広告 日本広告学会

広告

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/04 20:09 UTC 版)

日本広告学会

日本広告学会(嶋村和恵会長・早稲田大学)は広告やマーケティング・コミュニケーションを研究する学者や実業界の人の集まりで、1969年に創立し、2009年で40周年となった。本部事務所は現在早稲田大学内にあり、全国大会を年に一度、クリエーティブフォーラムと呼ばれるイベントを同じく年一回、開催している。会員数は620名前後で法人会員が30社前後である。「広告科学」というレフェリー制の学会誌を年2回発行し、2009年には第50集記念号を発行した。

日本の主な広告代理業

日本の外資系広告代理業

  • JWTジェイ・ウォルター・トンプソン
  • Ogilvy&Mather Japan(オグルヴィ・アンド・メイザー・ジャパン)
  • TBWA\HAKUHODO(ティービーダブリューエーハクホウドウ)
  • Wieden+Kennedy Tokyo(ワイデンアンドケネディトウキョウ)
  • I&S BBDO(アイアンドエス・ビービーディオー)
  • GREY group(グレイワールドワイド)
  • McCann Erickson(マッキャンエリクソン)
  • Beacon Communications(ビーコン・コミュニケーションズ)
  • Euro RSCG(ユーロアールエスシージー)
  • FCB(フート・コーン・ベルディング)
  • Fallon(ファロン)
  • BBH(ビービーエイチ)
  • DDB Japan(ディーディービージャパン)
  • GroupM Japan(グループエム・ジャパン)

  1. ^ Hong Liu, Chinese Business: Landscapes and Strategies (2013), p. 15.
  2. ^ 小林太三郎著「現代広告入門」第2版、ダイヤモンド社、昭和58年、10-12ページ
  3. ^ 小林太三郎著「現代広告入門」第2版、ダイヤモンド社、昭和58年、10-12ページ
  4. ^ a b 後藤将之『マス・メディア論』<有斐閣コンパクト> 有斐閣 1999年 ISBN 4641076219 pp.196-199.
  5. ^ 清水公一 (2018). 『広告の理論と戦略』第18版、第2刷. 創成社、39ページ 
  6. ^ Behal, Vikas; Sareen, Sania (2014). "GUERILLA MARKETING: A LOW COST MARKETING STRATEGY". International Journal of Management Research and Business Strategy. 3 – via Google Scholar.
  7. ^ 『大藏省令第149号廣告税法施行規則ニ依リ結社指定』、官報。1942年。
  8. ^ 東洋経済オンライン 広告市場は09年度も大幅減少に! メディアは火だるま(1)
  9. ^ 国際連合. “ディビッド・ケイ「表現の自由」国連特別報告者 訪日報告書』(A/HRC/35/22/Add.1)”. 外務省. 2018年7月27日閲覧。 “日本の5大民放組織が,それぞれ主流全国日刊紙と繋がっている。これは,情報市場への参加者数を制限している。”
  10. ^ 清水公一、木村有宏、新川三郎(2014)「屋外広告指標推定システムの構築」『日経広告研究所報』276号、日経広告研究所、38-45ページ。
  11. ^ 清水公一(2018)『広告の理論と戦略』第18版、第2刷、創成社、187-190ページ。
  12. ^ 清水公一(2018)『広告の理論と戦略』第18版、第2刷、創成社、187-190ページ。
  13. ^ a b 電通広告事典プロジェクトチーム「電通広告事典」2008 電通
  14. ^ https://ci.nii.ac.jp/naid/120006368708/ 水野由多加(2017)「ネーミングライツ(命名権)についての断章」『関西大学社会学部紀要』49(1), 205-217. https://ci.nii.ac.jp/naid/120006624697  同(2018)「ネーミングライツ(命名権)についての断章(続)」『関西大学社会学部紀要』50(1), 61-74.
  15. ^ [1]
  16. ^ 産経新聞の例産経新聞媒体資料インターネット版より
  17. ^ 電通、セプテーニ・ホールディングスと資本業務提携”. CNET Japan (2018年10月30日). 2019年1月25日閲覧。






固有名詞の分類


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「広告」の関連用語

広告のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



広告のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの広告 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS