常花代 常花代の概要

常花代

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/01/11 04:33 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動

来歴・人物

1964年宝塚音楽学校に入学し、1966年に卒業。同年、52期生として、月組公演『日本の四季/ファンタジア[1]で初舞台を踏む。同期に瀬戸内美八松あきら川地民夫夫人の麻生薫1988年死去)らがいる。入団時の成績は51人中24位[1]。同年、星組配属[1][2]

1970年5月、月組に組み替え[2]

1974年10月、雪組に組み替え[2]

1981年3月31日[1]で宝塚歌劇団を退団。

現在は相撲茶屋「白豊」を経営。

宝塚歌劇団時代の主な舞台出演

※『歌劇』1981年4月号 (宝塚歌劇団)のp.87を参考にした。

  • 『日本の四季』/『ファンタシア』(1966年4月)*初舞台
  • 『虹を追って』モレー中尉 *新人賞受賞(1968年2月)
  • 『千姫』新人公演:鬼次郎(本役:鳳蘭)(1968年10月)
  • 『惟葉の夕笛』新人公演:広盛(本役:安奈淳)(1969年9月)
  • 『鷗よ波濤を超えて』新人公演:アチット(本役:榛名由梨)(1970年9月)
  • 人魚姫』次兄、新人公演:ハインリッヒ王子(本役:古城都)(1971年7月)
  • 東京公演『霧深きエルベのほとり』新人公演:フックス(本役:大滝子、榛名由梨)(1973年8月)
  • 東南アジア公演に参加(1973年11月 - 12月)
  • 『花のオランダ坂』幻想の丈吉、新人公演:丈吉(本役:榛名由梨)(1974年7月)
  • 『秋扇抄』真女児/『ベルサイユのばら』小公子、新人公演:オスカル(本役:榛名由梨) *努力賞受賞(1974年9月)
  • 『ベルサイユのばら』ジェローデル *努力賞受賞(1975年8月 - 9月)
  • 『星影の人』桂小五郎/『Non,Non,Non』オクロック(1976年6月 - 8月)
  • 『鶯歌春』趙永順(1977年2月 - 3月)
  • あかねさす紫の花』天比古(1977年7月 - 8月)
  • 風と共に去りぬ』アシュレ(1978年1月 -2月)
  • 『朝霧に消えた人』仙石弥三郎(1979年8月 - 9月)
  • 『去りゆきし君がために』ロリータ(1980年2月 - 3月)
  • 『青き薔薇の軍神』ベギラン侯爵(1980年10月 - 11月)

脚注

[脚注の使い方]

関連項目




  1. ^ a b c d 監修:小林公一『宝塚歌劇100年史 虹の橋 渡り続けて(人物編)』pp.72-73(阪急コミュニケーションズ2014年4月1日)。ISBN 9784484146010
  2. ^ a b c 『歌劇』1981年4月号 p.87(宝塚歌劇団)


「常花代」の続きの解説一覧



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「常花代」の関連用語

常花代のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



常花代のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの常花代 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS