地区直売所 わいわい広場

祭事

弘前四大まつり

その他のまつり・イベント

  • 鬼沢のハダカ参り(2月初旬) - 鬼神社 市無形民俗文化財
  • じょっぱれ弘前春ねぷた(4月下旬・5月上旬、2008年までさくらまつり期間中の2日間に運行されていたが近年は休止されている) - 土手町通り
  • 津軽三味線全国大会(5月上旬) - 弘前市民会館
  • 津軽五大民謡大会(5月5日) - 弘前市民会館
  • 岩木全国揚げ大会(5月上旬) - 岩木B&G海洋センター
  • 津軽路ロマン国際ツーデーマーチ(5月上旬 - 中旬)
  • 全日本リンゴ追分コンクール(5月中旬)
  • 宵宮(6月上旬 - 9月)
  • ひろさき市民花火の集い(6月中旬) - 岩木川河川敷・運動公園
  • よさこい津軽(6月下旬) - 土手町通り
  • 星まつりinそうま(7月中旬) - 星と森のロマントピアそうま
  • 百石町納涼夜店まつり(7月下旬) - 百石町通り
  • ファッション甲子園・全国高等学校ファッションデザイン選手権大会(8月中)
  • 駅前さまーふぇすた(8月中 - 下旬) - 駅前通り
  • お山参詣(9月初旬、旧暦8月1日) - 重要無形民俗文化財
  • カルチュアロード(9月上旬) - 土手町通り
  • ひろさきりんご収穫祭(9月下旬) - りんご公園
  • 津軽の食と産業まつり(10月中旬) - 克雪トレーニングセンター
  • ひろさきりんごハロウィン(10月下旬) - 駅前
  • 弘前エレクトリカルファンタジー(12月1日 - 2月末) - 市役所・追手門広場 - 土手町 - 弘前駅前周辺(イルミネーションと洋館ライトアップ
  • ろうそくまつり(旧暦1月15日) - 沢田地区

名産・銘菓

伝統料理

  • けの汁
  • じゃっぱ汁
  • 棒タラとフキの煮つけ
  • 竹の子と身欠きニシンの炒め物
  • イカと大根の煮つけ
  • 竹の子の田楽
  • 貝焼き味噌
  • 大根の葉巻き
  • しそ巻き梅・杏
  • タラの子和え
  • 沢藻だしの塩辛
  • 身欠きニシンの飯ずし
  • マタギ飯

伝統工芸品

名水

  • 御膳水(吉野町)明治天皇の弘前巡幸の際、料理や茶に使われ、御膳水と言われる。
  • 富田の清水(しつこ)吉野町名水百選
  • 御茶水(石川字西ノ沢2-114) 弘前と大鰐の境界にある尾開山の中腹にある。明治天皇がお茶を飲んだ。
  • 清水観音水 (桜庭字外山948)清水観音と呼ばれていたが、神仏分離で多賀神社となった。
  • 堂ヶ平桂清水(どうがたいかつらしみず)(大沢堂ヶ平)修験の地。
  • 御神水(百沢)岩木山神社の楼門の手前左奥にある。
  • 小杉沢の湧水(百沢東岩木山)
  • 羽黒神社霊泉(宮地字宮本350)目の病が治ると言われる。

コラボ企画


注釈

  1. ^ ただし、2020年と2021年は、新型コロナウイルス感染拡大の影響で中止された。
  2. ^ この時点では紙漉町のほか、本町、在府町、相良町、元大工町、元長町、塩分町、上白銀町、森町、覚仙町、茂森町、西茂森町、茂森新町、古堀町、古堀新割町、新寺町、新寺町新割町、北新寺町、土手町、品川町、山道町、住吉町、新品川町、鍛冶町、新鍛冶町、北川端町、桶屋町、銅屋町、南川端町、松森町、楮町、新楮町、富田町、富田新町、和徳町、北横町、茶畑町、茶畑新割町、代官町、植田町、緑町、萱町、南瓦ヶ町、上瓦ヶ町、中瓦ヶ町、北瓦ヶ町、南柳町、坂本町、西川岸町、田代町、山下町、北柳町、南横町、徳田町、徒町、徒町川端町、親方町、一番町、百石町、百石町小路、東長町、元寺町、元寺町小路、上鞘師町、下鞘師町、鉄砲町、下白銀町、笹森町、長坂町、蔵主町、大浦町、田茂木町、田町、祢宜町、若党町、小人町、春日町、亀甲町、馬喰町、鷹匠町、馬屋町、西大工町、新町、駒越町、平岡町、五十石町、袋町、紺屋町、浜ノ町が存在。

出典

  1. ^ a b 【ご当地 食の旅】アップルパイ(青森県弘前)*地元の甘党女性が太鼓判『日本経済新聞』朝刊土曜別刷り「日経+1」9面
  2. ^ 弘前 1991 - 2020年”. 気象庁. 2024年3月29日閲覧。
  3. ^ 『広報ひろさき』平成元年4月1日号(第617号)6頁「百年の歩み」
  4. ^ 『新編 弘前市史 資料編4』(弘前市・1997年8月31日発行)870~871頁「第2章 明治後期の弘前・第7節 教育の発展と充実・四 社会教育・五一四 弘前図書館の開館式」より。
  5. ^ 『新編 弘前市史 資料編4』(弘前市・1997年8月31日発行)870~871頁「第2章 明治後期の弘前・第7節 教育の発展と充実・四 社会教育・五一三 弘前図書館の設置」より。
  6. ^ 出典:『尾上町史 通史編』(尾上町・1992年3月31日発行)1169~1170頁「第一二章 通信・交通・第二節 弘南鉄道の歩み・二 待望の鉄道開通」
  7. ^ 記録破りの豪雨で県下全般水浸し『東奥日報』(昭和10年8月24日).『昭和ニュース事典第5巻 昭和10年-昭和11年』本編p16-17 昭和ニュース事典編纂委員会 毎日コミュニケーションズ刊 1994年
  8. ^ 原武史『昭和天皇御召列車全記録』新潮社、2016年9月30日、96頁。ISBN 978-4-10-320523-4 
  9. ^ 日外アソシエーツ編集部 編『日本災害史事典 1868-2009』日外アソシエーツ、2010年9月27日、72頁。ISBN 9784816922749 
  10. ^ 原武史『昭和天皇御召列車全記録』新潮社、2016年9月30日、147頁。ISBN 978-4-10-320523-4 
  11. ^ 『広報ひろさき』平成2年6月15日号(第646号)「7月1日でっかくオープン」より。
  12. ^ 弘前市ホームページ 歴代の首長(2015年2月19日閲覧)。歴代知事編纂会編『日本の歴代市長』第1巻(歴代知事編纂会、1983年)
  13. ^ 広報ひろさき - 弘前市
  14. ^ 農業ひろさき - 弘前市
  15. ^ 市議会だより - 弘前市議会
  16. ^ テレビ広報 - 弘前市
  17. ^ a b “本当に議論尽くしたのか/弘前市議定数「6減」”. Web東奥. (2012年10月5日). オリジナルの2014年4月3日時点におけるアーカイブ。. https://archive.fo/PXQft 2020年4月25日閲覧。 
  18. ^ 「大学いも」名物の弘前中央食品市場が閉店へ”. 東奥日報. 2022年3月4日閲覧。
  19. ^ a b c 弘前市中心市街地活性化基本計画: 第2章中心市街地の現状1 - 弘前市(平成27年3月)
  20. ^ 100円バス - 弘南バス株式会社
  21. ^ “弘前市内に歴史を伝える電柱看板設置-「東北初のデパート」情報も”. 弘前経済新聞. (2014年9月4日). https://hirosaki.keizai.biz/headline/116/ 2020年4月25日閲覧。 
  22. ^ 中園裕 (2015年5月4日). “変貌し続ける弘前駅前”. 陸奥新報. http://www.mutusinpou.co.jp/%E6%B4%A5%E8%BB%BD%E3%81%AE%E8%A1%97%E3%81%A8%E9%A2%A8%E6%99%AF/2015/05/36229.html 2020年4月25日閲覧。 
  23. ^ 弘前広域都市計画区域の整備、開発及び保全の方針(弘前広域都市計画区域マスタープラン) - 青森県(平成24年1月)
  24. ^ 弘前市立図書館 - 弘前市
  25. ^ 弘前城情報館 - 一般財団法人弘前市みどりの協会
  26. ^ 弘前市立郷土文学館 - 弘前市
  27. ^ 弘前大学資料館 - 弘前大学
  28. ^ 百石町展示館 - 弘前市
  29. ^ 藤田記念庭園 > 匠館(考古館) - 一般財団法人弘前市みどりの協会
  30. ^ 鳴海要記念陶房館 - 弘前市
  31. ^ 高岡の森弘­前藩歴史館­ - 弘前市
  32. ^ 弘前文化センター - 弘前市
  33. ^ 岩木文化センター あそべーる - 弘前市
  34. ^ 市民文化交流館ホール - 弘前駅前公共施設 ヒロロスクエア
  35. ^ 弘前市総合学習センター - 弘前市
  36. ^ 弘前市まちなか情報センター
  37. ^ 弘前市民参画センター - 弘前市
  38. ^ 駅前記念会館 - 弘前市
  39. ^ 弘前市B&G海洋センター - 公益財団法人ブルーシー・アンド・グリーンランド財団
  40. ^ 弘前市岩木B&G海洋センター - 公益財団法人ブルーシー・アンド・グリーンランド財団
  41. ^ サイクルネット - 公益社団法人 弘前観光コンベンション協会
  42. ^ 板石塔婆 - 弘前市
  43. ^ 弘前城天守 - 弘前市
  44. ^ ミニチュア建造物 - 弘前観光コンベンション協会
  45. ^ 瑞楽園 公式サイト
  46. ^ 揚亀園揚亀庵 - 弘前市
  47. ^ 旧菊池氏庭園(弘前明の星幼稚園庭園) - 弘前市
  48. ^ 成田家庭園 - 弘前市
  49. ^ 貞昌寺庭園 - 弘前市
  50. ^ 【公式】星と森のロマントピア
  51. ^ 弘前城植物園 - 一般財団法人弘前市みどりの協会
  52. ^ 弥生いこいの広場 - 一般財団法人弘前市みどりの協会
  53. ^ りんご公園 - 弘前市
  54. ^ こどもの森 - 一般財団法人弘前市みどりの協会
  55. ^ 高長根レクリエーションの森”. 一般財団法人弘前市みどりの協会. 2018年7月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年4月25日閲覧。
  56. ^ 最勝院五重塔 - 青森県庁ウェブサイト
  57. ^ 弘前八幡宮本殿、唐門 - 青森県庁ウェブサイト
  58. ^ 東照宮本殿 - 青森県庁ウェブサイト
  59. ^ 熊野奥照神社本殿 - 青森県庁ウェブサイト
  60. ^ 蕨手刀 - 青森県庁ウェブサイト
  61. ^ 高照神社本殿、中門、西軒廊、東軒廊、拝殿及び弊殿 随神門、津軽信政公墓、廟所拝殿、廟所門 - 青森県庁ウェブサイト
  62. ^ 太刀 銘友成作 - 青森県庁ウェブサイト
  63. ^ 太刀 銘真守 - 青森県庁ウェブサイト
  64. ^ 岩木山神社楼門 - 青森県庁ウェブサイト
  65. ^ 岩木山神社拝殿 - 青森県庁ウェブサイト
  66. ^ 岩木山神社本殿、奥門、瑞垣、中門 - 青森県庁ウェブサイト
  67. ^ 誓願寺山門 - 青森県庁ウェブサイト
  68. ^ 長勝寺三門 - 青森県庁ウェブサイト
  69. ^ 津軽家霊屋 環月臺、碧巌臺、明鏡臺、白雲臺、凌雲臺 - 青森県庁ウェブサイト
  70. ^ 長勝寺御影堂 - 青森県庁ウェブサイト
  71. ^ 長勝寺本堂、庫裏 - 青森県庁ウェブサイト
  72. ^ 銅鐘 - 青森県庁ウェブサイト
  73. ^ 三尊仏及びその厨子堂 - 青森県庁ウェブサイト
  74. ^ 薬師如来三門本尊 - 青森県庁ウェブサイト
  75. ^ 津軽為信木像 - 青森県庁ウェブサイト
  76. ^ 津軽為信霊屋 - 青森県庁ウェブサイト
  77. ^ 革秀寺本堂 - 青森県庁ウェブサイト
  78. ^ 久祥院殿位牌堂 - 青森県庁ウェブサイト
  79. ^ 熊野宮本殿 - 青森県庁ウェブサイト
  80. ^ 巌鬼山神社本殿 - 青森県庁ウェブサイト
  81. ^ 鰐口 慶長九年奉納銘 - 青森県庁ウェブサイト
  82. ^ 袋宮寺本堂 - 青森県庁ウェブサイト
  83. ^ 十一面観世音立像 - 青森県庁ウェブサイト
  84. ^ 円明寺本堂 - 青森県庁ウェブサイト
  85. ^ 報恩寺本堂 - 青森県庁ウェブサイト
  86. ^ 本行寺護国堂 - 青森県庁ウェブサイト
  87. ^ 木彫阿弥陀如来立像 - 青森県庁ウェブサイト
  88. ^ 十一面観音像 - 青森県庁ウェブサイト
  89. ^ 地蔵像 - 青森県庁ウェブサイト
  90. ^ 弘前市仲町伝統的建造物群保存地区 - 青森県庁ウェブサイト
  91. ^ 旧弘前藩諸士住宅 / 国宝・重要文化財(建造物)”. 国指定文化財等データベース / 文化庁. 2022年7月8日閲覧。
  92. ^ 旧伊東家住宅 - 青森県庁ウェブサイト
  93. ^ 旧岩田家住宅 - 青森県庁ウェブサイト
  94. ^ 石場家住宅 - 青森県庁ウェブサイト
  95. ^ 旧青森県尋常中学校本館 - 青森県庁ウェブサイト
  96. ^ 旧東奥義塾外人教師館 - 青森県庁ウェブサイト
  97. ^ 旧第五十九銀行本店本館 - 青森県庁ウェブサイト
  98. ^ 日本基督教団弘前教会教会堂 - 青森県庁ウェブサイト
  99. ^ 旧弘前市立図書館 - 青森県庁ウェブサイト
  100. ^ 弘前学院外人宣教師館 - 青森県庁ウェブサイト
  101. ^ 旧弘前偕行社 - 青森県庁ウェブサイト
  102. ^ 旧第八師団長官舎(弘前市長公舎) - 青森県庁ウェブサイト
  103. ^ 日本聖公会弘前昇天教会教会堂 - 青森県庁ウェブサイト
  104. ^ 旧藤田家別邸洋館 - 青森県庁ウェブサイト
  105. ^ 旧制弘前高等学校外国人教師館 - 青森県庁ウェブサイト
  106. ^ 旧弘前無尽社屋(三上ビル) - 青森県庁ウェブサイト
  107. ^ 木村産業研究所 - 青森県庁ウェブサイト
  108. ^ 大杉 - 青森県庁ウェブサイト
  109. ^ 燈明杉 - 青森県庁ウェブサイト
  110. ^ 向外瀬のモクゲンジ(センダンバノボダイジュ) - 青森県庁ウェブサイト
  111. ^ 天満宮のシダレザクラ - 青森県庁ウェブサイト
  112. ^ 鬼沢のカシワ(鬼神腰掛柏) - 青森県庁ウェブサイト
  113. ^ 百沢街道および高岡街道の松並木 - 青森県庁ウェブサイト
  114. ^ 特産物直売所「林檎の森」 - JAグループ
  115. ^ 青森県地域産業課・青森県の伝統工芸品
  116. ^ ふらいんぐうぃっち×ねぷたコラボ│弘前観光コンベンション協会”. 公益社団法人 弘前観光コンベンション協会. 2024年4月30日閲覧。
  117. ^ じいさんばあさん若返る”. 公益社団法人 弘前観光コンベンション協会. 2024年4月30日閲覧。
  118. ^ TVアニメ「ふらいんぐうぃっち」公式サイト”. www.vap.co.jp. 2024年4月30日閲覧。
  119. ^ TVアニメ「じいさんばあさん若返る」公式サイト”. TVアニメ「じいさんばあさん若返る」公式サイト. 2024年4月30日閲覧。
  120. ^ 弘前城合体ロボ「超城合体タメノブーンV」登場 株式会社ジェイクリエイト『観光Re:デザイン』
  121. ^ 超城合体タメノブーンV弘前市公式サイト
  122. ^ https://bond-ent.com/talents/talents01/ 所属事務所プロフィール






固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「弘前市」の関連用語

1
100% |||||

2
100% |||||

3
100% |||||

4
100% |||||

5
100% |||||

6
100% |||||

7
100% |||||

8
100% |||||

9
100% |||||

10
100% |||||

弘前市のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



弘前市のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの弘前市 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2024 GRAS Group, Inc.RSS