帯祝いとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 帯祝いの意味・解説 

帯祝い

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/08/19 21:48 UTC 版)

帯祝い(おびいわい)とは、妊婦の妊娠5か月目にあたる戌の日に、安産を祈願して腹帯を巻く儀式のこと。着帯式とも[1]。帯祝いの帯は岩田帯と呼ばれる[2]


  1. ^ a b c 岩本通弥 可視化される習俗 : 民力涵養運動期における「国民儀礼」の創出 国立歴史民俗博物館研究報告 141, 265-322 2008-03
  2. ^ a b 土屋喜多尾 現代図解礼儀作法 : 国民昭和新儀礼 昭和14年 329-330
  3. ^ a b c d e f g h i j 鎌田久子、管沼ひろ子、坂倉啓夫、宮里和子、古川裕子『日本人の子産み・子育て いま・むかし』48-61ページ
  4. ^ 根岸謙之助、鹿村眞理子「医療人類学の研究(II)」『群馬大学医療技術短期大学部紀要』 9, 7-20, 1989-03-31


「帯祝い」の続きの解説一覧



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「帯祝い」の関連用語

帯祝いのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



帯祝いのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの帯祝い (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS